平平凡凡映画評

映画を観ての感想です。

NEW !
テーマ:

【タイトル】『ジュピターズ・ムーン

【評価】☆☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】コーネル・ムンドルッツォ

【主演】ギェルギ・ツセルハルミ

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 シリア難民のアリアンは、父親と共に川を渡りハンガリーに入国しようとしていた。しかし国境警備隊に見つかり父親とはぐれ、更に刑事に撃たれ重傷を負ってしまう。難民キャンプの病院に運び込まれたアリアンは、そこで自分に特殊な能力が身に付いたことを知る。

 

 

【感想】

 なかなか目にする機会のないハンガリーの映画で、しかも主人公の青年が宙に浮きあがる、というかなりシュールな設定。当然SF映画をイメージしたくなるが、実際には難民を題材にした社会派の映画。タイトルとシュールな予告編に騙されてしまう。難民や移民を扱った映画は数多く制作され、今や一つのジャンルを作れそうな気もする。この映画も最近のヨーロッパの現実に反応した内容だが、ユニークで強烈な印象を残す一本になっていた。

 

 

 ストーリーは、ハンガリーに不法入国した主人公が銃で撃たれたことで、空中浮遊の出来る不思議な体質を身に付けてしまう。その能力を最初に目撃したのが、生活苦にある落ちぶれた医師。難民から賄賂を受け取り便宜を図ったりしていたが、主人公の空中浮遊を見て金儲けを思い付く。その間にも、取り締まりの警察が迫り、二人は逃亡生活を余儀なくされる。

 

 

 不法移民と零落した医師のコンビが、物語を引っ張っていく。主人公の体が宙に浮きあがっても、ただそれだけなのが面白い。空を高速で飛ぶわけでもないし、アメコミのヒーローのように攻撃を仕掛けるわけでもない。ただただゆっくりと宙に浮くだけ。しかしその所作は何とも美しく、バレーのような優雅さがあった。見ているだけで、心が清らかになっていく気がする。

 

 

 宙に浮く主人公の優美な姿と、その周りを駆け回る卑小な人間とのギャップが鮮烈だった。シリア難民のリアルな姿を映し、厳しい現実を訴えるが、それだけではない高尚さがこの映画の中にはあった。そして映画の中で見るハンガリーは、ちょっと野暮ったかった。洗練の度合いがドイツやフランスとは違うのかも。都市でありながら、どこか土の匂いがしてきそうだった。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『グレイテスト・ショーマン

【評価】☆☆(☆5つが最高)

【監督】マイケル・グレイシー

【主演】ヒュー・ジャックマン

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 19世紀のアメリカ、貧しい中苦労を重ね興行師となったバーナムは、差別を受け世の中の底辺で暮らす人々を舞台に上げ、盛大なショーに仕立てる。ショーは大評判を得るが、上流階級の人々からは蔑まれてしまう。

 

 

【感想】

 自在した興行師を主人公にした映画。ストーリーの流れを追うと、アニメ映画「SING」に通じる部分が多い気がした。観客の喜ぶショーを作るため、主人公が注目したのは世間から蔑まれていた異形の人々。彼らが演じ、踊り、歌う舞台を作り上げる。もちろん見所となるのは、華々しいミュージカルシーン。ヒュー・ジャックマンがセンターを務め、華麗な歌とダンスを披露している。

 

 

 ただ物語の推進力が弱く、ブツ切れの状態だった。ハッピーエンドが控えているのは分かるが、ピンチの作り方が通り一遍で、どこか安っぽかった。「SING」のような大きなうねりが生まれず、ラストシーンにも高揚感が欠けていた。単なるいいお話しで終わってしまい、キャラクターへの思い入れも生まれなかった。ミュージカルシーンに力を注いで、キャラクターを作り込み時間がなかったのかも。ちょっとスカスカで、爆発力にも乏しかった。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『RAW 少女のめざめ

【評価】☆☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】ジュリア・デュクルノー

【主演】ギャランス・マリリエ

【製作年】2016年

 

 

【あらすじ】

 母親から厳格なベジタリアンとして育てられたジュスティーヌは、姉と同じ獣医大学に入学し寮生活を始める。そして新入生の儀式として、動物の生肉を無理やり食べさせられた。するとジュスティーヌの体に、少しずつ異変が起こり始める。

 

 

【感想】

 前半は、静謐でシャープなフランスの青春映画に見えた。主人公の少女が獣医大に入学し、そこでの慣れない生活に戸惑いながら、友情を育み成長していく物語。青みがかった映像と薄曇りの風景、文学的な傾向のありそうな内容に思えた。しかしこの映画は、ジャンルでいえばホラー。しかもスプラッター・ホラーとしての一面が強い。肉を初めて食べた主人公の女子大生が、次第に変貌していく。

 

 

 ただし一気に、ホラーへ飛び移るわけではない。静かさの漂う雰囲気はそのままに、要所要所で鮮血がほとばしり、目を背けたくなるシーンが現れる。この突然のギアチェンジにやられてしまった。心の準備ができないままに、グロテスクで痛々しいシーンを見せられる。久し振りにスクリーンを正視できなかった。普通から異常への飛び込み方が上手く、そしてまた直ぐに普通の世界へ戻っていく。どこか「ぼくのエリ 200歳の少女」に似てなくもなかった。

 

 

姉と妹の確執や和解といった話しも、リアルで力強かった。ホラー云々を別にしても、十分成立した映画だと思う。もちろんホラー部分を差し挟むことで、映画の面白味はグッと広がったように思う。そしてフランスの大学でも、体育会系のノリがあることに驚かされた。フランス人と、厳格な上下関係はなかなか結び付かない。ただその上下関係を、この映画は効果的に利用していた。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『悪女

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】チョン・ビョンギル

【主演】キム・オクビン

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 幼い頃に父親を目の前で殺された過去を持つスクヒは、ヤクザ男に育てられ凄腕の殺し屋となっていた。彼女は単身で対立する組織を壊滅させ、その後は情報局の殺し屋として生きることを決める。

 

 

【感想】

 ストーリーは「ニキータ」で、一人称目線のカメラアングルは「ハードコア」といった感じの韓国映画。オープニングの百人斬りのシーンは圧巻だった。ゲームのような一人称での映像で、ヤクザたちを撃って撃って撃ちまくり、更に斬って斬って斬りまくる。スピード感と迫力が波のように押し寄せてくる。息も吐かせぬアクションシーンで、カメラの切り替え方も洒落ていた。期待を大きく膨らませる、つかみの暴れっぷりだった。

 

 

 その後もアクションシーンはキレまくっていた。バイクでのチェイスのシーンなど、一体どうやって撮ったのか不思議になるくらい。若々しさに溢れる映画だった。ただ残念だったのが、ラブコメ・テイストの話しが長々と挿入されていたこと。冒頭のスピード感で一気に押していってほしかったが、誰に忖度したのか甘めの恋愛模様がつづられ、映画のアクションのスピードを殺していた。もっと純度の高いアクション映画として観ていたかった。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『マンハント

【評価】☆(☆5つが最高)

【監督】ジョン・ウー

【主演】チャン・ハンユー、福山雅治

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 大手製薬会社の顧問弁護士を務めていたドゥは、殺人事件の容疑者として警察に追われる。全く身に覚えのない殺人にドゥは戸惑うが、刑事の矢村が執拗にドゥを追跡する。

 

 

【感想】

 71歳のジョン・ウー監督が最後のお願い、といった感じで撮っている映画。監督の名前だけで、小銭を稼ごうとしているようにも思えてしまう。ストーリーは、殺人事件の容疑者に仕立てられた弁護士が逃走し、真犯人を探し当てるというもの。ハリソン・フォードが主演した「逃亡者」を思い浮かべたが、この「マンハント」はかなり粗雑に作られていた。オープニングでは、中国人の女優が片言の日本語で日本人を演じていたが、さすがに目を覆いたくなった。

 

 

 その後の展開も、頭を抱えたくなるものばかり。もう少しちゃんと作ればいいのに、と思ってしまった。福山雅治も主役として登場してくるが、監督のジョン・ウーのために応援演説にやってきた感じ。シリアスに演じれば演じるほど浮いてしまう。どういう経緯でオファーを受けたのかちょっと気になる。そして最後は、エンドロールの後にジョン・ウーと福山雅治が出てきて、撮影秘話を明かしお互いを賞賛し合う。特典映像というよりも、どこか申し開きをしているようだった。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『コンフィデンシャル/共助

【評価】☆☆(☆5つが最高)

【監督】キム・ソンフン

【主演】ヒョンビン、ユ・ヘジン

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 北朝鮮の刑事リムは、妻を殺害し偽札の原版を持ち去った上官を追ってソウルへ向かった。ソウルでは真の捜査目的を伏せたまま、韓国の刑事カンと共同で捜査することになっていた。

 

 

【感想】

 南北の分断は現実では悲劇だが、映画やドラマにとってはネタの宝庫なのかもしれない。この映画も韓国と北朝鮮の分断を利用し、サスペンス調の刑事アクションを作り上げていた。韓国ではヒットを記録したとか。北朝鮮の刑事と、韓国の刑事が共同で捜査を行うというストーリー。政治的な駆け引きもありそうで、ハードなやり合いが楽しめるのかと期待していた。

 

 

 しかし映画は、コミカルな調子が前に出てきた。クールで鍛え抜かれた体を持つ北朝鮮の刑事に対して、韓国の刑事はお喋りでドジな三枚目を演じる。漫才にも似たネタが披露されていくが、フリが大きいので先の展開が見え見えになってしまう。アクションシーンも凡庸で、善悪のクッキリとしたキャラクターはちょっと物足りなかった。ダラダラ感もあり、飽きが来るのも早かった。分かりやすさが仇になっていた気がする。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『スリープレス・ナイト

【評価】☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】バラン・ボー・オダー

【主演】ジェイミー・フォックス

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 刑事のヴィンセントは相棒の持ってきた話しに乗って、犯罪組織の麻薬を強奪した。だがヴィンセントの素性がばれ、更に息子を人質に取られてしまい、麻薬の返還を要求される。ヴィンセントは直ぐに対応しようとするが、その動きを監察の刑事が追っていた。

 

 

【感想】

 男っぽい刑事ドラマで、一昔前のアクション映画といった趣き。主人公は組織のドラッグに手を出した刑事で、ドラッグを巡って二つの組織と監察の刑事が絡んでくる。メインとなるのはラスベガスのカジノ、夜を通してドラッグを巡る駆け引きや、強奪戦が繰り広げられる。ハードボイルド路線を進み、コミカルな演出はほとんどなかった。中高年向けの、真面目なアクション映画。

 

 

 主演はジェイミー・フォックスで、「ベイビー・ドライバー」の記憶も新しい。刑事役にしても犯罪者役にしても、銃を持って暴れ回る姿が絵になる。この映画でも安定感抜群の、らしさを発揮していた。ただ「ベイビー・ドライバー」のような印象は残せなかったかも。及第点をクリアした普通のアクション映画といった感じで、斬新なストーリーや強烈なアクションシーンとは無縁。普通のアクション映画というものがあるのなら、この映画がまささにそれ。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『スリー・ビルボード

【評価】☆☆☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】マーティン・マクドナー

【主演】フランシス・マクドーマンド

【製作年】2017年

 

 

【あらすじ】

 ミズーリ州の田舎町、7カ月前に娘を殺害されたミルドレッドは、犯人を捕らえられない警察に憤りを募らせ、警察と署長を批判する3枚の看板を道路わきに設置した。すぐにマスコミが取り上げ大きな話題となるが、署長は多くの住人や警察官から尊敬されていたため、ミルドレッドは様々な人から非難されることになる。

 

 

【感想】

 気性の粗い困ったオバサンが暴れ回り、波風を立たせていく映画くらいに考えていた。実際、映画の主人公は殴られたら殴り返し、言われた更に激しい言葉で応酬するファイタータイプの中年女性。日本では、間違いなく村八分にされそう。しかし映画の中では主人公の苦悩や迷いも描かれ、通り一遍のキャラクターではなかった。更に、他の登場人物たちも複雑な内面を見せ、映画をより濃厚なものにしていた。

 

 

 きっと役者が観たら、嫉妬する映画なのだと思う。演じたい役柄が次々と現れ、ひたすらにリアルな世界が広がっていく。そして出演していた俳優陣が、難しいキャラクターを完璧に演じていた。何とも贅沢な映画を観た気がする。ラストは思わず痺れてしまった。絶望や失意、憎しみや差別といったものが、次々と折り重なっていくのに、最後の最後で気持ちを軽くさせてくれる。災いが福に転じる瞬間を見たような気がした。ダークサイドに向かいつつも、希望を感じることは出来るのかも。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『羊の木

【評価】☆☆☆☆(☆5つが最高)

【監督】吉田大八

【主演】錦戸亮

【製作年】2018年

 

 

【あらすじ】

 小さな港町で市役所職員をしている月末は、6名の新住人の受け入れを担当するように命じられた。6名の新住人は人を殺害した過去があり、そのことは内密にするよう上司から言われる。

 

 

【感想】

 過去に人を殺した元受刑囚を町が受け入れる、という設定の映画。少しシュールなアイデアのみで勝負する内容なのかと思っていたが、ジックリと見入ってしまう映画だった。予告編からは「不能犯」と同じ匂いを感じていたが、奥行きがかなり違っていた。脚本をこなすだけの映画ではなく、腰を据えて撮っているのが分かる。監督の力量なのか、キャスティングの上手さなのか、映画の世界に釘付になってしまった。

 

 

 主人公は錦戸亮で、市役所職員らしい普通の善良さを体現していた。彼が隣にいることで、6名の新住人のキャラクターや思いが際立っていく。そしてよそ者に対する反応や、過去をどう取り扱うべきなのか、あれやこれやと考えさせられる。ただ社会派のドラマとしてではなく、娯楽性を持たせたサスペンスになっているので、面白さも味わうことが出来た。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【タイトル】『不能犯

【評価】☆☆(☆5つが最高)

【監督】白石晃士

【主演】松坂桃李、沢尻エリカ

【製作年】2018年

 

 

【あらすじ】

 死因が特定できない不可解な変死事件が連続して起きる。刑事の多田は、現場付近で目撃された黒い服を着た男に注目し、男に任意同行を求めた。だがその結果、警察署内でも事件の種がまかれてしまう。

 

 

【感想】

 人間の負の感情をタップリと見せる映画。憎しみや恐怖、嫉妬心や猜疑心、強欲や保身といったものが出てくる。「デスノート」を、もう少し違った切り口で料理しようとしていたのかもしれない。主人公は二人で、女性刑事と人間の負の感情を操れる黒衣の男。構図としては、希望vs絶望といったところで、善を信じる主人公が悪魔に懸命に立ち向かっていく感じ。

 

 

 ダークサイドに落ちた登場人物たちが続々と登場する。人間の汚らしさや愚かさを示していき、心の闇を描くことに力を注いでいた。しかし個々のエピソードが上手く繋がらず、圧倒されるようなストーリーや波を感じることは出来なかった。松坂桃李が悪魔キャラを披露し、それ一本で押し切っている。さすがにそれだけだと、飽きも来てしまう。沢尻エリカもどこか凡庸で、可もなく不可もなくかつての暴れ馬の面影はなかった。ちょっと寂しし。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。