PMPのPDU取得と登録

テーマ:

本記事の対象者1:すでにPMPを取得しており、更新のために安価に(というか無料で)PDUを取得・登録したい。

本記事の対象者2:PMPの取得を考えているが、更新のためのPDU取得はどのように行うべきか、どの程度コストがかかるか確認したい。

 

結論から言いますと、PDUの取得はおそらく本記事で紹介する方法で0円で可能かと思います。ただ、更新料はかかるので150ドルは必要になります。

 

さて、そのPDUについてですが、おそらく大体の人がご存知かと思いますがPMPの更新には3年間で60PDU(60時間分の教育・学習等に相当)が必要となります。

そのうち、実務で8PDU登録が可能ですので、これは何はともあプロジェクトの内容をまとめてPMI.orgで記載して登録する必要があります。

60-8=52PDUのうち、24PDU以上は教育により取得する必要があり、残り(最大28PDU)は自習してその内容を登録すれば良い形になります。

 

教育により取得する24PDUは、以下3種類をそれぞれ8ずつ集める必要があります。

・Technical

・Leadership

・Strategic and Business

この部分がコスト的におそらくもっとも懸念される部分かと思います。通常の教育を受講するにせよ、eラーニングやPDU付き教材を買うといった方法をとるにせよ、コストがかかるのではないか、と私は思っていましたが、どうもそうではないのです。

 

ポイントはPMI.orgが取得した(?)projetmanagement.comというウェブサイトにあります。

https://www.projectmanagement.com/

こちらのウェブサイトにPMI.orgのアカウントでログインしでeラーニング(ビデオ)を見ると自動的にPMI.orgの方に反映されてPDUがたまるという旨い話があるのです。

PMI会員かどうかでみられる動画が違うのと、日本語の動画も若干あるのでその見方など紹介したいと思います。

 

1.まずはprojectmanagement.comにログインします。

(1)ブラウザで接続します。

https://www.projectmanagement.com/

(2)Loginをクリックします。

(3)Login in with PMIをクリックする。

(4)PMI.orgのユーザ名とパスワードを入力してLog inをクリックする。

(5)プロフィール情報を入力する。

First Name 名前
Last Name 苗字
Email
Pick a username このサイトで利用するユーザ名
Password
Job Function 仕事の内容
Company Size 会社の規模
Country 国
Zip 郵便番号 ※任意なので空欄で良いと思います。

Please send me offers from ProjectManagement.com partners. お得な情報をもらうか。
Newsletter 定期的なメールマガジン
I agree to the terms and conditions of the Projectmanagement.com User Agreement. チェックを入れる。
(6)トップ画面に戻ったらWebinarsをクリックした後、On Demand Webinarsをクリックします。

WebinarというのはWeb上のSeminarを略した言葉のようです。

(7)ACCESSのところのFreeにチェックを入れます。

上の検索窓みたいなところでJapaneseと入力して検索すると日本語のコンテンツが出てくる・・・・・・はずです。

(8)現状はThe Coveの監督のWebinarしか出てきません。PMI.orgというのはくそみたいなレイシスト実に日本の環境のことを憂慮してくれているんですね。ありがたいです。

 

(9)あとは48時間ほどするとPMI.orgの方に反映されます。

AD
昨年2015年が
CACCのB
今年2016年は
ABCAのB
という結果でした。

忙しいというのは言い訳にならないと思っていて、健康維持(心身の)、家族、仕事とあってその次なのでどうしてもこの程度の結果になったということです。
あとはコントロール力があれば何とかこぎつけられたかと思いますが性能が足りなかった。
試験としては、賭博的な部分はあるが(私の見立てでは、ある程度の整合性があれば点数大盤振る舞いしてる気がするが)、歯が立たないというわけではない気がしています。

AD

電通の問題

テーマ:
残業するなと言うだけで残業減るなら過労死は起きないのではないか、と思う。
言われた瞬間、突然効率が上がって定時で上がれるようになるわけ無いんだし。

同じクオリティで仕事するなら総工数下がるから人の頭数増やすのは絶対必要だし、それが整うまではクオリティ下げるしか無い。
だからこういう場合、私は偉い人にはまずクライアントに土下座してクオリティへの影響を説明してきてほしい。
★★★解答速報

大原 解答速報 10/25 17:00
http://www.o-hara.ac.jp/best/chusho/sokuhou2/

TAC 解答速報 10/26 19:00
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/chusho/index2.html

AAS 解答速報 11/4
https://www.aas-clover.com/testinfo/sokuhou-2

★★無料添削

LEC 採点サービス 添削なし 10/25 16:00
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/2ji/abcd/

サクセスレッスンアトリエ 採点てんさく
http://slat.co.jp/h28-second-exam-free-scoring/

☆講評、郵送

LEC 講評pdf
http://www.lec-jp.com/shindanshi/juken/2ji/comment/

クレアール 模範解答郵送申込み
https://www.crear-ac.co.jp/shindanshi/kaito/

MMC 模範解答 郵送 
http://www.mmc-web.net

誤字、字余りは気にしないでください。


事例4
第1問

設問1
有形固定資産回転率 ⒈77回
流動比率55.70%
売上高経常利益率2.87%

設問2
本社用の土地を購入したことと、その土地が営業に供されていないことが原因である。また、不振店舗の付属設備、器具の減損の影響で利益率が低い。
※後半の問題の表の注で、昨年開店した店の設備、器具を減損した旨、言及されていることから


第2問 ※カッコでくくったものは解答用紙に埋め込まれていた項目
設問1
税引前当期純利益 (39)
減価償却費 36
減損損失 (56)
営業外収益 8
営業外費用 △20
売上高債権の増減額 △1
棚卸資産の増減額 △3
仕入債務の増減額 3
その他 (13)
小計 131
利息及び配当金の受取額 (ー)
利息の支払額 (△4)
法人税等の支払額 (△35)
営業活動によるキャッシュフロー 92

設問2
マル1
(a)
土地
当初 金額(ー320) 現在価値 ー320
六年後 金額 320 現在価値 226
建物
一年後 金額 (ー470) 現在価値 ー443
六年後 金額 375 現在価値 264

第3問
(a)
限界利益49ー個別固定費40=貢献利益9
(b)
閉店すべきではない。閉店した場合、共通固定費を他店舗で負担する必要が生じるため、全体でみると損失となる。

第4問
設問1
店舗で直接受ける場合に比べて機会損失が小さくなり利益につながっているが、システム利用料や予約管理の人件費がかかっている。

設問2
マル1
変動比率0.5から、430÷0.5=860
マル2
(430ー8)÷(1ー0.494)ー860
=833.992ー860
=ー26
26(低下)
マル3
430÷(1ー0.494)ー860
=849.809ー860
=ー10
10(低下)

誤字や字余りは気にしないでください。

事例3
全般的によくわからない。会社に問題がありすぎる。
特に問題は管理会計的観点で見たくなる点が多いし、人材配置もむちゃくちゃ。

一次試験の知識全く使えず、多分足切り。

第1問
(a)
x社を母体としていることで、一部安価に仕入れが行えるとともに財務面での保証がある。
(b)
営業赤字である点と、その状況を数年にわたって改善できない低い技術力。

第2問

最大の問題は三ヶ月の休業期間があり固定資産が非効率的な運用を強いられていることである。このため、リソースを確保して通年での稼働を行う。製造グループが3つに分割されているが統合して一括して仕入れ、配送手配を行うことでボリュームディスカウントを要求する。全体で一括して生産管理を行うことで人件費を抑制する。

第3問

ABC分析を行う。カット形状不均一、鮮度劣化、異物混入で80%以上の問題を生じているため、特性要因図から品質意識の向上を図るとともに作業標準やルールを作成して教育を行う。
品質管理部署の設置も検討する。

※ABC分析ではなくパレート分析だった。

第4問
サラダ用、調理用カット野菜パック事業に進出する。ホットキッチン事業は財政的、技術的ハードルが高いが、カット野菜パック事業はギャップが小さく、付加価値は高まり、また、設備の遊休時間を有効活用できるため大きな収益改善効果が期待できる。製造面の改善とともに、営業要員の育成も必要となる。

(事例1じゃないんだから営業の話なぞしたくないが思いついたので書いてしまった)
全般的に、推敲していないので誤字や字余り生じています。

事例2
最初に図表1の各項目の変動を計算した。
人口は変化なしで、一人当たり消費量が25%減、リットルでは32%くらい減少。
図表2によると醤油は減っているが加工品は伸びている。ということは醤油から料理をするのではなく、加工品を使って料理することが増えているということになる。

第1問
長い歴史と、自社での仕込みによる深い味わいによるブランド価値を活かした高品質、高価格なニッチを狙った差別化戦略。

第2問
設問1
x市内外の健康志向の女性、シニア層を対象にしょうゆ加工品を販売する。特に、新規顧客獲得のためにブランドの知名度だけではなく、商品を味わう機会の創出を行っていく必要がある。

設問2
地元飲食店や、全国展開するファミリーレストランなどに健康的なレシピとセットで売り込みを行う。あわせて店頭でドレッシング等を販売してもらうよう依頼する。

第3問
最終消費者から直接レスポンスをもらえる接点となっている。商品にあったレシピなどマーケティング素材の開発の拠点となりうる。また、直接的に知名度アップの効果も生じている。

第4問

設問1
ブランド価値やz社との協力関係を維持するため、値引き販売は行わない。必要に応じてネット専売品を開発する。

設問2
購入された商品が消費し終わであろうタイミングで商品やその定期購読を提案するメールを送る。直営飲食店のヘルシーなレシピなどを継続的に更新し続けてホームページへの訪問頻度を高く保つことですロイヤルティを高める。