木村洋子のブログ

マロ・クリニック札幌
院長の日記


テーマ:
{4687FFE4-5D6E-4101-A65F-A25BE8B31398}

九州から春の便りのお野菜がたくさん送られて来ました。冬の間、野菜不足でしたが、今日はたくさんのお野菜をいただきました。

時間がなかったので簡単レシピ
玄米ご飯
発酵キャベツーラブレ菌のはずー、クレソンのお浸し、セリの胡麻和え、菜の花のナムル、手作りハンバーグ。
ただ茹でた野菜に、かけるものが違っただけのレシピですが、素材が美味しいので食べらさります。
体にいい感じ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新しく購入したバードフィーダーをベランダに置きたいのですが、大量の雪のためドアが開かず、やむなく玄関先に。オーガニックのひまわりの種中心の餌は何者かに食べられているようで、、。


今朝出かけようとしたら、いましたいました!


これは餌を大量に準備しなきゃ!
以前、裏のベランダに巣を作ってくれてたんだけど、猫に狙われて来なくなりました。
また来てくれて嬉しいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{3BDC2A3F-9297-42DD-9742-B01840409E44}
今日のお弁当は、
苗場スキー場で買った新潟コシヒカリよりも値段が高かったコシヒカリの最高バージョン?味が違います!
らる畑の無添加の天ぷらーいわゆるかまぼこー九州の呼び方です。と、卵の炊き合わせ。
最近はまっている、ラブレ菌の乳酸キャベツ。
乳酸キャベツを作るときに、すぐきや六兵衛のすぐきを放り込んでおいたもの。ー多分ラブレ菌が優勢と思います。
ししゃも、昨日孫たちとケーキ作りをした残りの苺あまおう。🍓
苺が入ったお弁当は母が作ってくれた幼稚園の頃のお弁当を思い出します。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
当院でインプラント治療を始めて早、27年が経ちました。以前は、きむら歯科(西28丁目駅)で行っていましたが、8年前に現在の円山のハートランド円山ビル3階に、インプラント専門クリニック(当時は きむら歯科 円山インプラントオフィス)を開業して、インプラントと自費治療を専門に行っています。(現在はマロ・クリニック札幌)
その27年のインプラント治療の中で、いわゆるご高齢と言われる70歳以上の患者様はたくさんいらっしゃいます。
実際にインプラント治療をされ、大変満足していただいています。
 
しかし、インプラント治療をしたいと思っても、家族に反対された、かかりつけの歯科医師に反対されたと、残念そうにお話しになる患者様もいらっしゃいます。
 
反対された方から聞かされた残念な言葉が次のような言葉です。
 
「もう年だから、お金の無駄じゃない?」と子供に言われたので、あきらめます。
 
私はこれには、少々悲しい思いをいたします。
 
数あるアンチエイジングの中で、健康な歯ほど効果的なものはないと思っています。
歯がなくなってからの治療は、病気の治療ではなく(もちろん痛い場合は別ですが)むしろ健康維持のために必要な治療です。病気ならやむなく治療をせざるをえませんが、インプラント治療の場合は、病気ではないので、選択の余地があり、それゆえご高齢の方は、悩むところのようです。
 
よく噛めること、人前できちんと話せ、笑えること、しっかりと噛み合わせがあって姿勢を支えること。これが歯の大きな役割です。細かい役割はもっとたくさんあります。
 
残念ながら、厚生労働省の調査では、65歳以上くらいから歯を失ったの割合が増えて、75歳以上になると総入れ歯をいれている方の割合がぐんと増えてきます。
はじめはタダだった歯も、たくさん失ってしまうと、治療にお金がかかります。
ましてやインプラント治療はお金がかかります。
 
しかし、健康のために本当に重要なのです。
体の不調和、首や肩の痛み、胃腸の不調など歯のせいかもしれません。
 
歯は大切に、早期発見早期治療!
そして、歯を失った時には、たとえ年だとしても人工の歯で健康を取り戻しましょう。
 
ある患者様のお話しをいたしましょう。
 女性の患者様ですが、90歳近くのご高齢でインプラント治療することを決断されました。長年使ってこられたブリッジがいよいよダメになり、突然総入れ歯になった時に、全然つかえなくて、インプラント治療の話を聞きたいと紹介されていらしゃいました。
この患者様は、ご主人を亡くしてお一人暮らしでしたが、こうおっしゃいました。
インプラント治療するかどうかは、自分で自由に決めることができます。
子供たちには、すべて納得がいくようにお金は分けました。そして、自分のお金は自分のために使えるよう残してあります。子供たちは、なにも言いません。
 
この患者さまは、低侵襲で安全なノーベルガイドというコンピュータを使ったオールオンフォーの治療で、インプラントを入れたその日から、インプラントで支える歯でお食事ができるようになり、大変喜ばれました。
 
自分の健康、自分の人生を自分でコントロールするというこの患者様に、私は尊敬の念をいただかざるをえませんでした。
 
「自分の人生の主役は自分」
 
ということを、教えてくださいました。
年を取ってもこういう生き方をできるように、したいと思います。

 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{82EC78F8-54DD-4347-82C8-5EDEEC95F14B}
この一週間の合宿では、日本のトップクラスのコーチが理論と実践について教えてくれました。理論に基づいたトレーニングを朝早くから夕食の後まで、座学を挟んで行いました。
 
この合宿は、知らないことばかりで、学びが多く、とにかく楽しく、目の前が開けるような感じでした。また、全国レベルの選手と身近に接することによって、特別な才能があるわけでなく、皆努力をすごくしてきた同じ人間なんだと感じました。
 
この合宿の後、どんどん成績が伸び、翌年には、リレーメンバーになり、走り幅跳びで、全国二位、翌年から始まった全日本ジュニア陸上競技会では、四位、また、やっとメンバーに入れた400メートルリレーでは全国15位と、一年前から想像できない成績を経験することができました。
私は、自分の力を感じ、自信を持ちました。そして次の年もその次の年も、全国ジュニア合宿に招待選手として参加することができました。
 
そして、この経験から次のようなことを学びました。
 
「一流のコーチに学べ」
「やろうと思えばできる」
 
そう、このことを教えてくれた浦川先生に、心より感謝しています。
厳しい練習に耐えてこそ、強くなることも学びました。
 
この同じ中学2年の時に父親が病に倒れ、高校一年生の時には亡くなるということが起こりました。私も母を助けて家事、父の看病、弟の世話をしなければならなくなりました。
 
しかし、このたった三年の陸上部で学んだことが、心の中で私を勇気づけてくれました。そして、陸上部にはいらなかったら、浦川先生にあわなかったら、全国ジュニア合宿に行かなかったら、、今の私はなかったと思うのです。
 
今は、世界で一流のDr. パウロ・マロ先生から直接インプラント治療を学んでいます。
中学の時に学んだ、「一流のコーチに学べ」は今も私の座右の銘です。
 
もう一つ、浦川先生の教え。
花園中学陸上部部訓
 
「継続は力なり」
 
人生の折り返し地点(⁉︎)を過ぎた今、故郷に帰って感じた浦川先生への感謝とその後の人生でした。
 
浦川先生は、自分にも厳しい先生で、ずっとマスターズで、短距離で頑張ってこられて、85歳の今年は、全国大会で優勝を狙っていらっしゃるそうです。昨年は全国大会で三位でったそうです。
お見それいたしました!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。