和文化の教室をされている皆さまへ♡外国人観光客を集客してみませんか?      ~ゼロから始めるインバウンド~

着付け、生け花、日舞、書道、和食料理教室、伝統工芸品などの体験レッスンに外国人観光客を集客してみませんか?英語ができなくても大丈夫!手間なしの簡単3ステップで外国人集客をし続ける方法をお伝えしています!

京都発!

日本文化を伝えているお教室の先生、小売店など販路拡大したい商店の方へ。
旅行会社に頼らず、外国人観光客をゼロから3倍に増やす独自の集客方法と、
価値を伝える接客英語を通じて、今あるビジネスにプラスαの売上をつくる
「はじめの第一歩」インバウンド・アドバイザー、倉中梨恵です。
 
伝統文化というと、御家元がトップにいらっしゃり、代々続く由緒ある家柄の先生や、
「3歳からお稽古を積んできました」というような人でないと、お教室を開いてはいけない!と思っておられませんか。
 
また、芸術の分野や、伝統工芸品の分野においても、
ベテランの職人さんがいる中で、「自分はまだまだだから、教室などできない。」
「名前が知られていないから、売れない」
と思っておられないでしょうか。
 
日本においては、伝統文化や芸術分野においては、一般の生徒さん・消費者さんレベルにおいても、
「小さいころから修行をつんでいるベテランであること」
「ある程度年齢を重ねていること」
「由緒ある家柄であること」
が評価の基準になることも多いと思います。
 
海外の芸術家などにとっては、もちろん、上記の条件は、評価されるポイントではありますが、
多くの「外国人観光客」にとっては、それらは全く必要がないことですニコニコ
私は、外国人向け茶道体験の仕事に関わり始めたとき、27歳でした。
「茶道の先生」といえば、年配のきものを着た女性をイメージされる方が多いですよね?
そんな中、27歳の免許取りたての人が、日本人向けの「茶道の教室をします」
と言って、どうでしょうか?アセアセ
たとえ、年齢を重ねている先生でも、現在、茶道や華道といった習い事をする人の数自体が、30年前と比べると減っているので、どこのお教室も「新規の生徒さん獲得で大変」という噂を耳にします
27歳の先生では、どう見ても無理がありますタラー
 
実際、今でも、私は年齢的には若手なので、
「観光客の方に茶道を教える仕事をしています」と言っても、日本人の方には、
お店の「お姉さん」と呼ばれることもよくあり、「先生」とは見ていただけないことも・・・タラー
 
一方、外国人観光客の方には、27歳でも、「茶道の先生」として見てもらえました!!
外国人観光客の方にとっては、はじめて触れる異国の文化なので、
御家元制度についても、ご存じありません。
茶道に資格制度があることも、あまり知られていません。
 
最初は、「ティーセレモニーのお店のお姉さん」と思っている人も、
茶道の歴史や資格があることなど、説明すれば、「あなたは先生なのですね!本物の、茶道の先生に会えた!」とすぐに理解して、「先生」として扱ってくださいますキラキラ
 
 
 
「楽しく、やさしく、正確に、本物の日本文化を教えてくれる」ことを純粋に求めておられるので、
私のような何の由緒もない家柄の、若い先生でも、大変満足してくださいます。
年齢は関係なく、「フレンドリー、親しみやすい」ことが、評価されたりするのです♡
 
 
「Rieは、昔は銀行員だったんだって?銀行を辞めて、このお店を開いてくれて本当にありがとう!とてもよかったです。」
外国人の方が、そういってくださったとき、とても嬉しく思いましたウインク
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

はじめての外国人集客をわかりやすくサポート!倉中梨恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。