Powered by NINJA TOOLS

あらゆることを試した後に、

是非最後に訪ねてきてみてください!


状況や環境、あるいは行動が変化して初めて、

悩み・問題の解決と言えます。


ただの気づきや知識の習得だけでは

決して終わらせない、


成果第一主義の実践型

メンタル /スピリチュアル個人セッション です!

(あらゆる相談に応じます。全国対応!)



個人セッションのそのまんま体験版が

何とたったの3000円!

【成果第一主義の個人セッションをそのまんま体験!】  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012年12月18日

残り90%以上の部分にお任せする

テーマ:夢の扉を開ける鍵

こんにちは!
イムズ心理応用研究所の吉永です。


昨日(今日から見ると一昨日ですね)
は皆さん選挙はちゃんと行かれましたか?


選挙当日の夜の選挙番組
なんか見てて思ったのですが、


番組の中で流れてた一般の方の
ツィッターの投稿の中に、

『誰がやっても同じ』とか、
『どうせ何も変わんないよ』とか、

などといった内容の投稿がちょっと
多い感じがしたのが気になりました。


投票率も戦後最低だったとか・・・


でも、集合的無意識の力って決して
バカにはできないと思います。


『実は、ひとりひとりのこういう意識の力
が、今の日本を映し出しているのかも・・・』


そんなふうに、より多くの人が
気づくことだけでも、

日本は(もちろん世界も)
もっと良くなるのではないかなぁ、

なんて、私はちょっと思ったのですが、
皆さんはいかがでしょうか?


☆残り90%以上の部分にお任せする

『借金があって、実際100万円くらい
ないと生活が成り立たないんです!』


出口の見えない不況の影響か、

最近はこういったご相談を受ける
ことも少なくありません。



たいてい、このようなご相談は、
さらに、こう続きます。


「できれば好きなことをやりながら
毎月100万円以上の月収を得たい」

「許されるのなら、働かずに
毎月100万円の収入を得たい」


『潜在意識に不可能はないのであれば、

ぶっちゃけ、こんな願望でも
叶えることは可能なのでしょうか?』



今、こうしてこのメルマガを
お読み頂いている方の中にも、


100万円という金額はともかく、

もっと楽に収入を増やしたいとか、
これくらいの収入が欲しいとか、

そういった願望をお持ちの方は
多いのではないでしょうか?



もちろん、どんな望みや願望も
抱くことは自由なんですが(笑)、

問題はそれが叶うか叶わないのか?
・・・ということですよね?^^



では、あなたが例えば、

『月収100万円くらいあったらなぁ』

と切望しているとして、
(まぁ、金額はいくらでも
構わないのですが・・・)



あなたは100万円という
“お金”が欲しいのでしょうか?



それとも、月に100万円という収入
があったら可能であろうと考える、

具体的な生活スタイル(ライフスタイル)
が欲しいのでしょうか?



これはおそらく、皆さん
後者の方ではないかな、と思います。



仮に100万円の収入の大部分を
預金する、という人だって、

その人が欲しいのはおそらく
お金(紙幣やコイン)そのものではなく、

例えば“将来への安心”“心の余裕”
などといったものだと思うんです。
(果たして貯金が本当に安心や余裕に
つながるかどうかは別にして・・・(笑))



形があるものであろうがなかろうが、
お金は何かに交換されなければ

毎月紙切れ100枚の束が
入ってきても仕方ないですからね。



つまりお金というのは、私たちが
何かを体験(表現)するための、

目的と私たちを繋ぐ架け橋、
《手段》に過ぎないのです。



ところで、私たちの3~4%
の部分、アタマ(顕在意識)は、

目的ではなく、
常に手段に目を向けています。



例えば、

『こんなふうに暮らせたらいいのになぁ』

と目的にチラっと目を向けるや否や、


『どうすればいいだろう?』(手段)

『毎月100万円くらい収入があったらなぁ』(手段)

『どうすればいいかわからない』(手段)

『今よりプラス10万円くらいだったら
何とかなるかも』(手段)


と、アタマの中での
どうすれば問答が始まり、


『月収を10万円増やすためには?・・・』

と、手段を考える連鎖は止まることなく
どんどん続いていきます。



しかもこの手段は、たいてい
自分自身の意識のたった3~4%の部分、

主にこれまでの自分の経験か、
せいぜい自分が見聞きした範囲、

で考えつくことばかりです。



おそらくこの“プラス10万円”
のためには、

今の仕事プラスでアルバイトをするとか、


ちょっと前までなら、

ネットでアフィリエイトでもやって
みようか、なんて方も多かったですが、


だいたいアタマに浮かんでくるのは
そんなところではないかな、と思います。
(きっと私の場合でもそうだと思います(笑))



ところが多くの場合、

『会社にバレたら元も子もない』
『やっぱりめんどくさいや』

などと結局は何もできなかったり、



めでたく行動に踏み切れたとしても、

特にそれを好きでやっている
わけではないですから、
(あくまでも手段なわけですから)

やがて嫌になって足踏みしちゃったり、



実は、行動に踏み切らなかったり、
サクッと止めることができる方が、

むしろまだマシな方だと私は思います。



やりたくないことをやり続けることで
溜め込んでしまうストレスや不快な感情が、

それに相応しい出来事や状況を、

ますます引き寄せてしまう
ことになりますからね。
(感情は私たちの周波数を決定します!)



私たちはたった3~4%の
アタマの部分で手段を考えては、


その手段によって何とか目的を
達成させること、

あるいは目的に近づくこと、あるいは、
目的に近づいているという気になること、

に慣れてしまっているので、


この3~4%以外のところ、

私たちの残り90%以上の部分で
物事を達成させようとすることに、

強い抵抗感を抱いてしまいます。



“過去の経験に基づいた手段”

に意識が集中してしまって、

本来、いつも注目しておくべき
目的(結果)をいつの間にか忘れてしまう、

なんてことも、往々にして
あるのではないでしょうか?



これは、完全にエゴ(アタマ)に
支配されてしまっている状態です。


エゴ(アタマ = 顕在意識)は、

私たち自身が変化しようとすることを
嫌い、全力で邪魔しますからね。



手段に気をとられて、目的が
二の次、三の次になってしまうのは、

実はエゴの巧妙な戦略
だったりするんですよ!



ところで、客観的に考えて、
私たちが目的を果たそうとした場合、

たった3~4%の部分と90%以上の部分、
どちらを働かせる方が得策だと思いますか?



数字の大きさだけ見ても、90%以上の部分
を活かした方が得策なのは明白ですよね?



この90%以上の部分は
私たちの見えないところで、

私たち個人を超えたあらゆるもの
(宇宙)とつながってもいます。



そして、目的達成のために、
個人を超えたあらゆるものを活用します。



さて、この90%以上の部分

・・・ココロ(潜在意識)・・・

は私たちのアタマが下した命令 = 目的


から目を逸らすことは
決してありません。



ココロ(潜在意識)にとっては、

命令(目的)を達成することが
唯一重要なことなのです。



そして、目的を達成するために、

3~4%のアタマ(意識)では見つからない
けれど、実はそこかしこにある、

最も簡単で単純な手段を
選択し、利用します。



個人を越えた部分と直接
繋がっているわけですから、


時に“奇跡”と呼ばれるようなこと
も平気でやってのけるのが、

この90%以上の部分なんです。



この90%以上の部分が知っている

“目的への近道” ですが、


アタマが本来の目的を忘れてしまって、

“手段が目的”になっていては、


当たり前ですが、それがアタマに

伝わってくることはありませんよね。




だから、実は私たちが本当に
しなければならないのは、

3~4%のアタマの部分で一生懸命
になって手段を考えることでなく


この90%以上の部分に、
しっかりと自分の“目的(願望)”

を《伝える》ことだと思うんです。


手段は90%以上の部分が文字どおり
“テキトーに”見繕ってくれます。


それがアタマに伝わったら、


あとはゆうゆうと、

それを行動に移してあげればいいんです。




この、目的を伝え、手段を受け取るための、
アタマとココロの共通言語となるのが、

イメージであり、そこから生まれる
感情であるのです。



ただ、イメージといっても、

別に難しいものでも、特別な訓練
が必要なものでもありません。



あらゆる思考(考え・信念・観念)
や記憶は基本的には、

それ自体が全て自然にイメージを
伴っています。



実際には、私たちは今この瞬間も、

この無意識下の90%以上
の部分に伝えられた、


《何らかの思考や記憶 = イメージ》


を、意識的には全く努力
することなく体験しています。



まぁ、ほとんどが無意識のうちに
伝えられているイメージなのですが・・・



例えば、

『私は、生活が苦しくなるよう
一生懸命努力しました!』

なんて人いないですよね?(笑)



ところがこの人は、
生活が苦しくあるための(?)

何らかの思考や記憶のイメージ(ライフスタイル)
をココロの部分に伝えてしまい、


また、そうなるための行動パターン(手段)

を受け取ってしまっているのです。



だから、そこから抜けるために
アタマで手段を考え、一生懸命努力しても、

結局は努力と裏腹に、努力なく自然と
そこに落ち着いてしまうのです。



アタマとココロが戦えば、
必ずココロが勝ちます。



多くの書籍にも書いてありますし、

また、自己啓発系のセミナー
なんかでも良く言われることですが、


私も、私自身やクライアント様の経験から、

《目的を達成させるために、
手段は一切考える必要はない!》

ことを確信しています。



むしろ願望は、手段をあれこれ
考えないでいられるようになった時に、

初めて叶うものなんじゃないか
とさえ思っています。



手段を考えている時は、エゴに支配され、

アタマ以外の90%以上の部分を自分自身から
切り離してしまっている時ですからね^^


目的がちゃんと90%以上の部分まで
伝えられていないのです。



たったの3~4%の部分だけでやろうとするから、

しんどいのかもしれません。



なかなか馴染めないかもしれませんが、


『こんな生活がしたい!』


という理想的なライフスタイルのために、

100万円はかかるだろうとか、
せめてあと10万円は必要だとか、


残り90%以上の部分にとっては、
そんなことはどうでもいいことなんです!



伝えられた目的を、

ただ忠実に、最も単純な(簡単な)
方法で達成させる、

というのが、残り90%以上の部分
の働きなのですから・・・



結果的に毎月100万円の収入が
一番早くて単純な方法であるなら、


あなたがその目的をしっかり
ココロの中に伝え続けている限り、

きっとあなたは100万円の
収入を手にし続けると思いますよ!



・・・なんて、そうはいっても、
到底信じられないですよね?



私もそうでしたが、

たとえ考えられたとしても、
そういうやり方に方向転換するのは、

最初はものすごく怖いことに
感じると思います。



エゴ(アタマ)はいつでも、

何とかコントロール権を譲るまい
とがんばっていますし、


そのエゴの支配下にある
私たちのアタマは、

たったの3%~4%の、
自分自身の経験や見聞きしたこと、

つまり、《記憶》の範囲にしか
自分の視界がないわけですからね。



でも、もちろんそこから抜け出る
ことは十分に可能です。

もちろん、どんな方でも!


それにはエゴから残り90%へ、
政権交代が必要かもしれませんけどね(笑)
(もちろん主権者たるあなた自身の意思(意図)
が最も大切であることはいうまでもありませんが・・・)


《エゴから残り90%へ》・・・あなたもそろそろ政権交代(?笑)
してみませんか?
個人セッション 無料オリエンテーションはこちら
※個人セッションは現在1~2名の募集とさせて頂いております。


よろしければこちらもお願いいたします。

人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます!

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました!

いいね!(118)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年11月20日

特定の人との恋愛(結婚)は成就する?

テーマ:夢の扉を開ける鍵

おはようございます。
イムズ心理応用研究所の吉永です。


またまたすっかりご無沙汰して
しまったなぁ、なんて思ったら、

いつの間にか、もうすっかり冬
になっちゃいましたねぇ。
(まだちょっと大袈裟ですかね?)


外出する時、タイツを履くか履かないか

まだ早いかな、と思いつつ、
毎日悩む、今日この頃です。


☆特定の人との恋愛(結婚)は成就する?


よく、お客様から、

『片思いの彼(彼女)と付き合う(結婚する)
という願望を実現することは可能でしょうか?』

というご相談を受けることがあります。



さて、その答えは?・・・



その前に、例えば私のクライアント様で、
こんなケースもありました。



好きになった彼に彼女がいることを知って、

さらにその彼はその彼女と結婚を考えて
いるということを知ったのだけれども、

それでもその彼をあきらめられず、


かといって、彼に自分の気持ちを
伝えることもできず、


彼女いわく、

『八方塞がりの状態になって』

仕事も何も手がつかなくなった、


・・・だけではなく、


必要以上に“食べる”ことに執着する
ようになってしまって、

気がつけば10キロ以上太って
しまった・・・というご相談でした。



このクライアント様が
食べることに執着したのは、

信じられないかもしれませんが、

もっともっと自分自身に
自信を無くすため・・・でした。



太ることで、自ら積極的に(?)
自分自身の外見に自信を無くし、


それを、その恋愛をあきらめる
自分自身への“言い訳”(口実)

にしたりしてしまっていたのです。



まぁ、これは“典型的”と言えば
典型的なエゴの戦略なんですけどね。



あやうく、エゴの思い通りに、


このクライアント様の中に
ずっと居座っていた、


『私は(自分に自信がないから)、

好きな人とは恋愛できない』


なんていう不要な信念を、
ますます強めてしまうところでした。



実はこの方、恋愛の経験こそ
歳相応に(?(笑))あったものの、

まだ自分の好きな人と恋愛したことも、

これまで恋愛してきたお相手を
“好きになった”こともなかったのです。



ところで、このクライアント様、
その後どうなったと思いますか?



実は現在は“その彼”の、
なんと奥様です!
(もちろん今も幸せな結婚生活
を送られています)



ちなみに、本人いわく
(私は実際に太っているところも、
現在の姿も見ていないのですが)、

体重も元通りに戻りつつあるそうです(笑)
(このクライアント様はご本人のご希望
により、より高い目的達成のため、今も
お付き合いさせて頂いています)



こんな、一見奇跡としか思えない
ようなことも実際に起こってしまうから、

人生って楽しいんですよね!



さて、最初の質問、

『片思いの彼(彼女)と付き合う(結婚する)
という願望を実現することは可能でしょうか?』

に戻りますが、



その答えは・・・私にはわかりません。
(期待させておいて、スミマセン;)



ただ、

『あなたが誰と付き合いたいのか?』

ではなくて、


『その彼(彼女)と一緒にいる
ことであなたが抱く感情』

こそが最も重要であるということは、
間違いなく言えると思います。



感情というのは、

これは何度もお話していますが、
イコール《出来事・状況》です。



あなたがその彼(彼女)と
一緒にいるイメージの中で、

“ある感情”を抱いている時、


エネルギーレベルでは、その出来事、
状況はもう実現している、

つまり、宇宙のどこかに浮かんでいる、
ということです。



一方、もちろん私たち人間も、
エネルギーでできています。



そして、他のどのエネルギー
とも同じように、

私たちを構成しているエネルギーも、
常にある周波数で揺れています。

つまり、《波動》ですね。



そして、周波数が共鳴(同調)
しているエネルギー同士が引き合う、

というのが宇宙の絶対的な法則です。



あなたが、“それ”をまだ“体験”
できていないとすれば、


単に、その願望のエネルギーが、

あなたの感覚で捉えられる距離まで
近づいていない、


要するに、あなた自身のエネルギーと、

あなたの願望のエネルギーが
一貫して共鳴していない、

・・・というだけの話なんです。



願望も思考の一種ですから、

《エネルギーレベルではもう
実現しているあなたの思考》

と、

《あなた自身》

のエネルギーの周波数がお互いに
共鳴(同調)しさえすれば、


それがどんなものであれ、

あなたはそれを物理的に感覚
として捉える、


・・・体験する・・・


というわけです。



量子物理学に関する本などを
読んでみると、


一見、形あるものに見える、
世界のあらゆるものは、実際には、

《ホログラム》

と呼ばれる光の投射、つまり、

“エネルギー” に過ぎないんだそうです。



そのエネルギーの電気信号を、

私たちが五感などの感覚を使って
“解釈”しているというのが、

私たちが“物理的なもの”として
認識しているものの全ての正体、

なんだそうです。



ということは、五感などの感覚
を使ってその電気信号を

“解釈”

できる範囲にまで“その”エネルギー
と共鳴(同調)できるかどうか、



それが、願望の実現にとって
最も重要なことであるということです。



さて、具体的な人物をあなたの理想の
恋愛(結婚)のモデルにすることは、

ある意味ではとても有効なことだと思います。



モチベーションも俄然高まりますしね(笑)



でも、その“モデル”に執着してしまうと、
これは、全くの逆効果になってしまいます。



執着は、それ自体はもちろんのこと、
不安や心配、嫉妬や怒り、

時には憎しみといった感情まで、


・・・好きさ余って憎さに転じるなんて、
ある意味、相対性の醍醐味ですな(笑)・・・


あなたの願望とあなた自身の

《共鳴》

を阻んでしまう大きな抵抗要因
になってしまいます。



なぜなら、“感情”こそが、私たちの
波動(振動数)を決めるからです。



ところであなたは、

その彼(彼女)があなたにとって
最も理想的な恋愛や結婚の対象である、

と断言することはできますか?



あるいは、その彼(彼女)以外に、
あなたの理想を満足させる人はいない、

と絶対に言い切ることは
できるでしょうか?



それがあなたの思い込みかもしれない、
といった可能性も、

完全には否定はできませんよね?



何しろ私たちは、普段10%にも
満たない意識(アタマ)の部分だけで、

あらゆることを判断しているのですから。



むしろ、“その彼(彼女)”では、

あなたが思い描くような理想的な
体験ができないかもしれない、

可能性だってあるわけです。



だから、自分の願望、

・・・こんな体験をしたい・・・

を詳細まで明確にし、
それを宇宙に伝えたら、
(確固たるエネルギーとして存在させたら)



あとは、普段はないがしろに
してしまっている残り90%以上の部分、

つまり、私たちの“宇宙”と繋がって
いる部分にお任せしてしまう、

くらいの気軽さで取り組む方がかえって

良いのかもしれません。



私たちのやることは、実は
結果についてあれこれ考えることでも、

あくせく行動することでもありません。



自分というエネルギーが発振している
周波数を一定に、一貫して保っておくことです。



量子物理学に関する本を読めば読むほど、

そして、私やクライアント様の経験を
積み重ねれば積み重ねるほど、

私はそれを実感するようになりました。



当初のご相談は、先にご紹介した
クライアント様と同ようなケースでも、


自分自身の中の“抵抗要因”となる
エネルギーの解放が進むに連れて、

新しい恋愛(相手)を引き寄せる、
といったクライアント様も多いです。


・・・というか、実はこちらの
ケースの方が多いというのが、

私の経験の中での実情です。



無料オリエンテーションなどで
こういったお話をすると、

中にはちょっとがっかりされる方も
実は多いのですが、
(それだけ、その彼(彼女)に
執着があるということですが・・・)



でも、願望のエネルギーに自然に
共鳴することを意識し続けることで、


自然に、“そのエネルギー”に
相応しい舞台と役者さんを、

結果的に文字通り“引き寄せる”
ことができた暁には、


『何であんなに彼(彼女)に
こだわっていたんだろう?』


なんて、皆さんあっさり
おっしゃいます(笑)



もし、もしもですよ、

その彼(彼女)が、あなたが心から
望む理想的な恋愛(結婚)にとって、

あまり相応しくない相手だったと
予めわかっているとして、


・・・その彼(彼女)も私たちと同じ
エネルギーの存在であれば、

(もちろんそうですが・・・)

私たちの“残り90%以上の部分”
は当然全部わかっているはずです・・・


それでもあなたは、その彼(彼女)
に執着するでしょうか?



まぁ、その彼(彼女)が、結局は
最も相応しい相手(役者さん)なら、

それにこしたことはない、

というのが本音ではありますけどね(笑)



願望に周波数をしっかり共鳴させて、意図的な人生を
自由自在に創り出してみませんか?
個人セッション 無料オリエンテーションはこちら

※個人セッションは現在、1~2名のみの募集とさせて頂いております

よろしければこちらもお願いいたします!

スピリチュアル ブログランキングへ


いつもありがとうございます!



本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました!

                                              



いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年09月25日

許す=権利を放棄してしまうこと??? (先週の補足)

テーマ:夢の扉を開ける鍵

おはようございます。
イムズ心理応用研究所の吉永です。


私の知り合いに、旦那さん(中国人)
が日本企業に勤めている関係で、

日本に在住している中国人女性
の友人がいます。
(もちろん健全な関係です(笑))


あるショッピングモールのテナント
に派遣で勤めているのですが、


このところのいろいろな
日中の摩擦の関係で、


職場などで肩身の狭い
思いをしてないかな、

と、ちょっと様子見に、

先日、そのショッピングモールへ
買い物がてら行ってきました。


仕事が終わってから、

近くでお茶しながら久しぶりに
お話したのですが、
(彼女は日本語も堪能です)


理由はともかく、

あんな無政府状態
(↑デモのことだそうです)

を世界中に晒して、


中国はいつまでたっても
先進国にはなれないんじゃないか、

と嘆いていました。
(無政府状態や晒して・・・
という言葉も彼女が使った言葉です)


旦那さんや、日本にいる
仲間(同胞の方達)も、

みんな同じような意見だそうです。


『もし、中国みたいな人が
職場にいたら、絶対、
嫌われ者になると思う』

と、国を人に喩えて
苦笑いしてました(笑)



また、国同士がこんな状態の中でも、

彼女に対する態度の変わらない
日本や日本人がますます好きになった、

と言ってくれてました。



ただ、ちょっと前のニュースで、

逆に日本人が、日本にある
中華料理店を襲う、

なんていう事件もありましたよね。


日本を愛する一人の日本人として、

こういうのは我々日本人
“らしくない”のではないかな、

と私は思いました。


感情(つまり出来事・状況)に
ただ巻き込まれてそんなことをしたら、

日本人としての集合(意識)的
セルフイメージ(?)を下げてしまう、

なんてことにならないかな、
と思ってしまったのですが・・・


皆さんはどう思われますか?


☆許す = 権利を放棄してしまうこと???
(先日の記事の補足です!)
### 本日のご質問 ここから(要約)###

メールマガジン、いつも楽しみに
拝読しております。


しばらく配信がなかったようなので
間違って解除してしまったかな、

と思っていた矢先に頂いて、
ホっといたしました(笑


(中略 ※読者様ご自身の体験など)


相手を許すということは、

自分の権利まで放棄して
しまうような気がして、

かなり抵抗があるのですが、

権利を放棄してでも許した方が
本当に得策なのでしょうか?

### 本日のご質問 ここまで(要約)###

何人かの方に同じような内容の
ご質問のメールを頂いたのですが、


私は、相手を許すということと、

相手に対する自分自身の権利を
主張、あるいは放棄することは、

まったく別次元の問題だと
思っています。



前者は感情的、
エネルギー的な問題、


後者はより物理的な

《目的(意図)》

の選択の問題だと思うからです。



例えば、前回の記事のクライアントさん
http://ameblo.jp/imuhsaip/entry-11354913255.html

のケースで言えば、


彼女がそれを意図するのであれば、


ちゃんと元旦那さんに
養育費を払ってもらうべく、

その意図を堂々と育てて
いけばいいわけです。



とは言え、それが、

自分の権利をとにかく一方的に
主張することであったり、

嫌がらせや脅しのようなこと
をしたり・・・



形はどうあれ、“結果的に”

奪い取ろうという意図が含まれて
いるものであるのであれば、


目的達成へのプロセスが
とても困難になるだけでなく、



意図とは裏腹に、

意図を持ち続けることそのものも
困難になってしまいかねません。



相手をコントロールしようと
手を尽くせば尽くすほど、

結局、自分自身がどんどん
状況(つまり感情)に飲み込まれ、


そして、状況(つまり感情)に
コントロールされてしまうからです。

※私は、感情 = 出来事・状況
であると考えています。



状況(つまり感情)に振り回された
中での意図実現のプロセスは、

猛烈な荒波のような抵抗を、

何とかかんとか必死で掻き分けながら
進んでいくようなものです。



たとえ目的が達成されても、
へとへとに力尽きてしまったり、


目的の達成と引き換えに、

何かそれと同等か、
それ以上のものを失ったり・・・



それより、もし途中で力尽きて、
意図が消滅してしまえば、
(実際にはこれが一番多い
ケースではないでしょうか)

それこそ、目的は達成し得ません。



私たちは、他人の領域に踏み込んで、

他人をコントロールすることは、
決してできません。



もちろん、無理に行えば、

一時的にはコントロールできた
ような気になるかもしれませんが、


結局は状況(感情)に飲み込まれ、

自らがそれ(状況-つまり感情)
に振り回されてしまうのです。



先週の彼女のケースでは、


彼女自身が、元旦那さんの
心理的な束縛、


・・・怒りや憎悪、あるいは
悲しみといった様々な感情・・・


から解放されたからこそ、



今まで意識的・無意識的に
入り浸りになってしまっていた

《元旦那さんの領域》を離れ、

《彼女自身の領域》に戻る(在る)
ことができた結果、


今度は状況を、彼女自らコントロール
できるようになったのだと思います。



実際に彼女は、

元旦那さんへの様々な
感情的呪縛から解放されてから、


『これからは(元旦那さんの)事情
をちゃんと理解してあげながらも、

私(と娘さん)の権利(彼女の意図)を
ハッキリと見据えることができそうだ』


・・・とおっしゃっていました^^



《目的をハッキリと見据えること》

これは、目的を意図と結びつける
ために必要不可欠な絶対的条件です。



それに、何より思いがけないチャンス

・・・直感やシンクロニシティ
などといったことも含めて・・・

というのは、

私たちが、《自分自身の領域》に“在る”
時にのみに得られるものですからね!



ごねたもん勝ち、
押し切ったもん勝ちは、

せいぜい一時的な達成感
しか得られないだけでなく、


最終的には、

《自分自身の望まない体験》

を引き寄せてしまうことに
なると思いますし、



もちろん、自分が当然だと
思う権利(あるいは願望や目的)

を押し殺して(抑圧して)
しまうことも、


他人をコントロールしようと
している時とまったく同じように、

自分自身の望まない体験を
どんどん引き寄せてしまうと思います。



抑圧や我慢をしている時も、

私たちは自分自身の領域を
離れてしまっていますからね。



その時、私たちはたいてい
相手の領域にいます。



国家・個人に関係なく、
不安を動機にした行動は、


・・・怒りや不満などの感情も、
“不安”のひとつのヴァリエーション
に他なりません・・・


いずれ、何らかの形で、

自らを望まない体験へと導いていく
ことになってしまうと私は思います。



結局、それが宇宙の法則
ですからね。


願望を宇宙に正しくオーダーするための3つのステップ、
そのエッセンスを実践的に学んでみませんか!

体験セッションは 90分 ¥3,000です!
(※もちろん、個人セッションの無理な勧誘は行っておりません!)

個人セッション 無料オリエンテーションはこちら

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました!


よろしければこちらもお願いいたします!

にほんブログ村

いつもありがとうございます!

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>