1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-27 18:15:31

4/27 紫CCすみれコース

テーマ:ラウンドしました

父の存命中は姉の月イチラウンドは父がイロイロなところに姉を連れまわしていたんだけれど、父の死後、自然とそのアテンドの役割はボクに託されることとなった

 

今日もそういう一日

 

 

父が1977年と1989年の2度にわたりクラブチャンピオンの栄冠を勝ち取ったクラブ

 

紫CC すみれコース CT6896Y  CR73.1 Slope Rate130

 

 

クラブハウスは今となってはキレもコクも無いモノだけれどコースはホントに素晴らしい

 

近隣の千葉CC梅郷や大利根と比較しても遜色のない、現代においても堂々たるチャンピオンコースとして存在する

その証に2020年の日本オープン開催が決定している

 

 

雄大なうねりの中に丁寧に造り込まれた教科書ようなお手本のような林間コース

 

 

バンカリングもグリーンの造形もメモラブル

 

 

似たようなホールが続く事の無い優美なフェアネスを感じさせる

 

全然上手く打てませんでした

骨の入りが悪いっていうの?

アドレスがうまく収まらない1日

 

 

このクラブのメンバーシップは姉の旦那さんに引き継いでもらおうと思ってる

 

姉には東京よみうりCCか武蔵CCのどちらか、または事情が許すのであれば両方のクラブのメンバーシップを引き継いでもらう予定

 

ボクはリゾートのクラブでもひっそりと継がせてもらおうかなと

 

父の記憶が色濃く残るところは何となく気がすすまなくてね

 

特に理由があるわけじゃなくてなんとなくなんだけどね

 

 

富士屋ホテル系のレストランはとても美味しい

 

メニューには載っていなかったけれど、お願いしたら定番のカツサンドを出してくれました

カラシがイイスパイスになってるんだ

 

 

姉に楽しい時間を過ごしてもらうことが第一でボクのゴルフは二の次

そんな気持ちもあったのかもしれません

 

気付けばここ最近のワーストな数字だったりする

 

45 18P

46 18P

 

にしてもヒドイ数字だな

 

 

明後日はホームコースで強敵たちが手ぐすねひいて待っている

 

どうにかなんないかな?

 

今日の夕日はホントにキレイだった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-04-16 16:28:18

4/16

テーマ:ラウンドしました

 

ここのところ上手く眠れない夜が続いている

レンドルミンやサイレースを服用しても夜中の3時前に目が覚める

「明日はゴルフだからもう少し眠っていよう」と思っても上手くいかない

何度か寝返りを繰り返した後 諦めてコーヒーを淹れに起き上がる

 

 

朝靄の中を Eric Clapton の Layla と Glenn Lewis Frey の You belong to the City をすれちがうクルマが振り返るほどの大ボリュームで

 

 

 

4月とは思えない陽気

暖かいを通り越して暑いくらい

 

 

朝から半袖のポロシャツ1枚になる

頬をなでる風も心地よく、ゴルフをする全ての日にコピーしてペーストしたくなる

 

 

いつの間にかFWの緑が色濃くなっている

 

眠気や想定外の暑さで軽く眩暈がする

 

立ちくらみっていうほどのモノじゃないけれど 下半身に力が入らず上半身もフラフラする

 

 

今日こそは何とかマトモな数字でラウンドしたいと思っていたのに簡単にダボを打っちゃう

 

ジブンのゴルフに軽い嫌悪感を覚えたりする

 

42 18P

40 17P

 

もうすぐ雨の時季になって それが過ぎると呼吸するのも苦しくなるくらいの夏がやって来る

 

 

ドライバーからPWまで全てのクラブでシャフトが寝てボールの手前に入る

 

ラウンド終了後にレンジで48球

 

レンジで注意しながら同じクラブを複数回打つとミスも想定内に収まる

 

もう少しかもしれない

イヤ 永遠に手の届かない向こう側かもしれない

 

 

車影もまばらな午後早い時間の関越高速 クルマの窓を全開にし Jeff Beck の Freeway Jam を聴きながらアクセルを床まで踏みつける

 

悔恨の念と共に風景が後ろにすっ飛んでいく

 

Just a day in the Life

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-09 15:26:42

4/9

テーマ:Gilles and Pique

 

乳白色の空の下 クルマを走らせ非日常の世界へ逃亡する

 

 

アタマの中を占めていた日常の雑事がキレイに洗い流されていく

 

 

風は気まぐれで ボウシを飛ばされたかと思うとベタ凪になったり アゲインストなのかフォローなのかも怪しくなってくる

 

 

桜散らしの雨と風だった

 

センチメントでメランコリックな世界の中ドライバーを振っていった

 

 

スイングはそれほどひどくはない ミスも想定内だ

ただゲームの結果だけが想定外だった

 

 

あの頃は美術や文学や音楽や映像や麻薬を狂信していたのかもしれない

そこに絶対を見ていた その意味ではファナティックだったのかもしれない

そこに全身をかけていたのかもしれない そんなことを常軌を逸していたことだといえばいえることかもしれないけれど どうも軌道の上を歩いていくことは退屈だったし 真実は世間の基準の中にあるとは思えなかった

 

 

青春が豪奢な無駄であるとするなら ボクらのそれは退廃的で破滅的なアナーキズムを伴ったモノだった

 

 

エアレーションが施されたグリーンは50㎝のパットがはじかれ嫌われる

 

軽い諦めはため息とともにやってくる

 

 

トップから切り返しの際に上手く間がとれて、気持ちよく振り抜けたショットも2-3あったからね

 

42 18P

42 20P

 

「これだけカップに届かない日もないだろう」というくらい転がらないグリーン

 

 

桜の時季も過ぎていった すぐに若葉に季節になる事だろう

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-02 18:16:15

4/2

テーマ:Gilles and Pique

 

現実から逃避するにはヘロインがベストの選択かもしれない

でも ボクが居住しているのは幻想的な花が咲き乱れるアフガニスタンではなくニッポン

 

ゴルフもつかの間だけれどど現実を忘れさせてくれる

眼の前の一打に集中して、どうすればこのホールをケガ無く乗り切れるか

 

ここのところ気がふれたように本をむさぼり読んでいました

 

 

ボクが学生の頃、初めて読んだ頃は完結しておらず、イスタンブールあたりで迷子になったまま尻切れトンボでした

 

旅も現実逃避の一つの形なのか?

 

ほぼ全著作を通読しているにも関わらず、全集まで集めるのだからジブンでもマニア入ってると思わざるを得ません

 

 

華美な装飾を排した硬質な文体が心地イイ

 

この中にはありませんが、「テロルの決算」はボクが今まで触れたモノの中のベストノンフィクションです

 

 

 

さらに書庫から引っ張り出してきたのは

 

 

名作が多いアル パチーノ主演作品の中でも好きな作品の一つ

 

NYを走り抜けるプエルトリカンには迷いはありません

後ろを振り返らず、ただ前を見て走るのみ

 

 

マフィアモノの中では ゴッドファーザー と並ぶくらい好感を持つ作品

 

 

映像に負けないくらい活字も躍る

エンディングで流れる シド ビシャス の マイウェイ がしびれる

 

 

 

なんかね うまく言えないんだけど何かに追い立てられるような日々で

 

 

冬も終わったっていうのに心は弾まない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-28 18:26:38

3/28 龍ヶ崎CC

テーマ:ラウンドしました

 

今のこの人生は少年の頃望んだ人生だったか?

 

現実は夢とは違う

 

すべては少年の望んだとおりにはならなかった

 

でもオーケーだ

 

大概の場面で人生はボクに優しかった

 

 

ここは違う

 

 

ジブンのゴルフの未熟さをイヤんなるほど教えられるトコロ

 

龍ヶ崎CC BT7047Y  CR73.4  Slope Rate131

 

 

関東でも指折りの難関コース

 

程ヶ谷CC、鷹之台CCのクラブチャンピオンにご指導を賜りました

 

 

コースはちょっとエグミを感じさせられるトコロも多々あるけれど、雄大でタフなチャンピオンコース

 

日本女子オープン開催の話が持ちかけられた際、「あの木を切ってくれ」と言われると、「冗談じゃない だったらヨソでやってください」と

 

どこにも媚びないプライドをそこかしこに感じさせる

 

 

打ちのめされる事に次第にマゾヒスティックな悦びを感じちゃったりもする

 

 

ここんとこイロイロあってますます体重が落ちちゃってるから無理してタンパク質をと

 

ゴハンは選ぶ楽しみと味わう楽しみを兼ね備えている

 

 

「どこに向かって打てばいいのだろう?」と悩ませられる10番ホール

 

 

過剰なまでのスリルに溢れていたりもする

 

43 17P

46 18P

 

同じようなミスが繰り返され、軽くブルーが入る

 

 

似たようなホールが続く事の無いメモラブルなホールの連続

 

 

耳を澄ませば春の足音が聴こえてきそうな3月終わりの1ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-03-24 19:53:02

3/24

テーマ:ラウンドしました

 

定例の家族ラウンドは姉と二人きりでした

 

 

気温は低くないんだけどナイフみたいな北風が容赦なく吹き付けるハードボイルドなコンディション

 

 

胴体、腹筋の大きな筋肉では無く、小さな腕の筋肉に頼る悪い癖が顔をのぞかせた一日でした

 

アドレスでまっすぐに立てない

 

 

姉にとっては初めての霞ヶ関CCだったので、「なんとか楽しんでもらいたい」と

ジブンのゴルフは二の次でした

 

 

いつも二人を見守っていてくれた父の姿はもう無い

 

永遠に無い

 

それはあっけないくらい突然の事だった

 

ドライバーで1球、5番アイアンで1球、それぞれ上手く打てた瞬間があった

 

見ていてほしかった

 

 

42 17P

43 16P

 

 

できるだけたくさん姉とのラウンドの機会を持とうと思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2017-03-19 16:33:39

3/19 スクラッチ競技予選

テーマ:ラウンドしました

 

通常は36Hで行われるスクラッチ競技予選ですが、今年に限っては東コース改造のため18Hに短縮して開催されました

 

 

ここ2‐3年くらい、以前みたいに真摯にゴルフに取り組めなくなっている

 

今日もそう どこか遠い空の上からジブンを俯瞰しているかのよう

 

 

7070Y CR73.7

 

最近ユルイセッティングでばかりラウンドしていたので長い事ったらありゃしない

いやんなっちゃいました

 

 

ボクは部屋を飛び出し 待ち疲れた顔をしている彼女を抱きしめた そうできたらどんなによかっただろう そうしていたら何かが変わっていたかもしれない 

ボクは動かなかった

 

 

あの日の情景はいまでも獣を獲る罠のようにボクの心に咬みついている

 

ヒトは同時に2つの人生を生きられないのだから どんなふうに生きようが後悔はついてまわる 

 

今日だってそんなありふれた一コマだ

 

 

予選カットラインは 89 ストローク

ボクの数字は 44 19P  46 19P

 

ジブンでも驚いてしまうくらいの感触を残して飛んで行った2発のボールがそれぞれとんでもなくグリーンをオーバーし ダボ トリとなったのがイタカッタかな

 

それ以外はそこそこイイショットも目についたから

後から振り返れば1ストロークなんてどうにでもなったと思えるけれど それがゴルフっていうの?

「こんなもんだよな」とどこかで納得してしまっているジブンがいる

 

 

クルマの窓を開け、舗道を歩く人が振り返るくらいのヴォリュームで The Bangles の Hazy shade of Winter を鳴らす

原作よりもフィルムの方が数倍魅力的な Less than Zero がアタマの中を駆け巡る

 

光の世界がまばゆく輝けば輝くほど その傍らにできる影も色濃く落ちる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-14 16:04:06

3/14

テーマ:ラウンドしました

 

朝 クルマの運転をしている時は音がしない程度の静かな雨が降り続いていた

 

ミルク色の世界の中「私とは何なのか?」 答えの出ないカフカかサリンジャーのような実存主義的な疑問がアタマの中を駆け巡る

 

 

向かった先は自宅から45Km離れたホームコース

 

ゴルフがしたかったんだ

ゴルフをしている時って 眼の前の1打に集中して それ以外のナニも頭の中にない瞬間ってあるじゃない?

そんな感覚で頭の中を一杯にしたかったの

 

 

この日心がけていたのは

「腹筋を意識しながらSwingすること」

「右手首の角度を保ったままSwingすること」

 

 

三田義塾大学ゴルフ部コーチのご指導を賜ってきました

 

「ダウンからインパクトにかけて、ちょっとインサイドから引っ張っちゃってますね もうちょっと左グリップで引き下ろすイメージを持ってみてください」

 

 

腕の振りと体の回転が一度としてシンクロすることなく過ぎ去っていきました

 

43 19P

41 17P

 

オトナになるって いろんな事をあきらめたり耐えたりすることなの?

 

 

ボクには行くべき場所もないし 帰るべき場所もない かつてそんなモノがあったことはないし 今だってない ボクにとっての唯一の場所は「今いる場所」だ

 

 

もうボクの事を叱ってくれる人もいなければ 褒めてくれる人もいない

 

クルマのステレオからは Steely Dan の Hey Nineteen がリフレインしている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-12 16:30:04

3/12

テーマ:ラウンドしました

 

ゴルフなんてやらずヘロインでもスニッフィングして Freetwood Mac でもボーっと聴いていたい気分だけれどお約束が立て込んでいるのでホームコースへ

 

 

時の流れは残酷だけれど少しずつ悲しみやナンヤかを薄めてくれる

 

 

時折だけれど笑顔を浮かべるジブンに驚いたりもする

 

 

全然クラブを触ってもいないし、ゴルフにプラスになる事なんて何もしていないので「ヒドイんだろうな」という覚悟だけはありました

 

 

サルには「今 現在」しか無くて、過去も未来も存在しないモノらしい

だから後悔や絶望も無ければ夢とか希望も無いらしい

 

一体誰がサルに問いただしたのだろう?

 

余計なお世話だ 

 

 

動物の中で死者を弔うのはニンゲンだけだ

だからニンゲンは宗教を必要とした

 

 

上手く捌けたショットもいくつかあったんだけどな

全ての歯車は悪い方悪い方へと回転していくかのような一日でした

 

43 19P

43 20P

 

 

気まぐれに吹き抜ける風が南からのモノになり、季節の移ろいを知らされる

 

 

感情豊かに歓びを表現する2匹の犬の存在が心の支えになったりもする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-05 16:20:59

3/5

テーマ:ラウンドしました

 

いつの間にか冬は過ぎ去り、季節は春に移り変わっていました

 

 

ずっと下を向いてうつむき、暗闇の中の時間を過ごしていました

 

 

人生楽しいことばかりじゃない ときにはドシャ降りの夜もあれば 泣きたいほど寂しい夜もある

 

これからは梅の花が咲くころに必ずあの人の事を思い出すのだと

 

 

ゴルフに集中できない一日でした

 

体の回転と腕の振りがシンクロすることなく過ぎていきました

 

42 17P

40 16P

 

 

 

 クルマの中では Sting の Every Breath You Take そして Tea in the Sahara が静かに流れる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。