飼い主の鑑

テーマ:
遅いよー。重いよー。「画像」ボタンをクリックすると「404 HTTP_NOT_FOUND」が出て画像がアップできないよー。でもって、記事を書く画面のレイアウトが若干崩れておる。
まだメンテ中なのねー。がんばってくださーーーい。

くそ重い中、わざわざ見に来てくださった方ありがとう~。



元動物病院勤務の友達から聞いた話でもしましょうか。

来院したゴールデンレトリバーが、ガンに侵されてて、お腹を開いてみたら、あちこち転移していてどうしようもない状態だったらしいです。
お腹を開いたまま飼い主さんに「手の施しようがないので、このまま閉じますか?」と聞いたところ「いえ、出来るだけの事は、やってください」と言う事だったので、取れる範囲の腫瘍は全て取ったそうです。

残念ながら、そのわんちゃんは1ヵ月後にお星様になってしまいました。合掌(^-人-^)

その友達は、お金の請求にも関わっていたらしいのですが「10万以上は申し訳なくて請求できなかったから、何とか削って削って10万以内に抑えていた」と言っていました。

そんななので、ノアの手術代の明細を見て「15万!?うち申し訳なくてそんなに請求できんかった!」という話から始まったのですが(笑)

ちなみに酸素吸入代とか、心電図代とかものすごく細かく明細に記載されてたのにもビックリしてました。
「こんなんみんな適当やったで~。すごいわ~」と感心してました(笑)
ノアとくぅがかかっている病院はスタッフが多いんだよねー。設備も整ってるし。まぁ仕方ないでしょう。
それでノアの手術が無事やってもらえたので・・(^^)

話を戻しますが、その10万円の手術代を請求する段になって、そこのうちの娘さんが専門学校に行っていてお金がないので、毎月5千円の分割で、という事になったそうです。

分割だと、踏み倒される事も実際に多々あるそうです。そういやノアの手術の時に内金を入れてくれと言われて2万円を先渡ししたのは、こういうのの防止なんだろうかな。

しかし、そのゴールデンのお母さんは、もう既にわんこはお星様になってしまっているのに、毎月毎月、雪が降ろうとも原チャリで5千円を払い続けたそうです。

「あの人は、飼い主の鑑やな」と病院内で評判になっていたそうです。

ちなみにその娘さんが通っていた専門学校は、動物関係の学校でした。本当に好きなんだね(^^)



それと前にどっかで読んだ記事で、記憶が定かじゃなくて出所と内容がハッキリしないんだけど(申し訳ない)
こんなような事が書いてあったという記憶があります。

犬の散歩をしていたら、うんも袋を忘れていた。

ところへっ!!

犬がうんもをしてしまった。

うんもさんを手づかみして、泣きながら持って帰った。


「あなたは飼い主の鑑です」
AD

確信犯

テーマ:
昨日の夕方。有給を取っていた旦那と駅に向かって歩いてました。

前方に小型犬を連れたオバハンが周りを気にしながら(のように見えた)ティッシュで、うんもさんを包んでそのまま手で持って歩き始めました。
ビニール袋は持ってないんかい?とちょっと不思議に思ってたんだけど。

すれ違いざま、そのオバハンは、排水溝にうんもティッシュをポイッと捨てやがりました。

常習だよね。誰も見てなかったら放置するんだろう。

早足で歩いてたので、あっと思って注意しようと思った時には、追い越しちゃったんだよねぇ。ちっちっ。

今度見たら天使の笑顔で注意して差し上げましょうとも( ̄ー ̄)
AD

脱走防止措置

テーマ:
猫の脱走防止措置です。

うちの猫は、まず網戸は軽く開けてしまいます。
テラス窓も軽く開けてしまいます。

1Fは容易に脱走できてしまうので、網戸の後ろに書類用のクリップ・・何といったら良いか・・ガチャ玉のプラスチック幅広版とでもいいましょうか・・に、紙を挟んでレールに挟み込むと網戸は意外と動きません。

↓コレ


で、窓の方はつっかえ棒をしとったんですが、なーんと。
最初はよかったけど、そのうち両手で棒をはさんで持ち上げ、外すようになってしまいました。
猫の執念恐るべし。


そこで旦那考案の「内側に鍵」

コレです↓ 裏から見た図


防犯グッズ?みたいなんですが、ホームセンターで発見しました。4個入りで数百円です。
そのままだと使えないので、固めのスポンジ?(黒い部分)をボンドでつけて使用してます。
つまみを回していくと固定されます。着脱がラクだと思います。

ただ難点は、窓を全開にして取り付けないと、反対側を開けてしえるという事です。
夏はいいと思いまーす。

今は「お外は怖い」と思うようになったらしくて出たがらなくなったけど、何度か脱走した時はもー大汗でした。

現代は、ホントに事故や伝染病が怖いですからね~。
おうちで快適にすごせるように、飼い主はゲボクな日々でございます(笑)
AD
本日あちらこちらで、こちらの記事を見ました。

ユリの花粉は猫の命を奪う毒!!

しっ!知らなかったっっ!!花粉を舐めただけで中毒を起こすそうです。
葉っぱも食べたら危ないって。

犬と人間は、毒素を体外に出せるから平気らしいです。詳しくはリンク先を読んでみてね。

他にも実は猫にとって危険な植物は結構あるそうです。

リンゴの種、アボカド、ももの種、ナッツ類、チューリップ・クロッカスの球根などなど。特にユリ科植物。
タネ類がヤバいみたいですね。
観葉植物もよく調べないと危ないのが多いみたいです。

当然、固体によって強い弱いはあるんでしょうけど、最悪の場合はどれも中毒死になってしまうらしいです。
ひぃぃ。皆さん、気をつけましょう。


まだうちの猫が来る前に、羽化に失敗して羽が縮んでしまい、飛べないナミアゲハ(普通のアゲハね)とアオスジアゲハ(小型でコバルトブルーの羽を持っている)の世話をした事があります。

最初はどうやって餌をあげたらいいのかわからなくて、手当たり次第に赤っぽい花(ナミアゲハが好む花が赤らしい)を買ってきていたので、家の中が花だらけでした・・。

そののち、ユリには蜜がたくさんある事に気づき、よく買って来ていました。猫が来る前でよかった・・。

ちなみに、その後は、蜂蜜を水で溶いたものを口吻(こうふん=丸まっているストローみたいなクチ)の輪の中に楊枝を差し込んで伸ばして無理矢理、蜂蜜水につけると飲むようになりました。

さらにペットボトルの蓋に蜂蜜水を入れて赤いテープで覆い、穴をあけておくと、自力でその穴から飲むようになりました。

平均寿命は1週間ほどだそうですが、どちらも3週間ほど生きました。
でも飛べないでただ生きてるだけで、日にちがたつにつれてどんどん足が取れていくんだよねぇ・・。
何度殺してあげた方がいいだろうか・・と思い悩んだ事か。

次に生まれてくるときは、ちゃんと失敗しなで大空を羽ばたけよと見送りました。

それにしても。アゲハは助けるのにゴッキーや蚊は殺す。
一応、たとえ虫でも!という気持ちがあるので、ゴッキーと蚊以外はなるたけ殺さないようにしてます。
けど、ゴッキーと蚊は殺すんだよね。

人間なんて矛盾だらけの生き物さ・・。

おや、いつの間にか虫の話にすりかわってしまった・・。
名前を imix 改め、みやびに戻しますー。改めましてよろしくです。

さて、先の日記で、捨てる人の大多数の人の命に対する善意性?ですが、なんかなー。
やっぱ命をモノとして考えていない人の方が多いのかなー。そんな事ないよなー。
ほとんどの人は知らないだけなのよ!自分の頭で考えたくない、見たくないだけなのよ!と、信じたいよ、ホントに・・(;;)

さて、猫の場合、保健所に持ち込まれるそのほとんどが仔猫です。
避妊・去勢をせずに、自家繁殖させた子がほとんどではないでしょうか。

メス猫の避妊代は病院によっても違いますが、大体1万円~3万円前後、オスは1万円前後だと思います。
うちのはオス猫ですが1万円でした。
自治体によっては、補助金を出している所もあります。

避妊・去勢については、同じ猫好きであっても、賛否両論ですよね。

反対派の人たちは、可哀想だから、自分の愛猫が生んだ仔猫を見たいから、自然の摂理に反するから、お金が勿体ないからという意見が多いのではないでしょうか。

またオスの場合だと、当然子供は産みませんから(自分に迷惑はかからないから)去勢するという意識自体が薄いような気がします。
完全室内飼いで、脱走の危険がなければそれでもいいのでしょうが、お外に出している猫の場合、外で子供を作ってきます。こうやって野良猫が増えていきます。

猫が嫌いな人や、糞尿などで迷惑をかけられている人がいる事も猫飼いは知っておかなければなりません。
野良猫が増えれば、虐待などの危険性も増えてきます。

里親募集のサイトさんを見ていると、自家繁殖した仔猫の里親募集をしている人をたまに見かけます。
里子が欲しい人からしてみたら、野良猫が産んだ子よりもそちらが欲しいと思う人が多いのではないでしょうか。純血統なら、なおさらだと思います。

野良猫の保護活動をしているボランティアさんたちのほとんどが、保護した猫たちで手一杯の状態です。捨て猫や野良猫は後から後からやってきて、キリがありません。
だから里親さんを募集します。

自家繁殖した子の分、不幸な命を少しでも減らそうと頑張っているボランティアさん達が保護した猫へのチャンスが減ってしまいます。

野良猫も飼い猫も同じ命です。避妊や去勢をするという事は、野良猫たちの今の現状を少しでも改善していく手助けとなります。
自分の猫を可愛がるように、過酷な運命を生きている子たちの事を少しでも思いやってあげて下さい。
どうしても避妊や去勢はしたくないのなら、産まれた子はすべて自分で飼うくらいの覚悟を持って頂きたいのです。

また、避妊や去勢には、ごく稀に麻酔事故などのリスクが伴う事がありますが(事前に麻酔しても大丈夫か検査する事もできます)子宮や泌尿器系の病気を防げる、長生きするなどのメリットもあります。

飼い犬が登録されているように、避妊と去勢をする。それが飼い主の責任ではないでしょうか。

コロの話

テーマ:
友達が寄せてくれたお話を記載させてもらいます。

****************************************

私が1歳から12歳まで飼っていたコロの話をしたいと思います。
私1歳、兄2歳の時に、近所の畑の溝で子犬が泣いていました。
母は2人の幼児の世話で手一杯だったので飼うのはためらったそうですが、父と私たち兄妹の強い希望で、コロと名付け飼うことになりました。

コロはクリーム色の長毛雑種で本当に愛くるしい姿でした。
うちには無駄に広い庭があったので、鎖無しで放し飼いです。
庭からリビングの私たちをいつも見ていたコロ、たまに吐き出し窓を開けてなでたり、一緒に遊んだりしていましたが、室内飼いで四六時中一緒にいられる今の犬たちと比べると、寂しい思いをしていたんじゃないだろうかと、心残りです。

コロは子犬の時溝に捨てられていたのがトラウマになったのか、どんな小さい溝でも怖がって飛び越えることができませんでした。
橋など渡ろうものなら地面にはいつくばって震え、その度に父が20kg以上あるコロを抱っこしたものでした。

ちょっと小話ですが、溝が怖いコロなのに、ある日散歩中猫を追いかけるのに夢中になって猫が幅1m程の溝をピョーンと飛び越えたのに続いて自分も飛び越えようとして溝にはまったことがありました。
コロは死に物狂いで焦っていましたが、私たちは申し訳ないことに大笑いしながらずぶ濡れのコロを引き上げました。

そんなちょっと間の抜けたコロと私は一緒に育ちましたが、コロが11歳になった暮れのある真夜中、突然激しい嘔吐をし、母に見守れながら病院に連れて行く間もなく亡くなりました。
おそらく散歩中に悪い草でも食べたのでしょう。
翌朝、私はコロが亡くなったことを知り、毛布にくるまれたコロにさよならをしようとしましたが、あまりに悲しくて毛布をとってコロを見ることができませんでした。
ちゃんと最後にコロを見なかったこと、今も後悔しています。

その後私たちはコロを動物霊園に連れて行き、火葬しました。
中学受験を控えた私は、その日も塾に行きましたが、授業中もずっと涙が止まらなかったことを覚えています。

2年後、私の友人からペットショップで売れ残った犬がいると聞き、タダな上にたくさんのおまけの犬用品とともに既に大きなトイプードルのトロンを迎えました。

そのまた2年後、トロンだけでは寂しいだろうとお嫁さんにと同じくトイプードルのマロンを迎え、家族同様に過ごし、今はトロン13歳、マロン11歳です。
2匹とも少しずつ老化が見られますがまだまだ元気、もっともっと幸せに過ごしてもらおうと思っています。


今もこうしてコロのことを書いていると涙が出ます。
トロンを飼う時もマロンを飼う時もミミタンを飼う時もコロを失った時の悲しみを思い出してちょっと躊躇しましたが別れを恐れて出会いを避けることは間違っていると思い今に至ります。
人間だっていつかは死ぬんですからね(^^)
夫が先に死ぬかもしれないから結婚しない、なんてことはしないのと同じですよね。(そうかな?)

****************************************

ペットとは、人間よりも早くお別れしなくてはならない瞬間が必ず来ます。
うちの旦那もペットを飼うのを反対していたのは、主にこれが理由のようでした。

でも、たとえ人間と比べたら短い寿命でも、その間、その子を精一杯幸せにしてあげればいいんじゃないかと、私もこれを書いてくれた友人と同じ意見です。

野良犬は、野良にさえなれないで殺され、野良猫の寿命は5年ほどと言われてますが、その間、飢えや病気、怪我や虐待などに苦しんでいます。
ウサギやハムスターの小動物も、杜撰なペットショップで悲惨な目にあったりしてます。

どうぞあなたも、別れを恐れないで下さい。
だって一緒に暮らしている間に、その子たちからもらえるたくさんのものは、何にもかえがたい宝物にきっとなりますから。
あなたの手で幸せにしてあげてください。

過去の後悔2

テーマ:
だいぶサボってしまいました。アメブロ、リニューアルしたのねぇ。
ペットジャンルができてるぅ~、という事で、さっそくジャンル変更しました。
骨折の方は、もうバッチリ!と言いたい所ですが、まだ全然くっついてませーーん!(笑)
折れた骨と骨が離れてるし、上腕という太い骨なので、レントゲンで写るレベルになるにはだいぶ時間がかかるようですぅ。

さて、過去の後悔2の続きを書きます。

その後、ハタチ直前で、その彼氏とは別れる事になりました。
当然、居候をしていた私は出てかなくてはなりません。

猫たちをどうするか・・悩みましたが、当時で猫を飼えるような物件は、平屋とかだけになるだろうし(と思い込んでいた)自由に出入りしていた猫たちの環境をかえるというのは、かえって酷であろう。
女の一人暮らしで平屋は怖い等の理由で、そのまま埼玉のその家で彼氏に飼ってもらう事にしました。
私は千葉県の松戸市に引越しました。

その1年か2年後、今度は彼氏たちが引っ越す事になり、今まで住んでいた家は、知人のNさんが借りる事になったらしいのです。猫つきで。
この人は、純朴でとてもとても人柄の良い人だったのですが、私はなんと無責任な事をしてしまったのだろう・・と、とても後悔しました。
元彼氏に連絡をとると、可愛がってくれているとの事ではありましたが・・。

何度かエサをダンボール箱で買って持って行ったりしましたが、それでも日々の生活で精一杯。
訪れる頻度は少なくなり、心の中では彼女たちを忘れた事はなかったけれども「いつか飼える環境になったら、絶対に引き取るからね」という心の誓いもむなしく日々は過ぎていきました。

やっと動物が自由に飼えるという環境になったのは、主人と結婚した5年前です。
連絡をとってみようか迷いました。2匹は途中で、亡くなった・・と、友達づてて連絡がありましたが、他の子も今も生きていたら17歳です。
私と暮らした2年間という時間よりも、Nさんと暮らした時間の方が圧倒的に長い時間が経過してしましました。
今更連絡をとって、引き取るというのはエゴ以外の何者でもないのではないか、どうなっているのか、生きているのか亡くなったのか、幸せに過ごせたのか。
知るのが怖いというのもあって、結局そのままにしてしまいました・・。

一人暮らしをしていた時は、猫たちが恋しくて恋しくて。本当に忘れた事はありません。今でもあの子達の事は小骨のように胸に突き刺さったままです。

松戸に引っ越してから半年後に、はじめて様子を見に行った時。Nさんは留守だったのですが、裏側から回ってガラス越しに家の中を見ると、みんないて、私に気付くと出入り口からすっとんできてくれました。
猫はよく薄情だとか言われますけど、ちゃーんと覚えてるんですね。

そして誓いました。「一生の面倒がみれる環境になるまで、絶対に動物は飼わない」と。

何故あの時もっとちゃんと動物が飼える家を探さなかったのだろう、引き取る手段はもっとあったのではないか、なんて自分は無知で考えなしだったのだろう。というのが、私の過去の後悔です。

そして現在。2年前から一緒に暮らしているこの子を飼い始めて(今、私の足を噛んでます)
ああ、猫って何て可愛かったのだろう。あの子達も可愛かった。もっと可愛がってあげたかった。と本当に思います。

こんな私ですから、本当は偉そうなことは何もいえません。

でも、この子は何があっても必ず一生大切に育てます。

過去の後悔2

テーマ:
時期は定かじゃないんだけど、前出の猫が東京に行った後に、彼氏が黒ベースで鼻とお腹が白くてソックスを履いている仔猫を拾ってきました。メス猫でした。

その子はその家で飼われました。猫嫌いだった彼の母は、猫好きに変貌。彼女なりに可愛がってくれました。

さてメス猫であるという事は、子供を産む・・。猫は1回の出産で数匹産むから、避妊しなきゃな・・と思ってた矢先に妊娠発覚。
堕胎も考えたけど、1回だけ産ませてから避妊しようという事になりました。

メス2頭、オス2頭の計4頭出産。その後1頭のオスは里子に行ったので、母猫と仔猫3匹が残りました。

ある程度仔猫が大きくなった頃に、家の裏で猫が鳴いていて、何してるのかと思ったら、ぬかるみにはまって動けなくなってました。

「何やってんのーーーーー・・・」と拾い上げたら、ガラはうちの猫と一緒のトラキジだったのだけど、まったくの別猫と判明。

近所の同じ柄の猫を飼っている家に行ってみたけど、うちの子ではないと言われ、結局その子も飼う事になりました。

この子が来てから、残っていたオスが家出。周り中メス猫だらけで嫌気がさしたのか、誰かに拾われたのかは定かではありませんでした。

これもやっぱり20年近く前の話。猫は自由に外を出入りするものだと勘違いしていた無知な私でした。

最終的には、メスが4頭になったわけですが、これ以上増えては、と全て避妊しました。
当時の避妊代は、1頭3万円×4頭=12万円を、アルバイト代から全て捻出。

加えて、猫のえさ代が月に1万円。居候させてもらっていた家に入れていた食費が月1万円だったか2万円だったか。

高校生でよくやってたなぁと思います。当然毎日アルバイト三昧でした。

続く

過去の後悔1

テーマ:
さて、散々偉そうな事を書いてきましたが、私こそがダメ飼い主でありました。(あります?)

そんな過去もつづってみたいと思います。

私が初めて猫を飼ったのは、中学生の時。友達が拾ってきたオス猫。

高1の時に父親が蒸発。産みの母親は1歳半で離婚。
7歳で再婚した後妻とは、猫を拾う前に2度目の離婚していたので、私は猫と二人で取り残されてしまった。

埼玉県内に住み、埼玉の高校に通っていたんだけど、東京の祖父母の家に行く事になるだろうと思っていた矢先、当時付き合っていた彼氏のお母さんが、さばけた人で「ならうちにいらっしゃいよ」と申し出てくれた。
今考えるとすごいよね。高校生で彼氏と同居してたんだから。

ただ猫はダメだという。彼氏の母親は猫が嫌いだった。
「・・わかった捨ててくる」と、ほんの10m先の雑木林ぼーぼーの空地に猫を放した。

当然帰ってくるだろうという確信犯だ。
丸一日たって帰ってきた時に、頼み込んで一緒に暮らせるように許可を貰った。

私が出かけている時は、台所でじっと玄関の方を向いて座って待っていたというような、とても穏やかで優しい良い子だったので、最初はしぶしぶだった彼女も徐々に猫を可愛がってくれるようになった。

しかし、まだケツの青い高校生同士のカップルが、円満に付き合い続けられるわきゃない。喧嘩して東京の祖父母の家に1ヶ月ほど帰った時に、その猫も連れて行った。

リュックに猫を入れて、電車で運んだ。彼は鳴きもせず大人しくしていた。

結局、私はまた彼氏の家に戻ったが、猫はそのまま祖父母の家に置いてきた。
祖父母も一緒に暮らしていた叔父も猫が好きだったので、その点では安心していた。

ただ家のすぐ横が線路だったので、連れて行った時は抱っこして、電車が通る度に「ここに来ちゃダメよ」と何度も言い聞かせた。通じたかどうかは不明である。

20年近くも前の話。「完全室内飼い」という概念は当時まったくなかった。

数年後、具合が悪そうだと祖母に連絡を貰ったので、埼玉で通っていたかかりつけの動物病院に連れて行き点滴をしてもらった。何故具合が悪いのか、原因はよくわからなかった。

病院からまた祖父母の家に連れて帰ってしばらくたった頃、その猫はいなくなった。
祖母が懸命に探したが、線路の脇に新しく土を掘り返したような跡があると近所の人が話していたらしい。

もしかしたら電車にはねられたのかもしれない。具合が悪くてお気に入りの場所で療養しているうちに息絶えたのかもしれない。

無知な為に、あまり可愛がってあげられなかった事を今でも後悔している。

その後、祖父母の家では何度か野良猫が住み着いたが、叔父は今でも「オマエが連れてきた猫が一番可愛かった」としみじみと語る。

動物を飼うという事

テーマ:
ペットは人を癒してくれます。可愛い仕草を見ているだけで心が温かい気持ちになります。

一人暮らしで寂しい夜に、ペットが側にいてくれたら。。と思う人も多いでしょう。

そこであなたはペットショップに行きます。そこには、いつでも可愛い仔犬や仔猫がたくさんいて、つぶらな瞳であなたを見つめます。
あなたはつい衝動買いをしてしまいそうになります・・。

でもちょっと待って!

犬や猫の寿命をご存知ですか?10年から20年は生きます。
そして犬猫の成長はとても早いんです。愛くるしい仔犬や仔猫の時期なんて、あっとゆーまに過ぎ去ります。

毎日、新鮮なエサと水が必要なのは言うまでもなく、犬なら散歩、猫ならストレスが溜まらない様に遊んであげるなど、愛情をかけて毎日世話や躾をする事が不可欠になります。

そして時には病気や怪我をする事もあるでしょう。動物病院は保険がききません(※現在は動物対応の保険商品も出ています)
手術したり、長期に入院したりする事になったら、その費用は莫大なものになります。
そして事故にあって後遺症が残ってしまった場合や、長生きした犬の場合は、介護が必要になる場合も少なくありません。

何をわかりきった事をくどくど書いてるんだと思われる方もいるでしょうが、実際に「1週間エサをやらなかったら死んでしまう」という事もわからずに、旅行に行ってしまい犬を餓死させた人もいるとの事です。

ペットを飼うというのは究極のボランティアなのだと思います。
ボランティアに精を出されている杉良太郎さんがテレビで「何も見返りを求めちゃいけないんです。『ありがとう』という言葉さえも、求めてはいけない」と言ってましたが、結局はそういう事だと思います。

どんな苦労があろうとも、ただ側にいてくれるだけでいいと思える心が持てない人、そんな覚悟が出来ない人はペットを飼うべきではありません。

また、人には色々な転機が訪れます。結婚や出産や離婚、転職や転居などの「やむをえない事情」で、ペットと暮らす事が困難になる場合もあります。
その時、責任を持って可愛がってくれる里親さんを探す事ができますか?

保健所には、常にその時の「人気の犬種」で溢れている事を知っていますか?

飼いきれなくなったからといって、捨てたり、保健所に持ち込む人がいなくなる事を願うばかりです。

アニコム動物保険