テーマ:
押尾コータローのニューアルバム、Hand to Handを買ってきました。
$MASHのブログ
前作から1年5ヶ月ぶり、、、。ファンには待望のニューアルバムですね。
さっきからチューニングも取ってみながら、何度も聞いてますけど、さすが
満を持して出してきたアルバムだけあって、彼の思いも、意気込みもしっかり
伝わってくるいいアルバムです。せっかくですから、久しぶりに感想など書い
てみたいと思います。

1 . Brand New Wings(C# G# E F# B E)
真新しい翼で、また新たに飛び立つ、、、って感じの爽やかな曲。
チューニングが前作の絆、旅の途中と同じなので、同じ曲調の
曲だけど、こういうEをキーとした曲って、彼の中で何かひとつの
柱、、、みたいなのが確立したんじゃないのかな。まさにこれぞ
押尾節だね!

2 . HEART BEAT!(レギュラー)
ファンキーな曲だね~。こういう曲をソロで弾かせたら、彼の右に
出る人はいないかも。途中のパーカッシブなボディヒットとかは、
最近はあんまり聞いたことなかったので、何かとても嬉しい(^_^)。

3 . Jet(G G D G A C)
Jetってあったから、もしかしてPaul McCartneyのカバーかなぁ、、って
思ったら違ってた。こういう曲を聞くと彼の中には脈々とロックスピリット
が渦巻いてるんだな~って思うね。ドライブのあるリズム、それでいて
メロディアス、、、。ホントにJetってイメージのカッコいい曲だね。

4 . ナユタ(C# G# D# G# C D#)
こういうレンジの広いバラードも彼の得意とするところだね。スケールの
大きさも彼ならでは、、。これを弾きたいって思う人は多いかも。個人的には、
ちょっとリバーブのかかり具合がライブとかと同じで、それはそれでいいんだけど、
レコーディングではもうひと工夫欲しかったかな~~って感じかな。

5 . Good Times(C G D G B D)
前作Eternal ChainのBelieveや楽園とかの流れね。チューニングからして
いつものコータロー節だけど、あんまり目新しさは感じないな~。でも、何か
ホッとする曲だね。

6 . もっと強く(1~5弦はレギュラーの半音下げ、6弦はB)
チューニングがレギュラーだなぁって思ってたら、6弦だけBだった(^_^;。
これは、インディーズ時代のPiano Lessonのチューニングを全体的に半音下げた
のと同じだね。アルバム唯一のカバーだけど、パーカッション入ってるな、、って
思ったけど、これはギターでサンプリングしてるね。原曲は知らないのだけど、
しっかりギターだけで曲のイメージが伝わってくるところが凄い。

7 . 予感(C G D G Bb D)
こういう曲だよね。彼の良さが如実に表れるのは、、。まず、カッコいいよね。
ライブで一番聞きたい曲かな。このチューニングの曲って今まで、tension、
Purple Highwayなどがあったけど、どの曲もドラマティックに進行していく
コードが魅力的だったけど、この曲もそうだね。弾きたい曲候補のNo.1かな。

8 . Little Prayer(MartinのStingモデルでのナッシュビルチューニング)
これは、たぶんMartinのStingモデルで弾かれてると思うけど、このギターならではの
かわいい音とほのぼのとしたリズムがいい味出してます。

9 . Go Ahead(D A D G A D)
このチューニングのこのドライブ感のあるリズムも彼の真骨頂だね。文字通り前へ
進むような曲だから、ライブでは盛り上がること間違いなし。これ弾きたいって思う
人は多いだろうね~。

10 . 雨上がり(オープンDの半音上げ)
雨上がりの道を楽しそうに歩いて行くようなイメージの曲だね。これってやっぱり
ギターは2本かな。たぶん1本でも弾けるとは思うけど、曲のイメージからすると、
やっぱり1本では出せないのかな。この辺は仕方ないかもしれないけど、ライブで
やるとなると大変なんじゃないかな。まぁでも彼ならしっかり聞かせてくれるで
しょうね。自分の曲なんだし、、、(^^)v

11 . 手のひら(レギュラー)
これはギブソンだろうね。ちょっとオフ気味のマイク録りの音が心地いいね。
最近の彼のバラードって、いいのはいいんだけど、まだもっと広がるはずなのに、
もっと広げて欲しいのに、、、って思ってしまって、何か燃焼しきれてない部分を
感じてたのだけど、今回はその辺が感じられなくてとても気持ちいいです(^_^)。
たぶん、楽譜作るとしたら最初はコレかな、、、w。すぐにできるし。

12 . 草笛(D6チューニング D A D F# B D)
この手のメロディには、このD6チューニングがホントにしっくり来るのだけど、
その辺はさすがしっかりわかってらっしゃる(^^)。って言うか師匠のイサトさんの
真似したかな、、、。草笛ってイメージでディレイをかけてると思うのだけど、
ディレイはない方がいいと思うのだけどね~。

13 . Over Drive(A A E E A E)
そう言えば、アコギにディストーションをかけたのは彼くらいじゃないかな?
もし、Michael Hedgesが生きてたら彼もやってたかもしれないけどね。しかし、
これもカッコいい曲だね。前作のSnappyとちょっと似てるけど、チューニング
似てるから仕方ないか、、、(^_^;。このAm系の曲も彼の中で一つの柱みたいな
ものができつつあるんじゃないのかな。Rushin'、Snappyと続いたこの路線を
もっと広げて行って欲しい、、って思うのは僕だけじゃないかも。

14 . fly to the dream(C G D G B D)
この曲はメロディがいいね。ホントに彼らしいというか、彼じゃなきゃできない、、
というか、この辺がしっかりとファンを掴んで離さないところかもしれない。
この曲もライブ会場でスタンディングで聴きたい曲だね。

15 . また明日。(レギュラー)
はいはい、また明日も聞きますよ、、、って思わせてくれるような曲だね。一人
ポロポロと爪弾くのに最適な曲だね~。また、こういう曲を作らせたら彼は上手い
よね~。また明日も聞きますよ~(^^)v。




ツアーの予定も発表されてますけど、ライブで聞かせてもらうのが楽しみですね(^^)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

MASHさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。