平平凡凡映画評

映画を観ての感想です。


テーマ:

【タイトル】『愛の流刑地』

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】鶴橋康夫

【主演】豊川悦司、寺島しのぶ

【製作年】2006年

【あらすじ】

 作家の村尾は、自分のファンだと言う冬香と恋に落ちる。冬香には夫と子供がいたが、二人は真剣に愛し合い逢瀬を重ねていく。そして夏のある日、村尾は冬香に請われるままに彼女の首を絞めて殺害してしまう。

【感想】

 つまらない映画ではないかと懸念。濃厚な恋愛映画というのは苦手なジャンルだし、ベッドシーンを売りにした映画に面白いものはない。そう思っていた。おそらくは、滑稽なポルノ映画になるのではないかと、ひねくれた期待をしながら、笑うつもりで映画館に行ってみた。

 しかし実際に見てみると、なかなか面白く観ることができた。売りにしていたベッドシーンも映像に工夫を凝らして、飽きが来ないように作ってあった。緩いストレートでは勝負にならないと、変化球を多用したのかも。もちろん、安っぽい映像もあり、諸手を挙げての賞賛とまではいかなかったけど。

そして意表を突かれたのは、長谷川京子にお色気を任せていたこと。寺島しのぶも体を張って頑張ってはいたが、服を脱がない長谷川京子の方がやたらと艶かしかった。思わぬ伏兵に遭遇した気分。物語には何の必然性もないのに、やたらと色気を振りまく。ネチネチとした長谷川京子は、かなり魅力的に見えた。

それから、裁判シーンも最後まで緩むことなく進んでいた。途中やりすぎの感もあったが、それなりに見せ場は作っていたと思う。こういう映画が好きな人がいても不思議ではない。ちょっとドキリとさせられる。まぁ、長谷川京子にやられたのかもしれないけど。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

imayouo610さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。