まるむし化

テーマ:
前回のbefore afterですが、afterの方が、8月初旬は嘘でした。多分、もっと前だ。
つい最近の盆踊りの画像と共に、ノアのお腹に注目してください。・・・丸いです。

現在、軟便対処とデブ防止の為におからダイエット実施中。効果は果たして!?(軟便には確実に効果あります)


よよいの





よいっ





ふぅ・・やらせんなよ。

寝顔が、おっさんくさい・・


あぢぃなぁもぅ

モザイク入れないとマズいですか?
AD

劇的

テーマ:
Before(6月初旬)
タイトル未設定
ノミ・ダニ・疥癬・横隔膜ヘルニア・鼻水 体重2.1キロ

After(8月初旬)

鼻水・少し軟便 体重4.5キロ

ここまで復活しましたー。2ヶ月で体重2倍て・・・。

最近のあだ名は「でぶちん」とか「まるむし」とかです・・。
オマタを舐めようとすると、腹がつかえて後ろに転がります。幸せな事です(笑)

病院を変えたと前回書きましたが「その後、ノアちゃんどうですか?」と院長先生から電話がありました。
ここの病院は、ものすごくきちんと飼い主に対して説明してくれて、今後の治療方針をどうしたいかも聞いてくれます。前の病院はそれはなかったからなぁ。
忙しすぎて流れ作業みたいだった。横隔膜ヘルニアをキッチリ治していただいたので、腕は確かだと思いますが。

鼻水は、変えた病院で、お薬入りの吸入(ネブライザーってゆーんだっけ?)を2日続けてしたら、数日間は治まってました。
また少し出てきたので、もらったお薬を投与中です。

お薬がなくなって、またひどくなるようなら、今度は全身麻酔で鼻水を採取して、細菌を調べて、その細菌に合うお薬を使う事になるそうです。
このまま治ってくれたらいいんだけどなぁ。
AD

近況報告

テーマ:
お久しぶりのカキコだわ。毎日ほんっとに暑いですね・・。ぐったりです。

私事としては、4日に手術して腕についていた骨折用の金具を取りました。骨はまだくっついてないので、無茶できませんが、とてもスッキリしました。

ノアは、保護当時より体重が2倍に・・。鼻水は相変わらずなので、病院を変えてみました。
レントゲンを撮ったら、蓄膿まではいってないであろう、と。若干、気管支炎のケがあるみたいです。しばらくお薬を投与して、様子見です。

FIPの抗体価は、先月が6400でした。6月が12800だったので、ワンランク下がった・・んですが、誤差範囲内だそうで、あまりかわりはないという事らしいです。

あまりにもよく食うので、常にお腹がパンパンです。

腹水っ!?FIP発症かっ!!と、ほんっとにドキドキだったんですが、エコーで見てもらったら、大丈夫との事でした。よかった・・・。

ただのデブって事ね・・。ご飯の量を少しずつ減らしていかないと。

下痢は、どうやら魚の缶詰を食べると、ゆるくなるみたいです。食いすぎもあるかも。
なので、現在は、鶏肉と煮干と鰹節を一緒に茹でたモノを擂り粉木で潰して、サプリメントなどと混ぜて与えてます。
これだけだと栄養が偏りそうなので、ドライフードもあげてます。

そしたら、日に2~3回するうんもさんの1回は、大体、カタチになってます。

毎日、よく食べ、よく飲み、よく遊びます。動きが子猫のようです。

ふっくらしたでしょー。ってかデブになっちゃった♪



先住猫との関係は、一進一退ってトコロですか。普段は2Fにノアがいるので、1Fから滅多に上がってこなくなったけど、自分からたまに来る日もあり、2Fのソファで寛ぐ姿もみられるようになりました。

この間は、2匹で向かい合って寝転がりながら、くぅがノアの足に、ちょぃちょぃっとパンチしてました。
初めて、くぅからノアに接触したよー(;;)

普段は、ノアが攻撃をしかけます。最初は「遊ぼう!」に見えたんだけど、どうも最近「邪魔だっ!」とパンチしてるように見えるんだが・・。
パンチされると くぅは、すぐに寝転がって戦意がない事を示しているので、乱闘にはなりませんが・・。

鼻水を飛ばしている間は、FIPの感染経路もはっきりしていないという事もあり、やはりなるたけ接触させないようにするつもりです。

鼻水対策の為に拭き掃除をした後に、消毒用エタノールを霧吹きで吹いてたんだけど、ものすごい消費量です。
それを新たに変えた病院でいったら、「エタノールは臭いでしょ」と、そこで使っている消毒剤をタダでわけてくれました。
ピンク色の粉で、水で溶いて使用するタイプ。木の匂いがします。これを床に吹きながら雑巾がけしていきます。いい感じです。

シャワーを浴びても、寝る前に拭き掃除をするので、汗だくです(^^;
お母さん、頑張るよ・・。

AD

ノアその後

テーマ:
元気でーす。相変わらず子猫のように遊び、よく食べます。食べすぎです、ノアちん。
おねだりされると負けてしまう私も弱すぎるんだけど・・(==)

でも軟便・くしゃみ・痒がるのが治まらないので、今日も病院に行ってきました。

ついでに、FIPが発症してないかの血液検査と、2度目の抗体価検査に出しました。
血液検査の結果は「大丈夫でしょう」との事。ホッ。抗体価検査の結果は後日です。

くしゃみは、お薬を飲んでいた間は治まっていたんだけど、やめたらまたズビズビになってしまいました。
もしかしたら蓄膿っぽくなってるかもしれないとの事。蓄膿だと治らないんだよね?うーーーーーむ。

軟便は、虫さんもいなかったので「食べすぎかもしれませんね」( ̄_ ̄|||)
体重は、3.6キロでした。この1ヶ月で1キロ以上増えてます。これ以上はセーブしてくださいと言われましたっ。

痒がるのは、疥癬がまだ治りきってないか、アレルギーの疑いが・・。
ダニさんは顕微鏡では発見できなかったので、様子見。
アレルギーだと除去食にしなければなりませんね。500gで1000円ですか・・・((((_ _|||))))

異様に毛繕いするのも、痒いからかと思ってたんだけど、それはもしかしたらストレスかもしれません。
新しい環境に、すっかりなじんでいるのかと思いきや・・・。わかんないもんだなぁ。



ネットを検索しまくり、アズミラのサプリメント数種類を注文しました。
ついでに、先住猫とノアのストレス緩和になればいいなぁと思って、フラワーレメディも注文してみました。
効果があるといいなぁ。
来月は、プレミアムフードを購入してみたいと思います。

今回の病院代、1万円くらいでイケると思っていたら、1万8千円ほどかかり、8千円病院に借金してきました・・・・((((_ ▲_|||))))

もうすでに・・・病院代だけで合計20万円は軽く超えていると思われます(T▽T)
20匹避妊できるよね・・。

や、元気になってくれれば・・。てか、元気になろうな。

バケ猫写真がとれました。

マタタビの木を与えたら、両手で掴んでガジガジしてます。

ちなみに、この椅子の上で爆睡こいてて椅子から落ち、クスクス笑いながら(歯磨き中だった)撫でてあげたら「んにゃ~ん(いったーい)」と言っていました。

ハゲ

テーマ:
お。少し軽くなった?昼間だから?画像もアップできるようになたーね。

ノアちゃんては、結構かしこいようです。
何度か「ダメよ」と言って、阻止するともうやらなくなります。

ドライフードがストックしてある棚の中に3回ほど入り込みその都度「ダメよ」と引っ張り出してたんですが、4回目。

どどどどーっと走ってって「ノーアーーーちーーーーん!」(低い声でドスをきかせた)と言ったら
慌てて飛び出てきて、私の顔を見上げながら「あん」と言い訳してました(笑)

なので私が見てる所では、大抵いたずらはしません。いないと何してるかわかんないけどねぇ。すごい好奇心旺盛だから(^^;

手術跡がまだハゲてます。


幸せそうでしょ(笑)


手術前は、肺が腸とかで圧迫されて、ろくに息も出来なかったので、スフィンクス座りしかできなかったのが、仰向けで寝られるようになりました!

上に写ってる座椅子は、ノアのお気に入りなんですが、さっきも寝てました。
ふと見てみると・・・、横にちょこっとうんもさんがーーーーっ!

まだちょっと下痢気味なんだよねぇ。おならしたら、実がちょこっと出てしまった感じ。
(彼はよくすかしっぺをします。何の嫌がらせか、尻を私の顔の方に向けて寝るので、直撃です。手術後はすかしっぺの回数も減りましたが)

前も1回、布団の上でやられました。異様な気配で目覚めたら、左肩のあたりに茶色い染みが・・・・(T▽T)

手術前は良いうんもさんだったので、薬のせいか食べすぎだと思われます。。はぁまた病院行かなきゃなぁ。

インターフェロン

テーマ:
調べてみたら、何だか賛否両論だね、これも。

効能もネコ・カリシウィルスとイヌ・パルボウィルスには明確に「効く」となってますけど、他の病気については、本当に効果があるかどうか、まだわかってないらすぃ。

とりあえずノアは、先週の木曜日に1回目の注射をしましたが、翌日は、紐にじゃれついてきたり、キャットタワーの上に乗ってお外を見たりしてました。
ノアの風邪は、カリシでこれが効いたのかな?相変わらずくしゃみはしてるけどもー。

抗生剤のせいだと思われる下痢ピーと、くしゃみがなくなったら、だいぶ私も楽になりますー。掃除が(^^;


お腹の上であまあまちゅう♪

食欲だけはものすごい旺盛なので、缶詰をやたらと欲しがる。で、げりぴーでしょ。
足についたうんもさんをプルプルっと振ったりするので、トイレ周りは大惨事だったりしますた(;;)

前に動物病院に勤務していた事がある友達が「下痢にはおからがええで」と言ってたのを思い出し、1対1の割合で缶詰に混ぜて与えてみました。

するとどうでしょう~。若干やわらかめだけど、固まったよほほ~い♪

毎日のお薬も缶詰に混ぜるとペロリだし、おから入りでも、ものともしない「がっつき君」なので、こういう面では助かってます(笑)

そしてノアは、トイレで用を足すと鳴いて知らせるアラーム機能もついてます。便利です。


体重は保護当時2キロだったのが、手術後1週間目で2.65キロになりました♪
ノアの体型だったら、4キロくらいがベストかな?背骨のゴツゴツ感もだいぶなくなってきました。

それにしても毎日暑いねぇ。本日のうち(大阪)の室温は、34℃でした。
直射日光が当たってる外気温は38℃だよー。
早くもバテている飼い主でした。はぁ・・。

おまけ。ベランダの手すりにまたがって、たゆーんとする先住猫。

そういえばさ、僕の名前ってまだみんなに言ってないでしょ!(すみません。。何かタイミングが・・)
「クッキー」って名前をつけてもらったんだけど、字画が悪い事がわかって「くぅ」になったんだよ。
おかん、気にしすぎやで!まぁ、普段から、くぅちゃんとか、くぅすけとか呼ばれてるから何でもいいけどね。

ノア通院

テーマ:
今日は(あ、昨日か)ノアの疥癬の注射を打ちに行ってきました。来週もう1回で終わりだ。

で、FIPについて突っ込んで聞いてみたんだけど、γグロブリンの値はちょっと高め。
でもこの値は、風邪でも上がるし、他の数値が大丈夫なので、発症はしていないでしょうとの事でした。

「調べまくってみたんですけど、この病気は謎が多いですね」

「そうなんです。謎なんです」

「インターフェロンを打ちまくったら治ったという話も聞きますが?」

「あー、確かに。風邪にも効きますしね」

「どのくらいの頻度で打ったらいいんですか?」

「月に1回くらいですね」

「副作用とかは?」

「ないです」

「おいくらですか?」

「1本2500円です」

「打ってください」(即決)ってゆーか、早く言え。と心の中で突っ込んでみた。

どうでもいいけど、この病院。院長先生(若い)と更に若い先生が1~2人いるんだけど、飼い主から申告しない限り余計な検査や高価な薬は使わないのが方針らしい。
院長先生は、さすがに的確なんだけど、若い先生がねぇ。

ノアが最初に見てもらったのもこの先生だったんだけど、横隔膜破裂してるのも疥癬も見逃したしね。
今思うと、あんだけお腹がぺっちゃんこだったの、おかしいと思わないと変だよなってちょっと思うんだけど。
いつも院長先生に診てもらいたいわ。・・まぁいい。

ノアは、まだお鼻がぐちゅぐちゅなので、くしゃみすると鼻水が飛びまくります。
くしゃみした後は、消毒液で拭きまくる毎日です。

で、「バイオウィル」という除菌・消臭剤が病院に売ってました。1800円也。

噴射した瞬間、塩素に変わるのでウィルスも殺す力があるらしいです。
パルボウィルスも5秒で不活性化しちゃうって。
カーペットは無水エタノールを水で薄めたものを霧吹きで吹いてたんだけど、これの方がより安心。
塩素といっても、普通の塩素と違うので(二酸化何とか)動物にも無害で安全らしいです。

吹いた瞬間塩素の匂いがするけど、おトイレも消臭できるので、お勧めかも。

「これ、猫が舐めても大丈夫なんですか?」

「猫にかけたらダメですよ!」

「・・いや、カーペットとかにかけるでしょ?その上を猫が通ったりした時・・(毛繕いするからね)」

「あー、大丈夫です」

(直接かけるわけないやん!)と心の中で突っ込んでみた。

入院中の経過

テーマ:
手術の翌日

オペは深夜にまで及び、麻酔から覚めた直後は痛がって鳴いていたそうですが、翌朝の朝ごはんはペロリと平らげました。

ノアが入っているケージの前で、旦那と先生と話していると、寝ていたノアが私たちに気づき、目を開けました。
まだグッタリしてて、寝転がりながら「にゃ」と鳴いた形にクチがあきました(ガラスケースだったので声は聞こえない)

手術の翌日


「よく頑張ったね!元気になったらおうちに帰れるからね!」と診察室に響き渡るデカイ声で励ましていた所、ノアの目にうっすら涙が・・。

「泣いてる?よね?」「うん、泣いてるよ」  ・・・。

痛かったのか、ホッとしたのか。でもこの時点でまだ楽観できないなってすごく心配でした。

後ろ髪を引かれながら私はこのまま東京へ。親戚のおばさんが突然ね・・。通夜と翌日の告別式に出てとんぼ返りしてきました。
自宅には誰もいなかったので、自分で自分の体に塩をかけまくり、一休みして病院へ。

入院2日目

ノアは起きてました。扉を開けても良いと言われたので、顔を突っ込むと・・・。
もーれつに、あまあまされました(笑)顔中ご飯だらけだったので、私の顔もご飯だらけになりました。

点滴のせいで熱が出たけど、点滴をやめたら熱が下がりました。熱があってもご飯は食べました(^^;

帰る時に「また明日も来るからね。いい子しててね」と言うと、大声で鳴きまくり。きっと「帰りたいよー」だったんだろうね。

入院3日目

食欲がすごくある子なので、酸素を外してみて、ちゃんと食べられるようだったら明日退院しても大丈夫と言われました。はやっ!!

ノアはといえば、ケージの扉を開けたら、後に後ずさりました。また何か嫌なこと(注射とか?)されると思ったのかな。
「ママちゃんだよ!!」と言いながら顔を突っ込むと、あまあましてくれました。
帰る時は「なんだよー、ひとりで帰るのかよー」って顔してました。

入院4日目(退院)

電話でとりあえず確かめてみると「ご飯も食べたので退院できます」との事。「詳しくはまた来院された時にでも・・」と言われて、一瞬ヤな予感が・・・。

薬を出され、興奮させないようにと注意を受けた所で「FIPの結果が暫定でファックスされてきたんだけど・・この子高いね」という事で・・下に書いた次第です・・。

発症はしてないみたいなので、年に1回に検査を実施して様子を見て行く感じになります。
免疫力アップ大作戦を実施します。
さっそくお友達やさくらママから情報がよせられたので、問い合わせてみました。ありがとう♪
漢方とかもいいかもね。この際、良さそうな事は、なるべくストレスにならない範囲でやってあげたいと思います。

エリカラもストレスになるかなと思って、タオルで簡易服を作ってみました(足の穴をあけてテープで止めただけ(^^;)


そんな私の天敵は「ミシン」です。

お気に入りの座椅子の上で寛ぎ中。現在は爆睡中。


退院・・しかし

テーマ:
本日、無事に退院しました。皆様、激励、本当にありがとうございましたm(_ _)m
コメントのお返事が遅れててすみません。ありがたく読ませて頂、励まされています。
手術を乗り越えられたもの、皆さんのお陰ですホント。ありがたいです。

ノアは、食欲も旺盛で、入院前は家の中をうろつく事はほとんどなかった(私の後ろはくっついて歩いてました)のに今日は探検しまくってました。
まだ抜糸もすんでないんだから、あんまり動かないでね(^^;

ケージに入れても嫌がるしー。保護部屋に入れとけば寂しがるしー。
という事で、現在、膝の上で爆睡してます。

で、横隔膜の方はいいんですが・・入院した日に検査に出していた猫伝染性腹膜炎(FIP)の結果が、病院に「とりあえず」ファックスで送られてきたそうで、それの結果が・・・。

抗体値が12800もあったそうです・・・。腹水、胸水が溜まっているわけではなく、血液の生化学検査でも腎臓や肝臓に異常はないので、キャリアーという事なのでしょうか。

FIPは、とても謎が多いみたいですね。抗体値が低くても発症する子はいるし、高くても発症しない子もいるとか。・・勉強します。
お勧めの漢方とかサプリメントとか知っている方は、教えてくださるとありがたいです・・。

先住猫も近々、検査に連れて行かなきゃ・・。


ノアその後

テーマ:
金・土と東京に行ってきてさすがに疲れ果ててますた(><)

ノアですが・・・・・元気元気!!(笑)

ご飯もペロリと全て平らげてしまいます。
土曜日に点滴のせいで熱が出たけど、点滴を外したら下がったそうです。
んでも熱があってもご飯は食べたと(笑)

今日は、1日酸素を外してみて、それでも食欲が落ちなかったら、なーんと今日退院できるそうです。
酸素を外した途端に食べなくなる子もいるそうで。

お腹開いて3日で退院なんて人間なら考えられないよね。
どっちにしてもお見舞いには行くんだけど、今日はノア付で帰ってくるかもしれませぬ。
ご飯を食べなかったらまだ入院続行ですが。

取り急ぎご報告まで~。
経過は、また今度ゆっくり書きますね。