平平凡凡映画評

映画を観ての感想です。


テーマ:

【タイトル】『キング・アーサー

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】ガイ・リッチー

【主演】チャーリー・ハナム

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 イングランド王の子として生まれたアーサーだったが、叔父の謀反により国王である父と母が殺される。アーサーは小舟で川に流され、下流の町へと流れ着き孤児として娼館で育てられる。やがてスラムで鍛えられたアーサーは、成長すると共に頭角を現すようになる。

 

 

【感想】

 ガイ・リッチーの出世作「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」は好きな映画で、独特なノリとスピード感は癖になりそうだった。その後ちょっと低迷していた時期もあったが、「シャーロック・ホームズ」で復調、「コードネームU.N.C.L.E」もらしさが溢れて楽しい映画になっていた。そして今回の「キング・アーサー」も面白い映画の予感がしていた。

 

 

 ただ、この予感はハズレてしまったよう。ファッションや時代考証に捉われないという方針はよかったが、城壁を壊す巨大な象や、言葉を喋る巨大なタコ、更には巨大なパワーを操る魔術師までも出てくると、よくあるゲームの実写版を観ているような気持ちになる。なかなかガイ・リッチーと冒険ファンタジーが結び付かなったし、相性がいいようにも思えなかった。

 

 

 ストーリーは、スラム街で育ったアーサーが伝説の剣エクスカリバーを手に入れ、因縁のある叔父と戦うというもの。アーサーの強さや運命を受け入れる勇気、仲間との友情や庶民の勇敢さなどを見せているが、大盛り上がりすることはなかった。決してつまらなくはなかったが、凡庸な監督が撮っているファンタジー・アクションといった感じで、期待していたガイ・リッチーらしさはあまり見ることは出来なかった。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『ある決闘 セントヘレナの掟

【評価】☆☆(☆5つが最高)

【監督】キーラン・ダーシー・スミス

【主演】リアム・ヘムズワース

【製作年】2016年

 

 

【あらすじ】

 19世紀末、テキサスの川にメキシコ人の遺体が次々と流れ着く事件が起きた。テキサス・レンジャーの隊員であるデヴィッドは、川上にある町を調べるよう知事から直接依頼され、妻と共に町へと向かう。だがその町は、デヴィッドと因縁のある一人の説教師によって支配されていた。

 

 

【感想】

 西部劇も日本の時代劇と同様に、勢いに乗れていないようだ。毎年、何本かは日本でも公開されるが、大ヒットにはなかなか結び付かない。おそらくアメリカでも、盛況といえる状況にはないのだろう。今しばらく我慢の時代が続きそう。是非とも、シリーズ展開されるような大ヒット西部劇に巡り合いたいとは思うが、観客の顔ぶれを見ると、なかなか難しいのかも。つい衰退や、先細りといった言葉が浮かんでくる。若者の姿がほとんど見られなかった。

 

 

 この映画のストーリーは、謎めいた町を民兵組織であるテキサス・レンジャーの隊員が訪れ、実態を探るというもの。どこか「地獄の黙示録」の後半部分を観ているようでもあった。カーツ大佐を演じたマーロン・ブランドと、この映画のウディ・ハレルソンのスキンヘッドは共通していた。ただ「地獄の黙示録」の後半もよく分からなかったが、この映画のストーリーもちょっと苦し紛れになっていた。

 

 

 西部劇でオリジナルのストーリーを作ることが、段々と難しくなっているのかもしれない。かなり苦心しながら、行話しを付け加えていた。男らしさと卑劣さの同居はチグハグしていて、どう考えたらいいのか訳が分からなくなる。見せ場となるガン・ファイトもあっけなく、凄さや新鮮さとは無縁で少しガッカリの出来。映画では、一足早く男の世界が消えつつあるのかも。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『パトリオット・デイ

【評価】☆☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】ピーター・バーグ

【主演】マーク・ウォールバーグ

【製作年】2016年

 

 

【あらすじ】

 2013年4月15日、ボストンマラソンが開催され、刑事のトミーはゴール付近の警備に駆り出されていた。ランナーたちが次々とゴールする中、トミーの近くで2回の爆発が発生し現場は大混乱に陥る。

 

 

【感想】

 タイトルからアメリカ万歳、といった一方通行の映画を予想していた。アメリカの捜査能力の高さを礼賛し、勇敢な警察や市民を称える内容。美談に美談が重ねられていたら、ちょっと暑苦しいかもと考えていた。しかし実際の映画は、スピードと緊迫感に溢れ、娯楽性を十分兼ね備えていた。マーク・ウォールバーグの演じる刑事が一応主人公になっているが、群像劇の要素が強く、「ユナイテッド93」を思わせる作りだった。

 

 

 映画は、事件当日の朝から犯人逮捕に至るまでの過程を追っている。犯人の映像が公開される中盤以降は、スピード感が増し、銃撃戦でのリアリティーはなかなか。警察の捜査能力の高さを示しているというよりは、自滅していく犯人たちの姿が印象的だった。そして爆弾が簡単に作られ、その威力の高さを見せつける。爆弾に魅入られる人は結構多いのかも。

 

 

 また端役で登場する俳優も健闘していた。ベンツに乗る中国人はかなりクオリティが高く、リアルを追及したキャスティングといえそう。それと取調での女同士のバトルもいいシーンだった。銃を撃ち合わなくても、激しい戦闘シーンが生まれていた。ハードボイルドは、男だけの世界ではないのかもしれない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『怪物はささやく

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】ファン・アントニオ・バヨナ

【主演】ルイス・マクドゥーガル

【製作年】2016年

 

 

【あらすじ】

 母親と二人で暮らしていたコナーだが、母親は末期のガンで様々な薬を試していた。そしてコナーは毎晩同じ悪夢を見ていたが、ある夜、怪物が目の前に姿を現し「お前の真実の物語を語れ」と迫ってくる。

 

 

【感想】

 「パンズ・ラビリンス」は好きな映画で、グロテスクさを含む空想の世界と現実がきれいに混ざり合っていた。ダーク・ファンタジーを舐めていたところもあって、まさかのラストにしびれてしまった。こういう驚きは貴重。スペイン内戦を背景にして、現実のグロテスクさをありありと見せている。さらに化け物たちのデザインも秀逸で、おどろおどろしい雰囲気に浸ることができた。

 

 

 この映画もジャンルはダーク・ファンタジー。監督はスペイン人で、宣伝文句には「パンズ・ラビリンス」のスタッフが参加といった言葉があった。主人公は空想癖のある13歳の少年で、末期ガンの母親と暮らしている。その少年の前に、墓地の巨木が変身した怪物が現れる。少年は怪物に母親を救ってくれと訴え掛けた。

 

 

 母親と息子のストレートな物語になっていた。感動的な話しに成らざるをえないといった感じで、泣かせることを目的に展開していく。意外性は少なく、落ち着くべき場所に落ち着いていった。ちょっとナイーブ過ぎた気もした。ただ主人公を演じる子役のレベルは高い。よく次から次へと天才子役が出てくるものだと思う。子役が堂々と映画を引っ張っていた。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『ブラッド・ファーザー

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】ジャン=フランソワ・リシェ

【主演】メル・ギブソン

【製作年】2016年

 

 

【あらすじ】

 刑務所を仮出所中のジョンは、砂漠のトレーラーハウスで暮らしていた。そこに行方不明だった娘から電話がかかってくる。彼女は、麻薬組織の男を撃ったため追われているという。

 

 

【感想】

メル・ギブソン主演のアクション映画。それにしても、オジサンたちの活躍するアクション映画が続いている。筆頭格はスタローンとシュワちゃんだが、彼らにリーアム・ニーソンやジョン・トラボルタ、ブルース・ウィリスといった面々が続く。こうした顔ぶれを見ると、ジェイソン・ステイサムやキアヌ・リーブスはまだまだ若手と言えそう。きっと60歳を越えてようやく一人前と認められるのだろう。

 

 

 なぜオジサンたちの活躍するアクション映画が増えたのか、理由はよく分からない。「エクスペンダブルズ」で勢いを得た面はあると思うが、若いアクション俳優が持っているギラギラした生命力に目を背けたいと感じる人が多いのかも。観客席を見渡すと、「エクスペンダブルズ」系のオジサン・アクションを支えているのが、中高年世代であることがよく分かる。なりたかった自分に思いを馳せられるのは、きっと映画の素敵な一面だと思う。

 

 

 この映画は、メル・ギブソンが娘を守るというオーソドックスなストーリーで、凛々しいマッチョぶりを披露している。アメリカの荒涼とした砂漠と、メル・ギブソンとの相性はさすが。オンボロのトレーラーハウスの前で佇む姿が、何とも絵になっていた。バイクを疾走させるシーンや、銃撃戦も用意されている。老いて尚、戦い続けるメル・ギブソンの姿を拝める。それだけで満足すべきなのかも。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『ローガン

【評価】☆☆☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】ジェームズ・マンゴールド

【主演】ヒュー・ジャックマン

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 かつては“X-MEN”として活躍したローガンだが、超人的な能力は衰え、驚異的だった治癒力も失いつつあった。ローガンは“X-MEN”を率いていたチャールズを匿いながらひっそりと暮らしていたが、そこにミュータントの少女が現れ、彼女を無事に逃がすため北へ向かうことになる。

 

 

【感想】

 今までの「X-MEN」シリーズとは趣をガラリと変えている。SF映画としてのスケール感や、ケバケバしさはほとんどない。潜水艦が宙に浮くこともなければ、時空を捻じ曲げて移動することもない。映画のテイストは西部劇に近く、悪党を倒し続けた凄腕ガンマンの晩年を描いている感じ。主人公のウルヴァリンことローガンは、超人的な能力を失いつつあり、酒に溺れる日々を送り人間のチンピラ相手にも苦戦する始末。

 

 

 ローガンの他にも、「X-MEN」の創始者プロフェッサーXことチャールズも登場するが、こちらも老いには勝てず薬が手放せなくなっている。しかも頑固で気難しくなり、介護するローガンが大いに手を焼く。強者どもの夢の跡なら高尚な雰囲気をまとうことも出来るが、ローガンとチャールズから漂ってくるのは、強者どもの成れの果て。生きることの厳しさと、難しさをまざまざと見せつけられた。

 

 

 そして荒んだ男たちに潤いを与えるのが、女の子のミュータント。愚痴と溜息しか出てこない男たちを叱咤するように、自由に伸び伸びと動き回る。演じている子役も、将来を約束されたようなハイレベルの演技を披露していた。老いた二人を背景に、生命力や希望といったものをありありと見せつける。この対比が映画の肝だったのかも。枯れ木と新緑を同時に眺めているようだった。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『ゴールド 金塊の行方

【評価】☆☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】スティーヴン・ギャガン

【主演】マシュー・マコノヒー

【製作年】2016年

 

 

【あらすじ】

 1980年代後半、鉱山会社を経営するケニーは破産寸前の状況に陥っていた。そしてケニーが最後の勝負に選んだのは、インドネシアで金鉱を探索していた地質学者マイケルだった。二人は、インドネシアのジャングルで金の採掘を開始する。

 

 

【感想】

 一獲千金を夢見る男のストーリー。映画でラスベガスのギャンブラーや、ウォール街のディーラーといった人種が主人公となり、血沸き肉躍る戦いを披露するが、この映画の主人公は金鉱の発見に全てを賭けようとする。ギャンブラーやディーラーの生き様もドラマチックだが、鉱脈を探す山師となると、泥や汗の臭いが加わりマッチョ感が増す。男性ホルモンが湧き上がる映画だった。

 

 

 主人公は、祖父の代から鉱山ビジネスに携わってきた男。資金を集められず瀬戸際に追い込まれ、酒浸りの日々を送っている。そんな男がなけなしの金を集めて勝負に出る。勝つか負けるか、大金を手にできるか破産するか。追い込まれた博徒は負けるのが常とされているが、例外は必ずあるようで、まさかまさかの大逆転が現実になったりする。この映画のストーリーは、実際にあった事件をモデルにしている。

 

 

 極端から極端へ振れる展開は、娯楽映画の王道を行っているようだった。主人公の明け透けで、薄っぺらなところも清々しい。演じているのはマシュー・マコノヒー。ハゲ、デブ、下品といった役柄を楽し気に演じていた。ハチャメチャ度は「ウルフ・オブ・ウォール」をちょっと思い出せてくれる。ビックデータや確率といったものが重視される時代、無謀な賭けに出る男の姿が輝いて見える。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『家族はつらいよ2

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】山田洋次

【主演】橋爪功

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 周造は、家族の反対にも関わらず車の運転をやめようとはしなかった。平田家は、家族会議を開いて周造に免許の返納を迫ろうとするが、予想もしない事態が湧き起こる。

 

 

【感想】

 名人芸と言ってもよさそうな内容。きっと映画を撮り続けることで、たどり着ける境地があるのだろう。「寅さん」シリーズの流れをしっかりと汲み、日本の中高年世代がどんな喜劇を求めているのか知り尽している感じ。ウディ・アレンが常識を茶化しながら融通無碍な映画を作るのに対して、山田洋次はきちんとした型を保ち、力を込めつつも力みを見せない映画を作っている。安心して観ていられる映画。

 

 

 今回も、いつも通りの笑いのテンポを提供していて、どこか落語に通じているようでもあった。オチが分かっていても、そのオチが堪らなく心地よかったりする。高齢者ドライバーや孤独死、介護問題といった少し重めの社会問題を取り扱いながら、飄々と喜劇のリズムで話しを進めていく。悲惨な現実を、優しく包む技術に長けているのかも。ただ予想外の笑いや驚きはないので、必要以上に斬新さを求めてはいけないのかも。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】河瀬直美

【主演】水崎綾女

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 目の不自由な人のため、音声ガイドの製作に携わっている美佐子は、モニターの上映会で弱視の元カメラマン雅哉から厳しい指摘を受け傷つく。しかし雅哉の写真集を見たことで、雅哉に対して強い関心を持つようになる。

 

 

【感想】

 河瀬直美の前作「あん」は、とてもいい映画だった。樹木希林の存在感が大きかったこともあるが、頑なな永瀬正敏の心の変化を丹念に辿っているようで、ラストで心地のいい開放感を味わうことができた。そして出世作である「萌の朱雀」も好きな映画で、風を受け山の木々がゆったりと動くシーンを覚えている。日本の原風景を見ているようで、心が揺さぶられるようだった。

 

 

 そして今回の映画でも、監督のらしさは出ていたと思う。主演のツートップ、水崎綾女と永瀬正敏の演技力は手堅く間違いがない。アップを多用した映像は、リアルな心情を映し出しているようだった。また演技経験の無さそうな出演者を自在に操り、ありふれていそうなリアルな世界を見せていた。映画を鑑賞しているというよりも、日常の風景を眺めている感覚。そして初めて知った音声ガイドの仕事の奥深さも見せてもいた。

 

 

 ただ、映画からは力みが伝わってくる。カンヌ映画祭への出品を目指したこともあるのかもしれないが、全編から「いい映画でしょ」といった言葉が漂ってくる。確かにいい映画だったとは思うが、それを強調されると興醒めになる。いかにもといったセリフの連続は、映画をギクシャクとさせていた。煩悩を打ち払うことは、本当に難しいことだと思う。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『ちょっと今から仕事やめてくる

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】成島出

【主演】工藤阿須加

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 入社一年目の青山は、営業成績が上がらず上司から厳しい叱責を受ける毎日だった。精神的に追い詰められた青山は、駅のホームで到着する電車の方へ体が傾いていく。その時、青山の体を引き戻したのは幼馴染みを名乗る山本だった。

 

 

【感想】

 タイムリーな話題を扱った映画。ブラック企業やパワハラ、過労自殺といったものが出てくる。主人公は就職活動に苦戦し、ようやく内定をもらった企業に勤める営業マン。営業成績が上がらず、上司から罵声を浴びせられ次第に虚ろになっていく。その姿はコーナーに追い詰められ、打たれまくるボクサーのよう。必死にガードだけを固めて、ひたすらにゴングが鳴るまで耐え忍ぶ。

 

 

 ブラック企業やパワハラの現状をよく調べていて、主人公を罵る上司の言葉や、身も心もボロボロになっていく主人公の心情や行動にリアルさがあった。高度成長期には猛烈社員や営業の鬼、といった言葉が誇らしげに使われていた気もする。その後、バブル時代にはエコノミックアニマルや企業戦士、といった言葉が自嘲気味に使われるようになり、そして今、鬼は悪魔となり果て、戦士は傍迷惑な存在となってしまったのかも。

 

 

 映画は、オーソドックスな展開を見せる。常識的といってもよさそう。無理をせず、頑張り過ぎないで、と言っているようにも感じられた。激しい展開やブラックな笑いなど、普通を逸脱する話しを期待すると少し物足りなさが残るのかも。それでも、ハッピーエンド以外の結末はあまり見たくはない。そしてブラック企業の息の根を止めるには、ホワイト企業の好決算が何よりだと思う。頑張れホワイト企業。ただ不景気になると、ブラック企業は俄然息を吹き返しそうで怖い。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。