パンズラビリンス

テーマ:
パンズ・ラビリンス (通常版)
¥3,591

かなり評価の高かったインディペンデント系の映画です。

前半はとにかく重く暗い雰囲気で、”評価が高い”という前情報がなかったら途中でやめようかと思うくらい。

しかし後半は(後半もやはり重く暗くしかも残酷なシーンもあるのだけれど)、テンポがだんだん速くなり、観終わったあとには”観る価値があった”、と思えるタイプの映画でした。

”観やすいんだけど後に何も残らない映画”の対極にあるような映画。

AD

幸せの1ページ

テーマ:

ジョディーフォスターが出ている少しディズニー映画っぽい映画。

ジェラルド・バトラーがかっこよくて、(ほぼ)無人島の風景とかお家とかが良かった。

思ったより親子向きの映画だったけど、なんか夢のある映画で私はわりと好きでした。






AD

デトロイトメタルシティー

テーマ:

いや~、公開されてから結構経っているのに、映画館満員でした!


まずお~!と思ったのは、コンサートのシーン。

かなり雰囲気出てます。

デスメタル系は行ったことないんだけど、かなりそれっぽい雰囲気でした。

曲の感じも漫画読んだ時イメージしてたのとピッタリ合う感じ。。


あとは遊園地のシーンが面白かった。



基本的にキャストが皆さんハマッてる映画ですが、個人的には松雪泰子がホントピッタリだな~って思いました。