発達障害は「理解とサポート」があれば個性になる!

自閉症スペクトラム、ADHD、LD、特別支援教育、インクルーシブ教育、家庭生活、社会生活、心を育む考え方等について書いています。
NPO法人日本インクルーシブ教育研究所 http://www.hikk.biz/


テーマ:

広島でインクルーシブ教育の普及活動をしている
NPO法人日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

現在、当NPOで活躍するスタッフを1名募集しています。

 

私達と一緒に多様性が認められる社会や教育をめざして

共に長く活動していきたいと考えている方はご応募ください。

 

【条件5つ】

1)広島市内にお住まいで、45~48歳くらいの女性で、子育てが一段落している。

 ※一番下のお子さんが12歳以上になっていて子育てに(気持ちにも時間にも)余裕がある。

 

2)自宅で事務作業・メール作業・書類作成(申請書・報告書作成等)・文書作成ができる。

 

3)NPOで知り得た個人情報等を公言しない。

  ※守秘義務が守れる。

 

4)月1回開催するスタッフ会議に必ず参加できる。

  ※平日の午前中に広島市中区か西区内で開催。

 

5)NPOで仕事をするということは単に作業するのではなく、その先に何があるかを考えられること。

  例えば、今自分がやっている作業の先には子どもの幸せな未来がある、

  多様性が認められる社会の構築に自分の活動が寄与している、

  未来の教育のためにその一助となっている等と考えられる人を求めています。

 

【作業料】

1ヵ月=約 2,000~20,000円

※作業する内容や、どのくらい仕事をするかによって変わります。

何も作業をしなかった時は0円となります。

 

【注意】

短期のアルバイト的なスタッフは募集していません。

私達スタッフと一緒にチームで働いてくれる方を募集しています。

 

自己理解がしっかりできていて、もしくは自分理解に努めていて

ニュートラルな考え方ができる方を希望しています。

理由は、自分のことが分かっていないと自分が正しいと思ってしまっていたり、

自分の固定観念を相手に押しつけることになってしまうからです。

 

そのため他者を批判したり、自分の考えを押し通そうとする場合もあり、

そうすると、周りが疲弊してチームでの仕事がうまくいかなくなります。

 

私達は和を大事にして、育ち合いながら活動するために、

各スタッフは常にまずは自分を見つめることを大切にして、

より他者を理解できるよう努めています。

 

万が一、ASDやADHD、LD特性が強く出て不具合を起こしている場合は、

まずは病院へ行き、自身の状態をしっかり把握できるようになってからご応募ください。


誰もが大なり小なり持っている発達特性を理解するために

こちらを参考にしてください↓

アスペルガー症候群(大人)の人との職場での接し方

 

ただの困った人認定される「大人の発達障害」これでいいの?

 

自閉症スペクトラムとはー特徴と症状、どんな人が当てはまるのか?

 

大人のLD(学習障害)

 

心の理論でアスペルガーをちょっとだけ知る

 

当NPOは就労支援事業所ではありませんし、

ジョブコーチやジョブコーディネーター等もいませんから

一般的な仕事(自分で考えて、分からないことは自分で調べて、

自分で仕事を進めていく形)となります。

 

ご自身に認知の歪みやASD、ADHD、LD、依存症、うつ病等があると思われる方は

まずは病院で検査し治療等必要な場合は適切な治療を受けて、

健康で、楽しくチームで仕事ができるようになった時にご応募ください。

 

簡易チェックをするとご自分の状態をある程度理解できると思います↓

うつ病診断チェック

 

自閉症スペクトラム診断チェック

 

認知の歪み度診断チェック

 

スマホ依存度診断チェック

 

仮面うつ病診断チェック

 

ストレス耐性診断チェック

 

共依存度診断チェック

 

ADHDセルフチェック

 

では、心身ともに健康で、私達と一緒にNPO活動をしたい方は

A4一枚程度で結構ですので「なぜNPOで働きたいか?どんな社会にしたいか?

そのためには今、自分は何ができるか?」を書いて、

履歴書と一緒にメールに添付してこちらまで( inclusive@hikk.biz ) お送りください。

追って、メールで面談日時をお伝えします。

 

面談では「私は、こんなに運が良いです」といった感じに、

具体的にどんなに運が良いかを話して頂ければと思います。

 

そして「私には、こんな夢があります。それが実現できると〇〇な人を○○して幸せにできます」

「私は今、豊かですが、もっと豊かになって、周りの人も豊かにしたいです」

「私は仲間を大切にして応援することができます。そして仲間の成功を心から喜べます」

というような話を具体的にご自身の経験をたくさん話して頂けると嬉しいです。

 

NPOについてはこちらからご理解ください↓

日本インクルーシブ教育研究所 NPOについて

 

ではよろしくお願いします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。

広島でインクルーシブ教育の普及活動をしている

日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

今日は午後2時からFMちゅーピーすまいるパフェで喋っていました。

 

実は毎月第2火曜日にMISAKO先生のVIVA!発達凸凹~s!というラジオ番組があって

昨日、ドロップボックスの中にあるラジオ原稿を整理している時に

4年前の原稿が出てきて…私はここで約4年喋っていることに気づきました。

 

3年くらい喋っているような気がしていましたが、

4年も経っていたとは…驚きです。

 

話すネタがだんだんなくなってきたな~と思っていたので

その理由が分かりました。4年も喋っていたからです。

 

さて、今日話した内容は「自閉症の子どもの特徴」です。

この特徴が良いとか悪いとかではなく、

特徴を知っておけば、その子に合わせた関わり方ができるので

悩まなくて済みますね。

 

人はみんな違うということを前提としたインクルーシブ教育を進めている私としては

何としても全ての人がそれぞれの違いを知っておいて欲しいと思うわけです。

 

違いを知っていれば、自分の普通を他人に押しつけることもありませんし、

互いに「自分は本当はこうなのに…相手に合わせて我慢しないといけない」等

といったことは減りますから互いに楽に生きられますね。

 

そんな気持ちで今日は自閉症の子どもの特徴についてお話しました。

以下の23項目は2歳になる前くらいの特徴で

自分が小さい頃どうだったかな?と思いながら読んでみてください。

 

1、あやしても顔を見たり笑ったりしない
2、小さな音にも過敏である
3、大きな音にも驚かない
4、人見知りしない
5、母親がいなくても平気で1人でいる
6、親の後追いをしない
7、名前を呼んでも声をかけても振り向かない
8、表情の働きが少ない
9、イナイイナイバーをしても喜んだり、笑ったりしない
10、抱こうとしても抱かれる姿勢をとらない。反り返ったりする。
11、視線が合わない
12、指差しをしない
13、2歳を過ぎても言葉がほとんどでないか、2〜3語出た後、会話に発展しない
14、1〜2歳ごろまでに出現していた有意味語が消失する
15、人やテレビの動作のまねをしない
16、手をひらひらさせたり、指を動かして、それをじっとながめる
17、周囲にほとんど関心を示さないで、独り遊びにふけっている
18、遊びに介入されることを嫌がる
19、ごっこ遊びをしない
20、ある動作、順序、遊びをくり返したり、著しく執着したりする
21、落ちつかなく手を離すとどこに行くか分からない
22、わけもなく突然笑い出したり、泣き叫んだりする
23、夜寝る時間、覚醒時間が不規則である

 

どうでしたか?1つや2つあった方もいると思います。

たくさんあった方もいると思います。

たくさんあるからいけないとか少ないから良いとかではなく

そういう特徴があるというだけのことです。

 

じゃ、今度は2歳過ぎたあたりからの特徴をあげていきましょう。
最初に気づくのは言葉の遅れです。

遅れと捉えると焦ってしまいそうですから

人それぞれ発達の仕方は違っていて

早い人もいればゆっくりした人もいるということです。


自閉症と言う脳タイプを持つお子さんの場合、

呼びかけても振り向かず、おもちゃは並べるだけという特徴がよく見られます。

こちらも良いとか悪いとかではなくそういう特徴があるというだけです。

1、意味なく横目で凝視する
2、物を目に近づけて見る
3、顔を机や他人の顔に思いきり近づけて見る
4、指をひらひらさせる
5、分厚い電話帳などを機械的にめくり、ページの動きを見る
6、光の点滅に見入る
7、耳元で紙のカサカサする音を聞く
8、換気扇などぐるぐる回る物に夢中になる
9、鏡に見入る
10、耳をふさぐ
などがあります。

そして、だんだん大きくなっていくと、
皆さんの周りにいる次のような子ども達です。

1、みんなの誕生日とか電車の時刻表とかすべて覚えている
2、ずっと自分の好きなことをしゃべっている(言葉が出ない子もいます)
3、大人みたいに難しい言葉を使う
4、1人で遊んでいることが多い
5、思っていることを何でも言ってしまう
6、同じ遊びをずっとしたり、同じことを何度も言ったりする
7、得意なことと苦手なことが極端
 

というようなお話をした後「同じことを何度も言ったりする」のは私じゃん!と

みんなで笑いました。

 

そうしたら、水田アナが「歳をとるとみんな何度も同じこといいますよね」と

更に笑ってしまいました。

 

何はともあれ、これらの特徴を活かして生きるのがいいわけです。

 

「うさぎ」が生まれてきて、このうさぎを何とか「ぞう」に育てたいと

躍起になっても仕方ないですね。

 

それぞれの持ち味を活かして生きることが

それぞれの幸せにつながるのです。

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム

 

1月28日(日)ワーキングメモリや学習支援、

社会性やコミュニケーションについての公開講座があります↓

NPO法人日本インクルーシブ教育研究所

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは。広島でインクルーシブ教育の普及活動をしている

日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

先週土曜日に学習・発達支援員養成講座第4回「合理的配慮」を開催しました。

 

たいてい次の日にはブログで参加者のアンケートを公開している私なのですが

今回は次の日から今日までスケジュールがびっしり詰まっており

今ようやくブログを書ける時間がやってまいりました。ほっ。

 

さて、今回の養成講座ではテーマが「合理配慮」でしたので、

教室で子ども達に必要な配慮とはいったいどんなものなのか?

どんな視点や考え方が必要なのか?というお話を3人の先生方がしてくださいました。

 

1校時目はノートルダム清心女子大学の青山新吾先生にお願いし

「特別支援教育とインクルーシブ発想の教育」についてお話いただきました。

では、アンケートを紹介します。

 

 

・「エピソード語り」という手法で具体的な事例をお話しいただいて分かりやすかったです。
そのエピソードがどういうことか、その裏には何があったかを考えることが

大切なのだとということだったので、もう1度家に帰って考えてみたいです。
個の大切さ、集団の中の個のこと勉強になりました。
【特別支援教育アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・「集団の中の個」ということを考えるきっかけになりました。
私と目の前にいる生徒の関係だけではなく、クラスの中で、教室の中で、仲間の中で、

学校の中でどう安心を築いていくか…。
表には出ていない、目には見えにくい関係を丁寧に作っていきたいと思っています。
自動販売機に興味を持った子、休憩場所の中でボール当てを楽しむ子、

給食当番をやる脳性まひの子、その光景を想像して涙が出てきました。
私たちにとって「支援って何だろう?」と問い続け、素朴な関係作りから

「やりとりの主導権をとる」ことを心がけながら

心からの生徒との関係づくりをしていきたいと思います。
【教育の絆プロジェクト コーディネーター】

・先生のお話がとても楽しくて引き込まれてしまいました。
特別支援というけれど、それは「特別」なものではなくて、人と人とのつながりによってはじまり、

その人のことを少しでも知ることで関係を深めていって初めて機能するものなのかなと感じました。
私は息子のことをちゃんと知っているのか?上手くつながれているのか?

改めて自分に問いかけてみたいと思いました。
【保護者】

・「上手くいかない」を周りの子と変えていくこと、考えていくことも、

本人との会話が母親とああでもないこうでもないと話すよりも

重要であることを気づかせてもらえた。
授業の進め方、ユーモアの使い方など、内容はもちろん飽きることの無い

テンポの良いリズムと手順が1番参考になりました。
内容についてももっと早くお聞きしたかった!ということが多々ありました。
【塾講師】

・子どもの頃学校や近所であったことを思い出し、そういえばあれで育ったよなぁと

大切なことを思い出すことができました。
できることを支援することだけではなくつながる大切さを支援に生かしたいと思いました。
【児童デイサービス】

・最後の話で、障がいのある生徒がその場にいることが当たり前である

関わりができていることが素晴らしいと思いました。
集団の中の個の考え方について改めて考えさせられました。
【教員】

・集団の中の個という考え方の大切さに気付きました。
色々なエピソードの中にヒントや本来やるべき関係づくりを

改めてやらないといけないと感じました。
子どもの反応に対しての受け答えに対して困ることがありましたが、

私自身や周囲の人たちみんなで暮らしやすい方法を考え

工夫していく発想が大切だと思いました。
【教員】

・A基準とB基準について・理解しようとする人の重要性・素朴な関係づくり、心に響きました。
青山先生のお話はハードなものをソフトに受け止める糸口を感じました。
とても明るく楽しかったです。
愛情と使命感のある人が必要なんだと思いました。
【保護者】

・たくさんの子どもとのエピソードが聞けてその中に支援のヒントがいっぱい詰まっていました。
「支援」と考える前の1番大切なことが分かりました。
これからも本当に大切なことは何かを見失うことなく子どもと関わっていきたいです。
日々の子どもとの関わりの中で、どんな行動にも必ず理由があるので

まずは子どもと話をすることがやはり大切なのが分かりました。
【児童デイサービス・保育士】

・学生時代、理数系が苦手で小学校の先生を諦めましたが、

今仕事で子どもと関わり、こういう講座を聞く機会をいただいています。
回を重ねるたびに、支援員の役割の難しさと大切さを感じます。
今日聞いたクラスのように、子どもたち自身がつながっていくすばらしさに

初めて感銘を受けたのは灰谷健次郎さんの『兎の眼』を読んだ時でした。
今日の講義を聞いて久しぶりに思い出しました。
該当する子以外の子どもも集団の中の個であり、

丁寧に関わる事抜きでの支援はありえないと改めて気づかされた。
子ども自身の気持ちや子どもたち同士の関係性を信じたり任せてみる度量と、

集団として育てていく技量や目配りの大切さなど1番基本的で

1番重要なポイントに気づけて良かった。
いつもはペアワークで話が弾むのですが、今日隣り合った方はおそらく

初対面の人と話すのが苦手そうな雰囲気を感じたのでほぼ話さずに終わってしまいました。
確かにそういう方がおられても全然不思議ではないわけで…。
ペアワークやグループワークに難しさを感じる方はあの時間が辛かったり

困惑したりするのではないかなとふと考えてしまいました。
【放課後児童クラブ臨時支援員】

・現場に生かせそうな「方略の整理」など、同僚の先生方にも伝えたいです!
教師と子どもの関係性は他愛もない対話の中から生まれることを意識し、

余裕のある関わりをしたいと思いました。
いつも直球型の指導で中々変化球を投げられない私ですが、

切り返しができるよう、返す言葉や受け止め方など考えて生徒に対応していきたいと思います。
10月よりこの講座を受講し、自分自身が本当にどれだけ変われるのか正直半信半疑でしたが、

現場で生徒と関わる上で、応用行動学を試してみたりすることで、

生徒との関係が和やかになってきているのを実感しています。
この講座にとても感謝しています。
【教員】

・支援の原点。エピソードの内容がよくあるパターンでイメージしやすくしかも深かったです。
以前は家庭や地域で築かれていた素朴な関係が薄れてきたのでしょうか。
原点に戻ってその子の個を知り人間本来が持っている人間力、

助け合ったり認め合ったりすることがいわゆる支援で、この世で生きていくことなのでしょうか。
現在ボランティアで子ども達と共に活動しています。
子ども達の要望は回を重ねるごとにアップ。
集団行動の中での指導者の対応法について見通しをもたせ、変化球も使って、

指導員は一致団結して、と分かりやすい解説で大変参考になりました。
【公務員】

・いつも明るく対応して頂いて気持ちよく参加させていただき感謝しています。
テンポのいい話の中にたくさん心にグッとくる言葉がありました。
まずは関係づくりが大切だなと思いました。
かたく考えすぎず、こんなこと考えてるんじゃないかな、

だからこんな行動するのかもと色んな事を考えて、見つけてわかってあげる、

安心できる環境は大切なのだと思いました。
特別ではなく、当たり前にいる生活を作っていけるように周りも育っていきたいです。
【保育士・学習支援員・学童指導員】

・集団を育てることが大事だということがよくわかりました。
【家庭教師】

・実例を挙げながら…という構成が私にとっては「ドンピシャ」でした。
4月末まで勤務していた山口県の幼稚園で

一昨年度知的身体とも重度の障害を持った女児の加配を担当していました。
4歳児クラスでしたが給食やトイレや遊びの場面で、

周りの子どもたちが私の手伝いをしてくれたり、

「よだれがいっぱい出てよだれかけがびっちゃこじゃけえ新しいのを持ってきたよ」

「先生がトイレに行っちょる間、○○ちゃんを見とくから大丈夫」と

日々やり取りしていたころを思い出してほっこりしました。
自分自身が幼児教育(保育)の現場にいるため、

学習というより生活の場面での関わりの大切さは日々感じています。
興味関心を共有したり、今やりたくなければクールダウンしていいよ…は

子どもとの関係性の中で無意識に行っていましたが、手探り状態、試行錯誤。
性格的に楽観的なので、こんな方法でいいのか?と思い返すことも多々ありますが、

前向きに頑張ろうと強く思いました。
【保育士】

・エピソードの中に組み込まれた内容がとても深く感じました。
検査結果や計画の中身が示す子どもの姿より、

実際に見て話して関わる事で示してくれる本当の姿を見ることが

大切だということに気づかせていただきました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・話の展開がテンポよく聞きやすかったです。
集団の中の個について、支援する子だけを見つめるのではなくて

集団を育てることの大事さを知ることができた。
子どもとの関係性について、雑談の中で子どもとの関係性を作っていくこと、

ダメとか否定語で返すのではなくて上手い切り返しができたらと思います。
【施設職員】

・事例を挙げて話をしてくださったので、場面が思い浮かび納得して楽しく聞けました。
支援をするということを杓子定規に考えるのではなく、

個々に応じた柔軟な対応が求められるなと感じた。
自分が何歳になっても子ども達と共通話題が持てる人でありたいと思った。
【保護者】

・学校で直球が多いことに気が付いた。
子どもとの関係性や興味(好きなテレビ)など知らないことがあるので

仕切り治すきっかけになりました。
【教員】

・具体的な事例がまさに学校現場の様子そのものであったため「あるある」と納得し、

子どもとの日ごろの関わりにとても参考になりました。
【小学校非常勤講師】

・支援という視点も大切ですがどう子どもを理解し、

理解している関係者が学校にいることが大切であるということが分かった。
やはりクラス運営がとても大切で「できない」「わからない」と言える、

言ってもいい雰囲気作りが大切であるということを感じた。
とてもエピソードがたくさんで分かりやすい説明ありがとうございました。
【教員】

・何をすべきかよりもその子とどんな関係を築いていくかを大切にしたい。
【児童デイサービス】

・エピソードから子どもとの関係を作ること、

集団と子どもの関係を見ることについて普段から悩んでいたので、

普段の生活の中の「あるある」とうなずける話でより納得できました。
自分の悩みに直接うったえられた内容でした。
【教員】

・相手との関係を作っていくことでいい支援につながることを学べたと思います。
事例を挙げての講座だったので理解しやすく実践においても即役立つと思いました。
【放課後児童支援員】

 

2校時目は広島大学大学院の川合紀宗先生に「合理的配慮のある教室」について

グローバルなお話を頂きました。では、川合先生のアンケートを紹介します。

 

 

・障がい認定に関係なく何に困難があるのかを見極めて配慮をすることが

大切とおっしゃられていましたが、大変難しいことだなと感じました。
【指導員】

・講義中に何度も言葉にされていた「子どもとの呼吸の中で」

というフレーズが心の中に残っています。
もしも、合理的配慮が必要な生徒さんに当たった時は、

足し算と引き算を探っていきたいと思っています。
「まちがいを消さない」ということ。
そこから支援の糸口を見つけていく、1つひとつ細やかに見ていくこと、ふかんしてみていくこと。
そのように生徒との関わりから支援できることを増やしていきたいと思います。
【教育の絆プロジェクトコーディネーター】

・漠然と…ではなく、合理的配慮について具体的によく分かりました。
何に対して困難があるのか…見極めることが大切であると改めて実感しました。
【保育士】

・より観察が細かなところまで必要だということが分かりやすく、ためになりました。
我が子も観察できていると思っていたけれど、おおざっぱだと気づきました。
丸付けして、やり直しがきちんと終わるまで提出、と伝えていたけれど、

そのやり直し終了がゴールではなく、

さらなる往復の工夫を個々に考えることの必要性を感じました。
聞くことが難しい子への効果的な家庭学習の引き出しが知りたいのですが、

各教科どんどん単元が変わっていくので、視覚的なカードを作り切れません。
日本だけでなく世界でどのようなアプローチがあるか知りたく、

また同時に調べていきたいと思います。
【塾講師】

・クラスの中で発達障害児がいる環境なので

その子がどういうことに困難やつまずきがあるのか、

しっかり観察し、やりにくいところをサポートしていきたいと思いました。
それと同時に得意な所を伸ばすという観察も必要だと思いました。
【教員】

・自分のことを知ること(メタ認知)の重要性を感じた。
学校の中で学習面だけではなく、生活や行事などでも

メタ認知ができるような工夫と種まきが必要だと思った。
子どもを自立させるために何をさせるかを軸に、工夫して計画してみようと思う。
子どもが学べた実感が持てたのかフィードバックすることも大切だと思った。
【教員】

・メタ認知が重要。なぜそうなるのかが大切である。意義・意味を子どもとも共有する。
How?以上にWhy?発想を変えてみる。
アコモデーション(配慮)がうまくいかなければモディフィケーション(変更・調整)
【保護者】

・「どこでつまずくのか」「合理的配慮例」について資料にまとめられていたので、

現場でも実践していけそうです。
子ども達それぞれのつまずきや配慮例を分かりやすく示してくださいました。
川合先生の講義をもっと深く聞きたいと思いました。
少し話のペースが早くて、メモが追い付かず「今の言葉をもう一度!」と

聞きたくなることがいくつかありましたのでゆっくりペースでお願いします。
【教員】

・合理的配慮の内容について詳しく知ることができて大変参考になった。
特に日本にはない考え方であるモディフィケーションについて知ることができて良かった。
また教師が「どうしてこれをこうするのか?」をしっかりと理解して、

説明できる力量をもって、支援していくことが重要であると感じた。
【教員】

・早期発見は必要ですが、早期診断はどうなのかと悩むことがあります。
今日の先生の「ADHDと診断がついてもつかなくても対応は変わらない」

という言葉にヒントがあるような気がしました。
自分を知るということを促し、自分に必要なサポートを自分で知ることができるような

関わりが大切だということが分かりました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・実態把握の大切さ、加えることだけではなく不要な支援は

排除していくことも大切ということも改めて感じました。
今何に困っていてその背景は何なのか見ていかなくてはいけないと思う。
自己理解していくことも大切だと思った。
まずは自分を知ることもしっかりしていきたい。
【保育士・学習支援員・学童指導員】

・自分自身を第三者として客観視するメタ認知が大切だとしみじみ思いました。
【特別支援教育アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・インクルーシブ教育の大切さが言われつつ、

実際の学校現場ではなかなか実践するのは難しいのかなと感じますが、

学校生活の中で一番身近な大人であり、

困りごとを察知しやすい教師が中心となりその子を理解し、

必要な配慮を教材や教室環境と共に改善されていくと良いなと思いました。
【保護者】

・困っているから、できないからではなくて子どもが自立するための

支援をするということを頭において支援をしていきたいと思いました。
子どもを合理的配慮と思いながら支援していますが、

できるようになったことまで手を出していないか振り返ってみるきっかけになりました。
引き算することを足したり引いたりしながら支援をしたいです。
【放課後児童支援員】

・障がいについての正しい知識をもって判断していかなければと思う。
子ども達が持つ特性を正しく理解し配慮ができるようになりたいと思った。
カラフルで楽しそうな教室、

個々を尊重できる環境の整備が日本でもできるといいなと思った。
【保護者】

・発達障害児の配慮例やデータ集はこれから支援していくうえで役立つと思いました。
色々なケース・パターンを考えていかないといけないと思いました。
合理的配慮はだれにとっても必要であること

私たちが状況や実態を把握することが大切だと感じた。
【放課後児童支援員】

・合理的配慮の詳しい内容が理解できた。メタ認知の大切さが分かりました。
子どもが困っている場合まずは何につまずいているのかを多方面から探っていき、

様々な方法を試していきたいと思いました。
【児童デイサービス・保育士】

・子どもの変化に合わせ、足し算ばかりでなく引き算の大切さを日々実感しております。
【児童デイサービス・移動支援サービス・看護師】

・配慮とは加えることだけでなくて、

実態を把握し引き算もしながら見極めるという言葉が印象に残りました。
教員ではないので想像しにくいことがあったが今後の参考には十分になりました。
【施設職員】

・アコモデーション(配慮)、モディフィケーション(変更・調整)

これらは日々生徒と接していて常に状況変化に対して考えていかないといけないと思います。
何か学習のしにくさ、集中ができないなどをしっかりと見ていきたいと思います。
【教員】

・管理者の立場から、法に則っての配慮として、事例を細かく分析・研究されていて

障がいの状況が分かりやすかったです。
「私たちと同じように理解しているか」この言葉に引っ掛かりました。
私たち(学者先生)は皆さん同じなのでしょうが、

配慮されるべき人は「普通ではない」私たちとはちがうと壁を作られたような気がしました。
支援員の必要性は教育者や大人が作っているのかなとも感じました。
様々な立場の方の色々な角度から研究・検討されていることが

この養成講座に組み込まれていて、

こちらに参加させていただいて良かったなと思っております。
【公務員】

・合理的配慮を必要としている子どものためには多様な子どもの特性をまず理解して

何に困っているかを把握することが大切だと感じました。
【小学校非常勤講師】

・誰にとって合理的か?
どんな教材を使うかよりなぜこの教材を使うのかの答えを

持っている支援者でありたいと思います。
【児童デイサービス】

・合理的配慮とは一筋縄ではいかない、もっと勉強しなければいけないと感じました。
すごい先生のすごい話だと思うのですが、私にはいまいちついていけなかったです。
子どものつまずきに対して細かく見るミクロの眼だけでなく、

俯瞰的な眼が必要だということが参考になりました。
子どもの苦手なことを見分けることができても、どのように対処するかを

試行錯誤して的確に判断、実践していかなければと思います。
【塾講師】

・具体的な合理的配慮の例を知りたくて参加したのですが、アセスメントの大切さを感じました。
校内で特別支援教育コーディネーターをしているので、

配慮を実施してもうまくいかなかったら変更・調整をするという考え方で

支援を考えていこうと思いました。
【教員】

・私には少し専門的な話に思えて、内容に入り込むのが難しかった。
最後の海外の教室のデザインの話は興味深く聞けた。
多様性を持つ子ども達が多様性を受け入れてくれるような

環境(教室)で学べたら素敵だなと思いました。
トモエ学園の小林先生はすごい人だったのだなと改めて思いました。

(窓際のトットちゃん)
【放課後児童クラブ臨時支援員】

・話のペースについていけなかったのが残念。資料とメモを見直してみます。
【教員】

・その子が何に困っているのかを見極めること。
実態を把握してしんどさを見極めることは「合理的配慮」でなくては語れないと強く感じました。
自分の捉え方を振り返る良い機会になりました。自分を客観視しながら聞いておりました。
【教員】

 

3校時目は広島市立落合東小学校の穐山和也先生で

「子どもと教師と保護者の関係づくり」についてお話頂きました。

ではアンケートを紹介します。

 

 

・特別支援学級の指導員になったばかりで、

子どもにどう接していけばいいかと思い悩みながら

学校が冬休みに入ってしまいましたが、先生のお話で誰がしんどいか?

子どもが一番しんどいと話されはっとしました。
その子は何に困っているのかを考えコミュニケーションをとりながら

分かってあげられるようになりたいと思いました。
【指導員】

・折り合いをつけるなど子ども同士のコミュニケーション、

これから意識していきたいと思いました。
【特別支援教育アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・「困っているのはその子自身だ!」という観点をいつも心に留めておきたいと思います。
特別に支援がいる生徒たちに接しているわけではありませんが、

生徒たちの見えない部分に心を傾けていきたいと思います。
実体験したコミュニケーションや支持的風土のある学級についてのお話が参考になりました。
ただ声をかけるだけでなくこのようなスキルを使ってみたいと思いました。
【教育の絆プロジェクトコーディネーター】

・幼児教育の現場で働いています。試行錯誤し失敗も多々ありました。
私自身、困ってしまう場面もありましたが、「一番困っているのはその子自身だったんです」

という言葉がすっと心に入ってきました。
やはりご自身が現場で活躍しておられるので実践に基づいた内容は1つひとつ納得…

そして「あっ!そうだったんだ!」と目からウロコの連続でした。
先生対子どもももちろん大切。
ただその子は集団の中の一人なので、子ども対子どもの関係、

子どもを取り巻く保護者と先生の関係の大切さを再認識できました。
【保育士】

・私もADHDっぽい講師として理解・勉強していっています。
公立小は高学年までは特に「面白くない」「気が乗らない」子がクラスに数人いるね、

とボランティアで各クラスのそれぞれ英語ルームを企画運営したとき、

保護者サポーターと話したことがあります。
それを今回のお話から、アプローチの多様化やより詳細伝達で

クラス全員が楽しめたのかも、と勉強になりました。
教室づくりでは子VS講師、講師VS保護者しか気が回っていなかったとか

楽しくわくわくする場づくりなど実践したいことが多々ありました。
【塾講師】

・私は教師ではないので生意気なことは言えませんが、

学校現場には考えが凝り固まった先生が多いなと感じます。(特にベテランの女性の先生)
この講座に来られている先生方はきっと違うと思いますが、

そんな先生に疲弊している保護者も多かったりします。
先生方にもっと色んな特別支援の情報を学んでいただき

クラス運営に生かしていただけたらなと強く思いました。
皆さんとのワークはとても楽しかったですし色んな考えがあって面白かったです。
いろんな人がいていい、みんなちがっていい、ちがいを認められる学級づくりは

その子の未来を明るいものにしていくのだろうなと思いました。
【保護者】

・改めて子どもの力はすごいんだと思いました。
その力をいかすもつぶすも大人。
大人同士の関係についてもっと勉強していかなくてはいけないと感じました。
ゲームを通してコミュニケーション力を育てる。
その例をいくつかご紹介いただき良かったです。
使わせていただこうと思います。
【公務員】

・子どもとの関係づくりの中で、今日やったゲームを参考にしてやっていこうと思いました。
【放課後児童支援員】

・楽しい実践ゲームなどもあり、あっという間でした。
先生が自分の体験から学ばれたことを教えていただけて素直に聞くことができました。
まずは自分を理解する努力から始めたいと思います。
【保護者】

・分かりやすいお話をありがとうございました。
最後かけ足になって残念でした。
生徒とのコミュニケーションの取り方を実践できて良かったです。
自分自身がタイプの違う人とコミュニケーションをとるのが苦手なので参考になりました。
生徒との関わりにじゃんけんをまずやってみたいと思います。
【施設職員】

・現場の経験に基づくお話でとてもよく理解できました。
学校の先生にたくさん聞いてほしいです。
時間が短くてかけ足のお話なのでもう少し聞きたいです。
初めて体験した活動を通して色々なアイデアを頂けました。
「保護者は自分の子どもの障害受容は一生できない」ということを

しっかりと心に留めておこうと思います。
自尊感情は子どもも大人も大切なのだなと思います。
【塾講師】

・中学生にもすぐに使えるコミュニケーションツールがありました。
また今まで特別扱いはいけないと思っていたのが少し楽になり、

みなそれぞれの個性で受け止めればいいという気持ちになりました。
【教員】

・誰がしんどいのかの最初のところは、自分が仕事を始めた時自分がしんどかった。
本当は子どもがしんどい、困っているのはその子自身だったと

気づいたのはしばらく経ってからでした。
そこを再び思い出しました。
また診断名でレッテルを貼りがちでしたが、

この子は何が困っているかにスポットを当て支援したいと思いました。
【児童デイサービス】

・保護者さんの相談支援を行う中で「子育てを支えるのは

良質なコミュニケーション」ということをしっかりと伝えていきたいと思いました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・子どもの気持ちになりコミュニケーション・人と人との関わりが

大切であることを体験を通して大いに学びました。
子どもや保護者との関わりに関する様々な具体的なエピソードを聞いたり

体験をしたりすることができました。
聞きながら子どもの生きづらさや自分の生きづらさを考えていました。
【教員】

・学校現場で働いていますがクラス運営にも保護者対応にも

大変参考になることを教えていただきました。
もっとじっくりお話をうかがいたかったです。(今回は飛ばしたところもありましたので)
先生も大切と言われた「自尊感情」についていつかまたお聞きしたいです。
学校の中でもサポートの必要な先生もいらっしゃいます、お互いに。
人との対応の仕方が変化してきていると思います。
【教員】

・コミュニケーションの大切さ、コミュニケーションをとる方法など実際に体験することができました。
子ども達や周りの大人の方とコミュニケーションをしっかりとっていきたいと思います。
【保育士・学習支援員・学童指導員】

・子ども達に、人と違うのは当たり前で自分のいいところをわかるように

大人は接していくべきだと思いました。
保護者との関わりも大きな課題ですが、学校と保護者が同じ方向を向いて

子ども達を育てていかないといけないと思いました。
愛着障がいのことも勉強してみたいです。
何か情報があればお願いします。
【教員】

・しんどい子の目線で見る。何故しんどいのか。個別の計画を立てる。
アセスメントやエビデンスが重要。自然に関われるコミュニケーションづくり。
子ども同士の関係がよければ関わる大人の関係も良くなる。
1番困っているのは子ども本人。柔軟に対応する。
いろんなタイプの子どもがいる前提で考える。
子育てを支えるのは良質なコミュニケーション。
支持的風土のある学級。
【保護者】

・体験が色々あってとても楽しかったです。
早速子ども達と一緒にやってみたいです。
SSTを楽しく取り組めそうです。
「友達の意見を聞く、自分の言いたいことを言える、譲る」ができるように支援していきたいです。
【児童デイサービス・保育士】

・動的ワークショップが多くあり、実際やってみることで生まれてくる感情が体感できた。
試してみたい気持ちになりました。
少し先生向けの内容だったのかなと思いました。
子ども同士の自然なコミュニケーションをはかる方法(ゲーム)をたくさん習えてよかった。
子ども同士をつなげることから可能性が広がっていくことがわかり前向きな気持ちになれた。
【放課後児童クラブ臨時支援員】

・子どもさんの感想と同じで、話したことの無い人と話せてよかったです。
失敗談、素晴らしく学べました。
スタッフへの伝え方の学習になりました。
【児童デイサービス・移動支援サービス・看護師】

・すぐに使える楽しいワークの紹介が多くあり参考になった。
【教員】

・毎日の授業や保護者対応等に使えるような内容でした。
参考になりました。
【教員】

・「違い」を認める、周りに理解させる、

また伝えていかなければいい学級づくりをするのは難しいと感じました。
日々、子ども(個)と子ども達を見つめていかなければいい支援はできないと思います。
「グループワーク」などを取り入れてもらったことで講座が和やかになった気がします。
【放課後児童支援員】

・LD、ディスレクシアについて学べたこと。
今年はほとんど参加できませんでしたが、来年度は1回でも多く参加したいと思います。
【保護者】

・忘れていたことを思い出すことができました。
【教員】

・穐山先生のお話は何度か聴かせていただいているのですが、

いつも新しい発見があったり学びがあります。
何より活力をもらいます!
自分自身の学級づくりを見直すことができ今後の方向性も見えてきました。
【教員】

・様々な人間関係形成活動が参考になりました。
【教員】

・子どもと保護者をつなぐ支援者になりたいと思いました。
【児童デイサービス】

 

 

青山先生、川合先生、穐山先生、この度も大変お世話になりました。

いつも快く講師を引き受けて下さり本当に感謝しています。

また来年もどうぞよろしくお願いします。

 

さて、この日は養成講座終了後、NPO日本インクルーシブ教育研究所の第4回通常総会があり、

初めに私(中谷美佐子)がNPOとは何なのか?ということを法律や行政対応等について、

理事や社員がNPOを運営していくために必要なこと等を1時間ばかり話しました。

 

スタッフは養成講座終了後で疲れていたと思います。

それも何回も私から聞かされているNPOについての話を

またまた聞かされるわけですから眠かったと思います。

ごめんなさいね。いつも本当にありがとう。

 

第4期活動計算書はこちらからご覧いただけます。

申し訳ありません。第4期も赤字です↓

NPO法人日本インクルーシブ教育研究所 会計報告

 

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム

 

次回の学習・発達支援員養成講座は来年1月28日です↓

特性に応じた支援「ワーキングメモリと学習支援 社会性とコミュニケーションの困難さ」

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

左から水田アナ、真ん中石田チーフディレクター、右はわたし(中谷)

 

こんにちは。広島でインクルーシブ教育の普及活動をしている

NPO日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

昨日はFMちゅーピー「すまいるパフェ」

MISAKO先生のVIVA!発達凸凹~s!の出演日でした。

 

さて、わたくし最近、あまりラジオ原稿を書かなくなってきまして、、、

 

というか…ラジオはテレビと違って、時間もマイルドに進んでいきますし

テレビのように映像と合わせないといけない等…あまり制限がないので

話す内容を大まかに決めて、あとは出たとこ勝負のような話をすることにしました。

 

というか…「原稿なくていい」とラジオ局から言われていたのに

私が律儀に、それも3年以上も、原稿を書いていたのです・笑

 

というか…私は原稿が書きたかったのです。

万が一、口が滑って、いい加減で適当な話をした場合

聴者に誤解が生じて子ども達を苦しめることになってはいけませんから

教育関係の話をする場合、フリートークに慣れるまでは

とにかく原稿を私は書きたかったのです。

 

実は15年くらい前まで私はラジオでニュース原稿を読んでいました。

しかし、ニュースはほぼフリートークはありませんから、

フリートークの経験がなかった私は、3年は原稿を書こうと決めていました。

 

それで、律儀に「原稿なくていい」と言われているのに

原稿を書いていた、それも3年以上、書いていたというわけです・笑

 

まっ、書くということは頭の中を整理できますから

私の脳には良かったのです。

 

さて、昨日話した「そもそも特別支援教育ってなに?」ですが

特別に支援することだから特別扱いをしてもらうことと

考えている人も多いような気がします。

 

まずは、特別支援教育というのは特別でも何でもなく

当たり前の教育だということを知っておいてもらいたいと思います。

 

「みんな同じだ」とか「みんな同じであるべき」等といった

考えをしている人もいるかもしれませんが、、、

 

実際には、人はみんな違いますから、

違うということを前提とした教育を考えると

同じ教室で学んでいく場合、

誰もが何かしらのサポートが必要になるということです。

 

だから、平等に同じもの(教育)を与えられた場合、

みんな平等に学ぼうと思っても、

そのときどきの条件によっては

学びが不平等になってしまうわけです。

 

例えば「みんな平等ですから、平等にメガネをかけずに黒板を見なさい」と

先生がもし言ったなら、近視の子どもは黒板が見えませんから平等には

教育を受けることができなくなります。

 

また、ディスレクシア(読み書き困難)のある子どもに

「みんなに平等に5分間与えますから、黒板を全て写しなさい」と言われても

平等には書き写せません。

 

つまり、平等に教育を受けるには…というか、

公平に教育を受けるには

スタートラインを同じにしなければなりませんから、

その子その子に合わせたサポートが

必要になってくるということなのです。

 

こちらに特別支援教育を理解するのに

分かりやすい図が出ていますので見てください↓

BuzZap!【追記あり】「平等」と「公正」の大きな違いが1秒で納得できる画

 

↑こちらを読んでお分かりになったと思いますが

箱の数が通常学級における特別支援教育だということです。

 

そのため広島市内では各学校に特別支援教育アシスタント等が

配置されるようになってきていますが…

 

実際には専門性を身につけてから配置されているわけではないため

子どもが必要としているサポートが分からないといったことから、

 

子どもに必要でないサポート

(子どもがやろうとしていることを支援員が先にやってしまうとか

子どものお世話係になってしまう等)が見うけられ、

 

これでは子どもの成長を阻んでしまうと危惧し、

3年前からNPO日本インクルーシブ教育研究所では

教室にいる発達障害の子ども達を適切にサポートできるよう

専門性のある学習・発達支援員を養成することにしたのですね。

 

そして、12月23日(土・祝)の公開講座の案内をしてラジオが終わりました。

 

今月の公開講座についてはこちらから詳細をご覧頂けます↓

特別支援教育とインクルーシブ発想の教育 合理的配慮のある教室 子どもと教師と保護者の関係づくり

 

こちらはFMちゅーピーが入っている中国新聞社9階から見える景色(平和公園)です。

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

広島でインクルーシブ教育と発達障害への正しい認識普及活動をしている
NPO日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

昨日、第3期学習・発達支援員養成講座3回目を開いていました。
午前中は当NPOの理事で広島大学の石附智奈美先生に

「幼児期への対応(発達障害の子どもの感覚と困難さ)」についてお話頂きました。



では、石附先生の講座アンケートを紹介します。

 

・私自身、今現在保育士として乳幼児と日々関わっており、

まさに今日の講座の内容は興味深くタイムリーでした。
現場では確かにその子その子に応じた目標や成長があり、

支援の必要な子どもには加配や調整を行っておりますが、

まだまだ不十分さ(人的にも環境構成面でも)を感じています。
自分自身がより深く学び、スモールステップの設定や

子ども達への理解や配慮につなげていきたいです。
石附先生の持っておられる雰囲気やお話の進め方が素敵で引き込まれました。
私の中では今まで受講した講座の中でナンバー1です!
即実践できる方法や支援を具体的に示してもらいとてもありがたかったです。
【保育士】

・自分自身も子どもも低緊張気味なのだと気づいたら色々なことに納得できた。
人と関わることの苦手な大学生の息子は感覚の困難さを周りに伝えることも嫌がり、

自分で工夫して乗り切る方法を探っています。
一生、自分の感覚と付き合っていかないといけないので、

何とか乗り越える方法が見つかれば良いのですが、

小さいころにわかっていれば手立てもあったのかも…と悔やまれます。
【家庭教師】

・理論的に学べて良かった。
とても理解しやすかった。(聴覚・前庭覚・固有受容覚・触覚・視覚)
時間があっという間に過ぎました。
日常的に感覚統合を意識してみると良いと思いました。
【保護者】

・体験的に感覚過敏など実感ができて良かったです。
障害があるなしに関わらず、感覚の違いは人それぞれだと分かりました。
そして当の本人はそれが生まれた時から当たり前なので気づいていない。
だから支援する人が気づいて対応することによって

10年後の子ども達の未来が違うのなら、どうしていきたいか考える時間になりました。
【教育の絆コーディネーター】

・感覚の不具合は生まれた時から「そんなものだ」と思い

子ども自身は気づいていないから大人に伝えられないのだということが

今さらながらわかり胸が苦しくなりました。
しっかり子どもを観察していろんな可能性を考えたサポートをできるように

学んでいきたいと思いました。
【ふれあい広場推進委員】

・感覚統合について初めて聞くことが多かったのでとても勉強になりました。
聞いてみれば「自分にも多少なりともあるな」とか「あの生徒ももしかしたら?」と

思い当たるところも出てきました。
【教員】

・ゆっくり話していただき、落ち着いて聞くことができました。
体験してみることで、ふいに触られた時のぞわぞわした不快さを感じられ、

気をつけなければと思いました。
子ども達の感覚を受け止めて、発達の補助ができる大人になりたいと思った。
【保護者】

 

・公開講座での参加だったため、会全体の雰囲気、体験もでき本当に良かったです。
不器用な子・生活学習がしんどそうな子・色々な子の理由が

本を読んだだけではわからない部分がしっかり説明され、今後に生かしたいと思いました。
【教員】



・発達障害の子どもが持つ、様々な感覚がわかって参考になった。
感覚のバケツが大きすぎる子の場合は、満たしてあげることが大切だと分かったので、

工夫してできることを考えたいと思います。
質疑応答の時間をできるだけ取ってもらえるとありがたいです。
【放課後児童クラブ臨時支援員】

・感覚は人によって違いがあり、自分でも自然にセンソリーニーズがあり、

センソリーダイエットをしていると気づきました。
感覚統合を知ることで、その人に合った支援ができることが分かりました。
しっかり子どもを見てその子にあった支援をしていくことを心がけたいです。
【教員】

・ゆっくり丁寧な話し方で大変に聞き取りやすかったです。
感覚統合のことをよく理解していないことが分かりました。
今まで支援の遊びの中でやってるやってると思っていましたが、

どうしてそうするのかとかよく理解していませんでした。
話を聞きながらあの子にはこれを取り入れてみよう、

この子にはこうしてみようとイメージができました。
ただまだしっかりつかめていないところもありますので

回を重ねて勉強をしたいと思いました。
感覚統合って面白いと初めて感じました。
【児童デイサービス】

・感覚統合との関連があるのではと考えていた対象の児童についてや

ほかの児童についても具体的にアドバイスを頂けて良かった。
自身にもビジョントレーニングの必要性を感じました。
【移動支援サービス・看護師・保護者】

・周りの子と違う反応をする子どもの、

どこに不具合があるのか見当をつけるのは、

観察力・色々な事例を知っていること・勘も必要だと思います。
その子に合うちょっとしたトレーニングで対応すれば、

10年後のその子の人生が大きく変わるなんてすごいことだと思います。
私自身の幼少期、触覚過敏・前庭覚過敏・聴覚過敏と色々あったんだな…と思いいたります。
一部はずっと残っていて体調の悪いときに感じます。
【塾講師】

・石附先生の講義を聞くのは4回目ぐらいですが、

毎回毎回気づくことがありとても参考になった。
整理された図はとてもわかりやすい。
【教員】

・「感覚統合の発達過程」についてピラミッドのように感覚が積みあがっていることが学べました。
底辺の感覚のところを増やしていくと自然にできるようになることが学べました。
感覚調整の問題に早く気づき、配慮や調節する手立てができることが大切であると理解できました。
10年後の子どもたちの住みやすさ、生活の充実につなげられるように努めていきたいと切に感じました。
体験によって子ども達の大変さが実感できました。
我が子も衣類の触覚に過敏さがあったことを思い出しました。
同じもの・同じ色・素材のものをスペアを用意することで自分で更衣がスムーズになりました。
感覚を堪能できる遊びや日常生活の中で取り組めるもの、

料理など本人が好きなもので取り組めるものを用意したいと思いました。
【保護者・精神保健福祉士】

・話すスピードがちょうどよく心地よく聞けました。
感覚統合という言葉を初めて聞きました。
感覚を言語化すると難しいことも知りました。
脳が欲する感覚をしっかり味あわせることは実践できそうです。
【学校事務】



・具体的な支援方法の提示もあり、とてもわかりやすい内容でした。
感覚の閾値を知ることで、個々に合った対応ができることが分かりました。
感覚統合の基礎講座を受講していますが、内容を再確認することができました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・息子の保育園が感覚統合を取り入れている所だったので、

きっとずいぶんできることが増えたのだと思いますが、

やはり就学後に学習が始まってからかなり毎日がしんどいようです。
今回、改めて「そうなんだよな」と自分の対応のまずさに反省しております。
遊びや家事を通して、本人に無理のない楽しい活動をして感覚を和らげていけたらと思いました。
【保護者】

・感覚の困難さが具体的に分かり、苦しんでいる子ども達の状況を理解することができたので、

気になる子ども達の様子をもっと観察し、声掛け・支援をしていこうと思います。
【教員】

・児童クラブで触覚過敏な子がいてどう接していけばいいかと悩むことがありますが、

この講座を受けて具体的支援の方法が分かったので活用していきたいと思います。
【放課後児童クラブ臨時指導員】

・アセスメントの仕方を教えてもらえてよかった。
【児童デイサービス】

・人それぞれの感覚は違うこと、感覚を満たすために知らず知らずのうちにしていることがある。
行動の後ろにあるものが何なのかに気づいて対応していくことができればと思います。
【保育士・学習支援員】

・以前受けた講座のふりかえりにもなり、他の参加者の質問も参考になった。
【児童デイサービス】

・すべてが新しい知識だった。
センソリーニーズを、気になる生徒の行動を観察して知り、

その中で許容できる活動を受け入れ落ち着く気持ちを生徒に提供できるようにしたいと思いました。
【塾講師】

・もっとお話を聞きたかったです。
感覚過敏ばかりに気がいっていたが、鈍麻の体験やトレーニングなど、

知識を得てサポートの幅が広がったと思います。
質問に丁寧に答えていただきありがとうございました。
無駄なストレスを感じさせない、取り除ける支援につながると思いました。
広島の精神科医渡部京太さんの発達障害の特性と対応の講習を受ける機会があり、

二次障害になる手前の状態やグレーゾーンのASD・ADHDへの対応、

発達障害ではなくても思春期の拒みながら求める性質の認知など支援員に役立つ情報がありました。
なにかつながることがあれば…と感じました。
【塾講師】

・感覚統合という言葉は知っていたが、講座を受けてみると色んな困難がある事が理解できた。
自身もそうでないかと思うところがあった。
支援員が1人ひとりの閾値を知ること、気づいてあげることで、

いい配慮ができ、将来の生活につないでいけると学べた。
【放課後児童支援員】
 


 

では午後から講師を務めてくださった星槎大学の三森睦子先生のアンケートを紹介します。

三森先生には「思春期前から成人期にかけての対応、自己肯定感を高めるSST」について

お話頂きました。

 

 

・日本の社会が個々の得意分野を生かしてくれる社会になっていけばいいなと思いました。
【教員】

・相談支援の中で、「手帳の取得」と「オープンかクローズか」という相談を多く受けます。
手帳の取得の有無だけではなく、「支援機関とつながること」「自分の特性を理解すること」の

大切さを伝えていきたいと思います。
講座を受けた後は家族に「今日はこんな良い話があったよ」と伝えるようにしています。
今日は「思春期までにたくさんの自信をつけてあげること」を夫に伝え、

子ども達の「ねえ、お母さん」にしっかりと耳を傾けたいと思いました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・自己理解が必要、周囲の理解も必要。
先生の想いを感じ、子ども達にハッピーに育ってもらいたい、その手伝いがしたいと思った。
自己肯定感は大事だな、と肯定感を持てるようなポジティブな言葉をかけられるよう、

言葉を準備したいと思った。
話を「聴く」ということを大切にしてコミュニケーションをとっていきたい。
【保護者】

・「学齢期にどういう力をつけておくことが本当は大事なのか?

学校で色々なことを言われて自信を無くしてほしくない!」という言葉が印象的でした。
「自分で考えて行動できる」スキルを身につけるためにはどう支援していけばいいのか?
さらに学びを続けます。やはり時間が足りない。でも頭的にはいっぱいいっぱい。
【放課後児童クラブ臨時支援員】

・支援者は見えない所を見抜く力・どう考えてどう見ていくかという

知識を持っていれば知恵も出てくるし、

色んな人や機関とも協力することができるんだと思いました。
学校現場でも好きな所・得意な所を伸ばせるような環境を作らないといけないと思いました。
そして他機関とのつながりもつながりやすくなるようにしなければいけないと思いました。
【教員】

・なぜ働くのが難しいのかを具体例を挙げながら話をされたのでよく分かりました。
思春期以降の意欲を引き出すためには、保護的な環境で得意なことを保障し、

苦手の特訓をしないことが大事だということがよく分かりました。
久しぶりに公開講座に出席して学ばなければならないことが色々あるのだなと思い

参加して良かったと思いました。
【特別支援学級指導員】

・就労については、やはり難しいんだなと感じました。
今小学生なので、できることをやっていけたらと思いました。
SSTは独学はしたのですが、講座で実践する中で改めて知ること・実践することの大切さを感じました。
【保護者】

・後半実体験ができ理解が深まりました。
大人の自分でもほめられたり共感してもらえることがこんなに嬉しいのだから、

子ども時代のこういった経験は大人になってからも残るだろうな…と。
我が子との関わり方も、今日を機に変えていきたいです。
【施設職員】

・就労するために小さいうちから身につけることがらが大切だと思った。
ハッピーになるために。
【教員】


・我が子に来年中学の特別支援学級を利用する子がいます。
小学3年生の時に学習支援のことで相談してから、

5年生に上がるころにようやく本人の特性のことが理解され、

今年小学6年生になって特別支援学級を利用することになりました。
今日のお話で発達障害は気づかれにくい、色んな見えにくさがあること、

だからこそ支援する人は「見えないものを見る力が必要」であることをしっかり学ぶことができました。
「好きなところを発見して、好きなことに能力を使う」
まさに今我が子は「わかるから楽しい。自分のできることがあるから嬉しい」といったことが

+になって自ら学ぼうとしています。
今日は将来に向けて聞きたかったことが盛りだくさんあり、とても感謝いたしております。
支援する人は「見えないものを見る力が必要」であること。
「支援者・家族のサポートについて」本人に向けた大切な内容を学べました。
ちょっと先のことが学べたことで親として、また福祉職として将来の応援者になりたいと思う。
【保護者・精神保健福祉士】

・就職するにあたって何につまずきやすいのかよく分かった。
診断がない場合は失敗してから相談機関等につながることになってしまいそうだと感じた。
失敗の前に何か方策が取れたらいいが、プライドが高かったり困っていることに気づかないと難しそう。
【家庭教師】

・先生が言われていることがどれも深いところに響き、共感いっぱいの内容でした。
学校の勉強だけではない。
自分の得意なことをいかして、足りないことを補い合って、

その人1人ひとりがいかせる仕事の創造が成される社会にしたいですね。
思春期前までに自己肯定感を高める体験・わかってもらった体験

聴いてもらった体験、相談にのってもらった体験、

そんな場を作っていくヒントがたくさんあったと思います。
【教育コーディネーター】

・特に後半の自己肯定感を高めるSSTは「理論+やってみよう」が楽しく、有意義でした。
好きなことを楽しく取り組みながら、成功体験を積み重ね、

その子の持っている「光るもの」を引き出す手助けができれば…と思います。
『世界にひとつだけの花』の歌をふと思い浮かべました。
今現在の職業では、就労というのは全く遠い先…の問題です。
「三つ子の魂百まで」の年齢の子ども達と関わる日常の中、

いち早く子どもの状態に気づき・理解し・対応することで、

就学後や社会人として生きていくための手立てを確立する土台作りとして

何かサポートにつながる…と責任の一端を担っていきたいと実感しました。
会場が固定してもらえるのがとても有難いです!
【保育士】

・まだまだ自分には遠い話ではあったが、

発達障害者が就労する時に考えなければいけないこと・就労した後のことを知ることができた。
その子のすばらしさ・好きなこと・得意なこと・補わなければいけないことを

常に見てあげることが大切なんだなと思いました。
【保護者】


・就労の困難さ、手帳をもらえばいいという訳ではないことなど

今まで知らないことをたくさん教えていただきました。
就労支援の場は色々あるようですが、複雑すぎてよく分からないと思いました。
リフレーミング・アサーションの体験で何だか優しい気持ちになりました。
特別支援学級の中学生の学校外での学習サポートをしていますが、

就労に必要なことを念頭に置きながら対応していきたいと思います。
受験前のメンタル不安定な生徒にはリフレーミングなど生かせると思います。
学校の教員にこのような発達障害の勉強をして欲しいです。
必要な人ほど勉強しないようで…。
【塾講師】

・意欲の貯蓄の分岐点は思春期というところで、

いかにそこまでに自己肯定感を高めていけるかが

とても大切になっていくということが改めて確認できた。
三森先生の後半、自己肯定感についてもっとじっくり聞いてみたかったです。
「クラスで育てるソーシャルスキル」は是非手元に入手して活用したいと思います。
【教員】

・体験を通してのお話で、引き込まれました。
時間があっという間に過ぎました。
先生の熱い思いがとてもうれしかったです。
楽しかったです。
なぜそうなるのか→背景に目を向ける・見えないものに目を向ける・考える。
頑張ることを要求しすぎてはいけない。
先生と協力していい方へ変えていくにはコミュニケーションが必要。
自己理解からスタート。
苦手なことからスタートより得意なことからスタート。
自己肯定感を育む。
【保護者】


・三森先生の支援する人は見えないものを見る力が要るという言葉が印象に残りました。
子どもの行動の背景を考える。色んな可能性を考える。
そのためにはやはり知識と経験が大切だと思いました。
今関わっている子ども達もいずれ働くことになりますが、

その前にしっかり良いところ・できたところをほめて、

自己肯定感を高め、将来に希望が持てるよう、子ども達を支援していきたいと思います。
一生に関わることなので間違っても二次障害になるようなストレスを与えて

脳を傷つけることがないよう注意していきたいです。
【特別支援教育アシスタント・ふれあい広場推進員】

・よりたくさんのお話を聞きたいと思います。
大人のADHDで悩んでいるママ(子育て世代)が周りにたくさんいます。
子どもに遺伝してしまったこと、ご主人がASDなどそういった内容もじっくりお聞きしたいと思いました。
体験はとても大事ということが分かりました。
質問にも丁寧に答えてくださりありがとうございました。
社会と本人とのずれを減らす新しい仕事や、

良いところを定型にはできないようなすごいところを伸ばしていく教育や、

仕事につながるような何かができないものかと考えました。
【塾講師】

・放デイで大切なことは、本人の好きなことを伸ばしていけるよう好きなことをさせてあげ、

居心地のよい場所を作ることを再確認しました。
ロールプレイングは相手の気持ちもしっかり体感でき、明日からまた生かせそうです。
中谷さん、鼻声に聞こえました。気を付けてくださいませ。
【児童デイサービス】

・就職の難しさを感じた。
講座で支援する者は「見えないものを見る力が必要」と言われたのが心に響きました。
これからの仕事によりいっそうの責任も感じました。
自己肯定感、大切ですね。
心の育つ支援をしていきたいです。
【放課後児童支援員】

・長男・長女の就労での様々な経験・思いから理解できることがたくさんありました。
ちらっと聞こえたのですが、福山の方ほかにもいらっしゃるのですね。
三森先生、お話してみたい。山のように話したいことが、まあ難しいですね。
【児童デイサービス・移動支援サービス・看護師】

・就労についての機関など知ることができました。
社会にももっともっと理解が広がっていくように、と思います。
「見えないものを見る力が必要」という言葉にそうだな、と思いました。
小さい頃にプラスのストロークバンクを満タンにしていくことは大切だと思います。
学びの時間をありがとうございました。
【保育士・学習支援員】

・小学校→中学校→高校と進む過程での困難さの変化等は

児童デイにとって避けられない課題であり適切な支援のために参考となることが多くあった。
【児童デイサービス】

・子どもの良さに気づける支援者になりたいと思いました。
【児童デイサービス】

・最後が駆け足になったのが残念でした。
就職するまでも大変ですが、就職してからも理解がないと続けることが困難なので、

企業もこの勉強をして理解できたらと思いました。
また好きなことを伸ばして仕事につなげられたらいいと思いました。
自己肯定感を高めるSSTも子どもが小さなうちに学べたら良かったと思いました。
学校の勉強だけじゃないことを頭では分かっていても言葉で聞くとそれでいいんだと確信しました。
【学校事務】
------------------

 

こちらの写真は触覚についての体験を参加者にして頂くために

石附先生と私(中谷)とで見本をお見せしている写真なのですが…

私に「鈍麻」がございまして…

結果として、私が無反応なので見本にならなかったという笑える写真です↓



石附先生、三森先生、この度も講師を務めて頂き本当にありがとうございました。

深く感謝いたします。

 

4回目の学習・発達支援員養成講座は12月23日(土・祝)に開催します。

テーマは「合理的配慮」です。一般の方には公開講座がございます↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所 学習・発達支援員養成講座

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

広島でインクルーシブ教育の普及啓発活動をしている

NPO日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

今朝、呉市社会福祉協議会内にある「ことばのおやこ教室」で

「気持ちが楽になって、子育てが楽しくなるコツ講座」と題して講演をしてきました。

呉社協の皆様、お招き頂きありがとうございました。

 

さて、今日は子どもはみんな多様で

その子その子の育つ道筋は違うのだというお話をしました。

 

そして、みんな自分に合った学びがあるわけで

合わないところで一生懸命がんばったとしても

結局、疲れて、その場にはずっとはいられないということ。

 

小学校へ上がる前に

「いちねんせいになったら、ともだちひゃくにんできるかな」と歌った記憶から

友達をたくさん作らなければならない、

いつも友達と一緒にいないと恥ずかしい、

どんな時も友達と常に一緒にいなければならない等となっていき、

友達を多く作ることが良いことだと思い込んでしまっている

子ども達がどれ程多いことか。

 

友達はいてもいなくてもいいし、

たくさん作ってもいいし、少なくてもいいんだよと

教えてくれる大人がそんなにいないこと。

 

今の日本の教育は誰もが同じであるということを前提とした教育になっているため、

誰もが違うということを前提としたインクルーシブ教育が必要であること。

 

子どもの問題行動は

子ども本人が問題を起こしているのではなく

私達大人が子どもに問題行動を起こさせるような

対応をしているということ。

 

そんな話から後半部分では子どもの好ましい行動を増やす方法と

子どもの好ましくない行動はどうやって減らすかを

行動理論に基づいて解説していきました。

 

しかしながら、いくら適切な対応方法を学んだとしても

子どもへの見方が否定的だと、全くもって子どもに良い影響を与えませんから

子どもへの見方を肯定的視点に変えると、

まずは自分自身が幸せになっていくという脳のくせ等についてもお話し、

みんなが幸せでいられる方法(ものの見方)をお伝えしました。

 

帰宅すると呉社協の担当者がメールをくださっていて

講演後、参加されたお母さん達から「今日は来てよかったです」

「すっと中谷先生の言葉が入ってきました」

「子育てのヒントがもらえました。実践したいと思います」等のお声が

あったそうで嬉しく思います。

 

みんなが心穏やかに幸せを感じながら子育てができるように、

そして日々、お母さん達をサポートしている呉市社会福祉協議会の方々に

深くお礼を申し上げたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

今日の講演会で話したような子どもの発達や関わり方、対応方法等は

NPO日本インクルーシブ教育研究所の学習・発達支援員養成講座や

ハートボイスプロジェクトの子どもをあたたかく育てるコツ講座でお話しているので、

詳しくお聞きになりたい方はこちらへどうぞ↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所

ハートボイスプロジェクト

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

広島でインクルーシブ教育の普及啓発をしている

NPO日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

さて、成績表というのは、「平均的な発達をしていることは素晴しい。

発達が凸凹していることは良くない」といった前提で

作られているような気がしてならないのは私だけでしょうか?

 

そういった視点で子どもを見た場合、

発達が凸凹している子ども達の成績表は

どうなってしまうのでしょうね。

 

私達大人がみんなで発達が凸凹している子ども達を

救う方法を考えるきっかけになればと思い、今日は書いています。

例えば、小学校の通知表には、次のように書いてあります。

 

関心をもち意欲的に学習しようとする

目的や意図に応じて適切に話したり聞いたりすることができる

音楽のよさや美しさを感じ取り表現の仕方を工夫する

衣食住についてよりよく暮らすために工夫することができる、、、等

 

何を基準に「工夫できる」「よくできる」なのか?

平等に教育を受けられるように

各々への早期発見・早期対応があり

各々が必要としているサポートがあった上での評価なのか?

私は疑問に思っています。

 

平均的な発達をしている子ども達を基準に評価すれば、

恐らくASDやADHD、LDの子どもは平均的な発達をしていないため

適切なサポートがなければ良い評価を受けることはないでしょう。

私達にすりこまれてきた記憶(普通がいい、みんなと同じでなければならない、

違うことは劣っている)等で子ども達の成績をつけているとしたら、、、

発達に偏りのある子ども達はあまり良い成績はもらえないでしょう。

 

もしくは、本人達も学校には居づらくなり

自然と学校から遠ざかっていくでしょう。
そうすると、ますます成績は良くない方へ向いていきます。


しかし、彼らのような人達が(環境が合っていて、うまく育った場合は)、

社会で活躍しており、この社会に変革をもたらしていることも

私達は肝に銘じておかなければなりません。

今、国はインクルーシブ教育をすすめていますが、

この教育は誰もが違うということを前提としていますから

私達大人の心の奥底にある【歪み】や【偏り】を取り除かないことには

成立しない教育だろうと思います。

 

そうすると、各々に差別や偏見があれば、

それらを個々が自分の中から取り除いていかなければなりません。

 

差別や偏見というのは「その人のことを知らない」ということから始まりますから

人それぞれの違いを正しく理解し合う時間が必要となります。

 

日本にはまだまだ「みんな同じ方がいい。違うことはカッコ悪い」

といった考えが根強く残っていますから

インクルーシブ教育がなかなか進みにくいのかもしれません。

 

日本の教育は課題が山積していますから

1つづつ、みんなで考えて解決していけるよう

引き続き、声を上げていきたいと思います。

 

11月26日(日)の公開講座では

広島大学の石附智奈美先生と星槎大学の三森睦子先生のお話があります↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所 学習・発達支援員養成講座

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

広島でインクルーシブ教育への理解と発達障害への正しい認識普及活動をしている

NPO日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

昨日は学習・発達支援員養成講座2回目

「発達障害への気づき、理解、支援」でした。

 

まだ養成講座が始まって2回目なので

参加者はまだまだ分からないことが多く

発達障害について知れば知るほど

「この社会と学校の現状をどのようにしたらいいのだろう?」と

悩みがたくさん出てくるようです。

 

しかし、大丈夫です。安心してください。

養成講座が進んでいくうちに

徐々に理解して実践できるようになり、

そして、人に伝える力もついていきますから。

何事もスモールステップです。

 

ではアンケートをご紹介します。

 

午前中は私(中谷美佐子)が講師で

「応用行動分析とリフレーミング」についてお話しました。

 

 

・前回受講した時よりは少しずつ学んできたこともあり

理解できることが多く少し嬉しくなったころリフレーミングのお話があり愕然としました。
頭では分かったつもりだったことが口からすぐに出てこないことがショックでした。
学び始めて普段しっかり子どもを褒めているつもりでしたが、

私自身がまだまだ未熟で語彙が少なく早急にトレーニングが必要だと思いました。
私自身がハッピーになるため必要なリフレーミングをしっかり身につけたいと思います。
休憩時間におすすめ本を早速注文しました。
【特別支援教育アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・応用行動分析は初めてちゃんと聴いたと思います。
本当に盛りだくさん、学びがたくさんでした。
アナウンサーでもある先生の活舌の素晴らしいお話ですごく頭に入りました。
「ほめる」ことの大切さはわかっていたつもりでしたが、その理由がよくわかりました。
先生の説明を聞いて理解したつもりでしたが、

健太君の事例研究のワークをしてみると中々難しいと思いました。
しかし、とにかく取り入れていくことが大切だと思います。
応用行動分析もリフレーミングの実践は子どもへの対応だけでなく、

家族内や大人同士の人間関係もよりよくなると思います。
【塾講師】

・私の子どもに来年中学1年生になる子がいます。
まさに今日先生が「様子を見ていたら取り返しのつかないことになる」

と言われていたように「様子を見ましょう」と言われてきていました。
いかに「見方を変える」ということが大切なことであるかが、

今の子どもの幸せにもつながるだけでなく、

大人の私自身の幸せにもつながるということが理解できました。
「子どもの気持ちを味わってみよう」では体験することにより

その子にあったほめ方が大切になることに気づけました。
【施設職員・保護者】

・私自身、応用行動分析やリフレーミングについての

知識が全くありませんでしたのでとても有意義でした。
脳は「廊下を走るな!」の「な!」の部分が残らないという概念は目からウロコでした。
肯定的注目・計画的無視については保育の現場で無意識にそれに近い対応をしていましたが、

きちんと体系づけて話してもらい頭の中が整理できました。
応用行動分析は記録をとることが大切とのこと、

日々現場で36名の担任を受け持っているとなかなか厳しいですが心がけたいものです。
【保育士】

・心地よい言葉をかけることの大切さを感じました。
かける言葉によって子どもの動きが変わるということは私の心に突き刺さりました。
できれば子ども達が生まれたところからやり直したい思いです。
【保護者】

・リフレーミングをすると自分の気持ちの切り替えができイライラしなくなると思いました。
応用行動分析の勉強をきちんとしてみたいと思いました。
ついつい日々の忙しさで子どもに「早く!」と言ってしまい待つことができない生活です。
余裕のある生活を送らなければなと思いました。
【教員】

・応用行動分析の基本的な考え方が明確になった。
怒っても、脅しても、叱っても利がないことを改めて確認できた。
いつも参考文献をたくさん紹介して下さるのでありがたいです。
【児童デイサービス・保育士】

・ABA・リフレーミングの重要さを学べた。
子どもの行動は大人の取る行動によって変わることを忘れないようにしたい。
【保護者】

・今の自分、今の勤務先の生徒たちの現状にドンピシャな内容でした。
肯定的注目と計画的無視の具体例は学校現場でも生かせそうです。
「子どもをあたたかく育てるコツ講座」土曜日日曜日はないですか?
【教員】

・デイサービスでの対応、1人ひとりの子ども達のこと、

職員の対応などすべてに役に立つ内容でした。
「怒らなくていい」このことを理解したくて講座を受けておりますのでドンピシャです。
感謝しかありません。
【移動支援サービス・看護師・保護者】

・「大人が子どもに問題行動を起こさせている」

知らないは許されないことになると思いました。
現実とのギャップは大きい。
【教員】

・リフレーミングは短所を長所に変換できる魔法ですね。
こういう風に考えることができれば自己肯定感アップになります。
しでかす前の心理状況から「やっちまった」後の状況を記録し、分析し、対応法を考える。
何事も直感で判断していた自分にとって心に残りました。
いつもながら細やかなご配慮を頂きありがとうございます。
【当事者・公務員】

・今行っている支援にハッとさせられる内容だった。
受講で自身をリセットしながらいい支援をしていきたいと思いました。
現場でも取り組んでいけたらと思います。
見方を変えてみることにより、よりよい行動や関係に繋がっていくことは

支援だけでなく日々の生活にも実践していけると思う。
【放課後児童支援員】

・ABAについては何度か講習を受けていますが、

受講から期間がたつとつい叱ってしまっている自分に気づきます。
本当に理解し、自分に定着させるには復習し続けることが重要だと再確認することができました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・ABAとリフレーミングは興味があったので色々聞かせていただけて良かったです。
もう少し掘り下げて学んでみたいなと思いました。
【保護者】

・ユーモアを交えながらハキハキと講義して下さり、内容も大変ためになった。
家に帰って再度噛み砕き、職場で役に立てたい。
応用行動分析的アプローチという方法がある事を知り、

不適切行動への対処の仕方が聞けて良かった。
今日の中学校の先生の質問は私たちにもためになりました。
質問しやすい雰囲気を作ってくださることがありがたいです。
【放課後児童クラブ臨時支援員】

・初心者のとっかかりとして、分かりやすく学びやすい講座でよかったです。
子どもとの関わりで大切なことを確認することができて良かったです。
【教員】

・初めての参加で初めての言葉が多く、いっぱいいっぱいになりましたが、

少し自分の考えや見方を変えられるヒントがいっぱいあったと感じます。
とりあえず家庭でも仕事でも見方を変えられる、ネガポジにチャレンジしたいです。
【保育士】

 

午後からの講座は東京からNPOエッジの藤堂栄子会長がお越しくださいました。

学習支援員の心得、個別支援計画の立て方、学校に入るということ、

そして、学習支援(英語)についてお話いただきました。

 

 

・LSA(学習支援員)の役割を改めて考えるよい機会になりました。
すべての子どもが自分に自信を持ち、ハッピーになれるよう手助けをしていきたいと思います。
そのためにはまず自分からということも忘れずにいたいです。
【特別支援教育アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・仕事に、子どものために、とてもいい話をありがとうございました!
支援員の目標を考えていくことで、段階を踏むことの理解が深まり、

アプローチの仕方が見えてきました。
ASDの人の気持ちを理解しにくいという困難さに対し、

また本は好きなのに文字を読まず絵ばかり見ている息子へのアプローチも視野が広がりました。
【塾講師】

・実際に藤堂先生からお話をうかがい、LSAの役割について

ライフステージに応じた支援について学べたことがとてもスッと頭に入りました。
合理的配慮についてLSA(学習支援員)の役割からより理解することができました。
気づきの基本、観察すること、観察のポイントなど学べてよかったです。
【施設職員・保護者】

・実践してこその支援であり、子どもたちがハッピーになり

自信につながる支援について認識が持てたことは有意義でした。
現在保育(幼児教育)の現場にいるので、

学校教育の現場の前段階として参考になったり、

保育の現場で取り入れられる支援の手立てがあると思いました。
【保育士】

・英語の教材や見やすくする工夫、支援の考え方など目からウロコの内容でした。
今まで自分たちが学んだ通りの教え方でない考え方や指導について知ることが大切だと思いました。
【学生】

・本人の行動に対して、周りが困っていることを中心に考えるのではなく

本人がどこに困っているのかという視点が重要なことがわかった。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・支援の本当の意味を知った。
学校教育の現場と、支援法との間には大きな隔たりがあると感じた。
その子にとって有益なことを考えていける現場になってほしいと思う。
【保護者】

・子どもを育てる(教育)ことに関わる人や部署、機関は

しっかりと連携することが子ども達にとって一番幸せで、近道なのだと思いました。
まずは自分の身近なところでしっかりと連携していきたいと思います。
藤堂先生の最後の言葉で「HAPPYな子どもを作っていく手立て」という言葉に

また頑張ろう!と思いました。
【教員】

・英語が苦手な子どもに対しての支援のヒントがたくさんあって

すぐにでも取り組んでみたいと思いました。
【児童デイサービス・保育士】

・先生をほめることで支援の成果を上げることができることがわかった。
目標がその生徒にとって適切かどうか確認しようと思った。
【家庭教師】

・短期的な目標と長期的な目標・視点をもって支援する・常に考えて思いこまずに支援する。
これらのことを忘れないようにしたい。
【保護者】

・LSAとしての学校の中での位置づけが理解しやすい資料でためになったので、

帰ってゆっくり復習したいと思う。
英語支援の話は少々専門的だったが、知らないことがたくさんあって面白かった。
月1の講義日が楽しい!!時間が足りない!!!
【放課後児童クラブ臨時支援員】

・法に関する理解が深まった。
学習支援について英語ばかりではなく色々なことに応用できそうだと思った。
【教員】

・子どもの気持ちに寄り添った具体的に事例に合わせた学習ができた。
【移動支援サービス・看護師・保護者】

・英語の学習法があり、英語教師としてはとても良かったです。
特別支援計画のフォーマットが参考になりました。
本校では各教科に分けて作成していましたが、

藤堂先生と個別にお話できたことで、

教科ごとの計画は教師と生徒にとってハードルが高いと思いました。
子どもにとって一番必要なことにフォーカスを当てて

目標や計画を立てられるようフォーマットも考えたいと思います。
藤堂先生からは「日本語が正しく言えないのに英語をできるようにさせるのはムリ」と言われましたが、

中学校教育では通常学級にいる生徒は英語の授業を受けなければならない現実の中、

英語ができない上記のような生徒が授業中苦痛なままだろうなと思っています。
学習指導要領に沿って進めていかなければならず、また受験も書けなければ話になりません。
現実が理想に追いつかないようで困っています。
もう少し具体的に聞いてみたいと思いました。
【教員】

・法律改正での込められた思いを知ることができ、理解を深めることができて良かったです。
経験豊富な中から実際の子どもの事例を挙げながら具体的に説明して下さり、

たいへん分かりやすかったです。
ネット等で藤堂先生を目にしたことはありましたが、

実際にお目にかかったりお話を聞いたりしたことはなかったので、

あたたかな先生のお人柄に触れることができたいへん嬉しかったです。
広島までお越しくださりありがとうございました。
【教員】

・個別支援計画の立て方での質問ができたので良かったです。
質問するのは緊張しましたが自分のものにできた気がしました。
【児童デイサービス】

・LSAの役割、学校に入った場合どのようなことに

気を付けるべきか多方面にわたって良かったです。
参加者の色々な事例に対して先生にアドバイスいただけたのも、

私も指名していただいて直接助言していただき有意義でありがたかったです。
日本語がしっかりしていないのに英語をなぜ教えるのか?に同感です。
保護者の気持ちや、学校の先生が保護者をどう考えているのかが特に参考になりました。
家庭環境や親子関係を知ることは指導上必要だとは思いますが、

「家庭のせいにしてはならない」というのは大切な観点だと思いました。
英語指導の様々な工夫、はげしく参考になりましたが、

これをきっかけにもっと深く広く勉強しないといけないと思います。
【塾講師】

・LSAの心得は子ども主体に考え、

みんながハッピーになるために忘れてはならないなと思いました。
まだ息子が小学3年生なので…とは思いつつ、

英語の学習方法は気になっていたので将来につなげたいと思いました。
【保護者】

・支援計画の記入方法はたいへん勉強になった。
見通しを立てていく、日々の記録は振り返り等で必要だと感じた。
【放課後児童支援員】

・支援員について本音と建て前的なこと、心得など少し理解できたように思います。
藤堂先生の経験をもとにしたお話が生で聴けて良かったです。
空気感…とても幸せに過ごせました(勉強できました)。
お忙しい中、来広いただきありがとうございます。
【公務員】
 

藤堂先生がいろいろな本を紹介くださいました。

昨日早朝、藤堂先生は東京から新幹線に乗って広島へ到着。

当NPOで午後の講座を済ませて、再び新幹線に飛び乗り、深夜に東京着

といった強攻日程で広島へお越しくださいました。

お忙しい中本当にありがとうございました。

 

では学習・発達支援員養成講座3回目「ライフステージによる対応」は

11月26日(日)で、講師は広島大学の石附智奈美先生と星槎大学の三森睦子先生です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所

 
不定期ですがメルマガを発行しています。
セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。
メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

広島でインクルーシブ教育と発達障害への正しい認識普及活動をしている

NPO日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

さて、今日は毎月第2火曜日午後2時から放送の

MISAKO先生のVIVA!発達凸凹~s!の日でした。

この番組はFMちゅーピーのスタジオで生放送されています。

 

しかし、私は今日放送日だということをすっかり忘れており

水田アナから昨日メールが届いて、びっくり!

私はダブルブッキングをしておりました。

急きょ、もう一つの約束を日程調整させてもらい…大汗

今日はあわててスタジオに入った次第です。

 

実は私、毎年10月と4月に必ず放送日をスケジュール帳に書き忘れます。

というのは、テレビ局だと10月と4月は改変期で

番組が打ち切りになることもあるため、

局から「次もよろしくお願いします」と言われてから

手帳に日程を書くようにしています。

 

そのため、ラジオはテレビと違って番組が長く続くので

打ち切りになることはめったにないのに、

ディレクターが「次もよろしくお願いします」とはあまり言われないのに

その言葉を私は待ってしまうわけです。

 

そうすると、手帳に書き忘れてしまうといったことが起きます。

 

この記入漏れを私は3年やらかしましたので

これからは1年後まで放送日を手帳に記入しておこうと

今日は決意いたしました・笑

 

それで、今日、原稿なしでスタジオ入りしお話したのは

「そもそも、インクルーシブ教育って何なの?」でした。

 

簡単に言ってしまえば

インクルーシブ教育というのは「お互いの違いを学び合おう!」という教育です。

文部科学省が推奨する誰もが違うということを前提とした教育なのです。

 

教室というところは社会の縮図でいろんな子ども達が集まっています。

その子達が教室の中で互いの違いを知り合う機会をつくっていこうというものです。

 

教室の中で「この子には障害があるから」「この子は少数派だから」

「この子は…」といって排除していると互いの違いを知る機会を失ってしまいます。

 

だから、同じ教室でいろんな子ども達が一緒に

「みんな違うんだよ」ということを知っていくことが大切なわけです。

 

人は知らないから不安になって差別や偏見を持つようになるのですね。

しかし、正しく知ると不安がなくなるため差別や偏見がなくなります。

 

子どもの頃から同じ教室でいろんな子ども達と接しながら

違いを知り合いながら過ごすことで「人はみんな違う」ということを学んで育っていきますから

大人になって社会に出た時、差別や偏見をもって人を見なくなります。

 

そういった教育がインクルーシブ教育だろうと私は思っています。

 

この辺りまでがラジオで話した内容です。

以下はブログに書いているだけです。

 

ただ、インクルーシブ教育を日本ですすめていくといっても

国は環境整備をしていかないと、そう簡単にはすすめていけないと私は思っています。

 

広島市内には特別支援教育アシスタントがいますが

現状では専門性をもったアシスタントになれるよう

教育委員会が指導しているわけではありません。

 

そのため、NPO日本インクルーシブ教育研究所は民間ではありますが

専門性をもった支援員が子ども達をサポートしていけるようになって欲しいといった願いから

東京のNPOエッジとNPO星槎教育研究所と協働して

学習・発達支援員養成講座を広島で毎年開催しています。

 

この私共が主催する養成講座で専門性を身につけている

特別支援教育アシスタントも多いのが現状です。

 

ドイツは既に特別支援学校をなくしてインクルーシブ教育をすすめていますが

そのために国をあげて学校環境をかなり整備していっています。

 

何の整備もなく、ただやみくもにインクルーシブ教育をすすめている日本は

教師の負担が増えるばかりですから、

まずは、もっと教育にお金を使うことができる国になって

環境整備をしっかりしてからインクルーシブ教育をすすめていかなければならないと

私は思っています。

 

この辺りはちょっと問題提起になるのでラジオでは話しませんでしたが

みんなで一緒に考えていけるといいと思っています。

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム
 

自撮り、めちゃくちゃ下手くそで私の顔が半分切れています。

左から水田アナ、真ん中は石田チーフディレクター、右は私(中谷)です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。広島でインクルーシブ教育の普及活動をしている

NPO日本インクルーシブ教育研究所の中谷美佐子です。

 

さて、昨日から広島で学習・発達支援員養成講座【第3期】が始まりました。

この養成講座は教室でナチュラルにサポートできる

専門性のある支援員を養成していくため、全8回で来年4月まで続きます。

 

全8回と聞くと長いと感じられると思うのですが

「始まってみるとあっという間に終わってしまう感じがする。

まだまだ勉強が足りないと思うからもっと勉強したい」と

過去に受講された方々が口々におっしゃっていました。

 

それで、毎年一回フォロアップ研修を開いていましたが

それでも足りないといった声がたくさん上がっており

現在、事例検討会を定期的に開いていけるよう準備を進めています。

もうしばらくお待ち頂ければと思います。

 

では昨日開催した学習・発達支援員養成講座第1回のアンケートです。

 

1校時、講師は私(中谷美佐子)で「インクルーシブ教育とLD疑似体験」でした。

 

 

・発達障害の特性について学ぶ本や機会は多いけれど、

学校現場で役立つ具体的な支援方法やアセスメントの仕方を学ぶ場を探していたので、

とても参考になりました。
グループでの話し合いでは保護者の方の意見や思いも聞けて良かったです。
協力機関はどこか、どのように行政に助けてもらえばいいか、学校の事情は?

など保護者の方から「とても複雑で大変です」と聞きそれらのことについても

詳しく知りたいなと思いました。特別支援学級への申請など…。
【施設職員】

・疑似体験によって授業中にどんな困難があるか体験でき、

その反面で、私たちができることがわかったと思います。
体験的な学習はとても良いと思います。
【広島市教育の絆プロジェクト コーディネーター】

・知っていることでも疑似体験するとより深く実感を伴って理解することができました。
学校の先生にこの講座を受けてほしいと思いました。
【保護者】

・日々の忙しさに加えて、もともと忘れやすい私には、色々思い出せてとても良い時間でした。
疑似体験をして、改めて明日から子どもに寄り添う支援を学び、実践したいと思いました。
「読めなくても書けなくても勉強したい」をすぐに読みたいと思います。
理解不足と伝える力が足りないと感じ、養成講座を再受講することにしました。
学ぶことで、私自身がハッピーになり日々の支援にも影響が出て

子ども達がハッピーという好循環を期待しています。
【特別教育支援アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・「自立とは依存先を増やすこと」という言葉は私もとても好きで、

保護者面談の時にお伝えすることがあります。
そのほかにも「病院を受診する」ことの考え方など、

今後の支援に役立つお話をたくさんいただきました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・講座の入り口として私自身がまず知っておきたい事柄だったので参考になりました。
「ストレートに肯定的に伝える」は心がけて即実践していこうと思います。
疑似体験することにより、LDの子どもはもちろんのこと幅広く子ども達が

日々学習の現場で感じている困り感を実感し、

他の受講生の皆さんとグループで話合いできたことがとても参考になりました。
【保育士】

・子どものストレスを感じることができ、自分が生徒の立場でこう言われたら?と

自分の言動を客観的に見る力が付いたと思う。
レジュメに気が付かず、最初全てノートをとってしまいました。
各講座の丁寧なレジュメとプリントアウトお疲れ様です。
ありがたいです。
【塾講師】

・とてもテンポの良いペースでお話を聞くことができました。
日本と諸外国のインクルーシブ教育についても理解することができました。
疑似体験することにより、声出し、言葉のスピードやトーンによっても随分変わってくることや、

本人への支援が支援になっていないことが体験できました。
どのような態度でどのように声掛けすればよいかを振り返りできました。
今後の我が子への態度の在り方にも参考にしていきたいです。
スタッフの皆様、会場を居心地よく対応して下さって感謝申し上げます。
【施設職員・保護者】


・具体的な内容の講座で理解しやすかった。
中谷理事長の思いが伝わり共感した。
LD疑似体験をすることで気づくことが多く今後の関わり方に役に立つと思った。
どんな子どもでも過ごしやすい環境になることの大切さを改めて感じた。
ハッピーな気持ちで頑張っていきたい。
実例が多かったので分かりやすいと思った。
字体の違いで見えない状況がある事も初めて知った。
「こういう研修を受けて少しでも生徒が心地よく過ごせることを祈るばかりです」

→いい活動をされているので応援します。
【保育士・学童クラブ 臨時指導員・子育て応援事業起業】


・子ども達にどう接しているのか、自分の伝え方の良し悪しを体験することで認知できた。
視点を変えるだけで見方が変わりやりやすくなることを改めて実感しました。
【児童デイサービス 保育士】

・疑似体験で、読み方・書き方・見え方がこんな風に見えるのか

ということがわかって良かったです。
強みを支えあうということが心に残りました。

必読本も紹介して頂きありがたいです。
【塾講師】

・発達障害の子ども達の気持ちを体験でき、

自分の指導・指示・支援の仕方を見直すチャンスになった。
【教員】


LD疑似体験後にグループで「どんなところが嫌だったか」「どういう風にして欲しかったか」等を

話し合ってもらい各グループの代表が発表しているところです。

その発表内容をスタッフ(井上理子、中谷羽衣子)がホワイトボードに書いてくれています。

 

・違ってよいということを再認識しました。
LD疑似体験がとても具体的で分かりやすかった。
子どもの気持ちになることができた。
【保護者】

・こんな風なんだと思いました。聞こえ方の疑似体験もしたかったです。
【児童デイサービス】

・自分が体験してきたこと、どうしてほしかったかなどうなずくことが多くあった。
もしあの時にそのようなアシストがあればなども思いました。
たくさんのお心配りありがとうございます。
【公務員】

・色々な疑似体験ができて、良い経験になりました。
疑似体験は自分の言動に対して(息子に対するもの)身につまされる思いでいっぱいになりました。
困りごと、嫌だった気持ちを忘れないように、対応していきたいです。
【保護者】

・何気ないことが当事者になった時には何気ないことでなくなるということがわかった。
【施設職員】

・とてもわかりやすい講座でした。
字が小さくて読めない資料がありました。
自分が幸せであることを大切にし、生きていきたいと感じました。
日々の仕事の中で悩みが迷いがあり、戸惑っておりました。
この度の講演を聞いて、生徒の立場になって物事を考えることができました。
明後日からはもう少し変わった支援ができそうです。
威圧的な態度にならないよう気をつけたいと思います。
【特別支援教育アシスタント】

・書籍や教材の紹介の時に漢字などの教材をどう使っていくのか、

何がどのように良いのか実際の指導の様子を見ることができれば、

私のような初学者にとても分かりやすいと感じました。
実際にどう困っているのか、困り感が理解できる内容でした。
関わる側はどんな配慮がいるかを改めて考えさせられる体験となりました。
【学生】

・伝える力の大切さ、生徒の気持ちが疑似体験でわかりました。
自分だけでなくみんな何かしらの困りごとを感じていることがわかりちょっと楽になりました。
【塾講師】

・今までの対応の確認になりました。
「それぞれの苦手」に対しての具体例がお聞きできたのでよかった。
【児童デイサービス】

・大人になり忘れていた困難さを思い出せました。
正直言うと少し辛いですが、対応している子ども達の顔が浮かび、場面が浮かび、

寄り添う努力をもっとしなくてはと考えました。
【看護師】


・内容がわかりやすい。
漢字の覚え方や読む際の具体的支援方法がとても参考になりました。
見せて頂いたインクルーシブサルサ「強みを支えあっていけば弱みはついてくる」ぐっときました。
授業中にシャーペンを分解する子にADHDの傾向があるのでしょうか。
それでも話を聞いていればよしとしてもいいのでしょうか。
そのほかにも好きなことはやるが、嫌なことはやらない子がいます。
そんな自分が好きではないけれど克服できない。
勤務先の学校にそのような子たちがいます。
講座を聞きながらどの子に当てはまるか、どうしたらいいか、1人ひとりに何かできることはないか、

子どもを思い浮かべながら聞いていこうと思います。
様々な支援方法をこれからも教えてください。
【教員】

・色々な事例を聞けたのでよかった。自分の視点を変えるきっかけとなった。
【児童デイサービス】

 

2校時は星槎大学の古川潔先生で「多様な子ども達への理解と関わり方」について

お話頂きました。

 

 

・この先生に出会えた子ども達はラッキーだなと思いました。
そういう方の話が聞け、とても学びになりました。
「ゆがんだ」アプローチはセンスなのかなと思いましたが、

具体的なことばがけ、アプローチの仕方、事例など、もっともっと話を聞きたかったです。
【施設職員】

・実際にどんなサポートをされたか、どんな声かけをされたかが参考になりました。
原因をさぐるのではなく「どういう未来に向かってゆけばよいのか」という観点で

みていけたらと実感できました。
【広島市教育の絆プロジェクト コーディネーター】

・問題志向・解決志向を意識して対応していこうと思いました。
意識して子どもをほめるようにしていますが、ほめ方もよく考えて、

まわりに関係者がたくさんいることを忘れずにしていきたいです。
直球だけでなく、変化球も使えるようになりたいなと思いました。
【特別支援教育アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・高校生→大学・社会人となったリアルな子ども達の自立の仕方が聞けて良かった。
学校生活では困難なことが強みになる場合があり、心が折れてしまわないこと、

目標を持つことの大切さがわかった。
学校の先生にこの講座を受けてほしいと思いました。
【保護者】

・自分自身は幼児教育・保育の分野で働いており、

講師の先生が対象とされている年齢層の子ども達へ関わる機会は少ないのでとても有意義でした。
講義最後の先生!相手のテンションが上がるようなことを言えばいいんだね!がとても印象的でした。
インパクト大でわかりやすかったです。
参考にしつつ…即実行できるかな…?と思います。
【保育士】

・親しみやすいキャラクターを演じていただき、

実例をもとに「明確な目標を持てば変われる」と肯定的な応援をいただけた。
小さく、具体的な肯定形の目標を持ち続けると良いということがわかりました。
【公務員】

・実例を交えた話が多く理解しやすかった。
「手詰まりを起こさない支援」という言葉が心に残りました。
支援者が知識を増やすだけで解決するということはなく

本人や家族など関係するすべてが手詰まりにならないということの大切さがわかりました。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・「特性は治らない(0にはならない)が克服はできる」という言葉に勇気づけられました。
高校生の卒業後の事例を見て明るい未来があることを再認識いたしました。
【特別支援教育アシスタント】

・笑いで惹きつけることの大切さを感じた。
学校でダメなら社会でも結婚も子育てもダメという変な流れは違うということの

実例が聞けてうれしかった。
あきらめない心と何が何でもではなく肩の力をぬいて長く頑張れるスタンスを学んだ。
【英会話塾講師】

・身近な事例を取り入れながら具体的にどのようにすればよいかがとてもよく理解できました。
お話しするペースも落ち着いていて筆記しながらでも聞き取りやすかったです。
大人になった時に適応障害を起こさないように支援すること。
「人の役に立つ」は大切なことであり、自尊感情や意欲を保つために

十分配慮を行うことが必要であること。
アセスメントで重要なことのお話もとても参考になりました。
支援者は黒子である、自己支援ができるようにサポートしていくことが大切であることに気づいた。
【施設職員・保護者】

・先生のお人柄も感じられ、興味深い話が多い講座でした。
実践されていることを言葉にされているので説得力がありストンと落ちる内容が多く参考になった。
将来への過程の実例は分かりやすく接する例が重要になることを再認識・確認ができると思った。
自尊感情と意欲の部分が重要。
【保育士・学童クラブ臨時支援員】

・子どもの今の現状をどうするのかをまず考えてしまうのだが、

目先だけにこだわらず長い将来を考え、ゴールイメージを持ち、

子どもを伸ばすことが大切だということがわかりました。
【学生】

・子ども達への声のかけ方などのコツがわかりました。
日ごろ接している方法が「それでいいんだ」と確信できました。
今後も子どもと相談しながら、解決志向で進めていきたいと思いました。
【児童デイサービス】

・具体的で分かりやすく伝えていただけた。
自分に古川先生のような対応ができるかと考えると疑問が残るが

心折れずにやってみたいと思う。
【保護者】

・WISC検査の結果の捉え方。
IQが上がれば良いというのではなく、

社会に出ていくまでの大局的な視点に立つ支援の必要性、

解決志向のアセスメントと子どもへの変化球的な対応の仕方など、

すぐに参考になることばかりでした。
【塾講師】

・「理解」は協同で構築するもの、取り組みを互いに理解する。
解決志向の中でドツボにはまっていたので、今日から変わりたいと考えます。
【移動支援サービス・看護師】

・内容も声の大きさもよかった。最後が駆け足になったのが残念。
実践をもとに子どもの事例を挙げていただき分かりやすく理解できた。
凸凹あっても場所が違えば花を開くことができることはよく理解できた。
【施設職員】

・内容も分かりやすく、ユーモアもあって、楽しく聞かせていただけた。
息子のことを思うと切なくなるところもありましたが、

少し光が差すようなお話もあったので、これからに活かしたいと思います。
【保護者】

・知らないことばかりだったので個性的な人とはこういう人たちだったことを知ることができた。
日々の小さな問題解決のところからはなるほど…と感じ、

声かけのアプローチの仕方の工夫が大切なんだなと思った。
【塾講師】

・内容は良かったのですが、途中ふくらみすぎて、

後半しっかり聞きたかったことがすごく速く走るように進んでしまったので、少し残念でした。
教室の中には様々な子ども達がいるので、どの子も良いゴールに向かっていけるように

小さなことからスモールステップで行っていくこと。
また、(個人の)理解は協同で構築するものという言葉や意味を生かしていきたいと思います。
【教員】

・先生の事例を挙げての話はよかった。現場でも実践できそうです。
【放課後児童支援員】

・多様な子ども達への理解について様々なタイプ別で資料に示してくださいました。
もう少しゆっくり話していただければ頭にしっかり入っていけたかと思います。
支援計画より、できることを伸ばす取り組みをした方がよいとのお話はもっともだと思いました。
しかし学校現場の現状としては個別支援計画を作成しなければいけません。
「できないことをできるようにするには」を考えていくのは教師にとっても苦しいものがあります。
【教員】

・もっとお話を聞きたいと思いました。

【放課後児童デイサービス勤務】

 

3校時は高森明先生(VTR)の「大人になった発達障害者たちが、

よりよく生きるために必要なこと」でした。

 

VTR講座は途中眠くなってしまうので、こうやって体操などしながら聞きました。

 

・実体験の中で生の声が聞けた。
生きづらさ(社会・学校・仕事)を感じている人からの支援員にのぞむ、

最後のパワーポイント(1)~(4)が参考になりました。
それをうけて自分がどんな支援員になりたいか考えていきたいです。
【保護司】

・自分の子どもの頃にそうだったなあとか利用者さんの顔が浮かんだりし、

これからこうしていこうと意識していこうと思いました。
自分なりの分かりやすい方法、優先順位でパターンで学んでいける。
スタッフの皆様お世話になります。
紙1枚配ってくださるのもありがたく、今後ともよろしくお願いいたします。
【児童デイサービス】

・当事者の声を聞くことができて良かった。
障害を正しく理解・観察し合意のもとサポートをしていくことが大切だと思った。
目立つ子どもに目がいきがちだけれど前の時間の古川先生もおっしゃっていた多様とは

全部・全員ということも忘れずに意識していこうと思いました。
色メガネで見てしまう危険性があることの自覚も忘れないでおきたいと思いました。
【特別教育アシスタント・ふれあい広場推進委員】

・高森さんの人生を通して生きづらさをリアルに知ることができました。
たくさんの選択肢のあるサポートを持つことは自立に向けて自分でバランスが取れるように

トレーニング→自分の居場所を社会の中で見つけ、

強みを活かして自立の好循環が生まれるんだと思いました。
目立たない子(過剰適応している子)にも目を向ける。
人には理解がいかに大切か再認識しました。
支援員もですが学校の先生にもこの講座を受けてほしいと思いました。
【保護者】

・定期的に体を動かす時間をいただいたことが効果的でした。
就労に関して、オープンでいくのかクローズでいくのかという相談をよく受けます。
この講座をうけて、発達障害という言葉が知れ渡るほど

働きにくくなるという現状があることが分かりました。
また、「大人になるまでに何を学んでおくとよいのか」という話は、

保護者の方に伝えていきたいことだと思いました。
お子さんが「学校に行けない」や「仕事に就かない」という相談の場合、

「基本的な生活スキル」が身についていないケースが多々あります。
今現在起こっている問題にばかり目をむけがちですが、

大人になった時にどんなことを身につけていたら「生きやすいのか」ということを

保護者の方としっかりと考えていきたいと思います。
【社会福祉士・精神保健福祉士】

・当事者の方からお話を聞くことができ、良かったと思います。
御自分のことを客観的にみられており、ご苦労されていることに心が痛くなりました。
それと同時に発達障害の生徒が将来少しでも楽しく生きていけるよう

支援員である私たちが今何をすべきかを考えるきっかけとなりました。
【特別支援教育アシスタント】

・当事者の方からの視点から様々な支援のあり方がよく理解できた。
当事者で本人にとってどのような視点を持って支援に当たればよいかとても参考になりました。
就労支援にたずさわった時代のことが思い出されました。
今後自分の支援の見直しと、よりよい支援ができるように努めていきたい。
【施設職員・保護者】

・高森さんの苦労、眠く等なく感謝の気持ちで聞かせていただきました。
目につきやすい子どもにだけ注目しない。気をつけたいです。
【児童デイサービス・移動支援サービス】

・当事者の苦しみや苦労がストレートに伝わってくるところが特にわかりやすかったです。

(中谷先生の解説もとてもわかりやすかったです。)
支援者がすべきこと、関わり方についてともに考え、ともに決定していくことについて

学べたところが良かったです。
【学生】

・途中で眠気防止のご配慮をありがとうございました。
中谷先生の途中の解説もとてもよかったです。
貴重なお話でした。
これだけ自分の人生・生きづらさ・展望までよく分析と整理をして語れるなんてすごい!と思います。
すぐに役立つ内容もたくさんでした。
前の講座の古川先生に質問している間、VTRを進めないようにしてくださっていたようで

中谷先生ありがとうございました。
【塾講師】

・障害があることで、生きづらい思いをしてこられたことがよくわかった。
高森先生が担任教師の対応の仕方次第で落ち着いて学校生活を送ることができた

ということは興味深く、教師の力量が問われると思った。
【保護者】

・支援の方向性を決めたり、計画する際に学齢に応じて相談・同意など

主体性を持たせるようにしたいと思った。
見え方・聞こえ方に配慮していただいてありがたいです。
【児童デイサービス】

・当事者の方のこれまでの人生を聞かせていただき、よりよい支援が大切だと痛感しました。
聞かせていただいてよかったです。
これからの支援に対して、気を付けること等、参考になりました。
【保護者】

・やさしい語り掛けで丁寧に話されわかりやすかった。
辛い体験など当事者ならではの話も聞くことができた。
ライフヒストリーの中で、出会った人の関わり方で救われたという言葉が印象に残った。
今後も「この人と出会えてよかった」と思ってもらえる存在に近づけるように

自分自身を高めていきたいと思う。
貴重なビデオ講座ライフヒストリーを聞くことで理解が深まった。
同じ当事者の仲間づくりもさせているので情報量が多いことが

中谷さんからコメントされたのでよかった。
【保育士・学童クラブ臨時指導員】

・どれだけ周りの大人や関わる人が本人の苦しいこと、

困っていることをキャッチできるかがとても大切なのだと改めて思った。
ただ気づかせることが重要、言い方が重要である。
【教員】

・私が知らないことばかりだったので、支援員と発達障害者、

どの方向から話を聞けばいいのか分からず、集中して聞くことが少し難しかった。
経験値が増えた時にもう一度見たいと思った。
【塾講師】

・事情がありVTRの講座ということで、やむを得ないとはいえ、

臨場感ややりとりの楽しさ・良さが欠けているため、少々眠く物足りなさを感じました。
ポイントで中谷さんがVTRを止め、解説を交えてくださったので、私にとってはありがたかったです。
個人的に私は、臨機応変さ・アクシデント対応への強さ・新しい環境への適応が苦にならない・

人相手の場面が大好きというのが自分のセールスポイントなので、

高森さんの生きづらさを実感することは難しいのですが、

当事者ご本人の口からきくことができたのは有意義でした。
当事者の方に体験談を話してもらう…このような機会は貴重で参考になりました。
願わくば…やはりLiveもしくは講演形式が理想ですね。
【保育士】

・当事者の苦悩…みたいな内容は、最近わりと身近に得られる情報だったので…。
当事者の話を聞き、よりリアルに社会の現状を感じられた。
困ったこと・大変だったこと・つらかったことはたくさん聞けたが、

ではその時まわりがどうすればベストだったのかというアプローチの方法・支援の仕方を

もっと具体的に知りたいので、今後の講座内容に期待しています。
【施設職員】

・やむを得ないとはいえ、ビデオ講座という点で物足りなさを感じました。
ただ、途中に解説があったためよかったです。
大人になってしまっているけど自分で自分のことを、

自分の周りのことを一つずつ分析していかないといけないことが分かりました。
おかげさまで色々な出会いがありました。
「自分の取説」考案中です。
どうしても凸凹があるので凸を活かして元気にハッピーに過ごせるように…と。
【公務員】

・当事者の話・気持ちがよく理解できた。
【放課後児童支援員】

・第一章の比重が大きすぎたように思った。
聞く方としては最後の第三章を長く聞きたかった。
話し方が淡々としているのでより眠くなった。
本人の体験を基に話されているので説得力がある。
【施設職員】

ご自身のことをすべてさらけ出し、伝えることはたいへん勇気のいることだと思う。
視覚的にカラーや絵、グラフがなく手元を見て頭を上げても

同じ話されている姿と手元と同じ文章がある…。
この方の生きづらさに対して何が必要か?というような考えさせられる

レジュメであったなら眠気も起きないのかなと思います。
そして、当事者の気持ちとしてこれがあったなら、ということも知りたい。
内容に関してたくさん話したいことがある・伝えたいことがある高森先生、

第一章のライフヒストリーは事前に読む等で最終章に関して得るものがあり重きを置いて復習したい。
合間にストレッチはありがたいことです。合間の解説もありがたいことでした。
トイレ休憩も間に欲しいと思います。
【英会話塾講師】

・時間帯が悪かったのかも…と思います。昼過ぎの丁度眠たくなるとき。
【児童デイサービス】

・中谷先生の途中の解説・ストレッチが入り、リフレッシュもでき内容もより分かりやすくなりました。
コミュニケーションの取り方が難しくて「我慢し続けて最後に爆発」といった経験が私もあります。
自分も発達障害の傾向があるかも…と思ってしまいました。
【教員】

 

古川先生、高森先生、養成講座第一回の講師を務めて頂き

本当にありがとうございました。

 

第2回は10月29日(日)です。詳細はこちらからご覧いただけます↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所学習・発達支援員養成講座第2回公開講座

 

 

不定期ですがメルマガを発行しています。

セミナー情報やインクルーシブ教育、特別支援教育、発達障害等について書いています。

メルマガご希望の方はこちらからお申込頂けます。購読は無料です↓

NPO日本インクルーシブ教育研究所メルマガ登録フォーム

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)