1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-27 08:41:53

本当にそれは価値があるのか?

テーマ:ブログ

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

 

本日の天気は曇り。

 

まるで霧の中の様な

真っ白な朝です。

 

でも嬉しいことに

真上にはまるで

穴が開いたかのように

青空がのぞいています。

 

少し早めに起きたので

ウォーキングも距離を伸ばします。

 

 

毎朝4000歩を目指しています。

 

この数字は決して

難しい数字ではなく

数年前はこのくらい

歩いていました。

 

 

なまけた自分に

喝を入れます。

 

 

 

さて昨日はいろんな方と

お話をさせていただきました。

 

 

その中で最も

考えさせられたのは

「価値」

についてでした。

 

 

例えば私たちが作っている

インバスケットも

モノと考えれば文字がたくさん

書いてる紙と捉える

事が出来ます。

 

 

そこにお客様の問題や

課題を解決する価値が

あるからこそ、

高額であっても

ご購入いただけます。

 

 

価値を付けると

それだけの対価を

頂くことが出来るのは

ビジネスの原理ですが、

 

原理だからこそ

見失うことや軽視する

事があると思います。

 

 

 

例えばこのブログは

無料でお読みいただいています。

 

 

しかし、読んでいただくという

時間を投資するだけの価値が

ないと読んでもらえません。

 

 

そう考えると

価値って何だろう?と

なるわけです。

 

 

置き換えると

私たちの仕事の価値は

何でしょうか?

 

今返信しているメールの価値、

 

会議をしている価値

 

部署間で調整している価値。

 

 

相手にどのような

便益が与えられているのか

本日の仕事でも

考えてみたいと思います。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-26 08:44:36

初めてのお店

テーマ:ブログ

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

 

本日の天気は曇り。

 

ふーっ、と息を

吹きかければ

青空が見えそうな

薄い雲が広がっています。

 

 

間接照明の様な

明るい朝です。

 

 

ウォーキングに出発。

 

週の月曜日はなにやら

躍動感を感じます。

 

今週も頑張りましょう。

 

 

さて、昨日髪を切りに

行きました。

 

近くのお店で切ってもらう

わけですが、

はじめてはいるお店で

何やら緊張します。

 

 

同じはじめてでも

BARなら堂々と入るのに

このようなサロンは入りにくい。

 

 

 

今まで行っていたお店

を変えた理由は

担当の方がお店を辞められた

からです。

 

 

座ると程よく切ってくれましたし

話題も時系列につながります。

 

 

その反面初めては

何かと気を使います。

 

もちろん、お店はストレスを

感じさせないように

工夫はされているのですが、

 

やはりお店というより

人に対して緊張するんですね。

 

 

その時に感じたのは

私の研修に来られる方も

様々な不安を感じて

こられるんだな、ということです。

 

 

部屋の雰囲気などより

出来るだけ早くに

安心感を与える信頼関係

を結ぶことが大事ですね。

 

 

今週も頑張りましょう。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-25 09:24:38

当事者意識低下傾向

テーマ:ブログ

おはようございます。

 

インバスケット研究所の

鳥原隆志です。

 

 

本日の天気は曇り。

 

でも、久しぶりの青空が

ちらほらと覗いています。

 

ウォーキングも

太陽の光を浴びながら

距離を伸ばしました。

 

 

青空を見ながら

歩くと、

目には赤く熟した

桜の葉が入ります。

 

 

視線を落とすと

枯葉が歩道を舞って

います。

 

 

 

 

さて、先日、自分自身で

インバスケットをして

いたのですが、

 

どうも「当事者意識」

が少ない傾向が出て

います。

 

 

以前は当事者意識が

強く出ており、

逆に組織をもっと活用

するべきだと感じていました。

 

 

なぜこのような傾向に

なったのだろうか?

 

 

でも、原因らしきものは

既にうすうす気づいています。

 

 

経営者の悪い癖か

他人任せになっている

のです。

 

 

誰かがやってくれている・・・

 

自分がいなくても回る・・・・

 

そんな過信、依存心が

当事者意識を低くしている

のでしょう。

 

 

ボートを漕いでいて

誰かがこいでくれる

だろう、と思っていれば

ただ、流れに流されます。

 

 

どの様な時も

自分が進んだ分しか

目標に近づきません。

 

 

他人が押してくれると

考えるのではなく

自分が引っ張っていく、

そんな気持ちは

忘れてはいけないですね。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

御礼!読者6000名突破!!↓メルマガご登録はこちらから(登録無料)

メルマガ購読・解除