8日午前9時25分ごろ、甲府市下今井町の中央自動車道上り線で、乗用車を路側帯に止めてパンク修理中だった男女3人が大型トラックにはねられ、死亡した。山梨県警高速隊は自動車運転過失致死の現行犯で、トラックを運転していた広島県福山市箕島町、運転手、田中満容疑者(38)を逮捕した。

 高速隊によると、死亡したのは山梨県甲斐市篠原の同県職員、吉野正寛さん(57)と妻の恵美子さん(49)、長男の雄太さん(22)。3人は家族ら計5人で移動中に、パンクした右後輪のタイヤを修理するため車外に出ていたという。ほかの2人も車外にいたが無事だった。

 同隊は、走行車線を走ってきたトラックが3人をはねたとみて、事故当時の状況を詳しく調べている。

 現場は甲府南インター近くの橋上で、緩やかなカーブだが見通しはいいという。吉野さんの車は車線にはみ出して止まっていた。事故の影響で、中央道上り線は甲府昭和-甲府南インター間が約4時間通行止めとなった。

 田中容疑者の勤務先の関係者によると、田中容疑者は7日、広島県を出発し、埼玉県に荷物を運ぶ途中だった。

<人事>最高裁(6日)(毎日新聞)
平沼氏、鳩山首相に苦言「一国の総理として残念」(スポーツ報知)
放鳥トキ、卵捨てる=カラスがつつき割る? -環境省(時事通信)
<高速増殖炉「もんじゅ」>臨界到達(毎日新聞)
弁護士増に対抗 「士業者」連携 顧客つかめ 司法、行政書士ら横断型サイト(産経新聞)
AD