確信犯

テーマ:
昨日の夕方。有給を取っていた旦那と駅に向かって歩いてました。

前方に小型犬を連れたオバハンが周りを気にしながら(のように見えた)ティッシュで、うんもさんを包んでそのまま手で持って歩き始めました。
ビニール袋は持ってないんかい?とちょっと不思議に思ってたんだけど。

すれ違いざま、そのオバハンは、排水溝にうんもティッシュをポイッと捨てやがりました。

常習だよね。誰も見てなかったら放置するんだろう。

早足で歩いてたので、あっと思って注意しようと思った時には、追い越しちゃったんだよねぇ。ちっちっ。

今度見たら天使の笑顔で注意して差し上げましょうとも( ̄ー ̄)
AD

近況

テーマ:
たまには、自分の近況でも書きましょうかね。

jyujyu7さん、心配してくれてありがとう~♪の腕の骨折ですが、折ってからはや4ヶ月。
普通なら完全にくっついてるくらいですが、骨がヘンな風にくっつかないように金具を外側に装着しているだけで折れている骨の部分は何もしてません>自然に任せるらしいです。
なので普通よりちょっと時間がかかるみたいスね。

色々な方法がありましたが、折れ方や骨の細さでこの金具を装着する事になりました。


↑創外固定といいます。サイボーグみたいでカッコイイでしょ♪(笑)

折れてる部分は、骨と骨が結構、離れているので、この金具が外れるまで「あと2~3ヶ月かな」と先月末に言われますた。

日常はやはり庇うせいか肩こりがヒドいですが、重いものを持てない以外は、普通に暮らしてますのよん。
骨折当初は、みんな女王様のように扱ってくれたので、楽しかったです(笑)
最近は、自分自身でも折れてる事をたまに忘れたりしますので、ちょっと危ないです。

今、うちの猫が1Fで大鳴きしてたんだけど、旦那が2Fから「一階で鳴いてるとうるさいからこっちきなさい!」と怒鳴ったら「ん~~~!!」と返事をしながら階段を上がってきました!

こりゃ遊べの催促だな・・今日はもう眠いんだが仕方がない。ゲボクに徹します(笑)
AD
こちらのサイトさんでかわゆい仔猫の里親を募集しています。

しるばとねこ 里親募集

しるばとさんは、個人的に動物の保護ボランティアをしている方です。
うちの猫が飽きて食べなくなった缶詰(飽きるとはどういう事だ(▼▼メ))などをお送りさせて頂いたのがご縁ですが、現在犬2匹、猫8匹を保護されています。
中には介護が必要な老猫もいます。しるばとさんを必要とする犬や猫がきっとまだまだたくさん出てくると思いますので、可愛いリンちゃんの里親さんを募集されてます。


リンちゃんでーす。生後1ヶ月くらいの男の子です。
可愛いでしょ!!!いたずらっ子で元気一杯!他のにゃんことも仲良く出来ます。
人間にもベタベタの甘えたさんです。


鈴ちゃんでーす。生後8ヶ月くらいの女の子です。
沖縄の地域猫でしたが、子供を産んだ形跡があり乳腺炎で熱があってグッタリしている所を保護。
治療後、避妊予定です。
元々地域猫の中の力関係でも一番弱く、餌にもちゃんとありつけていなかったようです。



保護主さんは、事情により関東と沖縄を行ったりきたりしていて、沖縄のある島でリンちゃんを保護したそうです。リンちゃん、鈴ちゃんとも現在は関東で保護しています。

リンちゃんを拾った島は、デートスポットになっている反面、犬や猫を捨てる人が後を絶たず、捨てられた犬猫は結局、行政によって殺処分されているのが現状です。
捨てないで基金

やはり何が悪いって一番悪いのは、自分の手は汚さないで捨てる人だ。極悪だ。
捨てられた犬や猫は、飼い主を待ち続けます。挙句に殺処分です。

行政が頼りない以上、避妊や去勢を徹底して、現状を一人でも多くの人に知ってもらうしか今は手がないのかなと暗~い気持ちになってしまうよ、ホントに。
AD

脱走防止措置

テーマ:
猫の脱走防止措置です。

うちの猫は、まず網戸は軽く開けてしまいます。
テラス窓も軽く開けてしまいます。

1Fは容易に脱走できてしまうので、網戸の後ろに書類用のクリップ・・何といったら良いか・・ガチャ玉のプラスチック幅広版とでもいいましょうか・・に、紙を挟んでレールに挟み込むと網戸は意外と動きません。

↓コレ


で、窓の方はつっかえ棒をしとったんですが、なーんと。
最初はよかったけど、そのうち両手で棒をはさんで持ち上げ、外すようになってしまいました。
猫の執念恐るべし。


そこで旦那考案の「内側に鍵」

コレです↓              裏から見た図
   

防犯グッズ?みたいなんですが、ホームセンターで発見しました。4個入りで数百円です。
そのままだと使えないので、固めのスポンジ?(黒い部分)をボンドでつけて使用してます。
つまみを回していくと固定されます。着脱がラクだと思います。

ただ難点は、窓を全開にして取り付けないと、反対側を開けてしえるという事です。
夏はいいと思いまーす。

今は「お外は怖い」と思うようになったらしくて出たがらなくなったけど、何度か脱走した時はもー大汗でした。

現代は、ホントに事故や伝染病が怖いですからね~。
おうちで快適にすごせるように、飼い主はゲボクな日々でございます(笑)

怪しいおばはん

テーマ:
うちの愛猫ですが、小さな頃からして欲しくない事をした時は「ダメ!」とか「コラッ!」とか言って教えてましたが、反抗期だったらしい生後半年から1歳半くらいまでは「ダメっ!」と言うとかえって面白がってやるような状態でした。

後から「大声で怒鳴ったり、体罰をしては絶対にダメ。して欲しくない事は、無言で阻止するように」とあって、ぎょぇぇっ!と思いました。体罰は顔を噛まれた時に反射的に頭をペシッと叩いたりしてました・・。
飼い主がダメなことばっかりしていた・・。
でもそのお陰で「ダメ」=してはいけない事というのは、理解している・・と思っている私でした。

元々、猫に対しては、普通に話しかけたりしてたんだけど、最近「コイツ実は人間の言葉ってかなりわかっているんだな」とつくづく思います。

なので、ただ「ダメ!」というよりも人間の2~3歳児に説明するように順序だてて理由を説明するようにしてみました。

よく言う事を聞くようになりました。ただ「ごちゃごちゃウルサイから大人しくしとこ」ってのもあるかもしんないけど。

当然「わかってるけど、したいねん!」という気配ムンムンの時もあって、こういう時は反抗期の子供のようだなと思います。
まぁ当たり前の反応だわな。言う事をよく聞くという時点でかなりエラいと思うし(親ばか)

が、所詮は世間の目から見たら、ただの猫なので、スで話しかけている私は、はたから見たらただの危ないオバはん以外の何者でもナイ。


「まったくな~、うちのおかん口うるさいねん。何とかしてや~」
またマが空いてしまいました。
実はHPを突貫工事してたら、骨折している部分の筋肉がパンパンにはっているのをリハビリの先生に見破られ(笑)「まったく動かさないのもまずいけど、肩こりしている時は休ませてね」とアドバイスを頂きましたので、肩こりしているうちは、無理しないようにしてます。
って、もうずーーーーっとなんだけどね、ずーーーーーっと(笑)とりあえず、だましだましいきまーす。

さて、正直私の感想としては、K氏の事は、2度と同じ過ちを繰り返さないでくれれば、どうでもええ。
現在こうなってしまったのは、自ら撒いた種だからー。
もう初老にさしかかる年齢で、人生の残りも多いとは言えないのにこの状態。
平穏な老後が過ごせるとは思えない。正に因果応報・・だと思うから。

企業とかでも、利益ばかり優先してて「自分だけがよければいい」な所は、必ずおかしな問題を起こしてニュース沙汰になってると思う。
やり方を間違えていると・・間違い続けていると、膿になって破裂しちゃうんだね。

いつも思うんだけど、問題が持ち上がった時に逃げてしまうのが一番ラクだ。
でも、逃げてその場は、難を逃れても、しばらくしたらまた同じ事が起きる。
「まだ気付かないのんかっ!!!」とでも言う風に、何度も繰り返し、問題はどんどん大きくなっていく。
そして、やっと気付いて何とかしなきゃと思った頃には、大変な事になっているというですね・・。
これは、金銭面でも恋愛面でも対人関係でも何でも一緒。

最初の時点で解決してればダメージも少なかったものを・・というのを学んだので、なるべく困難な事からは逃げないように、踏ん張って頑張ろうと思っています。

だから友達から悩み事を相談された時は「若いうちに気付いてよかったやん。トシとってからだと頭も固くなってるから考え方ややり方を変えるってのは厳しいでしょ?キツイでぇ~」と言っています。

やっている事、やろうとしている事がスムーズに進まなかったり、問題が起こりまくったり、どうも上手くいかない時。
それは、その人にとって必要のない事か、時期が早いか、やり方が間違えてるから、変えなさいという事だと思います。
K氏の場合、やり方も考え方もマズいままずっときてしまったので、こうなってしまったんだと思います。

話がそれましたが、一番気がかりなのは、今いる犬猫たちの命と環境です。
出来る事は協力したいと思ってます。ご隠居さんにはメールしてみました。
話し合いの掲示板に入っている人たちも、まずは動物の命。この点ではみな同じ意見でしょう。
何だか論点がズレてて、喧々囂々になってる一面もあるみたいですが・・。

ネットって便利だけど怖いよね。文章って抑揚がない。実際に会って話すのと全然違うから誤解を生みやすい面もある。
また顔が見えないから、本音がいいやすいって面もあるんだろうけど。

喧嘩の内容にもK氏にも興味はありませんが、二度とこんな事がないように、今いる犬猫たちが幸せになるように。とても悲しい結果になってしまった過去にK氏に引き取られて亡くなった犬猫たちに感謝の気持ちと魂の平穏を、お祈りさせていただきます。生まれ変わったら、絶対に幸せになるんだよ。
続き。北海道で犬を11匹連れたニャンコ先生ことK氏を見かけた方は、動物愛護ってなぁに? の管理人さんまでメールにて通報下さい。

さて、北海道警察ですが何もしていません。
犬猫の所有権はあくまでK氏にあるから何もできないと、何度通報されても何もしなかったようです。
いくら鍵を渡されたとはいえ、不法占拠した時点で犯罪だと思うんだけどなぁ・・。

愛護センターや札幌獣医師会の人たちが何度か視察に行き、環境改善の勧告書を出したりしたみたいですが、破られていたそうです。

そう、環境・・。K氏のHPでは、ある女性から預かった鍵で入り込んだ直後のまだキレイな画像が掲載されていますが、そこはあっという間にうんも屋敷と成り果てていました。

K氏曰く「犬が30匹もいたら、1日でああなるのは当然だ。新聞に載ったりネット上で非難されたせいで今までいたボランティアも全ていなくなって一人では毎日世話ができなくなったせいだ」のような事を言っていたみたいです。

何故、たくさんの犬猫を集めるのかについては、10匹や20匹程度なら「募金を」とは言いにくいが、100匹、200匹なら募金は集まるというのが本当の所であろうという見解です。
実際に、K氏が集めた犬猫は数百匹に登っているそうですが、生き残っているのは、現時点で犬が11匹、猫が30匹ほどらしいです。
また里子に欲しいという申し出があっても、拒否していたらしいです。・・・おかしいって。

某巨大掲示板では、愛護の事を愛誤と言うようですが、確かに愛誤な人も多いのは事実です。
(K氏の場合は、愛誤以前)

こういう人もいます。
<「犬臭い」で逮捕>15匹とワゴン車内で生活

これでは、緩慢な虐待以外の何者でもないでしょうね。
確かに可哀想だという気持ちはわかります。でも自分の限界を超えて保護し、結果虐待に近い扱いをする、また本人がその事に気付いておらず、良い事をしているという意識がある場合は、もうどうしようもない・・。

現在はネットが発達し、若い人ほど現状を知りやすくなっています。
こういった愛誤問題・・限界を超えて避妊・去勢もせずに結局は多頭飼い崩壊を起こすのは、高齢の方が多いような気がしてなりません。結局は、知識がないのだと思います。
改めて「知ること」の大切さを痛感します。

こういう問題を知った時。ここを見て怒り悲しんで下さった方もいらっしゃると思います。
どうぞその怒りや悲しみを祈りにかえて、少しでも不幸な命がなくなるように祈ってあげてください。
う~~ん・・。書こうかどうしようか迷ったんだが。

実は、ここ数日 全国地域別の里親募集のリンク集と掲示板を作成している(といってもフリーのCGIを使用させてもらってます)んだけど、細かい設定も終わって、ほなリンク貼ってこかー、まずは北海道からねーとググってみたのねー。

北海道とか東北とかは、寒いし、きっと野良にゃんずとか捨てわんずとか少ないんだろうなぁと漠然と思っていたラーーーーー。

まず最初にヒットした「ニャ○コ先生の家」というサイト。
HPの内容を見ていたら「誹謗中傷が多いので掲示板はパスワード制」とか、「ヤラセ報道に怒り!」とかの日記が書いてあるので、胡散くさいなぁ、火のない所に煙はたたないし・・ここは載せるのヤメよう。
里親募集はしてないみたいだし、とパスして他を探してみたのねー。

で、「北海道 犬猫」とかで検索を続行してたら、でてくるでてくる○ャンコ先生(通称K氏)。
今、道内で話題?のヒトだったのねっ!?知らなかった~。
テレビでも放映され、札幌タイムスでは連載もされているそうです。

まず某巨大掲示板にこの人のスレがあり、どうもこのスレの住人は大変お怒りのご様子。
で、貼ってあったURLに飛んでみて、詳細がわかりました。

動物愛護ってなぁに?

犬猫ちゃんシェルターの話し合い

ざっと紹介すると・・・。

・20年程前から犬猫のボランティアを開始。

・ワゴン車で犬猫を連れて街頭で募金を募ったり、近年ではHPを立ち上げ、サイト上で募金を募ったりする。
 (会計報告は一切ない)

・ペットホテル?もしていたらしい。

・ある道内の人が、都心で飲食店を開く準備の為、留守にするので飼っている犬3匹をK氏に預ける。
 (当然有料) その際に、借りていた家の鍵も一緒に渡す。準備も終わり戻ってきたら家の中には30頭ほどの犬が。
 一緒にいたお姉さんは噛まれ、愛犬も噛まれて傷だらけだったらしい(うろ覚え)
 その後、その場所を不法占拠しまったく出て行かない。

・ある男性が、事情があって猫3匹をK氏に預かってもらう事に。ワクチン代と預かり賃を渡す。
 その後、猫を飼える環境を整えてK氏に「猫を返して欲しい」旨を伝えたところ拒否される。
 ワクチン代を貰ったにも関わらず、3匹中2匹は、感染症か何かで死亡したのではないかの疑い。
 男性は訴訟を起こす。結局まだ猫は返してもらえないらしい。

・犬猫ちゃんシェルターの話し合いの管理人さん(ご隠居さん)が、不審に思いK氏に掲示板上で突っ込む。その都度言う事が違う、罵られるで、不審はますます募る。

・ご隠居さんや他の方とK氏の戦い?がはじまる。

・現在、K氏は犬を連れて遁走中。実は、犬は全て引き取り先が決まっていた。
 現時点でも、まだ数箇所に猫が何十匹も閉じ込められている。

・過去からずっと不法占拠まがいの事をし(家賃の滞納など)→遁走を繰り返しているらしい。

全部書くととんでもなく長くなるので、だいぶはしょってあるんだけど(これでも)

で、K氏の何が悪いかってーと・・もう一言ではいえないなぁ。個人の感情も入っちゃうし。
無理矢理一言でいうと文字通り「動物を食い物にしている」だ。

一方通行の情報を鵜呑みにするのは危険なので、犬猫ちゃんシェルターの話し合い から、にちゃんから全部読んでみた。
で、やっぱりこの人は「悪徳ボランティア」に他ならないとの結論に達しました。

札幌市民なら見た事あるんじゃないかなぁ、K氏。それくらい有名なんだってね?
閉じ込められている猫はもちろんの事(一応K氏の所有物なので手出しできない状態)、犬も持っているフードがなくなったら危ない状態みたいです。

現在、動物愛護ってなぁに?の管理人さんや、犬猫ちゃんシェルターの話し合いのご隠居さん達が行方を捜しています。
北海道民の方で目撃された方は、動物愛護ってなぁに? の管理人さんまでメールで通報してあげてください。
犬を10匹ほど車で連れて歩いているらしいです。多分、車はそのままだと思うんがどうだろう。

続く
猫に有害な植物を調べてみたら、ババほどありました。
で、こちらの「ねこまのひげ」 さんに一例が載ってますのでご参考くだされ。
メニュー「麦の庭」→「猫に有害な植物」→ページ下方に植物リストへのリンクあります。

うちにも観葉植物はあるんですが、愛猫は見向きもしなかいので安心です。
180センチのベンジャミン、買った時は1mほどだったのが いつの間にか180センチになった幸福の木、
サンスベリア3鉢、ゴムの木2鉢、スミレっぽいの(名前がわからん)。

ベンジャミンは鉢がデカいので、子猫の頃はよく土を掘り返されてました。のでダンボールで塞いでました・・。
今は、鉢に大き目の木のチップ?を敷き詰めてます。
1個が10センチくらいで、ホームセンターなどで売ってます。

幸福の木は、遊んでてエキサイトしすぎて木に抱きつき、なぎ倒しました。
散乱した土を掃除している間、ガラス戸の収納棚に閉じ込めの刑が執行されました。
で、猫草は好き?ですね。わしわし食べます。

毛玉で胸焼けするから、それを吐いて出す為だという事ですが、うちのは毛玉を吐いたのは1回だけです。
便秘気味なので便通をよくする為に食べているような感じです。
よく食べた後は、数珠繋ぎのうんもさんが見られます。うんもネックレス(コラっ)

抜け毛時期は、ブラッシングやコーミングは言うに及ばず、掃除機、コロコロまでしてるから、
あんまり毛玉にはならんみたい。
ちなみに掃除機とコロコロは、やりはじめると必ず掃除機の柄を両手で掴んで戦います。
ネコキックが炸裂します。

吐くのは、ガッついて急いで食べた時と、食べた直後におおはしゃぎをした時がほとんどですな。
人間の子供かっ。
東京で活動されている あおぞらさんからの緊急SOSです。

殺害現場の猫達
餓死現場の猫たち
青梅街道のねこたち

という3つの現場から大変な苦労をされて保護活動をされてます。

餓死現場の猫たちでは、カピカピに乾いた人間の嘔吐物が雨でふやけたものを、車が来る隙をかいくぐって一心に食べている子もいるそうです(;;)
どこの現場も幹線道路沿いな為、猫たちにとっても大変危険な状態です。

素敵な里親さまが見つかりますように。


待っているしっぽ達

前回、緊急SOSで掲載した「ダブルキャリアのむーちゃん」 が見事!幸せを射止めました!!!
むーちゃんおめでとう。これからたくさんたくさん幸せになるんだよう!