こんにちは。三浦半島強化月間といいつつ、すっかり観音崎強化月間になってしまった芋焼酎です。


私が行きたい三浦半島のボート釣り場といえば、大津、伊勢町、観音崎、金田湾、油壷なのですが、どこもアジがイマイチなので、強化月間の最後は油壷か金田湾に行きたいなと思っていると、kagoturiさんが昨日土曜日に観音崎で大物に仕掛けをぶっちぎられる事件があったそうな。



ほーほーほー、それは面白そうだな。

犯人はなんだろう・・・?



というわけで、気がつくと土曜日の夕方、観音崎のなかね貨ボート店さんに予約いれちゃった。



そんな阿鼻叫喚の出来事があったらしい土曜日、私は子供の小学校の運動会の2次会でたらふく飲み食いして帰ると、急いで釣行の準備をしてさっさと寝ます。


微妙に寝坊気味ですが、無事に観音崎、到着です。


ああっ、家にデジカメ忘れた。


そんなわけで、携帯のカメラで撮影しているので、今回はイマイチ画像がありません。

呑んだ翌日の釣行は忘れ物が多いなー。






出発の様子。


なんか今日はちょっと濁りがあるなあ。


そして満潮4:30、干潮11:15、大潮です。

しかも北風の予報。


波がそれなりにあってちょい漕ぎづらい。





朝のうちは下げ潮で激流なので、浅場でイカでも狙います。

胴突きにスッテを2個付けて底トントンしてみます。


・・・反応なし。


アンカリングしてもボートの周りに反応なくてつまらないので、流し釣りにします。

結局、9時ごろまでやって、スッテとオモリを一個ずつ根がかりでロストして終了。

残念。


そろそろコウイカ・モンゴイカでも釣れるかなー、あわよくばアオリイカでもいいぞーと思いましたが、おまけでちょこちょこっとやるような気持ちでは、全然釣れません。

イカ、難しいぞー。

イカんともしがたく、退散です。

こりゃイカん。






それで、わたくしのマイ・アジサバポイント(いつでも私はアジかサバねらいなのよ。大人の事情とか、子供の事情(娘のアジリクエスト)とかいろいろあるのよ。)に行くと、仕掛けを投入する間もなく、どんどん走錨します。



こら、あかん。


そういえばまだまだ下げ潮なんだっけ。

様子見に投入した空っぽの80号の黄色いFLサニービシが、ぐっと斜めになるようでは釣れません。





アンカーを上げて、潮の流れに逆らって気合を入れてまっすぐ京急ホテル方向にボートを漕ぎます。

マジできつい。

汗がボタボタ滴ります。






ふう、このへんでよかろう。


しかし、アンカーが着底するまでにどんどん流され、さらに容赦なく走錨し、ああ、また灯台のすぐ近くまで流されました。


こらあかん。


あんなに力いっぱい漕いだのになー。


せっかくの苦労がウォーターバブルです。






もう潮の流れに逆らって漕ぐ元気がなくなったので、一度岸よりに移動します。

それから京急ホテル前まで、ずーっと岸にそって移動して、最後にまっすぐ沖に向かって出ます。


京急ホテル沖あたりでアンカリングすれば、さすがにそこからいくら走錨して流されても、灯台下まで流されることはないだろう。


オレってあったまイイー!




しかし、今度はいきなりがっちりアンカーが効いているようで、びくとも走錨しません。

いつまでたっても京急ホテル前です。


・・・うーん、人生そんなものさ。






しかたがないので、しばらくそこでやってみますが、徐々に潮が緩んできます。


ボートのむきがフラフラし始めました。






まったく魚の反応がないので、やっぱり灯台方向のマイポイントへ移動だー。





お店の正面~堤防の正面あたりに、アンカーを落とします。


ここの近くには、2馬力船外機で若いカップルが仲良く釣りしています。

めちゃめちゃ、うらやましいな~。






なるべく邪魔しないように、距離をうまくあけてアンカリングします。

今度は走錨しませんでした。

ほっと一息です。






さて、アジ・サバ仕掛けを投入します。



目標のタナよりちょっと下まで落として(くれぐれも着底させてはいけないのよ。アジが驚くから。)、ゆっくりコマセを撒きながら仕掛けを上げていきます。


大アジ、マサバちゃんこーい。





目標のタナでじっと3分くらい待っていると、おお、なにやらアタリがあります。

ボケ~ッと遠くを通る船を眺めていたのでちょっと焦り気味。


ガガン、と引き込んでいきます。

元気いいな。



濁り気味の潮なので、4号ハリスと太めにしていたので、やや安心してやりとりできました。


マサバかな? 大アジかな?


ゆっくり仕掛けを上げて行きます。





げげ、赤サバじゃん。




うれしー。






しかし、その後は全く釣れず。



餌が時々取られる展開もあったものの、針がかりせず。








このあと、昼すぎぐらいから一時、風と波が出てきて、非常に釣りにくかった。


kagoturiさんを襲った大物には会えませんでした。


昨日はブリ級の青物らしき大物に仕掛けをぶっちぎられた人もいたらしい。








帰りマース。




帰るころにはいい天気。


よくありがちです。




今日は知っているメンバーも大吟醸さんくらいしかおらず、静かな海でした。

サトシさん(若大将)も昼からいなーい。



やはり日曜日は人が少ないなあ。

次の日が仕事だからな。




なかね貨ボート店さん、いつもどうもありがとうございました。




<本日の釣果>





マダイ、男の子。

ちょうどぴったり40cm



訊かれたときには、遠慮気味に40cmくらいと答えていたが、心の中では主観的には50cm、客観的には45cmくらいかと思っていたが、やはり冷やすと魚は縮むのう。




日曜日は息子と妻の帰りが遅いので、とりあえずマダイは内臓だけ出しておいて、明日の夜のお楽しみ。

わくわく。




次の週末は、先月から予約しているシマアジ釣りです。

シマアジ刺し、食べたい!!!



AD



こんにちは。観音崎強化月間中の芋焼酎です。



さて、今週の土曜日は観音崎が熱い(暑苦しい?)らしい。


たけちゃんさん、その従弟さん、大吟醸さん&ATSさんチーム、Yさん&APさんチーム、kagoturiさん、まるまつこうじさん、norizouさん。

なかなか豪華なメンバーです。







風がちょっと心配ですが、行ってみるとあらま、べた凪



たけちゃんさんと従弟さんと話をしていると、ぼちぼち出発です。


マイボート組はもう沖に出て釣りしているらしい。


さらにフライングでもう赤アジ釣った人もいるらしい。(笑)


わくわく。








出発です。





潮がちょっと濁っている感じ。


今日は小潮、満潮8:50、干潮16:11です。


開始早々にぼちぼち狙いたいポイントに入って準備しなくっちゃ。






朝、Yさんからいただいたカプリコなんぞ食べてみる。


Yさん、ありがとうございます。






さて、魚探をセットして、魚探での水深は32m

先週、関根さんがいらっしゃった附近の場所です。



試しに80号オモリだけをつけて、PEの目印を数えながら水深を測ってみますが、PEで水深を測ると27mしかないことが判明!


うそ~?


魚探とPEで水深がかなり違います。

ふーむ、どうなっているのやら?




正確な水深はPEを信じるとして、魚探はボートを漕いでいるときの海底の地形の変化をみるのに使うことにします。



とりあえず、場所はここでいいや。







なにやら賑やか。



船外機チームとマイボートチーム。


やはりエンジン付きは機動力があるなあ。


ちょっと乗りたいなあと思う反面、それでは日頃の運動不足解消にはならないなあ。


ウエスト周りがムチムチすぎて困っている身としては、手漕ぎに限ります。






しかし、アンカーが止まっていないらしく、じわじわと走錨します。




きわめてかすかな魚信・・・。

しばらくして上げてみたら、本日の第一投目で釣れたのはこれ。



一応、キープです。


さて移動しまーす。





その後、何度やっても走錨が止まりません。


なぜなぜどうしてー?



一投するごとに、リールのタイマーを見ながら5分~10分程度で仕掛けを上げるようにしているのですが、一投してはそのたびに移動。


他のボートに接近しすぎたり、水深が浅くなりすぎたりと、全然走錨がとまりません。


釣りしている時間より、移動している時間のほうが多いんじゃないの。


これはたまらん。







と、海上に雄叫びが響きます。


norizouさん、大物に走られて、最後にドラグを締めたところで、ハリスを切られたらしい。


おしかった。


ぜひそれはみてみたかった。






北風が出てきました。

北風がでると波がたつんだよなあ。



走錨がさらに激しくなります。

せっかく止まったと思ったら、波で揺られてアンカーが外れちゃう感じ。


たまーにばしゃばしゃと波をかぶります。


パンツまでぬれちゃったよ。




波と走錨で釣りにならーん。

風で流されるので、漕ぐのも非常にたいへん。



こりゃあ、ダメだ。

帰りまーす。




帰るのもまた大変でした。

たいした距離ではないものの、風に向かって漕ぐのは大変きつかったです。

12時半に上がりました。







あがると、たけちゃんさんがいらっしゃいました。

たけちゃんさんも転覆しそうになったりと肝を冷やしたそうです。




あとでまた、なかねボートさんからいろいろ頂いてしまいました。

どうもありがとうございました。

毎回いつもすみません。

美味しくいただきました。





<本日の釣果>


キス2匹。


写真とかはパスでいいや。







帰ってからの一人反省会の様子。




キュウリの浅漬け(自家製)

帰りに買った、新生姜とピザトースト。

缶ビールは半分呑んで、焼酎を足してあります。

早上がりだったこともあり、明るいうちから酒が飲める幸せ。




明日はキスの刺身のおつまみだな。

あとトコロテンがあるので、デザートは関西風に黒蜜かけて食べようかな。


ところてん、関東では三杯酢で頂くものですが、関西ではデザートな食べ物らしい。

関東と関西では180度違う食べ物ですね。




追記

あの風の中、船外機はわかるとしても、手漕ぎボートでただ一人だけ粘っていたkagoturiさんがとうとう大物を上げたらしい。

沖上がり直前、最後の一投できたらしい。

すごいですね。

粘りと頑張り、最後まで諦めない。

拍手です。(パチパチ)


AD


こんにちは。ゴールデンウィーク最終日の日曜日に、観音崎で「残り物には福があるかな」釣りに行ってきた芋焼酎です。




さてわたくし、観音崎には毎回大人の事情によりアジ釣りに行っておりますが、ここのところ、大津でも観音崎でもアジが不安定でなかなか釣れていません。(これは本当。)


アジ、釣りたいなあ。


そんな漁協関係者の事情やら、娘の「アジがいい。」というわがままな事情やら、わたくしの「連休の締めは釣りだぜ!」、といったさまざまな事情により観音崎へアジ釣りに行ってきました。


まあ、アジ釣りに行ったからといってアジが釣れるわけではないのだけれど。(自然が相手では仕方ありません。)






今日の風の予報は、朝の家は北風が残り、午後からは南風が吹き出す予報。

あまりよいコンディションではなさそうです。

さらに今日は大潮、満潮5:01、干潮11:40です。


お昼の干潮前後のチャンスタイムを生かせるのか?







出発です。

波風があるなあ。

ボートが漕ぎにくい。



今日はサトシさん(なかね貨ボート店の若大将)に、しっかりとポイントをレクチャーしてもらいました。




釣り、特に観音崎は場所が8割(あとは腕が1割、運が1割)だそうですので、これでもう大物が釣れたも同然。

あ、大物というのは、もちろん巨大アジのことです。





サトシさんには大変感謝です。





さて、わたくし観音崎でここのところ連敗中ですが、今日のテーマは「サイレント・ふぃっしんぐ。」

要は、「静かなる釣り。」というわけですな。

これを心掛けたい。





いつもボート内に上げたオールをうっかりぶつけてゴンゴンやったり、ビシカゴやらリールを船底に落としてドカンと音を立てたりと、大変やかましい。


こういう騒がしい、物音に対して無神経なところがいけなかったんじゃないかと反省したわけです。

そこで今日は、できるだけ静かに音を立てないいで釣りをします。






さらに、海中でも静かに物音をたてないようにします。


具体的には、ビシカゴやオモリを勢いよくドカドカ着底させて魚を驚かせない。


さらに、天秤やビシカゴをガチャガチャとやかましく振らない。




渓流釣りのように気配を殺して静かに待ちます。








さてさて、若大将に教わったベストポイントには、実は先客がいました。



孤高の大物釣り師 関根さんです。



しぶいなあ。かっちょええ。


孤高、とか書いてますが、実際には大変に顔の広い釣り師です。

あとで関根さんから聞きましたが、海上で全然知らない人から「関根さんですよね。ボート屋さんのブログでみました。」といきなり声をかけられたそうです。

(その様子は私も見ていた。親しそうに話しているから、てっきり知り合いかと思った。)





さすが関根さん、ポイントをよくわかっていらっしゃる。

そんなわけで、関根さんのちょい岸側にアンカリングさせてもらいます。







水深20m台とちょっと浅い。


しかし、ここのところ2回も続けて私より浅い場所で大物を釣っている人がいたので、今日は私が誰よりも一番岸よりです。(えっへん。)





しかしここにアンカリングするまでに、3回もやり直しました。

やはり大潮だと浅場でも潮が早ーい。

すぐに走錨します。






なんとかアンカーが止まったところで、天秤にオモリ80号だけをつけて、そろ~っと静かに投入します。


こうして、自分の使っているリールで水深がどのくらいあるのか測ります。


ふむふむ、こんな感じなのか。





さらにオモリを下から巻き上げて、目標とする棚の位置のPEの色と印を覚えます。

よーし、覚えたぞ。


これで、いちいち仕掛けを海底にゴンゴン着底させなくても、上から棚取りできます。

着底させなければ、海底を叩いて魚を驚かせる心配はありません。


「サイレント・ふぃっしんぐ」です。






そんなわけで、上から目標の棚にそろーっと仕掛けを降ろしますが、・・・潮が早いなあ。

干潮が11:40ごろですので、それまでかなりヒマです。


潮が早いとさーっぱり何にも釣れません。





11時近くになって、やっと潮が緩んできました。


そろそろかなー。




波風もおさまり、実によい天気です。




しかし、なかなか釣れないなあ・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・



潮止まりになって、ようやくクンクンッという引きが!

アジきた!

(このときはマジでそう思った。)








口切れしてバラさないように慎重に・・・


あれー、赤いぞ。






中アジサイズの赤いの。


放流サイズですが、食べられる魚、やっとゲット。

ここまでまったく何も釣れていないので、お持ち帰りです。





潮の流れが変わり、ボートの向きが変わると、おやまあ、水深がぐっと浅くなりました。


移動します。





関根さんの横に入れさせてもらいます。


ふーむ、しかしまだまだ潮向きが変わります。


まーいーやー。





ここでも仕掛けを着底させないで待っていると、おお、さっきよりも大きそうなアタリ!

よいサイズのアジか?




やったー。

赤いのでした。




これなら放流しなくても怒られないぞー。(笑)



そのあとは徐々に潮が早くなり、釣れない時間でした。



南風が出てくるわ、釣れないわなので帰りまーす。








ちょうど大将が見回りにきていたので、ついでに引っ張ってもらいました。



超楽ちん。


ありがとうございます。








なかね貨ボート店さんから、またいろいろ頂いてしまい、どうもありがとうございました。

いつもいつもすみません。

大変感謝です。





今日の観音崎は、あまりお客さんがいなくて空いていて快適でした。


連休の最終日は空いているだろうという読みは正解でした。




アジは釣れなかったけど、赤いのが釣れてよかった。

ポイントと、静かに釣る釣り。

これですな。






<本日の釣果>




大きいほうが32cm。

ボートではマダイ、手のひらサイズしか釣ったことがないので、30cmオーバーは自己記録更新です。


まぐれではなくて、自分で考えた通りの釣りで釣れたのがうれしい~。

あとはもうちょっと大きいのが釣れるといいな。




ウロコと内臓をとって、明日の朝、鯛めしにしまーす。




おや、口の中に不審な乗務員さんが!






タイノエ、ピンセットで引っ張り出します。


ぎょえ~、ぐ、ぐろい・・・







沢山あれば、唐揚げにして食べてもいいのですが、それは2年くらい前にやったことがあるので、今回はこれを水槽の魚の餌にします。


タイノエ、魚とかエビには大人気。



以前やった時の動画

https://www.youtube.com/watch?v=8iyLCAMcfvU



この連休中に、子供と海で磯遊びしたときに捕まえてきた小さいアゴハゼが水槽にたくさんいるので、それにやってみようっと。





---------------------------------





翌日の朝




三枚におろしたところ。


タイは骨が固いので、頭は落としません。

まあ、このサイズならそれほど固くないですが。



頭と背骨で出し汁を取ります。

身で鯛めしにします。




まず最初に、すべて軽く炙ります。

熱湯にくぐらせてもよい。

こうすることで魚の生臭さのもとである、ぬるぬるを不活性化させます。



軽く魚焼きグリルで炙ったアラでゆっくりダシをとり、それでご飯を炊きます。

鍋の底にたまっているウロコとか小骨を炊飯器に入れないように注意します。




さらに炊飯器に、醤油、麺つゆ、みりん、酒を少々いれて、昆布をしいてタイの身を乗せます。


これで普通にご飯を炊けば、鯛めし完成。




複雑な骨のある頭を炊飯器にいれないので、最後に小骨をとる手間が少し減ります。

腹骨もすいて、出し汁のほうにいれればなおよい。

中骨もあらかじめ取っておけばさらに完璧かも。





おとーさんの魚料理には美味しいものがある。

刷り込み用デザートもバッチリです。



フルーツの缶詰、安くて子供受けが良いので大変助かります。







いただきまーす。






鯛めし、うまいね。


御馳走様でした。


げっぷ。


AD



こんにちは。 親子で釣り大会に参加してみた芋焼酎です。


今日は息子と一緒に金沢八景の一之瀬丸さんで、親子釣り大会です。


一之瀬丸、遊漁船を9艘も所有しているけっこうでかい船宿さんです。

ちょっとビックリ。





親子釣り大会、優勝すると、ペアで沖縄旅行なんだってさ。

そういうと、息子(小学6年)、即答で参加決定です。

子供が入れ食い。




釣り物は、本命がキス。

他にはイシモチが釣れるらしい。

選考基準は、釣れた大物5匹の総重量(ただし軟骨魚類を除く)。



針は2本針まで、オモリは20号統一、餌は虫エサのみ。

泳がせや切り身餌はダメだそうです。

サメやエイはカウントしないが、フグはいいらしい。

まあ、フグの乗合船というのもあるからな。





そんなわけで、buruさん親子と参加してきました。

buruさんのところは、小小buruちゃん(小学1年)が参加です。



今回の参加は、buruさんに誘ってもらったおかげで実現したわけですが、buruさんは去年も参加しているらしい。

期待できますね。






乗船場前の様子


ずらりと並んだ青い一之瀬丸。

圧巻ですね。




出発前の準備の様子




奥のミヨシ(先頭)がburuさんチーム。

その隣がうちのチーム。

釣り座はなかなかよい。




開会式とかセレモニーの様子は、わたくし全然興味ないのでパス。





8時ごろ出発でーす。




今日は快晴ですが、南風が強まる予報。

どきどき。



南風が強まって波があると、船酔いするかなあ。

特に参加者の大半である子供らが全滅か?

子供の泣き声が響き渡る阿鼻叫喚の釣り大会になるかも?



風の予報があんまり良くないのですが、そういうと息子、子供が全滅なら競争相手が減るから優勝狙えるねと、その気になっています。


そうかなあ・・・?







まず最初は子供だけで「ファースト・ヒット賞争奪戦」のイベントがあります。

子供だけ、合図と当時に仕掛けを投入。

ウチの息子がモタモタして投入するかしないかのうちに、隣で小小buruちゃんが「釣れた!」と歓声を上げています。


早ええ~。



そんなわけで、我々の船(8号船)のファーストヒット賞は、小小bururちゃんがゲットでした。

拍手~。(ぱちぱち)




さて、ここから大人も釣り開始です。







一応、息子も釣れました。





しかし、息子、そのあとは釣れず。


おとーさんもたまーにしか釣れず。











小小buruちゃんとウチの息子、お休み中。

息子、優勝狙うんじゃなかったのか。(笑)

よそのチームの子供さんは、ほどんどダウンせずに釣りしています。

みんな強いなあ。(マジで感心。)






しかしキス釣りって、トップは束(100匹)とか釣る釣りなんじゃないのかな~?

全般的に渋いです。




それでもburuさんはポツポツ釣っていました。

さすがだなあ。

仕掛けの投げ方とかもburuさん、決まっています。

かっこいい。







イルカ発見!



イルカが船のまわりを泳いでいました。

子供らが大興奮。

歓声があがります。



しかし、こいつらがいると釣れないよなあ。








終盤は五目釣り。

ここで私がイシモチを一匹追加しただけ。

イシモチ、ガンガンという容赦ない引きが楽しいです。

食べても美味しいので、もっともっとたくさん釣りたかったー。




息子の竿にも何度かよいアタリがあったものの、連続バラシ。

キスは柔らかい竿はダメなのかな?

しかしイシモチは硬い竿だと食い込む前に竿の反発ではじいちゃうので釣れないそうだし・・・?

なかなか加減が難しいです。











帰りまーす。








全員の魚の計量とか、主催者・協賛社の挨拶とか優勝者の表彰とか閉会式とか長々とあって、ようやく解散。

ふ~、疲れた。




帰りは駅前でburuさんとラーメンを食べて帰りました。


お疲れさま&どうもありがとうございました。




おまけ

大会の様子

参加者数:大人118人 子供126人 総勢 244人

優 勝 7号船 根城尚宗・大介 4才 相模原市南区
キス2・イシモチ3 1330g





buruさんのサイト

2016年 子供の日釣り大会 金沢八景 一之瀬丸





一之瀬丸、大きいところですが、なかなかいい船宿さんでした。

個人的にはまた行きたいなあ。

釣り大会を開催したり、魚の放流事業とかにも熱心に協力しているらしく、いいですね。

金沢八景、ウチからも近いし、駅から船宿まで非常に近いしね。









<本日の釣果>




イシモチ×1

キス×5



最近、どうも釣りから帰ってくると、くたびれて一杯飲んでグースカ寝ちゃいます。


魚を捌くのが翌日の早朝になっちゃいます。





塩麹漬けにしたところ。



上がイシモチ、下がキス。




10時間くらい漬けたところで、夕食に焼いて食べました。

ああ、写真撮るの忘れた。




塩麹漬け、なかなかうまいなあ。

イシモチはとてもよくあいます。

うまいが量が全然足りない。

もっともっと食べたい。



キスの塩麹漬けもわりとけっこうイケます。

個人的には天ぷらの次にいける感じ。

天ぷらにするには、もっとたくさん釣らなくては。







わたくし、正直にいうとキス釣りをなめていました。

こんなの、簡単に誰でも釣れると思っていましたが、渋いときでもそれなりに釣るには、やはりいろいろと必要ですね。



今回は二人ともホリデーパックでしたが、キス竿がちょっと欲しくなったぞ。

次こそは、もっとたくさん釣るぞ~。







こんにちは。 運動不足で微妙に成長中の芋焼酎です。



いよいよ重い冬の装備は押し入れにしまって、夏向きの軽装で釣りに行ける季節がやってきました。

新緑のシーズン、一年で一番快適な季節ですね。


わくわく。




しかしまあ、冬の間に若干、お洋服が縮んだ模様。

微妙にむちむち・ないすばでぃ。

釣った魚としまっておいた服は、縮むのよね。

(よくありがち。)




さて、魚探の練習と海底調査をかねて、また観音崎に行ってきました。

ビバ魚探!

水深がわかるって素晴らしい。





出発前の様子



なかなか賑やか豪華メンバーです。


このあとYさんも登場しました。


この中で本命のマダイを上げるのは誰でしょ~か?







神々しい出発風景










さて、今日は小潮、満潮9:44 干潮17:18です。

潮の流れはわりと(観音崎にしては)ゆるい。




それでも朝一番目は警戒して浅場でカレイでも狙ってみます。








しかし来たのはシロギス1匹のみ。


ちと残念。



ぼちぼち沖に出ます。


狙い目は沖に向かって右手方向(灯台方向)、水深20m~30mの斜面です。



魚探をみながらしばらくうろうろしてみます。

うーむ、どうも頭の中にある海図の地形イメージとなんか違うなあ。

自分の脳内イメージをかなり修正しないといけないことが良くわかりました。




それでもうろうろしていると、周囲よりも急に10mほど浅くなっている水深20mの場所を発見。

ここにしようっと。




仕掛けを落としてみると、ふかふかの柔らかい泥かと思うと、ゴツンとした根もあります。

ふむふむ、悪くないな。



まずはアジ仕掛けでアジを狙います。



2mのアジ仕掛けで釣れたのは、



カサゴちゃん。


まあ、根があるのは確実。




このあと、ボートの周囲の底をどうなっているか探っていると、いきなり根がかり。


しかも高切れ。

げー。




天秤、ビシカゴが・・・。

えらいショックです。


潜れるものなら潜って取ってきたいでーす。(涙)





しかたなく、予備の天秤とビシカゴで再開です。

どうもボート左手下には激しい根があるようなので、底には仕掛けを落とさないで(もう水深も地形の様子もわかったので)、上から落とした距離で仕掛けを止めます。



底に近すぎると極小カサゴ。

もう少し上で止めると微妙なサイズのメバル(すべてリリース)。



そのちょい上を狙いますが、・・・釣れません。





近くにイケボさんがじわじわ来ました。



つい今しがた、大きそうなマダイらしいアタリをばらしてしまったそうです。


おお、このあたりにいるらしいぞ。




ロングハリスにしてみます。

しかし釣れるのは・・・メバル。



アジも釣れません。

ふーむ、困ったなー。



だんだん潮が早くなってきました。

昼前から嫌な南風。

予報では午後から南風が強まるんだよなー。




1時半で、もう沖は中止です。

やーめたっと。

チキンな私は岸よりでキス狙いにします。

コケコッコー。







しかしコケコ芋焼酎、キスすら釣れん。

極小サイズのカサゴ(カサゴはもうこなくていいぞー。)、かわいいサイズのベラに、赤ちゃんトラギス。(すべてリリース。)




と、仕掛けが流されている!

竿がぐーっと引っ張られています。

ぐいっと合わせをいれて、おおお、重い!


座布団級のカレイか?

重ーい。

しかしあまり引かないが・・・?




上がってきたのはこんなの。




マジでむかつく。





そんなわけで、ちょっと早めの2:30に片付け始めて上がります。

3時ごろになると、いっせいにみんな帰ってきて混雑して水道でゆっくり道具を洗えないからな。

ちょっと早めに上がってゆっくりしよう。




頂いた缶ビールをやりながら眺めていると、みなさん帰ってきます。





今日はでかいマダイを上げたのは二人。



一人は観音崎のボート初めてで、私とイケボさんの位置からちょうどまっすぐ岸より(見ていてポツンと一番岸よりの浅いところにいた人)でした。


先週に続き、またしても私の隣の、私よりも岸よりのボートでマダイ上がりました。

惜しいぃぃぃぃぃ。







もう一人はあきおさん。

沖に向かって左方向だそうです。



立派な型です。

さすがですね。




そんな感じでああだのこうだの、お話をいろいろ伺ってきました。

ふむふむ、いろいろ大変参考になります。



なかね貨ボートさん、どうもありがとうございました。





帰りはYさんの車に乗せて.頂きました。

大変助かりました。

Yさんどうもありがとうございます。

感謝です。


そのあと、堀之内からkagoturiさんと一緒に電車で帰りました。

kagoturiさんも一人のときは電車釣行なんですね~。





<本日の釣果>





まーこんなもんです。


捌くの楽ちん、後片付けも超簡単。

楽勝です。








カサゴの味噌汁。



魚の味噌汁、魚単体で作る場合、カサゴの味噌汁が一番うまいなあ。

このあとカサゴの身をほぐして、各人のおわんに分けます。

カサゴ汁、うまし。



お刺身とかないので、帰りに買ってきたシューマイがメインでっしゅでした。


たらふく魚料理を食べるのは、次回だな。



貧果だけど楽しい一日でした。






久しぶりに釣りに行ってきた芋焼酎です。


観音崎、先週の日曜日に行く予定でしたが強風のため中止。

ああ釣りに行きたい病が悪化しそうです。




さて、4月23日土曜日はたいした風もなく、絶好の釣り日和です。

やーっと、釣りができます。

よしよし。






始発電車でゴー。


電車とバスで6時ちょっとすぎに観音崎に到着です。

なかね貨ボート店が開くのはもうちょっと後なので、京急ホテル前の磯で投げ釣りなんかしてみます。






すがすがしい朝の景色。

マコガレイちゃんでも釣れないかしら。




しかし、竿を上げてみると、釣れたのはこれ。



こらなんだっぺ?

ギンポかな?

リリースです。



今日は水槽で飼う魚のお持ち帰りセット(小さいクーラーにブクブク)を持ってくればよかった。

ギンポ、飼いたかった。






さて、そんなこんなであっという間に6:30を過ぎてしまったので、急いでお店に行きます。


お店に着くと、おお、いけぼさんがいらっしゃいました。





ここのところ、猛チャージ中の男です。

勤勉とか、実直、という言葉がぴったりくる男。

好感が持てますね。

仕事をするなら、こういう人といっしょにしたいものです。






先に出発してお店の前で準備をしているいけぼさん。




私がカメラを向けると、バンザイで応えてくれます。

サービス精神もありますね。






さて、今日は大潮、満潮05:04、干潮11:32です。

ということは、午前中は大潮の下げなので、潮が早くて釣りになりません。

浅場で遊んで待機するのがいいでしょう。




さらに最近、このあたりで手漕ぎボートと遊漁船の衝突事故があったそうです。


さいわい、死傷者は出ませんでしたが、怖いですね。




走水~観音崎沖は、狭い航路にたくさんの遊漁船が通る場所です。

そのため、朝の8:30頃までと、午後3時頃は一番船の往来が激しいので、手漕ぎボート客はなるべく沖にでないで欲しいそうです。




どっちが悪いとか、そういうことではなくて、海難事故、避けたいですね。

ボート屋さんの注意は肝に銘じたいです。





そういうわけで、ボート屋さん正面附近の水深10mちょっとのところにアンカリングしてキス・カレイ仕掛けなんぞ出してみますが、釣れたのはメバルにカサゴのみ。




微妙だが、まあ美味しい魚なのでよしとしよう。

潮がけっこう澄んでいるので、カレイ釣りにはいいはずなんだがな。






8:30をすぎたあたりで、ぼちぼち浅場は飽きたので、やや沖に移動します。

ボート屋さん正面の根のある場所を探します。




今回は魚探という文明の利器があるので、水深を見ながらボートが漕げます。

便利、便利。




しかし観音崎、こうしてうろうろボートを漕いでみると、私が事前に調べておいた海図よりもはるかに複雑で激しいデコボコがあります。

あまりにも水深の数値が激しく変わるので、てっきり魚探が壊れているのかと思ったよ。

観音崎、手ごわすぎ。





すぐに水深が大幅に変わるので、内心わけわからんなーと思いながら、とりあえずボート屋さん正面の、水深20m台~30mのあたりへ。




潮は下げ潮なので、灯台方向(東側)に向かって流れています。





周りを見てみると、ずっと沖のほうにいけぼさんやほかのボート客がいます。

みんな沖を狙うなー。






ロングハリスなんか出して様子を探ります。



しかし釣れるのはメバル君たち。




棚を下げると極小サイズのオニカサゴやカサゴの赤ちゃんが釣れてしまいます。

少し棚を上げると、メバル。

さらに棚を上げると、何も釣れない。


ふーむ、難しいのう。




干潮前はそんな感じで、そこそこアタリもあったのですが、干潮前からちょっと東南風がでてきます。





干潮をすぎて午後はボートがまっすぐ沖のほうに流されます。

水深は一気に40m台です。




しかし、さっぱりアタリがなくなります。


仕掛けをべったり底に寝かせると、極小カサゴとかチビッコトラギスがきちゃいます。

大苦戦です。




めぼしい釣果はなく、上がりまーす。






結局、マダイをあげていたのは、岸から沖にむかって右手方向(灯台方向)の浅いところで頑張っているボート客の方でした。


私も含めてみんな、深い沖を狙いすぎ。

にゃかにゃか難しいです。





帰りにボート屋さんでひじきを頂きました。

ありがたや、ありがたや。


なかね貨ボート店さん、どうもありがとうございました。











<本日の釣果>





カサゴ×2

メバル×3





メバルは一匹、土曜の夜に塩焼きにしてみました。

ふむふむ、メバルの塩焼き、派手さはなく地味だがじんわり素朴に美味い。

たぶん釣りたて新鮮だからこんなに美味しいのだろうなと思いました。

熱燗がすすみます。






翌日、日曜日の夕飯はカサゴとメバルの煮つけ(一部)。




あと残り4匹なので、4人家族で一人1匹ずつ。

おいしくいただきました。


一番上にあるのは、なかね貨ボートさんでいただいたひじきのサラダ


作り方は、

(1) ひじきを軽く洗ってから、水けを切ってごま油で炒めます。

(2) タマネギをスライスして水に一時間さらし、手で水けをぎゅっと絞ります。

(3) 炒めたひじきと、タマネギと、ツナ缶(シーチキン)とマヨネーズと、醤油をまぜまぜします。

(4) 完成です。



これが予想外に美味しい。

私の中ではひじき、あまり優先順位の高い食品ではないのですが、これは美味い。

ひじきがぷにょぷにょ弾力があって、肉感がありますね。

うまーい。



参考にしたのはこちら

ヘルシーオイシーひじき と ツナのサラダ
http://cookpad.com/recipe/78049




そんなわけで、渋いながらもそれなりに美味しい週末でした。

ゲップ。(タマネギ臭)





こんにちは。伊勢町に出没した芋焼酎によく似た人です。





世間では桜の季節、お花見シーズンですね。


釣り師にとっては花見ガレイのシーズン。


わたくしも季節の風物詩、花見ガレイ釣りに参戦です。





さて、カレイ釣り、まともに狙って釣れた事がないので、ないないずくしも私としては、やはり変態仕掛けで勝負でしょう。











芋焼酎的変態仕掛け

「ウキウキくん」







材料・・・極小サイズの玉ウキ。


ゴム管つきというのが、ありがたい。





ゴム管のところに糸を通します。

古いあまっているPEを使いました。


こんな感じ。


これを市販のカレイ仕掛けに結び付けます。






概念図

こんな感じで、潮の流れに乗ってピョコピョコたなびいてくれればOK。

生きているような動きが、カレイにはよい誘いになるはずなのよ。

ゴム管つきなので、玉ウキを別の玉ウキや、棒ウキに交換することもできます。


調子が悪ければ、糸をほどいて簡単に外せます。




ウキの浮力が大きすぎると、仕掛けが浮き上がって道糸にからんでしまう危険があるので、そのあたりを現地で調整します。

そのためのガン玉も持って行きます。




これでもう伊勢町のカレイ、釣れたも同然。

ぐふふふふ。







さて、前回大津でデビューした魚探ですが、振動子のついている棒を固定するために布団ばさみを取りつけましたが、イマイチ、ボートの縁にぴたっとつかない。


そこでちょっと改良です。





改良前



ボートをはさむ部分が短くて安定しないのよね。







材料


左 : 黒いゴム足(アオリゴム) 516円。(ちょっと高い。)

右 : 捨てようと思っていた古い靴下。




黒ゴム靴下の中に入れて、布団ばさみにそれを履かせます。


最後に荷造りヒモでぐるぐる巻きにして固定します。






完成


これで今度はしっかりはさんでくれると思います。











さーて、伊勢町、ワカメ棚が撤去された直後がカレイ、釣れるそうです。(腰痛持ちさん情報。)


ふむふむ、そーなのか。


ワカメ棚についている小さい生物を狙ってカレイやらクロダイやらが集まってくるそうな。

特に撤去作業があると、こぼれ落ちた微小生物を食べにたくさん魚が集まってくるらしい。

それを狙って釣るわけですね。




前回、大津で完全ボーズでしたが、石田丸さんからもらったお土産のワカメ、洗っても洗ってもワレカラ(極小サイズのヨコエビの仲間)が、まあ、いるわいるわ。

何回すすいでもワレカラがいくらでもでてきます。



今年はワレカラ、大発生のようです。

ということは・・・そうか、それで今年は三浦半島のカレイが好調なのかもしれないなぁ。

今年はチャーンス、ですね。






そんな好調とウワサされるカレイ、腰痛持ちさんのお庭先でもある伊勢町をコッソリ荒らしちゃおう。

ぐふふ。



そんなわけで、伊勢町で芋焼酎に似た人を見つけても私ではありませんので、気にしないでくださいね。



というわけで今度の土曜日は、芋焼酎に似た人、伊勢町大作戦です。






--------------------------------






しかしこの隠密釣行作戦、どうも情報が洩れてしまったようです。

ヌシの腰痛持ち先生(に似た人)も土曜日、伊勢町にいらっしゃるそうです。



そんなわけで、腰痛持ち先生に似た人の御厚意により、早朝お車で拾っていただける事になりました。

いつもいつもいつもいつもいつもいつも、大変助かります。

ありがたや~。


腰痛持ち先生に似た人
と、芋焼酎に似た人で伊勢町にゴーゴー。







みうらボートさんから、出発です。











まず最初は、海苔棚(ワカメ棚か?)の角っちょにアンカリングします。

腰痛持ち先生は岸側、私は沖側の角っちょです。




棚のロープにぶつからないように、しかしなるべく海苔棚の近くにアンカリングするのは、なかなか難しい。

何度もやり直して、どうにかベストな位置に成功。




ここは水深は9~10mくらい。

浅いですねえ。

ああ~、魚探便利。

布団ばさみもバッチリしっかり固定されています。

快適。





さて、カレイ釣り、海苔棚の近くなので、あわよくばクロダイなんか釣れないかしら?

でも最初はカレイを狙って、その次にクロダイかな。



前にシマアジ釣りに行ったときに使ったイサキ仕掛け(ハリス4号、6m、3本針)がひとつだけあまっているので、余った仕掛け消費するためにこれを使います。


イサキ仕掛け3本針の一番上の枝ハリスのところに「ウキウキくん」を結びつけます。


餌は青イソメと岩イソメ。

たっぷりつけます。

さらにアミコマセをカレイの興奮剤としてチビチビ置き竿で撒きます。


行け~!






もう一本の竿はノーマルな市販のカレイ仕掛け。

こちらは投げて探ります。





伊勢町、海底が砂地かと思いきや、海苔棚の沖側はどーも岩が多い感じがする。

手前の浅い場所ほど砂地が多く、沖に行くほど岩が多いような感じがします。

大津よりも底が固くて岩が多いような???気がします。


投げると時々、根がかりしちゃうなー。






なかなかアタリがありません。




ずっと置き竿にしているイサキ仕掛け+ウキウキくん竿を上げてみます。

あら、また重い。

(この置き竿、第一投目から根がかりという情けない状態。)


しかし、今度は根がかりではない模様。


海藻かな?





おわ~、カレイだ!


ぎゃー、落とした。(ポッチャン。)







でも最後の3本目の針をがっちり呑みこんでいましたので、ぶっこぬきで回収成功!





無事回収成功。


全然引かなかったので、まさかカレイがついているとは思わなかった。

一度ポッチャンしたのは、スレ掛かりしていた2番目の針が外れただけでした。

あわてていて、タモを使いそびれた。

次からはちゃんとタモで取り込もう。





朝の8時ちょっとで、いきなりカレイ釣り成功!

ちょっと小さいけど、めちゃくちゃうれしー。


今日はいい調子ですな。








腰痛持ちさんと伊勢町の桜並木。



まさに花見カレイですな。






しかし、このあとはさっぱり釣れません。



あまりにも釣れないので、あちこちうろうろしてみますが、そこそこ餌も取られる展開もあったものの、どうも釣れず。


あくまでもカレイ狙いなので、イソメをたーーーっぷりつけているので、ときどきプルプルという魚信はあるものの、どうも針がかりしない。

シロギスかなにかだろうとは思うのですが・・・。




10時過ぎくらいから南風が出てきます。

撤退するかどうか悩ましい、イヤな風です。



南風、強まると帰れなくなるので、岸よりの浅場を狙うものの、まったく釣れず。

再び海苔棚の沖側を狙うも、なかなかアタリもなし。




腰痛持ちさんが大物カレイと思われるアタリをバラす瞬間を目撃してしまった。

明らかにカレイだったそうですが、残念ながら枝ハリスを切られたそうです。

惜しい。






2時半で帰りまーす。






伊勢町名物、働く重機。




みうらボートさん、どうもありがとうございました。




腰痛持ちさんの釣果。


立派なカレイですねー。

ぎりぎり40cmに届かないくらいかな。







帰りは腰痛持ち先生のお車で掘ノ内駅までドライブ。

途中、横須賀ポートマーケットでお買いもの。


腰痛持ち先生は、お客さんがくるので追加のカレイやらクロダイやらアジを買っていました。

わたくしは、今晩は娘のお友達がくるというので、地元産高級「地ダコ」(足一本で1,895円税込)を一パック購入。


横須賀ポートマーケット、いいですね。

地元産の魚がいろいろあってみているだけで楽しい。

地ダコはさすがに高かったが。






さて帰宅すると、娘のお友達がウチに来るんじゃなくて、娘がお友達のうちにお泊りに行くんだそうです。

あれ? そうなの。


同じマンションのお友達の家なんですが、手ぶらで行くのもなんなので、「地ダコ」を持っていくことになりました。


きゅぅぅぅぅぅ。


ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、ま、まあ、いいけど。(やせ我慢。)








<本日の釣果>




ちょうど30cm。

ぎりぎりお刺身が取れるサイズかな。








カレイのお刺身








カレイのあら汁





浮いているのは、はつか大根の花。

桜の花びらのかわりです。

しまった、写真撮るんだから、花びらを真ん中によせればよかった。

こういうところのセンス、ないんだよな~。



はつか大根、種をまいたのはいいけどベランダで放置しすぎてデカくなりすぎたので、種でも取るかと引き続き放置していたら花が咲いていました。

野菜で「菜の花」を食べるんだから、「菜の花」も「はつか大根の花」も同じアブラナ科なんだから食べられるだろう、という発想です。

飾りだから味はしないけどね。








右上の小さいオレンジ色はカレイの肝煮つけ。

濃厚な珍味。



貴重なカレイのお刺身、べりーぐっどです。

ポン酢で頂きます。

うめ~。




わたくしは超辛口純米酒、「博多の森」がススムのなんの。

妻子は、ぱくぱくぱくぱく・・・ 家族みんなであっというまになくなりました。

ちょっとずつ大事に食べたので、私は御飯、おかわりです。




カレイ刺し、まじで美味いな。

刺身は、釣ってきた新鮮なカレイならではのお味。

白身でうっすら脂がある程度なのですが、派手さはないものの、うまいねえ。

狙う釣り師が多いのもうなずけます。




伊勢町の幸、御馳走様でした。


デカいカレイ、釣りたいな。




こんにちは。 シーズンインで大混雑する前に最後のシマアジ釣りに行ってきた芋焼酎です。




南房総市白間津港、近場でシマアジ釣りができる数少ない場所です。


本当は4~5月くらいがシマアジ釣り、大物がでる一番のシーズンなのですが、道路も船宿も大混雑し始めるので、その前にシマアジげっと、してしまおうという作戦でシマアジ釣りに行ってきました。


メンバーは腰痛持ち先生、APさんとわたくし。


いつもの事ですが、腰痛持ち先生のお車で白間津へゴーゴー。

ありがとうございます。






さて、港に着くと、本日は我々3名だけかと思いきや、常連さんたち3名も直前になって予約を入れた模様。

しかし、ミヨシ(先頭)の左右は、一か月前から予約入れてある我々で押さえてあります。

船のミヨシ左側がわたくし、右側が腰痛持ちさんとAPさん。

これで本日のシマアジは、我々で独占したも同然。

ふっふっふっふ。





しかし、天気予報がどうも悪い。

風がとにかくあります。

雨もたまーにパラつきます。

前日の金曜日に出船の電話確認をした腰痛持ちさんの話では、船長は「明日はベタ凪だよ。」といっていたそうですが、まあ、それは誰も信じていないからいいけど、とにかく船は出るという船長の判断です。






出発です。








いやー、波風があるなあ。

終日ジェットコースター状態なのに、一番揺れる先頭のミヨシを選んだのは失敗だったかしらと一瞬不安がよぎります。


後悔しても、もう遅いけど。





開始です。

まず朝一番がいつもの釣れるチャンス。

どんな日でも朝一番はアタリが多いです。



ぽつぽつとイサキが釣れます。



ボケボケですがイサキが3匹。

しかし、時間がたつにつれて徐々にサイズダウンしていきます。

一番最初が一番大きかったなー。






今日は長潮のはずですが、南房総、太平洋の黒潮が直接ぶつかるように沖を流れているせいか?、とにかく浅場でも流れが速い。

コマセビシは80号の鉄仮面(黒)なのですが、船長の操船にもよりますが、時々かなり流されます。

船の先頭だからいいものの、これはたまらんと途中からオモリ20号を中に入れて100号にしましたが、それでも時々真横に飛んで行きます。

なかなか手ごわい。

ふーむ。





いつもはコマセの出加減を調整しやすいプラスチックのサニービシなのですが、今回は比重が重くて早い潮の流れに強そうな鉄仮面を使ってみました。

しかし鉄仮面、事前に空いている穴を丸いゴムでいくつかふさいでおいたものの、ふさぐのが足りなかった模様。

オキアミコマセがどうも短時間で出すぎる感じです。



すぐに空っぽになってしまうので、最初は広めに棚を探りたい私としては、下から誘い上げてくると、本命の棚(船長の指示棚)に到達する時には、ほとんどコマセ切れになっている模様。


しかし、確かに船長の指示棚付近が最もアタリがあるので(当然ですが)、あんまり広く探らない方針で行きます。



船長の話では、「ここのところ澄み潮だからハリスは6号くらいにしないとこないよ。」ということなので、自作仕掛けは8号ハリス仕掛けしか持ってきていない私は、明るくなってくると市販のイサキ仕掛け(ハリス4号)にチェンジ。

イサキ仕掛け、全長6mと長すぎるので、2mくらい縮めて4m仕掛けにして、クッションゴムを外します。




すると8号仕掛けでは遠のいていたアタリが再びおとずれます。

しかしイサキ、だんだん小さくなってきます。

4mはちょっと長すぎる感じがするのですが、それでもけっこう一番下の針にかかってきます。

やはり澄み潮で魚に警戒されているのかなー。

澄み潮で陽が上がって明るくなってくると、天秤やらカゴやら仕掛けがいろいろよく見えるのですかねえ。





と、ここで、イサキとは明らかに違う強烈な引き!


ぐんぐん、ぐいーんぐいーーん、ぐんぐん。



「おお、きたー。」

思わず声がでてしまいます。


隣の胴のほうにいた常連さんがタモで取ってくださいました。


ありがたや、ありがたや。

大変助かりました。



本命のシマアジげっと!(ちょっと小さいけど。)






ああ、よかった。


明日のじーさん(私の父)の快気祝いの品がどうにか釣れました。


良かったー。







その後はこんなの。



釣ろうと思っても釣れない極小サイズの、しかも食べられないやつ。

いいんだよこなくて。





その後はアタリもなく、ジェットコースター状態で移動のたびに飛沫をかぶる、なかなか厳しい展開でした。



帰りまーす。




到着後、船の清掃をする常連さんたち。


みんな手際がいいなー。

船釣り師の鑑ですね。






今日はシマアジ、船中で小さめが2枚でした。

なかなか渋かった。

一度、常連さんに大きいのが来たようでしたが、無念のバラシ。




シマアジ、釣れるときは釣れるんだけどなー。

なかなかそんな日には当たりません。

むずかしー。





帰りもまた腰痛持ち先生にお車で送って頂きました。

どうもありがとうございました。

いつもいつも大変助かります。

感謝です。





そんで、急いでわたくしの実家へ妻子と一緒に移動。

小さいクーラーボックスに魚を詰替えて出発です。






<本日の釣果>

実家の台所にて




イサキ×6

シマアジ(31cm)

アカササノハベラ





当日、夜のおかず。




イサキのお刺身と、イサキのあら汁。


イサキの魚となすびの花は

千にひとつも無駄はない。


イサキ、美味い魚ですねえ。



赤ベラちゃんはワタをとって鱗つきのまま焼いて、身をほぐしとってポン酢でいただきました。

これはこれで美味しい。




翌日の日曜日、入院していた父の退院・快気祝いです。

弟一家も全員(夫婦と子供3人)やってきました。



左端がばーさん(私の母)。

じーさん(父)がばーさんの陰に完全に隠れちゃった。







シマアジ・イサキの海鮮丼、肝心のシマアジが刻み海苔の陰に完全に隠れちゃった。

まあ、こんなもんです。



お味の方は、なかなか贅沢な海鮮丼でした。

子供も全員残さず食べちゃいました。

うまかったー。





そんなわけで、シマアジ、やはり30cm程度では、全然足りないのう。

刺身と清酒できゅっと一杯やりたかった。




これで最後のはずだったシマアジ釣り、もしかしたらもう一回行くか・・・も?

やはりキロオーバーを釣りたい・食べたいのう。






こんにちは。 無駄に大変疲れた芋焼酎です。




さて、前回の三連休は見事に釣りに行けずじまいだったので、今週は何としても釣りにどーーーーーーーーしても行きたい。


しかし相変わらず風の予報がとても微妙。

困ったなー。




日曜日は仕事になったので、土曜日しか釣りに行けない。


しかも土曜日は夕方4時から子供の用事が入っているので、後片付け等々を考えて、その一時間前くらいまでには帰宅したい。


ということは、午前中いっぱいの福浦か、近場(自宅から近い・駅からボート屋さんが近い)の大津で早上がりしか選択肢がないな。



直前の風の予報をみて行先を決めます。


・・・

東京湾でカレイ釣りがしたいので、第一希望の大津に決定。


カレイ仕掛け、古いのがたんまりあるのよ。


在庫一掃もかねて、大津でカレイ釣りです。


カレイの刺身が食べたい。





大津といえばアジが有名ですね。

意志薄弱にして七色の心を持つ男としては、本命が釣れないと、アジ釣りに逃げてしまうのは絶対確実。

アジの仕掛けと、ビシカゴは持っていきません。

コマセも買いません。

ボート屋さんで買っていいのはイソメだけ。


退路を断って勝負です。





出発前の大津の様子。




か、風があるなあ。

雨もたまにパラつきます。

北風が冷たい。


9時ごろには止むような予報ですが、しかし、せめて雨だけは勘弁してほしいなあ。



あまりボート客もいませんでしたが、それなりにパラパラと出発します。


今日はあとからAPさんと大吟醸さんも来るらしい。






本日のミッションはカレイ釣りですが、それともう一つ。


芋焼酎的魚探デビュー!


ホンデックス 501CN




魚探、超欲しかったのよ。

中古だけど、Cさんからいただいたのよ。

まんもすうれぴー。(古すぎ)

布団バサミをポールに荷造り用ゴムバンドで固定しました。(ここだけ自作。)







さて、本日狙う場所は、富士山根(富士山出し)とその周辺。



魚探をセットして漕ぎ出しますが、・・・北風と波で、ボートが漕ぎにくい。



ボート漕ぎ、久しぶりですっかり体がなまっている感じ。

なんかぐいぐい漕げない。

ひー、はー。




それにしても魚探、常に水深と底の様子がわかるので、非常に便利です。

漕ぎながらリアルタイムで水深がわかる。

これを人類の偉大な発明といわずして、何といおうか。

感動。



ぶつぶつ切れたPEをつないで使っているしみったれな私には、釣っている場所の水深がわかりませんでしたが、これならいつでも水深がわかるので、もう釣れたも同然






さて、沖の海苔棚、沖から二列目の一番航路よりの海苔棚のあたりをうろうろしてみます。

このへんが富士山根なのよね。



魚探をみていると、なるほど、来る途中まで20m台だった水深がぐんぐん浅くなり、一番浅い場所ではたったの9m台。

ここが富士山根のてっぺんだな。



やや南側(岸側)にアンカーを落として、ロープを全部出します。


下げ潮なので、岸側に流されます。

ちょっと走錨したかな。



竿を2本出します。


Aグリップネライのカレイ仕掛けはボート真後ろ正面方向に、ホリデーパック竿カレイ仕掛けは左側・海苔棚方向に投げます。


イソメをたっぷりつけて、それいけ~。


この時点で8時ちょうどくらい。






5分ぐらいして、ホリデーパック竿(負荷40号まで、180cm)を上げてみると、あら、根がかり。

第一投目からこれかよ・・・。

あれこれ向きを変えて引っ張ってみますが、どうしても外れない。

困ったなー。

仕方がないので、PEを手で持ってぐいっと強く引っ張ります。



あれ、ゆるんだ。

外れたかな?


リールを巻きます。



あれれ、やっぱりまだ根がかりしている。

根掛かりした障害物が動いたのかな?



再度ぐいぐい手でPEを引っ張ると、なにかが引っ張り返してきます。

生きている!



ギリギリギリと、スピニングリールのドラグが出されます。


ホリデーパック、ぎゅっと弧を描いています。

ひー、竿がミシミシいってるよー。




しばらくこの体勢で耐えていると、やがて引きが弱まります。

すこしずつ巻き取って、距離を縮めます。

しかし、またすごい力でひっぱられます。

竿がミシミシ。

ひー。




それにしてもこの仕掛け、二本針でハリス3号なんだけどな。

3号ハリス、なんとかぎりぎりで持ちこたえています。





20分経過です。

いいかげん腕が疲れたなーと思っていると、もう一本の竿がガタガタいいだしました。


とりあえず、この大物竿は竿尻を太ももの下にはさんで、Aグリップネライ竿を上げてみます。


カレイちゃんかな?

イシモチ君かな?





ホッシーでした。






ガッカリ。

いま忙しいから、もーくるなよ。(リリース)





さて、ホリデーパック竿の大物とバトル再開です。


ぐんぐんという魚っぽい引きが全然ないので、こりゃあ、たぶん巨大エイだな。

無駄に重いだけ。




でも久しぶりのお魚釣りの第一投できた獲物ですので、なんとかして釣り上げたい。

せめて顔だけでもみてからリリースしたいものです。



引っ張られてはなんとか耐え、引かなくなるとじわじわ寄せます。

あと10mのところからが詰められないんだよなー。


水深が約10mなので、船の真下まではよせてくるのですが、底から上に持ち上げられない。


ああ~、またドラグが出ていく・・・。





約2時間経過。


そろそろ相手の引っ張りが弱まってきました。

ここまで、私がひいて、相手がひいて、の繰り返しでしたが、相手が引っ張りだすまでの間隔がかなり開いてきました。


たぶんそろそろ疲れてきたな。


もうすぐ10時だし、ぼちぼち勝負を賭けます。

魚のほうも限界だが、人間のほうも背中が痛くて限界だよ。



残り約10mから上にゆっくり引っ張り上げます。

うーんしょ、どっこいしょ、うーんしょ、どっこいしょ、うーんしょ、どっこいしょ・・・


少しずつPEが巻き取られていきますが、ああ~、あと4mのところで上がらない。

最後の抵抗のようです。

ミシミシミシ・・・(フッ)




ああ~、バレた。(涙)






おしいいいいいいいいいい。




仕掛けを巻き上げてみると、上ハリスが切れて、下ハリスの針が折れていました。





そうか、仕掛けのハリス2本ともかかっていたのか。

それで、今まで切れなかったのか。

3号ハリスにしては、どうもなかなか切れないなーと思っていたんだが。




ああ、くたびれた。

気分を変えて移動します。





しかし、もう疲れてボートを漕ぐ元気がありません。

しまった、アホやな。

エイ子ちゃんと遊びすぎて体力消耗しすぎ。





すぐ近くの、沖の一列め・一枚目の海苔だなの岸側のカドに係留します。

たまに魚探にお魚マークが映るものの、30分以上アタリなし。

移動します。





再び富士山根にアンカリングするも、まったくアタリなし。

たまにお魚マークは映るんですけどねぇ。



富士山根(富士山出し)の山頂、水深約9m台(干潮時)の山立て写真

 


 


コマセを撒かないのでヒマでした。









午前船がみんな帰港したのをみはからって、船道からヤマダ電機沖あたりをうろうろ流し釣り。

全然アタリなし。






帰りまーす。(泣)





午後一時半ごろ上がりました。


 
 

帰る頃にはいい天気。

よくありがちです。





帰りに石田丸さんでワカメをいただきました。

ありがたや、ありがたや。

これが美味しいんですよね。

大変助かります。






<本日の釣果>
 

ねーよ。









あとで聞いた話ですが、沖の中根付近の海苔だな、イシモチ祭りでAPさんが20匹以上釣っていたそうです。

大吟醸さんはクロダイを上げたらしい。


く、く、く、くやちい。



やはり大津はコマセ撒いて魚を寄せないと厳しいなあ。

それ以前にエイ子ちゃんと火遊びしすぎ。

不倫報道がやかましい今日この頃ですが、既婚者の火遊びはほどほどにね。


あ~、エイと遊んでいる場合じゃなかったな。



つ、次こそは必ず 仮面ライダー カレイ をしとめてみせます。


このセリフ、前回も言っていたような・・・。






こんにちは。シマアジ刺しがとても食べたい芋焼酎です。



魚の中でも最高峰の刺身といえば、イシダイにシマアジですね。

釣れるチャンスは少ないものの、やはりなんとかして釣って食べたいお魚です。




そんなわけでシマアジ釣りです。

お手軽に行けるシマアジ釣りといえば南房総、白間津の海正丸さんです。

でもあまり大きい船宿でないので、混むと大変だから空いている今の時期に行きます。



記録級のでかいシマアジは5月に集中して釣れているようですが(あくまでも海正丸さんの場合)、そのころは激混みになるので(船も道路も)、そこが難点。

空いている3月くらいまでが快適だよな。

さらに今回は自作の仕掛け(自分で針をハリスに「外掛け結び」で結んだだけですが)もあり、気合が入ります。


これでもうシマアジ、釣れたも同然。

わくわく。



早朝、腰痛持ち先生のお車で拾っていただき、南房総へ向かいます。



5時45分くらいから出発です。


左右のトモ(一番後ろ)がわたくしと腰痛持ちさん。

二人でトモ占領状態です。



一番後ろでゴーゴー。







さて、まずは朝一番のアタリタイム。


わたくしは2投目でイサキちゃん。



これで終り。

ふーむ、残念。





そしてこのあとは徐々に釣れなくなります。

アタリがないなあ。



仕掛けを底に落としてモタモタしているとすぐにベラッチがくるし(リリース)、そのあとはこんなやつ。




おまいさんはこなくていいんだよ。





さらにオキアミを針につけて船べりから海面に落として、オキアミコマセをカゴに詰めていると・・・んんん、なぜかぐいぐい引いてるぞ?





ギャー、カモメが釣れています。









もー、勘弁してよ。

船の一番後ろで、羽を広げて風を受けて逃げようとするカモメを、ハリスを手繰り寄せて引っ張っているのは、凧揚げをしているような感じです。





こいつ。

まだ若鳥だな。




クチバシの先っちょの赤い点は、市販のワラサ仕掛けのチモトの赤い補強糸。

針をはずそうとすると、生意気にクチバシでつついて抵抗します。

焼き鳥にしちゃろか!





頭をふんづかまえて、針を外してリリース。

無事飛んで行きました。


もー来るなよ。





そんなこんなで、わたくしがカモメとたわむれていると、腰痛持ちさんに大きな当たり!



しかし、あっというまに5号ハリスをぶっちぎって行きました。


残念無念。





その後はたまーに伊東イサキちゃんが釣れたぐらいで終了。




帰りまーす。









帰りはお店で暖かい蕎麦を頂いて帰ります。

沖上がりの一杯の蕎麦、五臓六腑にしみわたります。





帰りはまた腰痛持ち先生のお車で送って頂きました。

毎度のことですが、どうもありがとうございます。

大変助かりました。






<本日の釣果>



イサキ、32cmくらいのが3匹。


外道ですが、南房総、イサキも型がいいので助かります。



一匹はウロコと内臓を取った状態で、妻がいつも大変お世話になっているご近所さんのお宅へ。

お礼にチョコレートをもらってきたようです。




あとの2匹は塩焼きでいただきます。



イサキの塩焼き、私の中では、魚の塩焼きの中で最高峰。

塩焼きなのに、なぜかまだちょっとしっかりした歯ごたえがあって美味しい。

家族二人で1匹ずつでしたが、本当は一人で一匹食べたかったでーす。



写真の上のほうにあるのは食後のデザート。

生クリーム大福。

途中の「道の駅 富楽里とみやま」で買ってきた名物。

6種類の味があるので、じゃんけん大会です。

中にはクリームとあんこが入っているのですが、なかなか洋風でうまい。

小さい一口サイズなのもよい。

いつもそうですが、これをめぐる娘と妻の真剣さが違います。

もー、本気になりすぎだよ。






おまけ


水槽のユメカサゴのユメちゃん




隠れ家用に入れた飾りの土管が気に入ったようです。



まだ餌付けにあまり成功していないので、釣ってきたイサキの卵巣を長いピンセットで目の前でヒラヒラさせると、すんなりパクパク食べました。

さすがカサゴの仲間、餌の食いがいいなあ。



夜はでかいタオルケットをかけて暗くして寝ます。

これだけでもかなり落ち着くようです。






そんなわけで、シマアジは今シーズン最後のもう一回を船宿さんで予約してきました。

来月初めにまた行くのよ。

シマアジ刺し、なんとしても食べたい。



船宿さんで、必ず釣れるというある秘策をおそわってきたので、つ、次こそは必ず仮面ライダー シマアジをやっつけてみせます!


(そのセリフはもう聞き飽きた、というのはナシでお願いします。)