渋谷

 

 

 ここで最初の場面に戻る事にしよう。それから間もなくして私の許にやってきた人物は、拍手をしながらやってきたのだが、その意味を十分に把握していた私は、この人物の腕が私が届くところまで顔色一つ変えずに待っていた。ところが、私の視界にその腕を捕らえた瞬間、この人物の拳が私の顔に襲い掛かってきたのである。それを寸前ところでかわすとその勢いが余ってしまい、暗渠の中の壁にめり込んでしまったのである。それでも怯む事無く、この人物は私に拳を浴びせ続けていた。それから私は暫くその拳に付き合っていたのだがすぐに飽きてしまったので、とあるタイミングで反撃すると、私にその主役が回ってくるまでそんなに時間はかからなかった。そして、この人物に水を使った拷問を仕掛け、三途の川の中間地まで追い詰めると、ようやくそこで最新式の暗視ゴーグルを外し、この人物がもっていた携帯電話を取り出し、本来私が話さなければいけない真の相手の許に電話を入れた。しかし、その電話が私の近くで鳴っている事に気が付くと、すぐさま臨戦態勢を整えて、そこからの脱出を図ったのである。その爆風で私は軽い怪我を負ってしまったのであるが、その足で本来私が話さなければいけない真の相手に向かうとすぐさまプレゼンテーションを始め、私の下した結論を話したのである。果たして、この相手は私の説得に応じるのだろうか・・・・・?

 

 

翌日

 

 

 場面は再び、最初に戻るのだが、次にこの暗渠の中の川に轟いたのは、私が普段から訊き慣れているあの人物の足音だったのである。この人物は私の格好を見た途端、すぐに暗視ゴーグルを身につけて、自分が今所持している全ての武器を私に見せ、その全てを私に預けたのである。その全てをチェックすると、複数のジュラルミンケースをこの人物の前に並べてその中身を見せたのである。ところが、その表情の微妙な変化を読み取った私は、すぐさまその当時お付き合いをしていた恋人エヴェリナ飯ノ瀬戸オーヴィル未知(=エヴェリナ いのせど オーヴィル えっくす)の名前を叫び、未知を呼び寄せた。未知は程無くして私の許にやって来たのだが、案の定、未知の背後には、私の妹であるウィンクブルードメア御幸町通道場愛澄(=ウィンクブルードメア ごこまちどおりみちば ありす)の姿があったのである。その事を想定していた私は、愛澄に今、愛澄自身が置かれている状況を説明し、愛澄を説得したのだが、愛澄は涙がぐっとこみ上げ声を詰まらせながら、私に訴えたのである。それを聞いた私は、事前に愛澄との打ち合わせ通りの行動をしたのだが、愛澄の様子がおかしい事に気が付いたのである。その瞬間、私は怒りが爆発し、瞬間湯沸かし器になってしまったのである。その轟音で辺りは騒然となってしまったのだが、この人物は私が冷静になるまでじっと我慢をしていたのである。そして、ようやく落ち着いた私の姿を見て、この人物は私に語り掛け、私を抱きしめたのである。その瞬間を私は待っていた。愛澄に口笛を吹いて“合図(=サイン)”を送ると、愛澄は、この人物に最新情報端末の“画面(=モニター)”を見せて、私の下した結論を話したのである。果たして、この人物も私の説得にじるのだろうか・・・・・?

 

 

数日後

 

 

六本木

 

 

 この街にある象徴的な商業施設にある展望台にやって来た私と未知は、お互いに手を繋ぐタイミングを計っていたのだが、なかなか手を繋ぐ事が出来なかった。その様子を遠くで見ていた私の同級生達が私を冷やかしてきたので私は必死にそれを否定したのだが、その顔色を見た途端、私の同級生達はそれ以上の冷やかしを止めた。すると、未知が手を伸ばしたので、そのタイミングで私は未知の手を繋ぐと、しばらくの間その手を離す事はなかった。そして、同じ商業施設内で未知の友人達と合流し、次の場所に向かっていたのだが、その途中で外国人同士の喧嘩の場面に遭遇してしまったのである。その外国人達の刺繍が目に飛び込んだのだが、その瞬間、私は両親の説得の際に率いていたそれぞれの仲間の刺繍が蘇ってしまい、それがこの頃はまだ無名だったあの国際シンジケートの初期の刺繍である事が後になって分かったのだが、この時はその外国人達の目を合わせない様に慎重に行動しながら、その場を後にしたのである。ところが、そのネットワークは幅広く、未知に魔の手が伸びるのにそんなに時間がかからなかった。

 

 

今日

 

 

都内某所

 

 

 日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスに戻ってきた私は、自分のオフォスに戻ると、そこには、世界で最も名前が知られているあの総合学術雑誌が置かれていたのである。ところが、その光景に馴染めなかった私は辺りを警戒し、異常が無い事を確認すると、恐る恐るその総合学術雑誌に手を伸ばしたのである。すると、その上には一枚の紙が置かれていて、そこには未知が遺言として残した最期の言葉が未知の最も得意だった外国語で書かれていたのである。それを見た途端、私は涙を必死に堪えながらページをめくると、そこには未知が侵されていた脳の難病と映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』で主人公のベンジャミン・バトンが侵された病気との関係が書かれた記事が掲載されていた。ちなみに未知は、冬季に最も流行するあの急性感染症との合併症と診断されて、あれから半年後にその生涯を終えてしまったのだが、私は今回この掲載された学説を支持していたので安堵した。そこへ愛澄から一本の電話がかかってきたので、私は先程のその総合学術雑誌の事だろうと思い込んで、話をしていたのだが、愛澄の指示でテレビの“画面”をつけると、そこには信じられないニュースが全世界に速報で伝えていたのである。それは、未知が飛び級で世界にその名が轟くあの有名な大学に在籍していた当時、専攻していた分野の論文が証明されて、その分野の難問が解明されたというものだった。私はそのニュースを耳にした途端、すぐさまそこを飛び出したのである。

 

 

渋谷

 

 

 気が付くと、私はこの暗渠の中を流れている川のあの時からじっと時が止まっている暗渠の壁に出来た痕跡に触れていた。そして、一息つくと、完全に周りの音を遮断出来るヘッドフォンをして「サイレントマジョリティー」と「渋谷川」をリピートしてこの渋谷川を上流から下流へと歩き、この時に「渋谷川」を流しながらクレジットタイトルを流し、曲が終わるとヘッドフォンを外して、気分爽快になって人混みの中へと消えるのであった。

AD

 ここで私がその当時お付き合いをしていた恋人の事を話しておくと、名前はエヴェリナ飯ノ瀬戸オーヴィル未知(=エヴェリナ いのせど オーヴィル えっくす)。私より2歳年上であり、私が現在通っている日本で最も有名なお嬢様学校と呼ばれている学校から1マイル圏内にある世界にもその名前がようやく知られるようになった私立大学の付属の学校に半年程前に転入していたのだが、その前に通っていたのが世界にその名が轟くあの有名な大学にエスカレーターで入学できる学校に通っていたという噂があるのだが、本人の口からはその事を一切話していないのだが、これまでのお付き合いで分かっているのは、飛び級で世界にその名が轟くあの有名な大学に在籍していたのだが、その時に専攻していた分野の論文をとある国際機関に提出したところ、あっさりと通ってしまった為、大学の卒業が認定されたので、名前を百津郷ブレイズ未知アーチデューク(=ももづごう ブレイズ えっくす アーチデューク)に改名して、最近、興味を持ち始めた分野の基礎をここ最近、力を入れている世界にもその名前がようやく知られるようになった私立大学の付属の学校にやって来たのだという。そもそもの私達の出会いは、あの暗渠の中を流れている川の上流にあるあの有名な交差点ですれ違ったときにお互いに目を奪われてしまい、自然とお互いの腕を掴んでしまったのである。

 

 

新橋

 

 

 私はいくつものレントゲン写真や医療参考書、脳模型と睨めっこを続けながら難しい顔を浮かべていたのである。そこへ私の名前を呼びながら研修医が駆けつけると、“診療録(=カルテ)”を持ってとある手術の見学へと傾れ込んだのだが、連日の寝不足で体力的にも堪えてしまい気が付くと、私は血相を変えて私の兄である御幸町通道場ターコットサイアー天翔(=ごこまちどおりみちば ターコットサイアー はんと)と私の妹であるウィンクブルードメア御幸町通道場愛澄(=ウィンクブルードメア ごこまちどおりみちば ありす)の許に駆け付けたのだが、翔と愛澄はその首を長くして、私の到着を待っていたのである。その姿を見た天翔と愛澄は、一切私の顔を見ずにそれぞれの小型パソコンの“画面(=モニター)”と睨めっこをしながら、私を冷やかしたのである。初めはその冷やかしに冷静に介していたのだが、だんだんその冷やかしが未知に関係することになると、自然と拳が飛んできたので、本題に入る事にしたのである。

 

 

数時間後

 

 

 白熱した議論を邪魔するかの様に私達三人の耳に訊き慣れた足音が聞こえてきたので、私と天翔は、その場を一旦離れ、しばらくその様子を窺っていたのだが、愛澄の事を溺愛していたその私達三人の耳に訊き慣れた足音を立てた人物は、なかなかその場を離れなかった。やがて私達三人の耳に時計の秒針が周りの状況に関係なくその時を刻む音が聞こえてきたのである。ところが次の瞬間、私達三人の耳に携帯電話の着信音が聞こえてきたのだが、その携帯電話の着信音が私の着信音だった為、辺りに緊張が走ったのである。その携帯電話の着信音がその私達三人の耳に訊き慣れた足音を立てた人物にも届いてしまい、その携帯電話の着信音が聞こえる方向に目をやったのだが、その姿を見た愛澄はある方向を呼びさして、普段その私達三人の耳に訊き慣れた足音を立てた人物が使っている外国語をしゃべると、それに反応して、私と天翔にその場を離れる“機会(=チャンス)”を与えてくれたので、そのタイミングでその場を離れ、潜入先に戻ったのである。

 

 

翌日

 

 

 私は未知のレントゲン写真を見ながらシミュレーションを繰り返していたのだが、そこに看護師長がやってくるといくつかの医療現場を体験しながら、私に探りを入れてきたので、最初は何となく返していた。ところが、その事に気が付いた看護師長は私の名札を改めて見た瞬間、先程の私を呼び出した時の光景が引っかかってしまい、その事について質問をしたので、私はさりげなくその質問に答えていたのだが、改めて看護師長の頭の天辺から足の爪先まで改めて見直し、そして看護師長の名札を確認すると、態度を急変させて体調不良を装ってその場を離れ、看護師長が一人になる時間を暗闇でじっと待っていた。そして、その時がやってきた。私は看護師長に対する緊急Missionを行い、息の根を止めた。

(この緊急Missionを行っている時のBGMは、必殺技を駆使して江戸中の殺し屋たちの姿を消す仕事ぶりを描いたあの大人気時代劇の「暗闇に仕掛ける」)

 

 

渋谷・新橋

 

 

 入院生活の気分転換を図る為、未知が入院している病院の許可を得てやってきたのは、暗渠の中を川へと通じる橋だった。そこから眺める川の流れにすっかり心を洗われた未知は、私に真剣な話をし始めたのである。その話を聞いていた私はだんだん堪えきれなくなり、私は未知の手をそっと握り、静かに私の額にその手を合わせると、未知はそのすべてを受け入れて優しく微笑み、病院へと戻った。そして、未知の手術が始まった。私と愛澄は、未知に気付かれる事無く、さりげなく執刀すると誰にも気づかれる事無く、私達のMissionを終えて未知が目覚めるその時を静かに待っていたのである。ところが、私と愛澄は、未知が入院している病室で起きた異変に気が付き、なんとか未知が目覚めるその時までに安全を確保したのだが、そこには私の姿はなく置手紙を残すと、その手紙を読んだ未知は、私が普段言いそうな一言を呟いて自分の時間を過ごしたのである。

 

 

赤坂

 

 

 政治の中枢が集まっているあの街から程近くにある老舗料亭には、次々の今日の予約をとっているお客様がやって来て、密談を交わしていたのだが、私達三人の“標的(=ターゲット)”がいる部屋では不気味な静けさが辺りを包んでいたのである。その光景を監視していた私達はその光景にだんだん耐え切れなくなってしまったのである。そこへ芸者がやって来て芸者遊びが始めると、その空気が一変して和やかなムードで事が運んだのである。そして、私達三人の緊張感が“最高潮(=ピーク)”になる瞬間がやってきたのである。そこから翔の指導の下、私達三人の“標的”がいる部屋以外一切音が漏れる事無く、Missionを行い、未知を陰で操っていた人物の息の根を止めると、天翔の許に戻り、この老舗料亭の営業終了時間ギリギリまで待機して、この老舗料亭に人気がなくなった瞬間、私達三人はその場を後にした。

 

 

数時間後

 

 

都内某所

 

 

 私達は死者の魂を鎮める為に読経をしていたのだが、あまりにも異様な光景だったので、近所に住む人から警察に苦情が入ってしまったので、警察官が私達の許にやって来て事情を聞かれたのだが、その話を聞いた警察官が同情してしまい、私は警察官と共に通報者の許を訪ねて同じ話をすると、意外な反応が返ってきてしまい、私と警察官はお互いの顔を見て困惑してしまったのである。その事を翔と愛澄に話すと私の同じ表情を見せたのである。果たして、私達が困惑したこの通報者が反応とは・・・・・?

 

 

永田町上空

 

 

 ある許可を得ていくつかの政治の中枢の場所を次々と訪れて、灰を散布していたのだが、ここでも警察からの職務質問を受けていたのである。そして、上司にその事を報告すると、その警察官は突然きついお灸を据えられたのである。その事に納得いかなかったその警察官は、私達三人が乗っていたヘリコプターに八つ当たりを始めたのである。ところが、そのヘリコプターを初めて目にしたので、次第に興奮し始め、隅々までそのヘリコプターを眺めたのだが、私達三人にも時間が迫っていたのである。その事を必死になって顔色に表すと、ようやくその表情を読み取って、私達三人を解放してくれた。私達三人を乗せたそのヘリコプターのメインローターが回り始めたのだが、その音があまりにも聞こえなかったので、その警察官は唖然としていた。その顔見た私達三人は笑いに耐えながらその場を離れ、次の場所へと向かったのである。カメラは私の顔をアップにして”相棒(=バディ)“が次々変わるあの人気刑事ドラマのオープニングテーマを流したのだが、その曲を耳に届いたその時、私はそのカメラに鬼の形相で睨みつけると、あの伝説の漫才師のツッコミを言い放ったのである。それを受けて同じ”相棒“が次々変わるあの人気刑事ドラマの劇場版BGMの「終わりの始まり -劇場版IIバージョン-」に変更すると、その曲を聞いた私は透かさず合格の“合図(=サイン)”を送り、そのまま撮影を続けたのである。

AD

 その頃、私の母は、世界中を飛び回り、その移動の飛行機で少し横になろうとAFS(Automatic Flight System)を操作しようとした途端、飛行機は激しく上下運動を繰り返したのである。言うまでもないが、この日は風が強く、ダウンバーストを繰り返しながら次の目的地に向かっていたのである。そんな中でも、なんとかAFSを操作して、自動操縦に切り替えると自分のパソコンの“画面(=モニター)”に視線を移すと、神業でパソコンを操作すると、再び操縦桿を握り、あっという間に空港に着陸すると、満面の笑みで颯爽とタラップを降りると迎えの車に乗り込み、あるタイミングで普段車では決して見かけることのないボタンを押すと、先程まで自分が乗っていた飛行機を木っ端微塵にしたのである。その光景に唖然とする私の母の周りの人達なのだが、私の母は、この日最高の笑顔で茶目っ気たっぷりに気取って見せたのである。



数時間後



 私の母のパソコンからの“警告音(=アラーム)”がけたたましく鳴り響いていたのだが、そこに私の母はいなかった。ところがその“警告音”が突然鳴りやむと、今度はそのパソコンが突然動き出し、颯爽と私の母の許にやってきたのである。その姿を見た私の母は何食わぬ顔でパソコンを操作すると、それまでの笑顔が消え、顔色を変えて車に乗り込むと全ての手続きを終えて、飛行機の操縦桿を握ったのである。ところで、私の母は、一体何をしていたのだろうか・・・?そして、私の母が現在向かっている次の目的地とは一体・・・?



都内某所



 気が付くと私は、病院のベットの上にいた。しかし、どうして私がここにいるのかその記憶が一切ない。ましてや今だに自分の視界がぼやけており、周りの光景を理解するまでに相当な時間を要したのである。そんな中、私の名前を叫び続ける人がいたので、その方向に目をやると、かすかであるがその当時お付き合いをしていた恋人の顔が確認できたのだが、まだはっきりとその確証が得られない。そして、もう一度、その当時お付き合いをしていた恋人の声が聞きたいので、それを顔の表情でその当時お付き合いをしていた恋人に伝えると、再び私の名前を読んだのである。すると、その瞬間、私は必死にその当時お付き合いをしていた恋人の顔を触り、これまでに聞いた事の無い様な泣き声で叫び続けたのである。その光景をすべて受け止めたその当時お付き合いをしていた恋人は、私が泣き叫ぶのをやめるまでずっと私を抱きしめてくれたのである。ところが、だんだんその当時お付き合いをしていた恋人も静かに泣いていたのである。その事に全く気が付いていない私だったのだが、後で直接、その当時お付き合いをしていた恋人から知る事となる。



 一方、私の妹であるウィンクブルードメア御幸町通道場愛澄(=ウィンクブルードメア ごこまちどおりみちば ありす)は、最も気に入っている場所で空を見上げていたのだが、市の表情がどこか浮かない。だんだん時間が経つと愛澄は笑顔を取り戻したのだが、その時間はあっという間に過ぎてしまい、再び愛澄は浮かない顔を浮かべていた。そこへたまたま愛澄の近くを通りかかった通行人が、愛澄に声をかけると、愛澄は一切言葉を発する事無くある方向を指さしたのである。その方向に目をやるとそこにはこれまでに見た事の無い天体ショーが繰り広げられていたのである。その光景にすっかりと目を奪われてしまったその通行人は、二度と愛澄の姿を見る事はなかった。しかし、次に愛澄の姿を見かけた私の兄である御幸町通道場ターコットサイアー天翔(=ごこまちどおりみちば ターコットサイアー はんと)は、すぐさま辺りを警戒し、臨戦態勢を執ったのである。ところがその光景を見た愛澄は、天翔にある“合図(=サイン)”を送ると、その“合図”を受け取った天は、間違って受け止めてしまいちょっとした兄妹喧嘩に発展してしまったのだが、そこへやってきたのが・・・。



数日後




渋谷



 病院からの帰り道、私は母の姿を見かけたので、声をかけると、私の母はさりげなく近くの喫茶店に入り、飲み物を注文しそれが届くまでなぜか二人の間に重苦しい空気が流れていた。しかし、私達の許に注文した飲み物が到着してもその空気が変わる事はなかった。そんな中、私は意を決して母に話しかけると、私の母は一枚の写真を私に見せたのである。ところがその写真を見てもその意味が分からないので、追求してみると今度は、私に私の母のパソコンの“画面”を見せると一本の動画を見せたのである。それを見終わった私は、次の瞬間、私の母にありきたりの冷や水を浴びせると、その喫茶店のレジに一本の札束を叩きつけると人生で一度入ってみたい台詞をその喫茶店の店員に言うと、その時居た喫茶店のありとあらゆる人が私の後姿を見送ると、次に視界に捉えたのが私の母だったのである。その時、私の母は・・・。



 どのくらいの時間が経ったのだろうか気が付くと、私はあの暗渠の中を流れている川の下流にある、とある橋の橋下にいたのである。するとそこへやってきたのは先程、私にありきたりの冷や水を浴びせた母の姿だった。しかしよく見ると先程とは全く違う姿だったので、私は戸惑いを隠せなかったのだが、私の母は落ち着いて私に話しかけたのである。そして、私の母の話が終わると、私の母は静かに私の許を去ったのである。しかし、私はその場を離れる事はなく、この日私は家に帰る事はなかったのである。



数日後



 私はその光景を見た途端、呆れてしまい私の父に心許無い言葉を浴びせたのだが、私の父は少年の様にあどけない笑顔で私を見つめたので、私は静かに心の中で詫びたのである。そして、やってきたのはこの街で一番流行している店へとやってきて、しばらくの間、時間を忘れて楽しいひと時を過ごしたのだが、次の目的地に向かう途中の車内で、さりげなく私に一枚の写真を見せたのであるが、その写真を見た途端、私はその目を丸くして私の父を見つめたのである。すると、その表情を想定していなかった私の父は内心焦りながらも話を続けると、私は私の父の話を聞いて次第にある決意を固めると、次の目的地には行かず、そのまま家路についたのだが、この日は自分の部屋から一歩も外へでは出ず、やがて私の部屋に朝日が差し込んできたのである。ところが、私はいつの間にはそこにはいなかったのである。果たして、どこへ行ったのだろうか・・・?

AD

渋谷



 ふと気が付くと、私は暗渠の中の壁に残っている傷をそっと指でなぞりながら目を閉じていた。そこへ私の許に近づく足音が辺りに轟き、しばらくの間、川の細流(=せせらぎ)はかき消され、辺りに静かな緊張が走っていた。それを背中で感じながらも私は、その足音が聞こえなくなるまで、目を開ける事無くじっとその場から離れる事はなかった。やがてその足音が私の許へとやってきて、辺りに再び川の細流が聞こえると、私の許にやってきた人物の息遣いが、私の肌に触れた。その瞬間、私はその人物に抱き着くと縦横無尽に暗渠の中を走り回り、気が付くと私の目の前にその暗渠の中の壁に残っている傷の前で立ち止まってしまったのである。すると、ようやく私の許にやってきた人物が言葉を発したのだが、その言葉を聞いた途端、私はようやくそこで我に返ったのである。



数年前



都内某所



 私は、意を決して片思いをしていた人に告白をした。すると、相手も私を意中の人と思っていたのでお付き合いをしていたのだが、私の体調に異変が起きたのはそれから間もなくの事だった。私の苦しむ姿を見て、両親と一緒に病院で診察を受けると、医師からはしばらくの間入院する様にという事だったので、私は病院のベットで時間を持て余していた。その頃からだろうか。だんだん両親がお見舞いに訪れる回数が極端に減ってきたので、私にもだんだん不安を感じる様になってきたのだが、私の同級生たちが毎日お見舞いに来てくれたので、私も気が紛れる事が出来たのだが、ふと一人の時間が訪れると、大きな不安が私に襲い掛かって来るので、その強いストレスから入院生活が長引き年の半分の時間をベットの上で過ごしてしまったのだが、ようやく退院する事が出来、我が家に戻ってきたのだが、そこにも両親の姿はなく兄妹がいた。その光景を見た途端、私は勢いよく飛び出し涙を流しながら走り続けていたのである。



数時間後



 とある人混みの中から私の姿を見つけたその当時お付き合いをしていた恋人は、必死に私の名前を叫び続けたのだが、返事が一向に返ってこないので、意を決して私を振り向かせる強烈な一言を叫ぶと、私はふと足を止めて、その当時お付き合いをしていた恋人の胸に飛び込みあるれる涙を抑えきれずそのまま二人は、抱き崩れてしまったのである。そして、ようやく立ち上がると、周りの視線が気になったので、何食わぬ顔でその場を離れようとすると、通行人の一人から私が赤面してしまうほど恥ずかしい言葉をかけられると、それと同時に拍手喝采を浴びたので、二人は手を振ってその期待に応え、家路についたのある。



数か月後



日本で最も有名なお嬢様学校と呼ばれている学校



 この日もいつも通り、登校したのだが、いつも使っている通学路や通勤電車の中で妙な視線を感じた私は、少し時間をかけて登校した為、案の定、私が在学していた時の担任だった五十里出メークレス美香愛メア(いかりいで メークレス みっしぇる メア)から呼び出され、職員室へとやってきたのである。すると、メアの顔つきが変わったので、私はその覚悟を決めて、精一杯の謝罪をメアにしたのだが、メアが私を連れてやってきたのは日本で最も有名なお嬢様学校と呼ばれている学校の理事長室だった。日本で最も有名なお嬢様学校と呼ばれている学校の理事長についての情報をそれほど持っていなかった私は、その部屋の前にやってきた途端、つい言葉を失ってしまったのと同時にすっかり舞い上がってしまったのである。その光景を見たメアは、私に緊張感を与える言葉を言って、私の気を引き締め直したのである。そして、その扉を開いた瞬間、私は思わず我が目を疑ってしまったのである。果たして、私が見た衝撃の光景とは一体何だったのだろうか・・・・・?



翌日



銀座・渋谷


 私は久し振りに私の兄である御幸町通道場ターコットサイアー天翔(=ごこまちどおりみちば ターコットサイアー はんと)と私の妹であるウィンクブルードメア御幸町通道場愛澄(=ウィンクブルードメア ごこまちどおりみちば ありす)で買い物を楽しんでいたのだが、ふと路上に見慣れた携帯電話が落ちていたので、それを拾うと、天翔がその携帯電話を勝手に操作するとその携帯電話の持ち主が私の父であることが分かったのだが、次の瞬間、天翔の目つきが変わりいつの間に私の父の所有している携帯電話に洗脳され操られてしまったのである。その光景を理解できなかった私と愛澄は、天翔の後をついて行くしかなかったのである。そして、私達がやってきたのは暗渠の中を川へと通じる橋へとやってきたのだが、その目と鼻の先で激しい怒号が飛び交っていたので、私達は暫くの間その場に身を隠して、時を過ぎるのを待っていたのだが、天翔がとあるタイミングで飛び出すと、それまで飛び交っていた激しい怒号が消えていたので、私と愛澄を呼ぶと、再び歩を進めて、その暗渠の中を流れている川の方へと足を踏み入れたのである。しかし、それからの事は全く覚えておらず、気が付くと家路についていたのである。果たして、私達は一体何をしたのだろうか・・・・・?

“色眼鏡(=サングラス)”

テーマ:

 日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員(=フライトアテンダント)”の主税山河亜沙(=ちからのせんがわ あーさ)と木綿麻山院妃(ゆうやまいん ありす)が身柄を拘束されている日本人がいる国にやって来ると、早速、二手に分かれて、Missionを始めたのだが、拘束された日本人の許にやって来た亜沙は、すっかり舞い上がってしまい、しばらくの間興奮を隠し切れず、なかなか自分のMissionを行う事が出来なかったのだが、その事を察した周りのこの入国審査官達が、現実に引き戻してくれたのである。そこでようやく落ち着きを取り戻すと、拘束された日本人にやさしく語りかけたのである。すると、亜沙は、すぐさま自分の小型パソコンを取り出し、操作を続けていると、だんだんその表情が厳しくなり思わず、今、自分が身に着けているあるものを取り出すと、隅々まで観察し始めたのである。そして、複数回その同じ作業を繰り返していると、それを身柄を拘束されたこの日本人に見せた。ところが、その光景に周りにいた入国審査官達がすばやく反応し、緊張が走ったのである。



都内某所



 一方、妃の姉である木綿麻山院女王(ゆうやまいん れいら)と私がやって来たのは、ここ最近、ビジネス街として発展しようとして大きな注目を集めている街にある特徴的なオフィスビルだったのだが、それを見て、気持ちを引き締め直すと、神妙な面持ちで中へと入って行ったのだが、すぐに乗ってきた車に戻り、しばらく張り込みを続けていたのである。すると、ここ最近、ビジネス街として発展しようとして大きな注目を集めている街にある特徴的なこのオフィスビルの前に一台の車がやってきて、車のドアが開いた。その光景を見て、女王と私は慌ててその後を追いかけたのだが、あまりにも逃げ足が速かったので、あっという間に撒かれてしまったのである。しかし、そこから女王と私の逆襲が始まり、何とかこのMissionの“標的(=ターゲット)”の身柄確保に成功したのである。



 同じ頃、日本のファッションを発信し続けるこの街に国産の最高級車が車列になって、現れたのだが、その光景を見た多くの野次馬が一斉にカメラのレンズを向けたのだが、次の瞬間、それらのカメラに収められた写真には誰しもが、そのカメラを手放さなければならない衝撃的な瞬間が映し出されたのである。その車に載っている人物こそ国際シンジケート『トロンハイムの“快速(=アルスヴィズ)”で出会った“旅人(=スヴィーウル)”の“番人(=へーニル)”』の“首領(=ボス)”の娘である通称“イリス”だったのである。国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”は、すっかり日本人に成りすましており、なかなか“イリス”と見分ける事が出来なかったのだが、“イリス”が両手に溢れんばかりの荷物を抱えて、日本のファッションを発信し続けるこの街を歩いている時こそ、“イリス”が本性を現す時だったので、その時こそが私達SPOのメンバーが、“イリス”に身柄確保をする最大の“機会(=チャンス)”だったのだが、この街には私達SPOのメンバーの姿がなかった。



数日後



羽田空港


 空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにある妃のオフィスに集結した女王と私は、現在、拘束されている日本人の交渉を行っている亜沙と妃と打ち合わせを行っていたのだが、この日、空港ターミナルでは日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のライバル会社である日本では名前を知られているあの航空会社の“客室業務員”の新作制服発表お披露目イベントが開催される為、多くのカメラ小僧達が集結していたのだが、それを知った亜沙と妃は、飛行機を同じく空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスのSPOのメンバーのみが立ち入る事が許されている“区域(=エリア)”に到着させようと提案したのだが、それを聞いた女王と私は、それを二つ返事で受け入れたのである。その理由を聞いてみると、亜沙と妃の許にフォルダが届けられたのだが、そのフォルダを見た亜沙と妃は、ようやくその理由に納得し、私達SPOのメンバーの女性メンバーは準備に取り掛かったのである。



数時間後



 日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のライバル会社である日本では名前を知られているあの航空会社の“客室業務員”の新作制服発表お披露目イベントがようやく終わり、すっかり元の姿に落ち着きを取り戻した空港ターミナルだったのだが、このイベントにゲスト出演した日本を代表する出版社が発行する大人気女性ファッション誌の専属モデル達がなかなか帰らなかった為、次第に多くの空港関係者から目をつけられる様になったのである。その報告を日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員”から聞いた私は、すぐさま女王の許に駆けつけて、耳打ちをすると、女王にある妙案がひらめき、それを実行に移すと、あっという間に空港ターミナルから日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のライバル会社である日本では名前を知られているあの航空会社の“客室業務員”の新作制服発表お披露目イベントにゲスト出演した日本を代表する出版社が発行する大人気女性ファッション誌の専属モデル達が一斉に姿を消したのである。その出来事は、亜沙と妃とそれに亜沙と妃の交渉によって解放された日本人が搭乗している日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の飛行機が、羽田空港の管制塔から肉眼で確認できる位置だったのである。そして、同じく空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスのSPOのメンバーのみが立ち入る事が許されている“区域”に亜沙と妃とそれに亜沙と妃の交渉によって解放された日本人が搭乗している日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の飛行機がやってくると、俄かに現場に緊張が走り、そんな中、亜沙と妃にようやく亜沙と妃の交渉によって解放された日本人が日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の飛行機を降りて、私の前に姿を現したのだが、そこで初めて亜沙と妃の交渉によって解放された日本人と対面したのだが、この後、私達SPOのメンバーの女性メンバーは一斉に自分の武器を構えて臨戦態勢を整えたのである。果たして、何が起きたというのだろうか・・・・・?

“色眼鏡(=サングラス)”

テーマ:

 日本のファッション流行発信基地としてその名を世界に轟かせ始めているこの街に新たな日本発のファストファッションブランド店がオープンするのだが、それを記念して、この日イベントが開催されていたのだが、そこへこのファストファッションブランドを手がけた私と同じ大学に籍を置いているファッションプロデューサーのカーウェンズがこの店の前に姿を現すと、一斉にマスコミの注目の的になり、その光景に少し戸惑っていたのである。そんな姿を見て、カーウェンズの関係者が透かさず“合図(=サイン)”を送ると、その“合図”を受け取ったカーウェンズは、颯爽と日本のファッション流行発信基地としてその名を世界に轟かせ始めているこの街に新たな日本発のこのファストファッションブランド店の中へと消えたのである。そして、イベントに招待された著名人やファッション関係者達が、続々と日本のファッション流行発信基地としてその名を世界に轟かせ始めているこの街に新たな日本発のこのファストファッションブランド店の前に集まっていたマスコミの前にやって来ると、次々と取材を受けたのである。



数週間後



ルガーノ



 突然、轟いた銃声や爆発音に、人々は大パニックに陥ったのである。そんな中、地元警察が調べを進めていると、その現場に犯人が残したと思われる置き土産が発見されたのだが、その置き土産を手に触れた瞬間、その置き土産が牙を向いたのである。そして、その置き土産がすべてなくなった事を知った犯人が、その置き土産を手に入れる為、この地を離れたのだが、その途中、犯人の許に連絡が入ったのだが、だんだんこの犯人の怒りが頂点に達し、いつ瞬間湯沸かし器になってもおかしくない状況だったのだが、そこへ殺気を感じたので、その方向に振り返ってみると、この犯人に向けて銃弾が飛んできたので、すぐさまその場に伏せて身を隠したのだが、次の瞬間、この犯人の咄嗟の判断で自分が所持している武器を使用して、応戦すると、犯人を狙っていた人物が銃弾が倒れる様な音が聞こえたので、その事を自分の目で確かめようとしたのだが、この犯人と連絡が途中だったので、再び連絡を取ると、地元警察の目を掻い潜って、ようやくこの街を後にしたのである。



羽田空港



 一方、同じ頃、空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにいた日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員(=フライトアテンダント)”の主税山河亜沙(=ちからのせんがわ あーさ)は、日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員”達と談笑していたのだが、同じく空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにある木綿麻山院妃(ゆうやまいん ありす)のオフィスからけたたましい“警告音(=アラーム)”が亜沙の耳に届いたその瞬間、すぐに妃のオフィスに入ると、その“警告音”を発していた妃のオフィスに設置されているパソコンの許に向かい操作をしながら、、“画面(=モニター)”に視線を移すと、そこにはある日本人の名前が書かれた書類が映し出されたのだが、その“画面”を見て、だんだん亜沙の表情が厳しくなり、すぐにそこから逃げようとしたのだが、案の定、その書類を送った送り主から連絡が入ったのである。ところが、現在、空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスには亜沙しか私達SPOのメンバーがいなかったので、亜沙は意を決して対応したのだが、そこには大きな壁が亜沙の前に立ちはだかったのである。果たして、亜沙の行き手を阻む大きな壁とは・・・・・?



翌日



都内某所



 私達SPOのメンバーの視線は、日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある休戸郷田巽(=やすんどごうだ たつみ)のオフィス内にある“会議(=ミーティング)”ルームで、この日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある巽のオフィス内にある“会議”ルームに設置されている最大の“画面”に集まっていたのだが、その日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある巽のオフィス内にある“会議”ルームに設置されている最大の“画面”に映し出されたのは、数週間前、ルガーノで起きた事件の一部始終が収められている監視カメラの映像だったのだが、そこには国際シンジケート『トロンハイムの“快速(=アルスヴィズ)”で出会った“旅人(=スヴィーウル)”の“番人(=へーニル)”』の“首領(=ボス)”の娘である通称“イリス”の姿が映っていたのである。国際シンジケート『トロンハイムの“快速(=アルスヴィズ)”で出会った“旅人(=スヴィーウル)”の“番人(=へーニル)”』の“首領(=ボス)”の娘である通称“イリス”は“色眼鏡(=サングラス)”型の殺人兵器を製作して、それを使って自分が生まれ育った国の政府高官を暗殺するのだが、私達SPOのメンバーが注目したのは“イリス”が製作したとされる“色眼鏡(=サングラス)”型の殺人兵器だったのである。それを詳しく分析した私達SPOのメンバーの女性メンバーは言葉を失い、再び日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある巽のオフィス内にある“会議”ルームに集結し、妃が中心となって身柄を拘束されている日本人の交渉を行ったのだが、そこへ愛宕川原屋山登(あたごがわらや やまと)から日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある巽のオフィス内にある“会議”ルームに設置されている“画面”にある映像が届けられたのだが、その映像を見た私達SPOのメンバーの女性メンバーの目の色が変わり、一旦、私達SPOのメンバーの女性メンバーは身柄を拘束されている日本人の交渉を中止したのである。果たして、山登から日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある巽のオフィス内にある“会議”ルームに設置されている“画面”に映し出された映像を見た私達SPOのメンバーの女性メンバーが、身柄を拘束されている日本人の交渉を一旦中止したその理由とは・・・・・?



欧州某所



 国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が、この地で有数の高級ホテルの一般宿泊客の入り口と別の入り口に高級車で乗りつけて、ホテルの中に入ると、このホテルのフロントに自分の両親である国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の秘書の姿を見つけると、逃げる様にエレベーターホールにやって来ると、到着したばかりのエレベーターに駆け込むと、慌ててエレベーターのドアを閉めて、自分の宿泊している部屋の前にやって来ると、カードキーを使って部屋の中に入った。そして、部屋の中をとりあえず一通り部屋の中を隅から隅まで見渡すと、国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”の顔色が、突然変わると、慌ててこの部屋に設置されているタッチパネルを使って、自分が宿泊している部屋の全ての隠し荷物を自分が持参している鞄の中に全て詰め込むと、全ての荷物を持って部屋を後にしたのだが、そこへ入れ替わる様にこの高級ホテルの“従業員(=スタッフ)”がやって来ると、いきなり隠し持っていた武器を取り出すと、臨戦態勢を整えて、すぐさまその武器を使うと、国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が宿泊していたこの高級ホテルの部屋を蜂の巣の状態にすると、逃げる様にそこから去って行ったのだが、その銃声を聞いた他のこの高級ホテルの“従業員”が駆けつけると、そこには衝撃的な光景が広がっていたので、一目散にそこから逃げ出したのだが、次の瞬間、国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が宿泊していたこの地で有数の高級ホテルが爆音と共に大炎上したのである。果たして、国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が宿泊していたこの地で有数の高級ホテルの“従業員”が、国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が宿泊していたこの高級ホテルの部屋で目撃した衝撃の光景とは・・・・・?そして、国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が宿泊していたこの地で有数の高級ホテルの“従業員”が、国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が宿泊していたこの高級ホテルの部屋を襲撃したその理由とは・・・・・?さらに国際シンジケート『トロンハイムの“快速”で出会った“旅人”の“番人”』の“首領”の娘である通称“イリス”が、全ての荷物をまとめてこの地で有数の高級ホテルを去ったその理由とは・・・・・?

 私が、都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある休戸郷田巽(=やすんどごうだ たつみ)のオフィス内にある“会議(=ミーティング)”ルームに入ると、そこには愛宕川原屋山登(あたごがわらや やまと)の姿があったのだが、山登の顔色を窺ってみると、なんとなく私をここに呼び出した理由が分かり、“画面(=モニター)”に視線を移すと、そこにはいくつかの写真が映し出されたのだが、その“画面”を見て、山登の説明が始まったのである。すると、山登の許に見慣れない鞄が置かれていたのだが、その鞄の中から幾つかの違った種類の情報端末を取り出すと、私は興味本人でこの情報端末に注視しながら、山登の話を聞いていると、だんだん山登の手が危なっかしい動きをしていたので、心配していると、ついに恐れていた事態が起きてしまったのである。その光景を見て、私は、山登が操作していたその情報端末のデータメディアをすべて取り出すと、同じく都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある自分のオフィスへと戻り、山登が操作していたその情報端末のデータメディアを調べる事にしたのである。しかし、その途中、巽から連絡が入り、すぐさま私は警視庁刑事部捜査第二課の警察官達の許に向かったのである。


日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の飛行機の機内


 先程からこの飛行機に搭乗している乗客と、同じくこの飛行機に“乗員(=クルー)”として搭乗している日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員(=フライトアテンダント)”が大声で喧嘩を繰り広げていたのである。その声を聞いて、同じくこの飛行機の別の席に乗客として座っていた木綿麻山院妃(ゆうやまいん ありす)が、近くを通りかかった別の日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員”に声をかけて、喧嘩が起きている場所にやって来ると、絶妙なタイミングで、喧嘩に巻き込まれた日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員”と交代すると、だんだん妃が瞬間湯沸かし器になりそうな勢いだったので、その様子を見ていた日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員”の主税山河亜沙(=ちからのせんがわ あーさ)と真崎破篭井名崎亮(まさきわりごいみょうさき たすく)のうち、妃側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーが、同じくこの飛行機に“乗員”として搭乗している数人の日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員”に声をかけて、協力を要請すると、あるタイミングで、一斉に喧嘩をしているこの飛行機に搭乗している乗客に飛び掛り、事態は収束の方向に向かうのかと思われていた次の瞬間、妃が突然、自分の武器を取り出すと、臨戦態勢を整え、大声を張り上げたのである。果たして、妃は、何を目撃して、この様な行動を起こしたのだろうか・・・・・?そして、その時、妃側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーは・・・・・?


国内某所


 この地にある最近、新型車両を乗り入れた鉄道の中で、最も利用客が多い駅の構内にあるオフィスに電話がかかってきて、妃の姉である木綿麻山院女王(ゆうやまいん れいら)と妃の木綿麻山院姉妹と接触した最近、新型車両を乗り入れた鉄道の“グリーン車の客室業務員(=グリーンアテンダント)”と連絡がとりたいという趣旨をその電話の相手が求めていたので、電話を受けた最近、新型車両を乗り入れた鉄道の“職員(=スタッフ)”が、何とかしてその要求に堪えようとしたのだが、そこには最悪の“脚本(=シナリオ)”が用意されていたのである。その連絡を最近、新型車両を乗り入れた鉄道に潜入していた女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーから聞かされた女王は、悔しさややり場のない怒りなど入り交じり、ついつい物に当たったり、大声を張り上げたりして、その感情を発散していたのである。そして、女王が、女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーの許に合流すると、まずは女王と妃の木綿麻山院姉妹と接触した最近、新型車両を乗り入れた鉄道のこの“グリーン車の客室業務員”の許へと出向くと、この“グリーン車の客室業務員”の所持品を調べる事にしたのである。


数日後


 女王と女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーは、これから二人でMissionを行う場所の近くまでやって来ると、それぞれ自分の武器を取り出して準備を整えると、呼吸を合わせて現場に乗り込もうとしたその時だった。その場所に数台の車がやって来て、次々と車から人が降りてきたのだが、その中に私の姿があったので、女王と女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーは、しばらくの間、その様子を探っていた。しかし、一番の見せ場を私に奪われたくないと思った女王と女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーは、私達の後に続いて中へと入ったのである。すると、この場所のあちこちから怒号が響き渡り、女王と女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーにとって好都合な状況であった。そして、女王と女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーが行っているMissionが大詰めを迎えたその時、私の怒号が二人の耳の木霊したのである。


翌日


霞ヶ関


 警察庁で最も大きい会議室に神妙な面持ちでやって来た女王と妃の木綿麻山院姉妹は、大きく深呼吸をしてこの会議室の中へと入っていったのである。すると、そこには巽をはじめとする多くの警察庁の幹部の姿があったのである。その姿を見て覚悟を決めた女王と妃の木綿麻山院姉妹は、真摯になって、警察庁の幹部の話を聞いていたのである。そして、ようやく女王と妃の木綿麻山院姉妹に発言する機会が与えられたので、発言をしていると、巽の許に私から警視庁刑事部捜査第二課よる助け舟が入ったのである。ところが、警視庁刑事部捜査第二課よるこの助け舟が影響して、女王と妃の木綿麻山院姉妹は、警察庁で最も大きい会議室を後にして、女王は都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスに、妃は羽田空港の空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにある自分のオフィスへと向かっていたのだが、その途中、巽から連絡が入り、女王と妃の木綿麻山院姉妹に対する処分が決まったのである。果たして、警察庁が下した女王と妃の木綿麻山院姉妹に対する処分とは・・・・・?そして、その処分を聞いた女王と妃の木綿麻山院姉妹の反応とは・・・・・?

 一発の銃声に思わず足を止めたとある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われる人物は、ゆっくりとその銃声が聞こえた方向に振り返ってみると、そこには、この人物が捜し求めていた小型パソコンが置いてあったのである。その瞬間、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われるこの人物は、今までどこにそんな武器を隠し持っていたのか分からないが、突然、その武器を取り出すと、すぐに構えて臨戦態勢を整えると、この人物が所持している携帯電話も合わせて取り出し、この人物が捜し求めていた小型パソコンを遠隔操作をすると、この人物の許に一台の車が猛スピードで突っ込んできたのだが、その車の急ブレーキを合図に再び、現場に銃声が轟いたのである。すると、その光景を高みの見物をしていた木綿麻山院女王(ゆうやまいん れいら)と木綿麻山院妃(ゆうやまいん ありす)の木綿麻山院姉妹と接触した最近、新型車両を乗り入れた鉄道の“グリーン車の客室業務員(=グリーンアテンダント)”は、この人物が操っていた小型パソコンを一瞬の隙を突いて、奪い去ろうとしたのだが、あと一歩のところで、この“グリーン車の客室業務員”とは別の方向から手が伸びて、小型パソコンを奪取したのである。その光景を見たこの女王と妃の木綿麻山院姉妹と接触した最近、新型車両を乗り入れた鉄道の“グリーン車の客室業務員”は、一気に瞬間湯沸かし器になってしまったのである。こうなってしまうと、事態は収拾出来ず、警察が出動する騒ぎに発展してしまったのである。



霞ヶ関



 その頃、私はいくつかの捜査資料を見ながら、自分の小型パソコンに目を落としていたのである。そこへ休戸郷田巽(=やすんどごうだ たつみ)がやって来て、私のサポートに回ったのだが、ところが、巽の部屋に珍客の姿があったので、その連絡を受けた巽が、一旦、自分の部屋へと戻ったのだが、その直後から、私を監視している様な視線を感じたので、その視線を感じる方向に振り返ってみたのだが、そこには誰もいなかった。しかし、再びその視線を感じた私は、所持している自分の武器に手を置きながら、辺りを警戒していると、私の携帯電話が不気味に轟いたのである。その携帯電話の着信音に気がついた私が電話に出ると、その電話の相手は女王と妃の木綿麻山院姉妹だったのである。ところが、女王と妃の木綿麻山院姉妹は、現在、別々の場所にいるので、ついついその電話は長く話し込んでしまったその結果、巽が私の許に再びやって来た事にこの時はまだ気がつかなかったのである。そして、ようやく私が、女王と妃の木綿麻山院姉妹からの電話を切ると、巽の強烈な一言が、私に襲い掛かったのである。果たして、私が、女王と妃の木綿麻山院姉妹からの電話を切った後、巽に言われたその強烈の一言とは・・・・・?そして、その後、私の反応とは・・・・・?



国内某所



 一方、女王はどこかに電話をかけながら複数のパソコンの“画面(=モニター)”を見ていたのだが、そこへ女王と妃の木綿麻山院姉妹それぞれにある決断を迫られた日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員(=フライトアテンダント)”の主税山河亜沙(=ちからのせんがわ あーさ)と真崎破篭井名崎亮(まさきわりごいみょうさき たすく)のうち、女王側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーがやって来ると、この人物も女王が見ていたパソコンの“画面”を見て、女王のサポートをしていたのだが、突然、この人物の肩を叩かれたので、その方向に振り返ってみると、そこには女王が自分の小型パソコンを持って、慌しい動きを見せていたので、すぐさまこの人物も準備を整えて、女王の許にやって来ると、女王から新たなMissionが伝えられ、この人物は女王の許を去ったのである。すると、そこへ女王の許に都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある愛宕川原屋山登(あたごがわらや やまと)のオフィスにいる山登から連絡が入り、女王は山登の許に報告書を送ったのだが、その報告書を読んだ山登が、警視庁刑事部捜査第二課にもその報告書を送っていた事を後から知った女王からの怒りの抗議を山登にしたのだが、山登から聞かされたある衝撃的な事実から女王は、この人物を自分の許に呼び戻したのである。果たして、女王が山登の許に報告書がきっかけで広がった波紋の余波とは・・・・・?



 同じ頃、妃はあるタイミングを計って、妃側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーに指示を送ると、この人物によるMissionが始まったのである。ところが、Missionの様子が気になった妃が、巧みな“技術(=テクニック)”を駆使して、妃側についた亜沙と真崎破篭井名崎の内どちらかの私達SPOのメンバーのサポートをしていたのだが、この人物が相手の“罠(=トラップ)”に引っ掛かってしまい、その連絡を受けた妃が助けに向かったのだが、その時、妃がとった行動にこの人物は唖然としていたのだが、急いで、妃の許に合流すると、妃と共にそこから脱出したのだが、そこへ妃の姉である女王と同様、都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある山登のオフィスにいる山登から連絡が入り、妃も山登の許に報告書を送ったのだが、女王の事が気になった妃は、女王に探りを入れようとしたのだが、この時妃の目に飛び込んできたのは、先程、この人物が行ったMissionで奪った情報端末だった。すると、その瞬間、妃の頭の中にある妙案が閃き、その妙案を私に伝える為に連絡を入れたのだが、この時、私は、どの様な決断を下したのだろうか・・・・・?



羽田空港



 この日、空港ターミナル内にあるとある“区域(=エリア)”は、異様な空気に包まれていた。それもそのはずである。そこには、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達があり、目を光らせていたのである。そんな中、飛行機がスポットに到着し、搭乗客や“乗員(=クルー)”達が続々と目を光らせている警視庁刑事部捜査第二課の警察官達の許にやってきたのだが、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達のサポートをしていた警視庁東京空港警察署の警察官から連絡が入り、一部の警視庁刑事部捜査第二課の警察官達が、羽田空港に乗り入れられている公共交通機関のある場所に駆けつけてみると、そこには衝撃的な光景が広がっており、すぐさま応援を要請したのである。そして、その場所を警視庁刑事部捜査第二課の警察官達で封鎖し、激しい睨み合いを続けていたのだが、そこへ、この事を何も知らされていない公共交通機関の乗り物がこの場所へと近づいてきたのである。そして、その姿が現場を封鎖した警視庁刑事部捜査第二課の警察官達の視界に入ってくると、徐々に警視庁刑事部捜査第二課の警察官達に決断の時が迫ってきたのである。すると、突然、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達で封鎖した羽田空港に乗り入れられている公共交通機関のある場所にけたたましいサイレンを轟かせると、一連の現場の指揮を執る警視庁刑事部捜査第二課の警察官からある命令が下り、その指示に従って、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達は、行動を開始したのである。果たして、この後に待ち受ける警視庁刑事部捜査第二課の運命は・・・・・?

 木綿麻山院女王(ゆうやまいん れいら)と木綿麻山院妃(ゆうやまいん ありす)の木綿麻山院姉妹は、それぞれの最新情報端末を駆使して、車を見つけると、その車に乗り込みそれぞれのその最新情報端末を車に接続して、その最新情報端末の反応を待ってから女王と妃の木綿麻山院姉妹は車のハンドルを握ったのである。ところが、それぞれの目的地にやって来た女王と妃の木綿麻山院姉妹は、しばらくの間、車から降りず、それぞれの車に搭載されている“画面(=モニター)”と睨めっこをしていると、再び車に接続されているそれぞれの最新情報端末が反応したので、準備を整えて、車から降りると、それぞれのMissionを始めたのだが、予想以上に苦戦を強いられたのが、妃だった。すると、妃の姉である女王が妃の許に連絡を入れたのだが、妃は意外な反応を示したので、女王は次の目的地へと向かう事にしたのである。そして、女王がやって来たショッピングモールで、女王の妹である妃からの“合図(=サイン)”を受け取ると、いったん自分の車に戻り、車に接続していた最新情報端末を取りに帰ると、最新情報端末を再び駆使して、新たなMissionを始めた。そこへ女王の妹である妃から連絡が入ったのだが、その連絡を受けながら女王は何の躊躇いもなく自分の武器を取り出すし、その銃口を妃からの“合図”に向けると、あるタイミングでその引き金を引いたのである。すると、それをきっかけにショッピングモールが戦場と化し、激しい銃撃戦が展開されたのである。その事情を自分の車に搭載されている“画面”で知った女王の妹である妃は、どこかに連絡を入れると、目の色が変わり、次のMissionに向かったのである。その途中、女王の妹である妃が運転する車の許に妃に呼び出された人物がやって来て、妃と一言、二言会話を交わすと、妃は満面の笑みを浮かべて、妃に呼び出されたこの人物と別れたのだが、その直後、巧みな運転“技術(=テクニック)”を駆使して、証拠隠滅を図ったのだが、あまりにもその方法が大胆だった為、その現場を目撃した人から警察に通報されたので、警察車両と激しいカーチェイスを繰り広げながら、何とか警察の目を上手く撒く事に成功したのである。



国内某所



 とある交差点に突然、轟いた携帯電話の着信音。その音に敏感に反応したその時この交差点にいた全ての人が一斉に自分の携帯電話を取り出して、着信があった確認したのだが、誰一人携帯電話に着信が無かったのである。しかし、携帯電話の着信音が鳴り響いていたので、次第にその携帯電話の着信音がどこから聞こえてくるのか探し始めたのである。そして、ようやくその携帯電話の着信音が聞こえる場所が見つかったのだが、それまでの苦労を嘲笑うかの様に一人の人物が、颯爽とその携帯電話を奪って行ったのである。その光景に唖然とする人達。その人達に対してニヤリと笑ったとある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われるこの人物は、人混みの中に姿を消したのである。その光景の一部始終全てを高みの見物で見つめていたのが、女王と妃の木綿麻山院姉妹と接触した最近、新型車両を乗り入れた鉄道の“グリーン車の客室業務員(=グリーンアテンダント)”だった。その直後、この“グリーン車の客室業務員”の許に連絡が入り、連絡を取りながら、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われる人物を尾行し、タイミングを計っていたのだが、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われるこの人物にあるちょっとした“偶発的な事件(=ハプニング)”が起きてしまったので、一旦、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われるこの人物の尾行を辞めて、再び高みの見物をしてその様子を探って、再び尾行しようとしたのだが、この“グリーン車の客室業務員”にちょっとした悲劇が起きてしまい、結局、この“グリーン車の客室業務員”は、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われるこの人物を取り逃がしてしまったのである。果たして、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われる人物の身に起きてしまった“偶発的な事件”とは・・・・・?そして、女王と妃の木綿麻山院姉妹と接触した最近、新型車両を乗り入れた鉄道の“グリーン車の客室業務員”が、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われる人物を再び尾行しようとした時に巻き込まれてしまった悲劇とは・・・・・?さらに、女王と妃の木綿麻山院姉妹と接触した最近、新型車両を乗り入れた鉄道の“グリーン車の客室業務員”が、とある交差点に着信音を轟かせた携帯電話の所有者と思われる人物を尾行した理由とは・・・・・?



 その頃、私がこの地にあるコンベンションセンターにやって来ると、この地にあるコンベンションセンターを管轄している警察署の警察官二人が私の許にやって来て、私の身分を確認すると、私をこの地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの受付に設置されているパソコンの許に案内すると、そこから私のMissionが始まったのだが、そこで私は、警視庁刑事部捜査第二課のサポートをしているこの地にあるコンベンションセンターを管轄している警察署の警察官達が驚愕し、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達を大激怒させた出来事の事を知ったのだが、その事を知ってから私は、警視庁刑事部捜査第二課の動きが気になってしまい、いつもより余計な時間を掛けてMissionを行ったので、一部のこの地にあるコンベンションセンターを管轄している警察署の警察官が私の行動を疑問視したのである。ところが、私の許に都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある愛宕川原屋山登(あたごがわらや やまと)のオフィスにいる山登から連絡が入り、もう一度この地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの受付に設置されているパソコンを調べてみると、私はこの地にあるコンベンションセンターを管轄している警察署の警察官達の一瞬の隙を突いて、この地にあるコンベンションセンターを抜け出すと、私が手に持っていたこの地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの受付に設置されているパソコンの一台から意外な反応を示した為、このパソコンの“画面”に視線を落とすと、それを見てからこの地にあるコンベンションセンターに戻ってきたのだが、この地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの受付に設置されているパソコンの許には戻らず、私が手に持っているコンベンションセンターで開催されているイベントの受付に設置されているパソコンの一台を使って、この地にあるコンベンションセンターの別の場所に行ってみると、そこには驚愕の光景が広がっていたので、私はすぐに警視庁刑事部捜査第二課の許に連絡を入れると、それから警視庁刑事部捜査第二課の警察官達の激しい怒号が飛んだのである。その声にこの地にあるコンベンションセンターは、緊迫したのである。果たして、私は、自分の手に持っているコンベンションセンターで開催されているイベントの受付に設置されているパソコンの一台によって導かれたこの地にあるコンベンションセンターの別の場所で目撃したその驚愕の光景とは・・・・・?



数時間後



国内某所にあるコンベンションセンターを管轄している警察本部



 警視庁刑事部捜査第二課の捜査会議に参加していた私は、この会議に出席している警視庁刑事部捜査第二課の警察官達よりも後方で、話を聞いていた。そして、この捜査会議が終わったその直後、私は誰よりも早くそこから脱出しようとしたのだが、そこへ私の事を探している警察官が、ようやく私の姿を発見すると、私を引き連れて同じく国内某所にあるコンベンションセンターを管轄している警察本部にあるとある部屋にやって来ると、その部屋に私が通されたのだが、そこには私と私をこの部屋に連れて来た警察官に背中を向けた人物が座っていたのである。そして、私を国内某所にあるコンベンションセンターを管轄している警察本部にあるこの部屋に連れて来た警察官が、この部屋を去ると、先程まで私に背を向けていた人物が私の方に振り返って、ようやくこの人物の正体が判ったのだが、それから私はこの人物と打ち合わせをしていると、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達がその身柄を確保したこの地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの偽の招待状を持っていると思われる人物の数人の取調べが行われる時間になったので、私は場所を移動したのだが、そこでこの日集められたこの人物達の様子を探ってみると、いくつか気になる事があったので、まずはその点から私による取調べが始まったのである。すると、私と警視庁刑事部捜査第二課の警察官達がその身柄を確保したこの地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの偽の招待状を持っていると思われる人物の激しい攻防戦が始まったのである。ところが、私の取調べの事を知った先程、この地にあるコンベンションセンターで私の事を疑っていた一部のこの地にあるコンベンションセンターを管轄している警察署の警察官が、私に牙を向けたのである。その結果、私はこの地にあるコンベンションセンターを管轄している警察本部を追い出されるという最悪の結果を招いてしまったのである。だが、その事を知った休戸郷田巽(=やすんどごうだ たつみ)と山登が、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達がその身柄を確保したこの地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの偽の招待状を持っていると思われる人物全員の事を改めて調べてみた報告書を警視庁刑事部長宛てに送ると、その報告書に目を通した警視庁刑事部長の雷が落ちたのである。



三日後



羽田空港



 女王と妃の木綿麻山院姉妹は、それぞれ日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の別々の飛行機で帰国すると、早速、女王は、空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスのSPOのメンバーのみが立ち入る事が許されている“区域(=エリア)”に、一方、妃は、同じく空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにある自分のオフィスに閉じこもり、報告書を作成していたのだが、やがて、女王が空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにある妃のオフィスにやって来ると、そこへ日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員(=フライトアテンダント)”の主税山河亜沙(=ちからのせんがわ あーさ)と真崎破篭井名崎亮(まさきわりごいみょうさき たすく)それに私が次々とやって来て、一人ずつ丁寧に空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにある妃のオフィスに呼び出した理由を説明したのである。そして、じっくりと女王と妃の木綿麻山院姉妹それぞれが作成した報告書を熟読して、亜沙と真崎破篭井名崎それに私にある決断を下す様に迫ったのである。ところが、私は女王と妃の木綿麻山院姉妹の話を聞いても、女王と妃の木綿麻山院姉妹それぞれが作成した報告書を熟読しても、決断を下す事が出来ず、頭が真っ白になってしまったのである。すると、そこへ山登から連絡が入ったので、その対応をしていると、山登が私の事を呼ぶ女王と妃の木綿麻山院姉妹の声を聞いた途端、山登の鋭い勘が働いて、女王と妃の木綿麻山院姉妹の許にも連絡を入れると、女王と妃の木綿麻山院姉妹が話した何気ない会話で山登の読みが的中し、山登の雷が女王と妃の木綿麻山院姉妹に大量に落ちたのである。その様子を見て、私は空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスにある妃のオフィスを秘かに抜け出したのである。果たして、女王と妃の木綿麻山院姉妹が亜沙と真崎破篭井名崎それに私に決断を迫った木綿麻山院姉妹それぞれの話と木綿麻山院姉妹それぞれが作成した報告書とは・・・・・?そして、木綿麻山院姉妹それぞれの話と木綿麻山院姉妹それぞれが作成した報告書を考慮した上で亜沙と真崎破篭井名崎が下した女王と妃の木綿麻山院姉妹の決断とは・・・・・?

 最近、新型車両を乗り入れた鉄道の電車に乗車していた木綿麻山院女王(ゆうやまいん れいら)の許に“グリーン車の客室業務員(=グリーンアテンダント)”がやって来て、食事をしていたのである。ところが、女王の自分の小型パソコンが気になったこの“グリーン車の客室業務員”が女王の職業の事を聞いてきたので、女王は今、現在行っている日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の自分の仕事を大まかに説明すると、次第にこの“グリーン車の客室業務員”の目の色が変わったので、その理由を聞いてみると、この“グリーン車の客室業務員”の意外な素顔が見えたのである。そして、この“グリーン車の客室業務員”が、女王の許を去ると、そこから女王は、この“グリーン車の客室業務員”の事を調べていたのだが、電車が目的地に到着したので、後は都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある自分のオフィスに戻ってから調べる事にしたのだが、よくよく先程の一連の出来事を思い出してみると、ある事に気がついたので、この“グリーン車の客室業務員”が所属していると思われる最近、新型車両を乗り入れた鉄道会社に問い合わせてみると、案の定、女王の想定の範囲内の事が起きたので、同じく都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある愛宕川原屋山登(あたごがわらや やまと)のオフィスにいる山登の許に連絡を入れると、山登の口から驚くべき事が女王に伝えられたのだが、それは女王の妹である木綿麻山院妃(ゆうやまいん ありす)だったので、山登も感心していたのだが、女王が帰京して同じく都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある妃のオフィスにやってきたのだが、そこには妃の姿は無く、閑散としていたので、同じく都内某所にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある自分のオフィスに戻ろうとしたその時、ふと、妃の机に目を移すと、そこには私達SPOのロゴが入っているフォルダが置かれていたのだが、そのフォルダを何気なく見てみると、そこには山登からの報告書が入っていたのだが、その写真を見て、我が目を疑ったのある。果たして、女王の妹である妃のオフィスの机に置かれていた私達SPOのロゴが入っているフォルダには入っていた山登からの報告書に載せられた写真には一体、何が写っていたのだろうか・・・・・?



数週間前



都内某所



 妃は空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスでの仕事を終えて、羽田空港に勤務している日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“職員(=スタッフ)”数人を引き連れて、この地で最も予約の取れない大人気の飲食店で食事をしていたのだが、妃達が座っているその席に後日、最近、新型車両を乗り入れた鉄道の電車に乗車する事になる妃の姉である女王と接触する事になる“グリーン車の客室業務員(=グリーンアテンダント)”がやって来て、接客をしたのである。ところが、ある料理を後日、最近、新型車両を乗り入れた鉄道の電車に乗車する事になる妃の姉である女王と接触する事になるこの“グリーン車の客室業務員”が、妃達の許に運ばれて、妃達がその料理に舌鼓を打っていたのだが、何口かその料理を口に運んだその時、妃達が一斉に口の中で違和感を感じたので、口の中のものを吐き出してみると、そこには衝撃的な光景が広がっていたので、妃と一緒に食事をしていた羽田空港に勤務している日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“職員”から悲鳴が上がり、それがきっかけで、この地で最も予約の取れない大人気の飲食店に救急車が駆けつける騒ぎになってしまったのである。そして、妃達は救急車で病院に運ばれる事になってしまったのである。その様子を見てこの地で最も予約の取れない大人気の飲食店の店長は妃達に対して、謝罪していたのだが、先程から後日、最近、新型車両を乗り入れた鉄道の電車に乗車する事になる妃の姉である女王と接触する事になるこの“グリーン車の客室業務員”の姿がなかったので、その事をこの店の店長さんに聞いてみると、この店の店長の口から驚くべき言葉が飛び出したのである。これにさらなる追い討ちをかける形で妃を救急車に搬送しする時にそばにいた救急隊員が、思わず妃の自分の耳を疑う証言をしたのである。それを聞いた妃は、しばらくの間、言葉を失ってしまったのである。果たして、この地で最も予約の取れない大人気の飲食店の店長の口から飛び出した驚くべき言葉とは・・・・・?更に、妃をしばらくの間、黙らせてしまった妃を救急車に搬送しする時にそばにいた救急隊員が、思わず妃の自分の耳を疑ってしまった証言とは・・・・・?



数ヵ月後



羽田空港



 空港ターミナル内にある入国審査場は、この日、いつもと違う空気が流れており、緊迫した雰囲気に包まれていたのである。そして、ここで仕事をしている入国審査官達も緊張した顔をしていたのである。そこへやって来た女王と妃の木綿麻山院姉妹は、入国審査官に案内されるままに取調室にやってくると、それぞれ別々の部屋に案内されたのだが、その部屋に入り、取調べを受けている人物の顔を覗き込んでみると、言葉を失ってしまったのである。すると、女王と妃の木綿麻山院姉妹それぞれの顔を見た入国審査官の取調べを受けている人物が凶変し、女王と妃の木綿麻山院姉妹が仲裁に入って、事態の収拾にあたり、何とか落ち着かせる事が出来たのだが、そこから女王と妃の木綿麻山院姉妹の取調べが始まると、激しい怒号の応酬となってしまったのである。そして、女王と妃の木綿麻山院姉妹がそれぞれの部屋を出て、女王と妃の木綿麻山院姉妹が取調べを行う前に取調べをしていた入国審査官を呼んで、再び、それぞれの部屋に入ると、後の事はそれぞれの入国審査官に任せて、取調室を後にすると、同じく空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスある妃のオフィスに戻ってきたのだが、そこから女王と妃の木綿麻山院姉妹はオフィスに缶詰めになってしまったのである。そんな中、女王と妃の木綿麻山院姉妹の許に驚愕の知らせが入り、血相を変えて、空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスある妃のオフィスを後にしたのである。すると、そこへ同じく空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスに女王と妃の木綿麻山院姉妹を尋ねてきた人物が現れたのだが、オフィスにいない事を知ると、この人物は対応した日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“職員(=スタッフ)”に伝言を託したのだが、その伝言を文字に起こしてみると、誰しもが首を傾げるメモが出来上がったのだが、そのメモを持って同じく空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスある妃のオフィスを訪ねたのだが、その途中で日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“客室業務員(=フライトアテンダント)”の主税山河亜沙(=ちからのせんがわ あーさ)とすれ違ったので、亜沙がこの日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“職員”を呼び止めて、話を聞くと、亜沙にそのメモを渡したのだが、そのメモを目にした亜沙は、すぐさま女王と妃の木綿麻山院姉妹の許に連絡を入れたのだが・・・・・。果たして、女王と妃の木綿麻山院姉妹が、空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスある妃のオフィスで缶詰めになってしまったその理由とは・・・・・?そして、女王と妃の木綿麻山院姉妹の許に届いた驚愕の知らせとは・・・・・?さらに、空港ターミナル内にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社のオフィスに女王と妃の木綿麻山院姉妹を尋ねてきた人物が、対応したこの日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“職員”に託した伝言とは・・・・・?



都内某所



 日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある休戸郷田巽(=やすんどごうだ たつみ)のオフィス内にある“会議(=ミーティング)”ルームに設置されている“画面(=モニター)”を食い入る様に見つめる女王と妃の木綿麻山院姉妹以外の私達SPOのメンバー。すると、突然、“画面”に女王と妃の木綿麻山院姉妹が登場し、女王と妃の木綿麻山院姉妹以外の私達SPOのメンバーに必死に訴えたのだが、それと同時に女王と妃の木綿麻山院姉妹以外の私達SPOのメンバーの小型パソコンに数枚の写真が届けられると、それを基にもう一度、始めから見直してみる事にしたのである。すると、女王と妃の木綿麻山院姉妹以外の私達SPOのメンバーの議論は白熱し、この日、女王と妃の木綿麻山院姉妹以外の私達SPOのメンバーは、日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の業務をする事はなかったのである。そして、女王と妃の木綿麻山院姉妹以外の私達SPOのメンバーは、同じく日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにあるそれぞれ自分のオフィスに戻ると、それぞれ自分の体を休めていたのだが、一部のメンバーは日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の業務があるので、それぞれの仕事場へ向かう為、日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスを後にしたのである。そんな中、私は、日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスにある自分のオフィスで体を休めていたのだが、日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスビルの地下にある私達SPOのオフィスからその上にある日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスから連絡が入ったので、日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の本社があるオフィスにやって来ると、そこには困惑した顔をしたこのオフィスに勤めている日本はおろか世界でも有名なあの航空会社の“職員”がいたので、よくよく話を聞いてみると・・・・・。



国内某所



 この地にあるコンベンションセンターには、この日開催されているイベントに多くの人が集まり、このイベントの受付で招待状を提出して受付の手続きを済ませて、入場して行ったのだが、そこへ招待状を持っていない人物が、このイベントの受付を担当しているイベントスタッフと小競り合いを起こしていたのである。その騒ぎを聞きつけたこのイベントの主催者の関係者達が、現場に駆けつけ仲裁に入ったのだが、この地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの受付を担当しているイベントスタッフと小競り合いを起こした招待状を持っていない人物の顔を見た瞬間、このイベントの主催者の関係者達はこの人物の身柄を拘束すると、すぐにこの地にあるコンベンションセンターの別の場所へと身柄を移すと、このイベントの主催者の関係者達の目の色が変わり、警察の取調べの様な事を始めたのである。ところが、この地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの受付を担当しているイベントスタッフと小競り合いを起こした招待状を持っていない人物は、目の色が変わったこのイベントの主催者の関係者達に対して、一切口を割るどころか挑発的な態度をとりはじめ目の色が変わったこのイベントの主催者の関係者達の顔を見てニヤリと笑ったその時だった。この地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの受付に設置されているパソコン数台から突然、けたたましい“警告音(=アラーム)”が鳴り響いたのである。すると、この地にあるコンベンションセンターで開催されているイベントの偽の招待状の情報を事前に掴んでいた警視庁刑事部捜査第二課の警察官達が現場に駆けつけ、次々とこのイベントの偽の招待状を持っていると思われる人物の身柄を拘束したのだが、そこから逃走を図ろうとする光景があちこちで見られたので、警視庁刑事部捜査第二課のサポートをしているこの地にあるコンベンションセンターを管轄している警察署の警察官達が出動したのだが、この後、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達を大激怒させる予想だにしない事態が起きてしまったのである。果たして、警視庁刑事部捜査第二課のサポートをしているこの地にあるコンベンションセンターを管轄している警察署の警察官達が驚愕し、警視庁刑事部捜査第二課の警察官達を大激怒させた出来事とは・・・・・?