1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-01 08:42:31

良かったと思うことを、今度は相手にしてあげる

テーマ:ブログ
おはようございます。


インバスケット研究所の
鳥原隆志です。



本日の天気は晴れ。


青空とキリキリする
太陽の下
ウォーキングをしました。



玉のような汗を
流しつつ、
爽快さを感じて
いました。



夏本番の様な日に
なりそうですね。




さて、先ほどメールを
空けると、
嬉しいメールが
入っていました。


私がこの会社を
創業したくらいに
ご相談に訪れた方から
のメールです。



その方が昇進の内示を
受けたとのことでした。



昇進されたことが
嬉しいのもありますが
それまでの過程を
知っているので
さらに嬉しいのです。




この方は非常に
苦しまれていました。



何度も昇進試験に
落ちて、
精神的にも苦しがられた
頃もありました。



でも、人の数倍上の
努力をして合格され
たのです。


合格後お会いした
その方の顔は
まるで天国にいるような
穏やかな顔でした。



それから数年、
その方が取られた行動が
書かれていました。



『自分がしてもらったように
 後輩にしてあげようと
 意識して日々の仕事に
 取り組んでいました』


素晴らしいのは
自分が体験して
よかったと思うことを
今度は相手にしてあげよう
と思われたことです。




そしてさらに
その結果、その方に
昇進と言う形の
プレゼントが送られたこと。



朝からメールを読みながら
とてもうれしい気持ちに
なりました。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-30 09:14:53

状態の悪い中でも成果を上げる

テーマ:ブログ
おはようございます。

インバスケット研究所の
鳥原隆志です。



本日の天気は曇り。


雨は降っていませんが
重たい空がつり下げられて
います。



でも、空気は冷たく
気持ちがいいので
ウォーキングも快適。


カンカン照りより
考えてみれば
いいのかもしれません。




さて、昨日はある新聞社主催の
研修でした。


いつも通りのプログラム
なのですが、
朝からバタついていました。



いつもいるベテランの
アシスタントの方が
事情でお休み。


さらに司会も昼から
来られるとのことで、
通常3名ほどで
準備をするところが
お一人でされています。



さらに、会場が
公的な場所でしたので
席の配置から自分たちで
しなければならないという
自体が重なり、


スタートから
バタバタ状態でした。




併せて、遅刻者や
テスト直前になり
電話を受けて外出する
人もいました。



プロジェクターも
解像度が低く見えにくい
のに合わせて、

開始直前に
ご担当者の方が
プロジェクターの位置を
調整しはじめ、
画面は台形に
なってしまいました。


ここまで重なると
私も苦笑いをして
しまいました。




確かに
このような状況で
セミナーに入る講師は
あまり良い
コンディションとは
言えません。



でも、そのような
バタバタの中ででも
自分のプログラムを確実に
行うことが
報酬をもらっている
プロの仕事だと
私は考えています。



プロジェクターが
映らなかったら
紙のテキストで進めれば
いいだけの話ですし、



途中でバタバタと抜けても
残った人に対して
ベストを尽くせば
いいだけの話です。




仕事でも同じ考えです。


周りがどのような状態でも
自分の仕事をしっかり
やりとおす力は
必要です。



少しのことで
ぐらついたり

さらには、それを理由に
出来ないことを正当化
することはあっては
なりません。



今日も集中して
自分のやるべきことを
やりとおしたいですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-06-29 08:29:49

失敗の数を増やす

テーマ:ブログ
おはようございます。


インバスケット研究所の
鳥原隆志です。



本日の天気は曇り。


久しぶりの名古屋の
街をウォーキングします。



駅のすぐそばに
市場があり、
白い発泡スチロールに
入れられた魚が
並んでいます。



横には高層ビルが
立ち並び、
まるでモノトーンの
風景です。





さて、昨日は楽しい会議。

今回は新型インバスケットを
全スタッフに試して
頂きました。




ですが、結果は散々。


みんなを失望させる
結果となりました。



途中で何度も障害が
発生しトラブル続出。




改めて、新しいことへの
挑戦の難しさを
思い知りました。





しかし、私はこの失敗は
成功に必要なプロセスだと
信じています。



一度で精度の高いものは
出来ません。




だからこそ、多くの失敗を
冒してこそ、
より精度高くなると
思うのです。





これは仕事も同じです。


私は成功した数より
失敗した数が多い方の
ほうが、
長期的に成功すると
思います。



仕事も一緒です。


失敗を恐れて
逃げ回るより、
挑戦して失敗して
怒られる方が
本当の仕事です。



今日も果敢に挑戦を
していきましょう。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

御礼!読者6000名突破!!↓メルマガご登録はこちらから(登録無料)

メルマガ購読・解除