こんにちは。なんとしても釣りがしたかった芋焼酎です。



今週末、風の予報はかなーり悪い。

予想天気図をみる限り、びっちり等圧線が日本列島を縦にシマシマ・スジスジに覆っています。

日曜日は、かなりの場所で大雪予報だとか。

うーむ、釣りに行けそうにありません。




けっこー諦めムードの漂う中、どっちかっていうと日曜日よりは土曜日かな?、ということで土曜日に大津へアジ午前船・まるまつ丸に行ってきました。



まるまつ丸の顔役の腰痛持ちさんが席取りしてくれるそうです。

タチウオ釣りに行きたがっていたananさんも合流することになり、右側ミヨシから3人でアジ釣りです。


出発でーす。




あらまあ、ピンボケ。





西からの強風の予報ですが、朝のうちは風もなく、波穏やかで予想外にいい天気。

これなら手漕ぎボートでよかったんじゃないの。




ミヨシに腰痛持ちさん(泳がせをやりたいそうです。)、2番目がわたくし、3番目がananさん。




開始一投目からイシモチが釣れます。

私の両隣で。

私にはイシモチ、こないよー。



なぜかイシモチがめったに釣れないわたくしですが、今回も華麗にスルーされてしまいました。

イシモチ、目つきが悪いけど、食べておいしいのですが。






その後はなかなか釣れません。


が、そのうち、ananさんさんだけ好調に釣れだします。





私と腰痛持ちさんは釣れないの~、と思っていたら、だんだんコマセが効いてきたのかポチポチ釣れだしました。






なんだかこれもピンボケだな。




時間がたつにつれ、やっと好調に釣れだします。

腰痛持ちさんが赤タンで釣っているので、私もマネしてみます。


ananさんは青イソメ、途中で疑似赤タン(赤いグミみたいなやつ)でも釣れたそうです。



私は赤タンでも青イソメでも釣れるのですが、つけるのが簡単な赤タンで。



だんだん一投ごとに釣れるようになり、ツ抜けするまでは時間がかかりましたが、10超えた後、20匹はすぐに達成。

9時半すぎたところで、私は目標の20に達しました。

アジ、もういいや。




アジ釣りは飽きたので、太めの3号ハリスにチェンジ。

オキアミつけて、これでクロダイをあわよくば狙います。




アジの棚よりもやや下を狙いますが・・・やはりアジ、釣れちゃいます。

アジはもういいんだけど。

帰ってから捌くのが大変なので、アジ、もーこなくていいぞー。





ああ、またプルプル竿先が震えています。

しかたがないので、それをそのまま下に沈めて底すれすれを狙います。


ひらめったい魚でもこないかなー。



暇です。







タチウオ、ここのところ釣れていないようですが、大津でもタチウオ釣りやっているようです。



事前の情報では、大津のタチウオ船、とうとう猿島周辺でやっているそうです。


アジは入れ食いで釣れすぎて困っているっちゅうのに。



実はタチウオ仕掛けも持ってきたんですが、どーしよーかなーと迷ったあげく、結局、出しそびれてしまいました。



後半、10時あたりから、西南風が吹き出します。

風が吹き出すと寒いのー。

強風で、白波が立ちだします。

こらあ、手漕ぎは帰れなくなるな。

大津では手漕ぎボート、まったく出ていませんでしたが、あの悪い予報でボートは出さなくて正解ですね。







アジ、ダブルでかかるとけっこう重いな。




おや、また重いぞ・・・なんか重い・・・ほとんど暴れないが、重い・・・こらあ、もしかしてひらめったい魚がきたか?



慎重に慎重に・・・アジ仕掛けだから無理するとアウトです。


隣で腰痛持ちさんがタモ網スタンバイOK。



そろーっとアンドンビシを回収して・・・ああー、サメちゃんでした。


がっかり。


さめざめとした気分でハリスをぶちんと切ってさようなら。

アジたくさん釣れているので、サメはいいや。


ざんねーん。





帰ります。

寒いよー。

早く温泉行きたいよー。





上がってからの暖かいそばがうれしいですね。

まるまつ丸さん、どうもありがとうございました。



帰りは「湯楽の里」という、馬堀海岸に面した温泉で暖まりました。

寒い釣りの後の温泉は極楽だのー。



すっかりリラックスしてしまって、気分はもう本日の営業はすべて終了。



眠いところを頑張って帰ると、道具を洗ったところでおしまい。

魚捌くのは日曜日にしようっと。




<本日の釣果>





中アジ、27匹。

個人的には、ちょっと多すぎかな?と思いましたが、妻がご近所に配って無事終了。




土曜日の夕食は、アジの塩焼き。


釣りたて焼きたて大津アジの皮をむいたところ。


単純な塩焼き、すごくおいしい。


ぱくぱく、いくらでも食べられちゃいますね。






日曜日の夜はアジ刺し。

息子にガッツリ食べられてしまった。


残りは干物中。



あまって冷凍庫に行くアジが出ませんでしたので、これでまた釣りに行けますな。(笑)








おまけ




結局使わなかった、芋焼酎式・変態タチウオ仕掛け




タチウオ釣り、でかいタチウオ針に短冊状の切り身エサをつけますが、縫い刺しにすると、針にとおした部分が丸まって団子状になっちゃいますね。


切り身エサの上の部分が下に落ちてきて丸まってしまうわけですが、そうならないようにタチウオ針の長い軸の部分には、大き目のケン(カエシ)がついています。

が、それでもしゃくっているうちにケンから外れて、下にぐちゃっと丸まってしまいます。




これじゃあ、釣れませんね。

なんとかならないかのぉ~、ドラえも~ん。




ちゃららっちゃちゃ~。




変態仕掛け、タチウオ2段針







タチウオ針を二つつなげています。

下針に切り身エサを縫い刺しにして、そのエサの先端を上針にさして固定します。

これでもう、餌が下にずれて丸まることはありません。



タチウオ、大物狙いの場合には、さらに切り身エサをもう一枚、ちょんがけしてもいいかも。




つくりかた



タチウオ針を2つ用意します。(チヌ針(上)とタチウオ針(下)、とかでもよい。)

上になるタチウオ針の、先端のカエシをペンチで少しつぶします。

(こうしないと、下の針の管(わっか)を上針が通らない。)



上の針を、下の針の管にとおしたら、外れないようにソフトビーズなどで固定します。


私は赤いエサダマを使いました。




こういうやつ。




これでタチウオ、釣果倍増のはずでした。


しかしなー、タチウオ、もう終わりだよなー。


実際に試してみれなくて残念でした。



AD


こんにちは。三連休ですっかりグダグダモードで食っちゃ寝しまくりの芋焼酎です。



連休はいいね。

連休二日目ですが、昼間っから酒飲んでぐずぐず、今日やろうと思っていたことは結局何一つできませんでした。


あちこち切れた電球買ってくるミッションが達成できなかった。






さて、そんな怠け者モードですが、連休初日の土曜日は釣りです。

釣れているうちに釣れている魚、タチウオを釣りに行ってきました。


一緒に行ったのはAPさん。

APさんは初いなの丸だそうです。




朝のうちはちょっと波があるものの、乗合船には問題なし。

よい釣り日和になりそうです。




大津ボートチーム、腰痛持ちさんとKAKEさんとHEPPOさんにご挨拶できました。

手漕ぎボートもなかなか人気ですね。






朝7時すぎに出発。



ええ天気です。


左のミヨシ1番がAPさん、2番がわたくし。







航路の脇にいた腰痛持ちさんに船から手を振って、一路走水沖へ。


まず最初はここで運試しの大物狙い。

走水沖、数は出ないが大物が出るのよ。






私にはクンクンとアタリがあるものの、餌をかじられただけで終了。

船長、移動するのがはえーよ。

正味10分程度。

くそう、残念。







次は久里浜沖でーす。






まあ、アタリはあるものの、・・・・・・小さい。







朝のうちは頻繁にアタリがありましたが、なかなか小さいのが多く、ホントに小さいのを1匹リリース。



タチウオ、リリースしても潜っていかない?のかな。


しかもカモメがくわえて行ったし。

タチウオくわえた一羽のカモメを、ほかのカモメが群れになって追いかけていきます。

カモメ、すごいな。





針が大き目(3号)の市販の仕掛けを使っていますが、大きいタチウオってどうやって釣るんだろうか?


そのうち私はまったくアタリがなくなります。




となりの仲乗りの若いにいちゃんは、ビシバシしゃくってそれなりに釣り続けています。


私も影響されていろいろしゃくってみたりするものの、景気よくしゃくると仕掛けが道糸に手前マツリするんスけど。

難しいの~。





いなの丸、あまり混んでいなくて片舷5人程度ですが、そこそこ両隣の人とオマツリするので、私はオマツリ避けに船べりギリギリに竿先を出す作戦にしました。

少し左側に寄って立ち、左側の人に背を向けて、右側のAPさんのほうの船べりすれすれに竿を出すと、少々流されても全然問題なし。

ふーむ、なるほど、これだとオマツリはしないな。

以前ベテランの人がやっていたのをマネしてみましたが、これは名案だな。





上手にピシピシしゃくって釣果を伸ばすのは諦めて、待ち時間を長め(5秒くらい)にとってゆっくり聞きあげる(持ち上げる)誘い方にしましたが、それだとアタリはあるが、どうもエサを取られてしまいます。

それでもアタリがあるだけマシなので、最後はそれでなんとか6匹でした。



今日はなんか渋くて小さいのが多かったなー。

トップで15本だそうです。




帰りまーす。

午前船、終わるのがホント早いなあ。







帰りの大津港の航路付近で発見。



腰痛持ちさん、航路脇の富士山出しで粘っているようでした。



我ながらうまく撮れた会心の一枚。

デジカメを目いっぱいアップにして、一か八か勘で一発勝負で撮りました。





タチウオ釣り、どーもなかなか難しい。

今日はアタリがあっても針がかりしないことが多かった。

アタリがあってもそこであわせずに、そのままシャクリ上げ続けるのがいいそうですが、そうするとアタリが消えてしまう。


タチウオが餌を追いかけてこないので、巻き上げないでその場で誘い続けるのが吉でした。



と、気がついたときにはもう終わり。

まあ、こんなものです。





ベテランさんの話では、久里浜沖で網でタチウオ捕ってる船が4船いたそうな。

網はやめてほしいなあ。

根こそぎじゃん。

ひでえ話だ。




いなの丸さん、いろいろとどうもありがとうございました。






<本日の釣果>



写真撮るのを忘れて、大きいほうから3本捌いたところ。



指4本くらいの良型が2本。

微妙なのが2本。

小さくて困ったなが2本。




タチウオ、そろそろ食べるのが飽きてきたので、ご近所に配って残りを冷凍保存でーす。


炙り刺身、塩焼き、ムニエル、ウナギのかば焼き風煮つけ、土佐酢漬け・・・どれも非常に美味しいけど、ちょっとしばらくしたらね。





ベテランさんの話では、小さいタチウオ、大きいのにがぶりとかじられちゃったそうです。

しまった、小さいタチウオ、リリースなんかしないで、それをエサにして大きいのを釣ればよかったかな。

あるいは食べるのに困るような小さいタチウオは、短冊にして次回の釣りの餌にするか。

ものすごーく贅沢な餌だな。



タチウオ料理ももうちょっとバラエティを増やさないといけないなー。



AD


あけましておめでとうございます。

今年こそは一発釣れる釣りをしたい!と思っている芋焼酎です。




さて、釣れている今のうちに行っておきたいのがタチウオです。

あと、腰痛持ちさんの車の中に忘れ物をしてしまったので、それを受け取りに大津に行きたいという都合もある。



そんなわけで、大津・いなの丸で腰痛持ちさんがマダイ釣り、私とananさんがタチウオ釣りです。

いなの丸、私が左ミヨシ1番、その隣の2番がananさんです。





朝7時過ぎに出発。




最初は観音崎沖(走水沖)です。

話によると、ここはサイズが大きいんだよな。




・・・と、沈黙を破っていきなり隣のananさんがぶっといタチウオを釣り上げました。

ひえ~、でかい。

なんだそりゃ。

指7本くらいはあるよ。



(帰りに撮影した写真)





しかし観音崎沖、そのあとが続きません。


たまらず移動です。






今度は久里浜沖。






ここは数が出るけど、型が小さいそうです。


んん~、なんか今回は私はさっぱり釣れない。

あれこれやってみますが、そもそもアタリがでない。


しかしタチウオはいるらしく、船内あちこちで上がっています。

隣のananさんも絶好調。




9時半ごろにようやく私も一本。

隣のananさんと、その隣の3番のおじさんも次々によい型を釣っています。



私もたまーに釣れますが、12月よりも数は少ないものの、型は12月よりも大きい感じです。


久里浜沖、水深150m-180mくらいありますが、ときどき流されるので、私は最初100号、途中から120号にしました。





しかし左側後ろの親子連れ、子供に釣らせたいおとーさんが子供仕様で軽いオモリを使用している模様。

船宿では80号-100号といっていたので、たぶん80号なんだろうなー。


反対側(右舷)やら左側ミヨシ(私)までからまりまくっていました。


後半、さすがにオモリを重くしたのか、遠くのほうまでオマツリしなくなりましたが、にゃかにゃか大変ね。

私も子供と行きたいほうなので、ちょっと反省。




今日はなかなか釣れませんでしたが、まあ、おかずにはなったので良しとしよう。







帰りまーす。






観音崎沖


たけちゃんさん?、若大将とあきおさん?




今日はあまり大した波も風もなく、よい釣り日和でした。



いなの丸さん、どうもありがとうございました。







<本日の釣果>






よく数えたら5本ですが、うち2本はananさんからのおすそわけなので、自分で釣ったのは3本でした。

(船宿の記録でスソの5本というのは私です。)


まあ、前回12月の時のように小さいのが釣れなかったのはまあいいとして、アタリがでないのはどーしたものか、悩ましい。




反省点としては、棚を正確に攻められなかったのがまず第一の問題点だな。

何度も高切れして中途半端に継ぎ足しているので、PEの色が正確でない。

さらにカウンターがデタラメなので、アナウンスされた棚に正確に合わせられない。



カウンターがデタラメなのは何回やっても修正できないのであきらめるとして、PEをどーにかしないといけない。


アタリが頻繁にあるときは、アタリが何度も出たところを覚えておけばいいのですが、今回はたまーにしかアタリがでなかったので、うまく狙えなかった。




PEでもっと見やすい色のやつに新調しようっと。

だいたいこのPE、場所によっては茶色とか、わけわからん。

(まったく目印がみえない。)

強度がどーのこーのとかいうのもいいですが、うす暗い場所でももっと見える糸の色にしてほしいものです。



摩耗したり高切れしても使いやすいPEの工夫、もっともっと考える必要があるなと思いました。



AD


こんにちは。 今年最後の釣りに行ってきた芋焼酎です。






シマアジ、なかなか釣れませんが、お正月のお祝いにぜひ欲しいですね。

新年はうまい魚で一杯。

いいなあ。



そんなわけで、千葉県南房総市の白間津港・海正丸さんに行ってきました。


毎度のことですが、腰痛持ち先生に拾っていただきました。

ありがたや、感謝です。





今回は、腰痛持ちさん、ananさん、わたくしの3人で、一番大きいシマアジ釣った人がコーヒー牛乳を奢ってもらうことになっています。

一番の人が総取り方式。

おなかがコーヒー牛乳でタプタプですな。

まってろよ~、シマアジ。




朝5:30集合、6時出発です。











今日は北風が強いのですが、房総半島側(つまり岸側)からの風になるので、波やうねりはあまりない。


でも北風がピューピューなので、かなり体感温度は寒いでーす。




ニクロム線入りのベスト( ぬくさに首ったけ あったかベスト)を着て行ったものの、まさかの小型バッテリーを忘れて役にたたず。

まぬけです。


あ~、ちゃみーな~。



そんな過酷な船釣りでしたが、アタリはまったくなし!




なんでだ~?

白間津、何かしら外道が豊富(イサキとかウマヅラとか。しかもサイズがでかい。)なのでお土産には困らない釣り場だと思っていたら、外道すらこない。


フグと思われるエサ取りはいるようですが、まーーーったく何も釣れません。



帰り間際に、手のひらサイズの木ッ葉グレ(メジナの子供)が一匹釣れただけ。


隣の腰痛持ちさんはベラ×1、ananさんさんは海鳥を釣っただけで終了。




そんなわけで、写真はありません。

まさかの予想外のボーズ釣果になりました。



船内中、誰も何も釣れない。

私たち3人は左ミヨシから3人でしたが、右ミヨシの常連さんが中サイズのメジナを釣ったのみ。

ラッキーなことに、その常連さんからそのメジナを帰りにいただきました。

どうもありがとうございます。






いや~、これだけ全然釣れないとは思いませんでした。


釣れたのはキタマクラくらいで、外道も釣れません。





こういうこともあるのだなと、貴重な体験でした。


海正丸さんで、お土産にアジの干物をいただきました。


海正丸さん、どうもありがとうございました。






釣りが終わってあがると、穏やかなよい天気。


よくあることです。











帰りに立ち寄ったジャングル風呂のコーヒー牛乳。



今回は、誰もシマアジ釣れなかったので、自分で買いました。




帰りが渋滞で混んでいましたが、腰痛持ちさん、お車に乗せて頂いてどうもありがとうございました。





<本日の釣果>




なしでーす。


木ッ葉グレともらったメジナは、煮つけにして夕ご飯のおかずになりました。

御馳走様でした。




そんなわけで、終わりの釣り、全然釣れませんでしたので、現在、お魚が大変不足しております。


これは、また魚釣りに行かなくては。


来年はもっとたくさん釣りたいでーす。





こんにちは。手漕ぎボートは諦めて乗合船に浮気してきた芋焼酎です。



今年のクリスマス3連休、23日シマアジ乗合船は強風の為中止。


しくしく。


24日は東伊豆方面は絶好の釣り日和なので、みんなでボート釣りに出かけているようですが、私は「子供を連れて家族で動物園」という大変ほほえましいミッションがあるので、指をくわえて皆様の釣果を携帯で見ているだけ。

ああ、私も釣りに行きたいよ~。




しかし、25日は、またもや午前中は風が強くて、手漕ぎボートはぎりぎりな雰囲気。



ぐはっ・・・。


でもどうしても釣りに行きたいので、乗合船の午前船だな。

連休最後の日曜日だけど、午前中だけならいいだろ。


今釣れそうなのは、アジとタチウオだな。


アジはこのあいだ石田丸でたくさん釣ったので、タチウオが食べたいな。




というわけで、京急大津のいなの丸さんへ、タチウオ釣りです。

タチウオ、あんまり釣ったことがないのよね。

確か釣れた自己記録は、0本とか3本とか5本とか、そういうレベルだったような気がします。


あまり得意でない釣り物で、乗合船に一人で行くのはちょっぴり心細いですが、まあ、なんとかなるだろ。




いなの丸、幸いなことに少し余裕があって、片舷5人。

ラッキーです。



PE3号、オモリは100号。

お店では80~100号と言われましたが、時々流されるので、100~120号を用意したほうがよかったかも。

まあ、ずっと100号でやっていましたが。




仕掛けは、市販のタチウオ一本針仕掛け。




7:30頃出発です。

観音崎沖かと思いきや、若船長、フルスピードでぶっとします。

お客さんは、後ろかキャビンに避難。



到着したのは、久里浜沖でした。







もうすでに船団ができています。

水深は120m前後。

ずっとこのへんでやりました。






開始早々、第一投目できました!



あまり大きくはないが、うれしい。


タチウオ釣り、さっぱり釣れない記憶しかないのでけっこううれしい。




このあとも入れ食い状態です。


船中が大賑わい。


釣れる、釣れないはともかく、アタリは毎回あります。







しかし、時間がたつにつれて釣れなくなってきます。



いなの丸の若船長、けっこうほかの船の近くぎりぎりまで寄せます。

目の前の船の人とオマツリしそうで、大変怖いのでやめてほしいでーす。




朝のうちは、超スロー巻きで特別しゃくらなくても簡単に釣れました。

むしろ激しくシャクっている両隣さんのほうが全然釣れていない。




しかし、後半は逆で、激しくシャクらなくなった両隣さんのほうがよく釣っていました。

私はアタリがあってもエサばかり取られて全然釣れない。

船宿支給のサバタン、きれいにエサだけ取られてしまいます。

お前らフグかよ。

タチウオがこんなにエサ取りが上手だとは思いませんでした。




高切れやらオマツリやらも時々あり、後半はなかなか釣れない。



釣れたと思ったらこんなの。


共食いか~。





釣れる棚も時々けっこう変わることがあるので(水深が変わるからか?)、アタリがある場所を探りなおさないといけない。



コツコツとはアタリがあるので、棚を探し出すのはまあ、簡単なんだけど、しゃくり方を変えたりしても、どーしてもエサだけ取られる




エサだけ上手に取られるということは、エサをじっくり見極められているということで、それならもうちょっとだけ電動リールで巻くスピードを上げてみればいいのかも。


これが正解で、やっと再び釣れますが、右側の人とオマツリして残念ながら時間切れ終了。





帰りまーす。








久里浜沖のタチウオ、大きさは大きいものでぎりぎり指4本程度。


全体的には小ぶりなタチウオが多かったです。


釣れるパターンは時間により変化するので、それをすかさずみつけるのが難しかった。




タチウオ釣り、また釣りに行きたいなあ。

もっと行けば上手になるかなあ。





北風が手に冷たい。

真冬の装備が必要ですね。


いなの丸さん、どうもありがとうございました。




<本日の釣果>




タチウオ、釣れるときにやっとアタリました。

よく数えたら10本でした。

やっとツ抜けしました!




ご近所さんに下処理したタチウオを3本ほどおすそ分けして、その残り。


左側は、骨せんべい用。

左上がしっぽの部分で、甘辛いタレにつけています。

左下の中骨は、塩を振っただけ。


右側上は、ムニエルと煮つけ用。

右下は炙り刺身用。






その日の夕食。

炙りお刺身の一部





ムニエル一人前(妻作)







このほかに、アラ汁もある。


うーむ、明らかに作りすぎ。


尻尾と中骨の骨せんべいは丸々あまってしまった。


ムニエルと刺身を食べるだけでおなか一杯でした。



明日の朝は塩焼き、夜は煮付けで終了の予定。




タチウオ、どうやって食べても美味しいですね。

白身魚にあるまじき脂の多いこと多いこと。



アラ汁も、一回で終わらせるのがもったいないくらい濃厚な脂がすごかった。





タチウオ三昧、贅沢なひとときでした。

タチウオ、また釣りに行きたいでーす。





こんにちは。腰痛持ちさんの行きつけの船宿にananさんと乱入したきた芋焼酎です。





さて、前回の福浦ボート釣行は見事にアマダイ坊主でしたので、ananさんと腰痛持ちさんと3人で片瀬漁港のまなぶ丸にアマダイ釣りに行ってきました。



ここの船長は、アマダイの大物釣りに御熱心。

小さい赤ちゃんアマダイなんか釣っても、みていてお客さんがちっとも嬉しそうじゃないからやらないんだそうです。

まあ、確かに小さいのは釣れても逃がすわけにもいかないし(アマダイは水圧の変化に弱いのですぐに死んでしまう。)、内心釣れてもあまりうれしくないところではあります。





観光地で有名な江の島のすぐ隣にある片瀬漁港、電車で行くと小田急・片瀬江の島から徒歩5分ちょっとくらいの便利な場所にあります。

うちの川崎駅からだと1時間くらいなので、意外に近くてこれは便利、便利。





しかしアマダイ船、人気です。

しかも土曜日だしなー。

左の前から、2,3,4番目の釣り座(わたくし、腰痛持ちさん、ananさん)でした。



江の島沖、90~120mくらいのところを狙うそうです。

オモリは80号、PE3~5号に統一
です。




まあ、混むとどうしてもオマツリするからね。





私の隣の、左の先頭(ミヨシ)は常連さんで上手い人のようなので、そのあたりはよかった。

(オマツリしないようになるべく船の先端のほうに竿を出していた。)





出発の様子






朝日の江の島





さて、事前の話では、ここのところエサ取りが多く、それをかわしながらアマダイを釣るらしい。


エサ取りが多いのか~。

底すぎず、上すぎず、なるべく正確に棚をとらないとエサ取りの餌食になってしまう。

(正確に棚を取れていてもエサ取りの小魚にやられるので、棚がズレているとなおさら全然アマダイなんか釣れない。)


こういう棚とりが正確でないといけない釣り、非常に苦手です。

だから私アマダイ釣り、あんまり得意じゃないのよ~ん。




まあ、PEの目印を見ながら50cm~1m上げたところがアマダイの棚のはず。

知識としては知っていますが、船は揺れるしね。




しかもアマダイ、積極的に巣穴から出て餌をあさるときはやや高め、活性が低くて巣穴から顔を出しているだけのときはやや低めの棚になるらしい。

知識としては知っていますが、水深は変化するしね。


にゃかにゃかむずいのー!





さて、隣の腰痛持ちさんはときどきレンコダイやらアカボラやらを釣っていますが、全体的に非常に渋い。

あれれ、エサ取り地獄かと思っていましたが、そうでもない。




ちなみに私はさっぱりアタリすらなし。

魚信というものがさっぱりないのですよ。

事前にきいていた話とだいぶ様子が違うなあ。




そんな釣れないときは、魚の活性が低くてやる気がないわけですから、底でじっとしているアマダイには小さいゆっくりした誘いがいいんじゃないかと、底スレスレを小さく誘ってみます。


一応、置き竿じゃなくて手持ちなんだけど、あんまり体力を使わない、ものぐさな誘い方でもあります。




エサは船宿支給のオキアミです。

仕掛けも、ちょっぴり長い2.2m(普通は2mが多い。)で、自然な誘い重視のナイロンハリス3号。

まあ、ホントは前回の福浦で使ってあまっていただけなんですけどね。




これでちんたら小さく小さく誘っていると、突然ドンドンときました。




きゃ~、なんかきた!


ゴゴン、ゴゴンと真下に力強く引きます。


うう、ハリスが切れそう!





徐々に暴れる回数は減りますが、しかしそれでも時々、上のほうに上がってきても暴れる。




バレるなよ~と祈りながら電動リールでゆっくり巻き上げます。




うわ~、見えてきた。

でけ~!



腰痛持ちさんにタモ入れてもらいました。

ありがとうございます。



まなぶ丸計測で、51cmでした。





水面にユラ~と浮かんだ巨大アマダイ、私もみて驚きでした。


これはもうアマダイじゃないみたい。

なんか別の魚のよう。

びっくりです。







その後は全体的にあまり釣れなくて、私もたまーにヒメコダイが釣れる程度。








腰痛持ちさんとananさんさんも小さめのアマダイを1匹ずつ釣って終了。

ananさんはキアマダイの赤ちゃんを釣っていました。

キアマダイ、初めてみたよ。

確かに黄色いな。







というわけで、帰りまーす。





まなぶ丸、電車で行くには近くて大変いいところ。

どうもありがとうございました。





<本日の釣果>




まな板からはみだしています。



アマダイ、51cm、1.6kg。

(ヒメコダイとか小魚は写真省略。)





頭を持ってみたところ。




巨大すぎ。



尾びれ


河童の水かきのようです。






魚をさばいたのは翌日の日曜日。


日曜日の夕食。


巨大アマダイの半身を「昆布しめの炙り」にしました。



アマダイ、身が柔らかくて皮を引くのがすごく大変なので、炙りにしました。

せっかくの皮下の脂を剥がしちゃうのがもったいない、というのもある。


食べる直前に切ってからフライパンの上で炙って盛り付けた(冷やさない。)、というのもありますが、おお、脂がすごい。

アマダイの炙り、簡単でいいですね。


残りの半身は、粕漬け中。





アマダイのアラ汁。


半分に割った頭がでかすぎ。

大きいおわんになんとか入りました。



娘が、アマダイのアラ、鶏肉みたいといって食べていました。

グリルで軽く焼いてからアラ汁にしているので、魚臭さがなくて脂がすごいので、なるほど、魚の汁物とは思えない味わい。

頭の肉をちくちくつついて食べると、確かに鶏肉っぽいな~。


巨大アマダイのアラ、鶏のもも肉風で美味しいので、アラ汁はいけますね~。






巨大アマダイ、一生に一度のまぐれです。

もう二度と釣れることはないでしょうが、大変美味しかった。

あんなにぶ厚いアマダイのお刺身は、もうないだろうな。


腰痛持ちさん、ananさんさんどうもありがとうございました。






追記

アマダイ釣りに行った土曜日の夜


渋谷で第7回えらいこっちゃ飲み会です。





やはり釣り友達との宴会は、楽しくていいですね。

(写っている個人名はくれぐれもコメントしないでお願いします。)




五目漁師さんからいただいた富士山の絵葉書がすごくいい。

ぜひぜひ、まだの方は五目漁師さんからいただいてください。

使うのがもったいない美しさ。

なんちゃってアーチストの私としては、本物のアート作品は違うなあと実感しました。




そのほかには、ロキソニンテープとかカレンダーとかいろいろいただきました。

ありがとうございます。

あと、kagoturiさんの赤いライトな竿をATSさんからいただきました。

どうもありがとうございます。

また釣りに行かなくっちゃ。(喜)





KAKEさんの彼女さんがとてもかわいかった。

顔出ししなくていいから、KAKEさんのブログに早く登場しないかなあ。

みんな期待しているよー。




こんにちは。釣りと芸術との関係を模索する、なんちゃってアーティストの芋焼酎です。






釣り師の中には、素晴らしい写真や絵画や彫刻を創る人々がいらっしゃいます。

そういう才能あふれるアーティスト、うらやましい限りですね。





わたくしも、そんな芸術家になりたい。

なりたいのったら、なりたいのよ。





絵画とか彫刻とか、一切ダメダメなわたくしですが、しかし、そこは文明の利器であるコンピュータを駆使して芸術作品を生み出してみようではありませんか。





釣りは芸術である!

芸術は爆発である!





この線でいってみましょう。


といってもべつに爆弾つくるわけではありません。


フォトショップとかで写真を絵画風に加工するとかいうのでもありません。









さて、最近世間で注目されている科学技術に、人工知能というものがあります。


まあ、ゲームの世界ではAIとか言われていますが、そんなちゃちなものではなく、将来、広く産業界での応用が最も期待されている分野です。




そんな人工知能の分野、欧米の先端企業の中には巨額の開発投資を進めているところが多くあります。

検索エンジンで有名なGoogle社もそのうちのひとつで、人間の脳の神経ネットワークをモデルにしたもので、画像を認識させようという研究を進めているそうです。



その人工神経ネットワーク(ニューラルネットワーク)に、膨大な量の写真画像を使って学習させた結果、「Deep Dream(深い夢)」というシステムが完成しました。



人間の脳が外界からのさまざまな情報によって記憶を再構築するように、このDeep Dreamも学習したさまざまな写真画像から情報を再構築するのだそうです。




このDeep Dreamは、いくつかのコンピュータ・プログラム・システムから成り立っており、詳しいことはさっぱりわかりませんが、最近では専門知識がなくても利用可能になっているようです。

(少し前までは、高度な専門知識が必要だったらしい。)



さて、このDeep Dream君に画像を認識・再構築(つまり加工)させてみました。




釣りは芸術である!

芸術は爆発である!








2016.12.10 福浦の朝です。


美しい日の出ですね。

印象派の作品のようです。




これをDeep Dream君が認識しなおすと、げげげ、何か、わいている・・・


なにやら目に見えないハズのものが、たくさん見えていますね。








私が白間津・海正丸で釣ったカンパチの子供


ノオォォ~。








楽しかったはずの富士丸の釣行の記憶も・・・


不気味なモンスターに・・・





のりべんさん主催の楽しいアマダイ仕立て船の記憶が・・・


小アマダイにキスしようとするセッピーの写真だったはずが、うう・・・






たけちゃんさんのアートがこんなに・・・



怖くてお刺身なんかのせられません。


元画像はこちら
http://ameblo.jp/takezen1go/entry-12223457389.html





凛とした黒鯛も・・・


魔界の生き物のようです。


元画像はこちら
http://ameblo.jp/takezen1go/entry-12175636212.html






釣行後のお楽しみといえば、釣った魚を美味しく食べることですが、





世妃亜さんのさばいた、アジの刺身盛りが・・・


嫌だぁぁぁぁぁぁっ!




元画像はこちら
http://ameblo.jp/verysepia/entry-12225983183.html







五目漁師さんのアオリイカ三昧な盛り合わせも・・・




怖くて食えねえよ。




元画像はこちら
http://gomoku.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-6adb.html







爆発しすぎる写真ばかりになってしまいました。


芸術というよりも、悪夢だなこりゃ。





追記

勝手に画像を使わせていただいており、どうもすみません。




こんにちは。前回のブログに書いた変態仕掛けをひっさげて、福浦に行ってきた芋焼酎です。




さーて、環状式ハリス、実践でためしてみます。




最近は東京湾が魚が釣れて賑わっています。


前回は大津で仕立て船でしたので、今回は観音崎あたりかな。




しかし・・・東京湾、土曜日は北風が強い。


東京湾、ボート全滅っぽいです。

伊勢町、やまみつはボート出さないとの情報が。


うーーーむ、残念。





しかたがないので、急きょ、福浦に変更です。

福浦だけ、なぜか予報では風が弱い。

福浦、不思議なところです。






電車で福浦へゴー。



6:30ごろ、出発です。








今日の福浦は微風。


ときどき弱い風が吹いたり止んだり。


よい釣り日和ですね。




まず最初は環状式ハリスのロングハリスをためしてみます。


いきなり最初から難易度が高い変態仕掛けです。


2号ハリスの環状式です。

4号にせまる強度のはず。





カップリールを使って長いハリスを巻き巻きします。



2号で細くてからまりやすく、しかも糸の量は通常の2倍です。

これはやりにくい。



しょっぱなから、からまって投入前にひとつパーにしてしまいました。

くそう。



次は慎重に注意しながら投入。

一応、なんとか行きました。



環状式ロングハリス、6m仕掛け(糸の量は12m)です。




頑張って真鯛ポイントを流しますが、今回も釣れるのは小エソ


3回ぐらいリリースしました。


あかーん。




環状式ロングハリス、オキアミが回転するせいか、ハリスがよれて1本にくっついてしまいます。

これでは、細ハリス2本にしている意味まったくなし。


極小ガン玉を打ちますが、何回かやっているうちに、ガン玉を打ったところから片方ハリス切れ。



ガーン。




ダメです。

環状式ダブルハリス、ロングハリス仕掛けには向かないことがわかりました。



敗北。








あきらめて、石切り場前、水深100mくらいのところでアマダイ狙いです。

仕掛けはノーマルな市販のアマダイ仕掛け。





オモリは80号オモリで行きます。

(60号でやったら、やたらとオモリが流されて釣りにくいので、80号でちょうどいい感じ。)



石切り場前を底とんとんしたり、50cm~1mくらい誘いあげたりしますが、なかなかアタリはなし。



ブルッとアタリがあるが、全然ひかない。


正体はこれ。



タマガンゾウビラメ


小さいですが、カラカラに干してあぶって食べると大変美味しいのでキープです。





あとはトラギス(元気なのでリリース)くらいしか釣れません。






石切り場前をやめて、砲弾ブイの沖側60~70mくらいのところを流してみます。







おおお、やっとここで大きなアタリ!


きゃー、重い。


どんだけデカいアマダイなんだろう・・・最後まで時々あばれます。


どきどき。



あれま、なんか茶色っぽいかな?





一瞬ガッカリしましたが、上がってきたのはオニカサゴ(イズカサゴ)でした。


よしよし。



キミは頭がでかいね。





目測では35cmはありそうですが、たぶん縮むから30cmくらいかな?

(実際、そうでした。)



まあ、美味しいお土産が釣れてほっと一安心です。




このあとは定置網まわりをウロウロするも、何にも釣れず。





最後に浅場でカワハギ釣りをやります。

竿はAグリップネライ、これしか持ってきていないのでそのままこれにカワハギ仕掛けをつけてやってみます。



竿がちょっと長すぎて使いにくいですが、カワハギが来ると、ガンガンゴンゴンと非常によく振動が伝わります。

携帯用のホリデーパックよりもはるかにアタリが明確。

おもしろーい。




小さいカワハギでも、メガハギのような振動。

やはり高い竿は、それなりにいいものだなあ。



ちっこいカワハギを3枚釣ったところで時間切れ。

もうちょっとカワハギ釣りしたかった。





帰りまーす。






エトーボートさん、どうもありがとうございました。

大将にはいつまでもお元気でいてほしいものです。










<本日の釣果>






イズカサゴ、30cm。

小カワハギ×3枚。

あとはイトヨリ、ヒメコダイ、タマガンゾウビラメ。



魚、少ないから捌くの、簡単でいいぞー。



オニ・カワハギなべです。


アラと昆布でダシを取って、アラを出してから野菜を入れます。

野菜とアラの骨がごちゃごちゃいっしょになると大変に評判が悪いので、野菜を入れる前にダシを取り終わったアラを取り出してしまいます。




野菜が煮える前に、このアラをちくちくつついて食べるのが楽しい。

オニカサゴの頭の身、もしかして今日一番美味しかったかも。




野菜が煮えたら、魚の切り身を入れて火が通ったら召し上がれ。


うめー。

魚の鍋、うちでは人気ないのですが、これは美味しい。

スープも非常によいダシが出ていて、美味。





大人の珍味。

左がオニカサゴの胃袋を湯がいたもの。

右がカワハギとオニカサゴの肝を甘辛く茹でたもの。




オニの胃袋、コリコリして珍味ですね。

肝はこってりして美味しい。

甘辛いタレの味付け、妻が気に入っていました。



どちらもお酒が進みます。





あとの小魚は干物。

ヒメコダイ、イトヨリ、タマガンゾウビラメはまたあとで。



福浦の幸、御馳走様でした。



おまけ


オニカサゴのヒレを干して乾燥させたもの。

これをあぶって日曜日の夜は一杯ですね。


またもや泥酔確実。






環状式ハリス、結び目の強度低下の少ないと考えられるフロロカーボンで再チャレンジだな。

2mくらいの短い仕掛けならいけるかな。




はたして本当にシマアジ、釣れるのだろうか?






こにゃにゃちは。 前回の

http://ameblo.jp/imosyoutyugasuki/entry-12226268454.html

つづきでーす。






測定テストに使うもの。



TRUSCO デジタル吊りばかり




ちょっとゴツイけど、まあいいか。






基本的な測定方法


スナップ付きサルカンにハリスを深海結びで結びます。


なお環状式ハリスの場合は少し違うので、それは後述。









(グループA ノーマル単線ハリス)




まず最初に、ナイロンハリスを1本だけ結んで、強度測定をします。

ごくごく普通のノーマル仕様です。

これを基準に、変態仕掛けの強度を比較するわけですね。




切れるまでひっぱった結果。

なお、測定単位はすべてkg。




5号 ナイロンハリス 1本


7.81

7.88





4号 ナイロンハリス 1本(あてにならない。参考値)

4.43

4.80




3号 ナイロンハリス 1本


4.36

5.36

4.41




2号 ナイロンハリス 1本

3.55

3.22

3.03






うーむ、なんだか4号ハリスが明らかに弱いな。

新品の3号ハリスとほとんど同じ。



実は4号ハリス、かなり古い。

確か、震災の2年前くらいに買ったもの。

うむむ、ハリスも古いとダメなんですねー。

経年劣化って、けっこうあるなあ。







(グループB ダブルハリス)




ナイロンハリス2号 独立式ダブルハリス


それぞれ独立した2本のハリスを使ってサルカンと針を結ぶ方法です。


この場合の欠点は、結び目が多いことです。


5.05
3.61
4.91





針を結ぶところは、深海結びにしていますが、この深海結びがどうも怪しい。


単線シングルハリスのときもそうですが、切れる場所はすべてこの深海結びの結び目です。



しかも、ときどき本来の強度の半分ぐらいの強さで切れちゃうときがたびたびありました。

(明らかにおかしいので、測定値からは外している。)

自分で結んだ深海結び、不安定で弱いなー。




ナイロンハリスは、結束強度低下が大きいとは聞いていましたが、本当ですね。

深海結びの結び目で毎回切れます。



その結び目が多くなる、独立した2本のハリスによるダブルハリス仕掛け、1本の時よりは強いですが、思っていたほどは強くありませんでした。


2号ハリスを2本使っているにもかかわらず、強度的には3号ハリス程度。



がっかり。









ナイロンハリス2号 環状式ダブルハリス





絵がへたくそですが、ナイロンハリスに管付き針をとおして、ハリスの先端同士を丸くチチワ結びにしてしばってしまいます。

そのチチワをサルカンの輪っかにとおして接続します。



結び目はチチワ結び1個だけです。



これが意外に強い。



測定値


5.09

5.66

6.62




「ナイロン2号ハリス 1本」の2倍にせまる強度です。


しかも、チチワ結びの結び目で切れることが一度もありませんでした。

(切れたのは、すべてハリスの途中。)



チチワ結び、強し!






そのチチワ結びが一つしかない環状式ダブルハリス、けっこういけるかも。


一本の場合の2倍近い強度が得られたので、けっこう満足。


ハリスが2本になったこともあるけど、それよりもチチワ結び一つだけというのが強さの理由っぽい。



まあいいや。


環状式ハリスでいってみよう。






それにしても、自分で結んだ深海結びがこれほど脆弱だったとはなー。



最近のハリスは、つるつるしてよく滑ります。

そのためある程度しっかり結ばないと、結び目がほどけてしまいます。

しかし、だからといってあまり強く結ぶと柔らかいナイロンハリス、押しつぶされて柔軟性を失ってしまい、その結果、結び目で切れる感じがします。




その点、チチワ結びは負荷がかかる結び目部分にはハリスが2本あるので、ハリス1本に負荷がかかる深海結びよりもはるかに強力なんだと思います。



深海結びは、簡単な割にはほどけないのが利点なのであって、強度が強いというわけではないのですね。



めんどくさいけど自分でいろいろ測定してみて、初めて気がつくことがたくさんありました。





さて、それでは実践編です。


土曜日、福浦に行ってきました。


(まだつづく)







わんばんこ。 釣りの未来と明日をつくる芋焼酎です。





ひーらめいちゃったのよ~~ん!


いーこと考えました。


はあはあはあ。(興奮気味。)





新しい芋焼酎変態仕掛け、ひらめきました。





オレたちゃ天才! うんうん!







ま、いつもそれで実際にやってみると、大失敗で釣りにすらならん、ということもよくあるが。


くそー、おかしいなあ。










さてさて、今回のアイディアのきっかけは、前々回のシマアジ釣りです。


私の隣で腰痛持ちさんが、痛恨のシマアジ3回連続バラシ。

ハリス4号・5号ではぶっちぎられるが、しかしそうかといって6号にすると今度は外道すら釣れない。





白間津のシマアジ、賢すぎ。



あれって絶対、船長に飼育されているよな~。

アホな釣り客が、そうとは知らずに毎回エサをあげに行っているんだよな~。




安全なハリスを見きわめて、釣り客と遊んでその気にさせて、商売繁盛。

おねーちゃんにその気にさせられて、スナック通いする男性客のようなものですね。

かく言うわたくしと腰痛持ちさんは、釣りに行ったその日のうちに次回の予約してきちゃったもんなあ。

シマアジに完全に手玉に取られています。



白間津のシマアジ、賢すぎ。








さて、このままではくやしいので、なんとかしてシマアジ、釣る方法を考えました。




ようするに、細いハリスで釣ればいいんだろ。






・・・ああ、なんでこんな簡単な方法に気がつかなかったんだろう。

細いハリスでシマアジ、釣ればいいんじゃないの。



シマアジ、アジとはいってもあの平べったい体型で、瞬発力はかなりのものがあります。

単純にハリスを細くすれば当然ですが、すぐに切られます。











じゃあ、ハリスを2本にすればいいじゃん。

じゃあ、ハリスを2本にすればいいじゃん。

じゃあ、ハリスを2本にすればいいじゃん。

じゃあ、ハリスを2本にすればいいじゃん。

・・・





これですね。


芋焼酎変態仕掛け、ダブルハリス仕掛けの誕生です。







図1


(左側)

このハリスは重さ100の負荷に耐えられるものとします。


(右側)

もしも重さを均等に2本のハリスに分散させることができれば、1本あたりのハリスが負担する重さは半分の50でよいことになりますから、ハリスの太さも半分でよいことになります。

(ハリスの太さと強度が単純に比例するものと考えた場合。

実際にはそんなに単純ではないが、細かいことは無視。)






ということは、ハリスの強度の関係は、


2号+2号 = 4号

3号+3号 = 6号


ということになります。




つまり、4号ハリスと同じ強度が必要であれば2号ハリスが2本あればよく、6号ハリスと同じ強度が必要であれば3号ハリスが2本あればいいわけです。

(ハリスの号数強度の関係はおおむね比例するので、考え方としてはOK。)






こうしてハリスの号数を落とすことにより、細いハリスは魚から見えにくくなります。

しかし本数を増やすことにより、強度を高めることができるわけです。







図2


このダブルハリス仕掛けでは、2本のハリスがバラバラになってる部分(ハリスの中ほど)は魚からは見えません。


しかしハリス同士が接近する針のチモト付近では、いくら細いハリスとはいえ、くっついてしまうとよく見えてしまいます。

当然ですね。




そこで、いかにハリス同士をバラバラに離しておくかということが問題になります。




図3 ショートハリスの場合



市販の片テンビンを2個はり合わせて、それぞれの腕が反対側に伸びるようにして、その先にハリスをつけます。

まあ、ちょっとおおげさな方法ではあります。






図4 ロングハリスの場合




テンビンを2個使って無理やり距離をとる作戦は、ロングハリスの場合あまり意味がないのでやめます。


そうではなくて、ハリスの途中に小さいガン玉を打って、それぞれハリスが別々に動くようにします。

もちろんガン玉は、ハリスに傷がつかないようにゴムでコーティングしてあるやつです。


ショートハリスでも、この方法のほうが簡単でいいかも。





ロングハリスでダブルハリス仕掛けにした場合に想定される問題点は、ハリスがからまる点です。


ロングハリス、普通の単線ハリスでもごちゃごちゃとからまって手を焼いているわたくしとしては、細くなって2本になったら大変なことになります。


そこでこれを使ってみようかと思います。



カップリール


 上州屋で1個495円。


ボート上では、これにくるくる巻いて回収しておけばいいのよ。


変態仕掛けではない、通常のロングハリスでもこれを使ってみようと思っています。






あと予想される問題点は、2本のハリスの長さが正確に同じであること。

もしも長さが違うと、まず短いほうのハリスに負荷がかかり、あっというまに切られてしまいます。

負荷を均等に分散させることがこのダブルハリス仕掛けの命ですから、このあたりは慎重に作らないといけません。

2本のハリスの先にクッションゴムをそれぞれつけることで、この問題はある程度回避できるかもしれません。






あとは、この方法で利用できる釣り針は、管(カン)付き針に限定されることでしょうか。

普通の釣り針にハリス2本も外掛け結びとか、できない。

やればできる人もいるのかもしれませんが、私の技術では絶対無理。




カン付伊勢尼8号針に、2号ハリスを2本結んだところ。


結び方は、深海結び

これしか知らないのよ。









あるいは・・・ハリスを長くて丸い輪っかにしてしまうのもいいかも。

ハリスを輪にしておいて、管付き針にハリスを通す。

輪を結んだ結び目は、サルカンのところにくる。

環状式ハリスですね。






図5 環状式ハリス






こうすれば、負荷がかなり正確に均等に分散されることになります。



この輪っか方式で最も弱い部分は、ハリスの結び目部分。

結束による強度低下により、結び目が一番弱いところ。

針のチモト部分よりも、とにかくハリスの結び目が弱い。






しかしなー、環状式ハリス、号数を落として細くしたハリス1本でそんなに耐えられるものだろうか?

しょせんは細ハリス1本だけだからなー。





このあたり、正直言ってどんなもんだかよくわからん。




実際に作ってみよう。




(つづく)

http://ameblo.jp/imosyoutyugasuki/entry-12226989011.html