ラップ好きの、ニコ動好きの、ニコラップ関連ブログ

ニコニコ動画でのラップ『ニコラップ』の歌詞を投稿してます!
リクエストがあればコメントしてください。


テーマ:
『Oh Captain,My Captain.』いまを生きる為には何をどこで捨てればいい?
思い出の日々はパズル 今でもまだ散らばったままの全てがピース
もう約十年 所謂 腐れ縁だけど どうせ後もう数十年
続いてく関係なら未だプロローグさ これは終わらない夢
例えばどんな未来像も近い将来になってくると保証なんかすぐに対象外でさ
だからこそ俺とは別の道を歩いてるお前のことを尊敬してるよ
それぞれの守るべき人を 守るべき今日を 守るべき明日を
決して手放すことなきよう 『Seize the day』 いまを生きよう

あの日みた夢の終わりだけを思い出せない
『夢は夢だ』わかってるけど目は瞑れない
"あの夢"の続きは明日また見れるから
今だけは"この夢"を見続けたい

いくら見栄張って着飾ってもしょうもないこんな生き方でも
お説教は苦痛っていうか手短にお願いします 普通って難しい
全て鵜呑み 純真無垢で信じちゃう 死活問題 周り見て安心しちゃう
いつも逃げ出してたかもしれない いつか見た死兆星も今は見えない
築いた繋がりは疑いなく 人見知りの隙間は歌が満たす
現実をドブに捨てた時に見つけた音の輝き
しっかりしなっていつまで経っても引っかかってた子供騙しに
現在過去未来 未だ青二才 優しく見守ってくれよ俺のツケ払い

あの日みた夢の終わりだけを思い出せない
『夢は夢だ』わかってるけど目は瞑れない
"あの夢"の続きは明日また見れるから
今だけは"この夢"を見続けたい

だからあの夢の終わりはまだ思い出せない
『夢は夢だ』わかってるけど目は瞑れない
"この夢"の続きは明日また見せるから
今だけは"あの夢"に抱かれていたい

こいつに夢を託した理由は一つ「好きだから」たったそれだけ
優しさに依存して
どうして?って言われてもコレ意外興味ないからこうしてる
クソガキの様に捻くれ人生裏通り いつもの面々
こいつは大博打だ 無理言うが担保無しで俺に投資してくれ

だけど いつからだっけ 水が辛くて リスナーが去って見つからなくて
傷が浅くても椅子から立てなくなって 歌が唄えず
疑い絶えずに自ら明後日へ向かって走ってた あの頃があって
答えのない問いを抱えて 他でもない 君宛に歌ってる

あの日みた夢の終わりだけを思い出せない
『夢は夢だ』わかってるけど目は瞑れない
"あの夢"の続きは明日また見れるから
今だけは"この夢"を見続けたい

だからあの夢の終わりはまだ思い出せない
『夢は夢だ』わかってるけど目は瞑れない
"この夢"の続きは明日また見せるから
今だけは"あの夢"に抱かれていたい

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
一溜まりもなく夜の帳に 人集りの中に篝火
蠢く地下深く 縦に伸ばす影 物陰に忍ばす
隔離された絡繰りに勘繰り 手繰り寄せ待つ祭
連日交わす杯 次々処理した現実は夢見心地
諦めは無し 書き溜めた言葉達で間違い探し
奇奇怪怪 深夜徘徊 吐き出せ掃き溜めの御伽噺
抜本的改革 馬鹿撃破 威嚇射撃で止め刺す過激派
彷徨う 今宵も験担ぎ 選べ実力主義での選択肢

近代社会の深夜帯 心技体 全て規格外
黒山の中響く蝉時雨 良い子にするなら敵にしてくれ
捻くれたのは性格上 煩い所為か苦情 出した音の成果に苦笑
地殻変動 博徒が百鬼夜行 摩天楼打ち崩す破天荒

通りゃんせ 通りゃんせ 向かい岸へ誘う招待券 現実と幻想の境界線 体現 消える思考概念
行きはよいよいで帰りは満身創痍 全細胞働かす 必ず増えていく頭数 覚醒 百鬼夜行再現

夜中過ぎ人波が消えて街角に繰り出す百鬼夜行

子の刻過ぎに浮かぶ朧月 明かりから抜け出し被る襤褸頭巾
言葉を忍ばしこの場に足伸ばし 好んで場に集う物好き
夜中に覚醒する悪い癖 常に不確かな計画性
日が昇ると同時 終わる幾千の夢 繋げる対角線
倒れるまで歩き通し 辿り着くまでもう一押し
兵共が見た夢の跡に等しい月夜に消えた初期投資
何処も行き場ない感情の廃棄場所 人知れず開催 百鬼夜行
参加したいなら妙な計算は無しだ 高く手を翳しな

目指し続ける限界の上 そいつが唯一の絶対条件
街中で描く 確かな贅沢 本気じゃねぇなら有難迷惑
誰もが求める勝ちか負けなら悴んだ手の上の価値観だけが決める正解
短い間に身近になる密会 今日も深夜開催

通りゃんせ 通りゃんせ 向かい岸へ誘う招待券 現実と幻想の境界線 体現 消える思考概念
行きはよいよいで帰りは満身創痍 全細胞働かす 必ず増えていく頭数 覚醒 百鬼夜行再現

通りゃんせ 通りゃんせ 擬似的に味わう死亡体験 次々名乗り出る使用相手 解明 音の依存関係
行きはよいよいで帰りは満身創痍 織り成した二重奏 来たる影時間 用意周到 覚醒 百鬼夜行再現

夜中過ぎ人波が消えて街角に繰り出す百鬼夜行

百足の如く這い回る 地の底で尽く轟音唸らす
鬼気迫る状況 歪んだ表情 目に映る全てが末期症状
夜深まる頃に動き出す 扱き使う五感は落ち着かず
行進する度に上げる狼煙 望むならすぐにでも御招待

通りゃんせ 通りゃんせ 向かい岸へ誘う招待券 現実と幻想の境界線 体現 消える思考概念
行きはよいよいで帰りは満身創痍 全細胞働かす 必ず増えていく頭数 覚醒 百鬼夜行再現

通りゃんせ 通りゃんせ 擬似的に味わう死亡体験 次々名乗り出る使用相手 解明 音の依存関係
行きはよいよいで帰りは満身創痍 織り成した二重奏 来たる影時間 用意周到 覚醒 百鬼夜行再現

通りゃんせ 通りゃんせ 向かい岸へ誘う招待券 現実と幻想の境界線 体現 消える思考概念
行きはよいよいで帰りは満身創痍 全細胞働かす 必ず増えていく頭数 覚醒 百鬼夜行再現

夜中過ぎ人波が消えて街角に繰り出す百鬼夜行

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
風に吹かれて身を任せて君の元へ辿り着くまでの唄
それはいつまでも色褪せずに耳に残る命がくれた言葉
棚引く髪を束ねる仕種 神の道草か 新たな発芽
荒ぶる波に怯える純粋な蝙蝠たちの鳴き声が消えた
鳥の羽ばたきに命の輝きを見つける その瞬きの間
短い光は闇の中へと姿を晦ました 零れる涙
形あるものはいずれ消えて 手を振るように 雨が降るように
その場所 この場所から 一歩一歩進む 命の旅を

花よ 花よ 風に吹かれて
その言ノ葉を揺らすたび
音も届かない地で ひらりひらと
空に舞う 命の声

裏路地の迷路 流れる音色 寄り添う犬と笛を吹く男
犬が銜える缶に小銭が だが飯代にはあまりにも僅か
協会の前で祈りを捧げるそこから老婆の目には二つの闇が
そこから何が見えて 何に祈りを捧げ続けてきた
言葉を失くす この世界に 言葉にすらならない その願いに
でも それでも世界は美しく 希望は決して奪えず
今尚絶えず まだ狼狽えず 待ち侘びる雨水 鐘の音の合図
寄せては返す 破り捨てたあの海図 繋げていく

花よ 花よ 風に吹かれて
その言ノ葉を揺らすたび
音も届かない地で ひらりひらと
空に舞う 命の声

あの日 あの時に こうしていれば 少しでも早く声にしていれば
全ての意識 変えてみれば 初めての景色 忘れずいれた
すぐ見違える 世界は容易く だが疑う気持ちがまた邪魔する
いつかや明日じゃなく今すぐ 変わるならまだ間に合う気がする
きっと嫌なことばかりが目に付く日常に心を忘れてしまっただけ
ならまた思い出せる だから今は風に身を預けて
名も無き花を荒れた地に咲かそう 子供達に喜びを語ろう
一人じゃ生きていけない 貴方と共に歌を唄おう

花よ 花よ 風に吹かれて
その言ノ葉を揺らすたび
音も届かない地で ひらりひらと
空に舞う 命の声

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
枝分かれした世界で今しがたした目眩が分岐点
じっとしてはいられない 此処は積み重なる失敗の掃き溜めだ
間違えた判断の可能性に不安感は否めない
ある日を境に捻じ曲がる 未だ何も成果無く
人の数だけ運命を辿る体たらく
散りばめられた極僅かな示唆 「よくある話」が身に纏う悲しさ
為す術もなくリスタート ふいに手を伸ばす
普段通り 繰り返しの末藻掻く
匙は投げない 誰かが強烈な既視感に襲われるこの場でまた目眩
独り言に意味はなく 事あるごとに切り替わる光景になんとか抗う
またも瞬く間 0と1の間 今も疑う 壁の向こうで蝶が羽ばたく

どう転んでも 歯車軋むかのような叫び
シニカルに変動するダイバージェンス
弾け飛ぶ懐中時計 憎まれた紅 己へのフェイク
さぞ、辛かっただろう

「収束」する世界で唯一残る孤立化した特異点
例外的存在に与えられたモルヒネ
何も感じなくなった今だからこそ分かる
"聖なる好奇心が猫を殺した" しかし結果
科学者達は得たサンプルデータα、β
それら全てが紡いだ研究成果
病的な偏執狂 嘲笑うハイデガー
浮かぶアイデア 否定する形而上のイデア
命題 "観測者は箱を開けたか否か"
思い出せ 自分自身に問いかける
発生してすらいないパラドクスに怯え
振りほどいた手 今になって追いかける
境界面上で揺蕩う理想郷へ繋がる
一つだけの線を辿る想いは
世界を超えて翔び立つ さぁ瞬間は来た
「今」押し開ける選択した扉

どう転んでも 歯車軋むかのような叫び
シニカルに変動するダイバージェンス
弾け飛ぶ懐中時計 憎まれた紅 己へのフェイク
君が生きる世界線へ

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
落ち着かずイラつく煙草に飛びつく
未だ発展途上のイデオロギーのハーモニクス
前時代的な精神論 根性論
メンタリティの強化につれ不健康も一掃
机上の空論 煙草を吹かし思う
今思えば、と振出しに戻る
人々の根元に根を張るエコロジーは
強くなったエゴだけを残して街を独り歩き
爆発的に増えた喫煙者禁止という注意書き
石を投げてくるキリスト
分煙なる言葉は共存の道と共に無くなり
喫煙者は犬猫よりも下の扱い
皆が手を取り合い
ウイルスを排除する為の暴力が蔓延るテリトリー内
魔女狩りに何も意味は無い
人権が無くなるまでに時間はそうかからない

Non-Smoking Everyone... 僅かな煙 押さえつけ火を消す
焦がしたフィルターを通してぼやけるシークエンス
Non-Smoking Everyone... 汚れた壁だけが存在したことを示す
No way 歪む形の特別な幸せ

世界的弾圧 この地上に逃げ場は無い 法律は既にあてにならない
マスメディア戦略 洗脳のシンボルは電波塔
笑う"フィクサー"とシェイクハンド 誰?
何故か目が笑ってないアナウンサー
無機質な笑顔が映るブラウン管
数々の思惑が複雑に絡み合う
喫煙者狩りというゲームが流行りだす
遊び半分でされた根性焼き 街中を歩くだけで向けられる消火器
私刑内容は徐々にエスカレートする 問題視される子供への悪影響
また新たな一大センセーション 労働力という名目の奴隷制度
平和的解決 皆が笑ってる 昔漫画で見た地下労働が待ってる

Non-Smoking Everyone... 僅かな煙 押さえつけ火を消す
焦がしたフィルターを通してぼやけるシークエンス
Non-Smoking Everyone... 汚れた壁だけが存在したことを示す
No way 歪む形の特別な幸せ

地の底に潜る 文字通りの縦社会
しかし地下暮らしも言うほど悪くない
ある種の自由を享受し分かち合う かつて失った居場所が此処にある
時は過ぎ何年か経った頃 掲示板の前に人集り
見慣れない文字に煙草を吹かし思う
Non-Smoking 少し咳き込み、また振出しに戻る

Non-Smoking Everyone... 僅かな煙 押さえつけ火を消す
焦がしたフィルターを通してぼやけるシークエンス
Non-Smoking Everyone... 汚れた壁だけが存在したことを示す
No way 歪む形の特別な幸せ

もはやここまで 忽然と姿を消す

いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード