JR北海道のグループ会社「北海道ジェイ・アール・サービスネット」(札幌市)の20~60代の社員6人が、IC乗車券「Kitaca(キタカ)」を不正に使用し、出勤の際などに計211回無賃乗車をしていたことが23日、分かった。6人は1月末で諭旨解雇処分となったが、JR北海道は公表していなかった。
 JR北海道によると、6人は札幌市内の駅4カ所に勤務しており、自宅最寄り駅はキタカで乗車。勤務先の駅事務所には改札を通らずに社員通用口から入り、専用端末で乗車記録を消していた。不正使用は昨年2月~今年1月までに計211回で、総額4万2220円分。 

【関連ニュース】
セクハラ准教授を解雇=女子学生の体触る

ギョーザ中毒で日中警察会議(産経新聞)
横領など不祥事23億5800万円=08、09年度で95件-郵政3社(時事通信)
<トキ>繁殖うらやましい? ペアの巣に別の雌接近(毎日新聞)
国交政務官に献金1億 出身のJR西労組側(産経新聞)
元最高裁判事に無利子融資、法務省法人が解散へ(読売新聞)
AD