明日10日は

テーマ:
明日 レッスンは、あります。
しかし、既に3人から欠席のご連絡をいただいております。

火曜の19時~21時の生徒さんで、いつもより早目にレッスンしたい生徒さんがいらっしゃいましたら、明日は対応できます。

もし必要でしたら、連絡ください。

AD
お正月は、みなさんからの年賀状を読んで、楽しませていただきました。

力作も多く、年賀状コンクールをひらきたくなったくらいです。

さて、今村書店音楽教室は、今年 創立58年をむかえます。



手前味噌ではございますが、当教室は、五城目町のみならず、南秋田郡のピアノ教育を支えてきました。

子供が多い時代、在籍数200人以上を誇る大きな教室でした。

少子化の現在、規模は縮小しましたが、それでも多くの方に通っていただいていることに、感謝しています。

物質的で、インスタントなものが良しとされる時代に
感性を重要視し、上達するのに時間がかかるピアノを学ぶのは、大切なこと。わたしは、そう思います。

すぐに完成してしまうもの、すぐ手に入るものに、価値は あるでしょうか?

じっくりと向き合う過程にこそ「成長」が隠されています。

一つ一つ丁寧に、レッスン生の
・知性
・感性
・表現する手

を育てていきたいと思います。

今年も、宜しくお願いいたします。



「グリーンサム」に掲載していただきました。↓









AD

一年の成長

テーマ:
おかげさまで、2016年のレッスンは、終了いたしました。

ご父兄の皆様方には、たくさんのご協力をいただき、ありがとうございました。

教室は、30~4日までお休みです。


~~~~
今年最後のレッスンで、生徒さん方に聞きました。

「2016年。弾くことでも、譜読みのことでも、特別レッスンのことでも良いです。
ここが上手になった、頑張った、わかるようになった
ということを1つ教えてください」

生徒さんが答えてから、私から見た「1年の成長点」をお話しします。(私が先に話すと、生徒さんが、こちらの意見に 引っ張られるため)

85%以上の生徒さんが
「譜読みが前より出来るようになった、はやくなった、譜を見ながら弾けるようになった」という答えでした。

今年は、レッスン時間内をかなり割いての譜読特訓でした。

生徒さん本人が、成長を実感してくれて、とても嬉しいです。

発表会の曲のレッスンが始まりましたが、ほとんどの生徒さんに対して、譜読力がアップしたことを感じました。


「譜読力」と「表現する技術」は、別物です。

発表会に向けてのレッスンで養うのは「表現する技術」です。

なるべく早く、最初から最後まで一通り弾けるようにして「表現」まで教えたいです。

棒弾きの生徒さんが、一人も出ないように、計画立てています。
教えたところまでは、忘れないように、練習してください。

表現していると、幸せを感じますよ。

~~~~

同じ曲に3ヶ月向き合うレッスンは
「レッスンを受けることと、練習を積み重ねることの大切さ」を身をもって学ぶことが出来ます。


今、出来なくても、弾けるようになれます。

ただし、レッスンを休まず受けて、習ったところを確実に練習できれば、の話です。

~~~~

今年も一年、ありがとうございました。

来年も、宜しくお願い致します。


年賀状は、これから書くので遅れます。ごめんなさい。

それでは、良いお年を。











AD