1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-02-20 06:36:15

ゆっくりできる一日がなかった

テーマ:イナカがどれだけ怖いか?

 土曜日の夜ともなれば子ども会で集められ、日曜日は早朝から掃除で終われば行事で、休日もまたワケがわからない行事に参加させられ、小学生の頃から、どうしてもあのイナカについていけなかった。中学の頃になると頻度が下がったけれど、土曜日になってもわけのわからない行事が結構あった。日曜日はほぼ拘束されていて、ただただ疲れるだけなので「休日って?」

 

 隣にある地域Sの子供は、日曜日になるといろいろ自由にやっていて楽しそうで、妬ましくて仕方がなかった。「ファミコンぶっ通しプレイだぜ!」と不健全アピールする優等生だとか、「同人誌即売会に行ってみた」とか「レンタルビデオで映画を見た」とか「釣りをやった」とか…けれどもこれが普通なのだ、と気付いて、ならワタシのところは異常なのか?と。


 さらに嫌なのは「参加しろ!」と命令口調で言ってきて拘束する側が翌月曜日になると、有給でも取って?休日にしている事実。私たち家族には休日なんてものはなく、地域にただ貢献させられてばかりだった。


 連中は公務員が多く、ほぼ縁故だったのだろうけれど、このあたりふと「階級社会」なんつう言葉が脳裏を過ったのが中学の頃。


 連中は祖先を遡ると「織田家の家臣」というのばかり。反面隣にある地域Sは「農地解放で土地を取得した小作農の家系」が多く、このあたり、何かDNAとか血筋とかどうとか~


 いつだったか日曜日に、生徒全員参加しなければいけない?行事が学校であって、けれどもSの「小作家系」の子供は出てこなかったことがあった。優等生だろうがヤンキー臭いのだろうが、美人で今で言う腐女子なちょっと変わった暗い子だろうが。あれはちょっとした反抗心だったのかもしれない。


 Sのそういう人たちについて廻る嫌味や言いがかりや嘘や悪口やら、結構連中が流しまくっていたけれど。でも今思うとSの人たちのほうがずっとマトモだったのだ。第一戦前まで圧倒的大多数は「小作農」で、なのにそれをさも珍しくそして見下されるべき存在であるかのようにいい続けた連中はなんだったのか?


 ワタシは現体制に対していちいちケチ付けまくり、反体制気取りやインテリぶり「左翼」は嫌いだ。しかし「階級社会」につながる、いや連想させるものは全て、もっと嫌いだ。マッチョ誇示の右翼も嫌いだが。


 え?ワタシ?父親が佐賀の米農家のせがれですよw母親は唐津の漁師の娘だし。

AD
いいね!(4)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2014-01-17 06:34:33

漠然と理不尽を理解しだした頃

テーマ:イナカがどれだけ怖いか?

 しかし理不尽を明確に理解し、ならイナカ出るかと諦めていたのかも?というような。県内統一テストで確か校内トップを取ったHは、けれども先生一同からあまりいい扱いを受けていなかったような。ヤンキーでもないし、また目立ったところもないけれど、しかし大多数から距離を取っていた。中学生にもなってハ*ソンのキャラバンに出場し、いわゆるリア充からの失笑を誘い、無駄に詳しい映画に知識をひけらかしていた。


 小学生の4年だったが、このHと同じクラスで、社会の授業のときにプリントに「那須」とどこにあるのかわからない地名が書いてあって、先生が「那須ってどこだっけよ~」とクラスのみんなに問いかけたとき、「栃木じゃね?」と答えて、周囲が驚いていた。


 あの頃の先生は本当にいい先生だった。厳しいところも確かにあったけれど、しかしO塚さんに対するものは、事情を知っていてか、庇うような面もあった。確かに町内会からの「O塚の娘を行事に参加するように圧力をかけろ」というイナカ特有のものもあったかもしれない。けれどもこの先生は多分にもみ消した?


 けれどもこのHは地域トップの進学校に進むのではなく、二番手クラスの高校に進学したような。トップに行くとすれば、各種学校行事に率先して参加し、また地域の名士の覚えも良くなくてはならない。これらの条件を満たせず、というよりもイナカ特有の成績以外のものをアホ臭いと感じたか?あるいは小学生の時分からわかりきっていたのか?どうせイナカを出るのだからと、二番手でもいいか?と割り切っていたのか?


 このHが「え?トップのとこいくんじゃねえの?」という驚きに対して、けれども当然のように「あいつ二番手のとこ」教えてくれたMも、やっぱりイナカの理不尽に苦しんでいたような。


 年がら年中「11PM」のオープニングテーマを叫び、確かに失笑を誘っていた、ちとヤンキー入ったJも、理不尽に憤っていたような。私に向けて「おい!おめえんとこの連中、公務員だからって威張ってっけど、全部縁故だからよ、気にすんなよ!」とか怒鳴ってきたっけ。でもどっか根は優しい奴だったな。事情のある子を庇ってたり。


 HもMもJもいずれも同じ苗字で、皆ワタシのところの名士様の小作家系だった。


 名士はいつも彼らに着いてボロクソいってたっけ。「元々はワシの土地」「農地解放がなかったら」「大開発で土地売って大金持ちになり、大きい家を建ててるけれども」


 そういうあんまり気持の良くないことを陰で言われ続け、さらに名士様はイナカで力を持っていて、なら彼らもあのイナカを出たくもなるだろう、と。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-12-24 06:12:57

気持悪い「クソイナカ純粋培養優等生」

テーマ:イナカがどれだけ怖いか?

 ドラゴンクエスト3が好きで好きでたまらなくて、携帯版もやりこみまくって、ちょっとありえないパーティ組んで「やっぱりありえないよ~」とかぼやいてた~


 ドラクエ3には思い入れがありまくって、母親が町内会絡みでノイローゼになるわ、妹が通学団でいじめられて登校拒否しだすわ、田舎特有な毒に完全に家族がやられまくってぶっ壊れていた。ワタシだって成績急落して進学不可能になるわ、ヒドイ時期に、でも優しくしてくれた人もいたけれど、邪険にしまくってなかせてしまったり。そんな時期に支え?になってくれていたような気がする。


 信用できない人ばかりな現実にあって、けれど「仲間」を重視するゲーム、ってのがものすごく含むものあるけれど。


 まあゲームって決して悪いもんではない。妹もまたゲーム好きで、いや世代的におおっぴらに女の子がゲームやりまくりってのは「?」だったから、少々隠してたけど、でも幼稚園時代からゲームやりまくっていた。小学5年くらいだったかな?ファミコンウォーズをやってる妹を見て凄く感心したのを覚えている。友達から借りてきたというけれど、説明書はなくなってしまっていて、手書きのユニット一覧表を見ながらやっていた。今のゲームみたいにチュートリアルなどないから、結構覚えるの大変だったろうに。コマンドを手当たり次第にぶっつけでやってみて、そうやって覚えるしかなかったらしい?


 妹の世代になると、もう完全にIT機器に対するアレルギーなどない。スマホなんてすぐにチョチョイとばかりに操作を覚え、年が8つ離れればここまで能力に差が出るんだ~と落ち込んでしまう。


 これってもしかして物心付く頃にはとっくにファミコンがあって、ってのが大きいのかしら?


 だとすればゲームって絶対に悪いもんではない。むかし視力が落ちるとか言われてたけど、どうなっちまったんだ~w


 クソイナカの「いい子」達は子供会活動で遊びまくっていたけれど、いちいち名士さまが「都会の子供たちはファミコンなどというくだらないものばかりやっている!本当に外で元気に遊ぶべきだ!」とかいいながら毎週日曜日に集められ、くだらない行事ばかりやらされた。


 クソイナカの子供たちはこれに疑問を抱かず、自分たちがまっすぐに育っていると信じきってるみたいで、ファミコンをやってる子とかをみて「あればバカだ」とか


 でも学年トップの成績のやつは、中学になってもハドソンのキャラバンに出場するような激イタイ奴で、いや人間として面白かったけど、「バカ」ということになるんだろうか?


 ヤンキー臭くて、大声で「11PM」の歌を唄いまくってたやつは、けれど事情がある子をどうにかしてやろうと、学校帰りに家に誘ってファミコンで遊んでいたと聞いた。学校側に住んでいたから、だろうけれど、心根が優しいのだな、と。


 確かに明るく元気な子がファミコンに没頭するもんではないだろう。けれども?上っ面だけの「いい子」になるように押し付けられて、疑問も抱かず育ってきたクソイナカの子供たちは、人間としてどこかおかしかった。ファミコンが良いといってるのではないけれど。


 あのクソイナカの子供たちの中で「漫画好き」といっていた「クソイナカ純粋培養優等生」の森計子は、けれども「同人誌」の存在を知らずに、友達のそれを見て「どこに売ってるの?」と聞いてきたとか。


 陰でこそこそ読むべき同人誌だけれど、こういう薄ぐらい、「いい子」からかけ離れるものを拒絶させられた結果、ちょっとおかしいものになっていた。


 森計子は、いちいち発言をするときに腕をまっすぐに上げ「ハイ!」と元気良く、いちいち学校の役員に立候補、けれども成績は非常に残念だった。ワタシは中学三年になるまで成績上位だったけれど、そんな私に向けて「お前は本当はバカだ」と言い放った。このときの気持悪さは忘れられない

AD
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。