1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009-06-17 22:31:29

全脳思考

テーマ:立ち読みしました ビジネス
全脳思考/神田 昌典

¥2,100
Amazon.co.jp



他の本を買うときにちらっと読んでみた。

とても面白いけれど、今の自分には高度すぎてわからない。

会計の知識がない人にとって、財務諸表の意味や利用価値が分からないのと同じで、

本書をおもしろく読むためにはおそらく助走期間が必要なんでしょうね。

でも買いたくなるのは、やはり著書が神田さんだからというのが大きい。

神田さんが今どんなことを考えているか、何を重要視しているのか、
そういうことを感じ取れるような気がする。

活字だけでなくところどころ、手書き風のデザインがはいっているのも、

おそらくロジックとイメージの相乗効果みたいなことなんだろうな、とか。

賛否が分かれているところもいい。

神田さんくらいになると、おそらく賛否が分かれないような本を意図的に書くこともできると思うから、あえてそこは、そういう選択肢を選ばないで、発想法という、いちばんとらえどころのなさそうなところへ踏み込んでいくタフさがこの本の真価なのじゃないだろうか。

というわけで、わからないからこそ、読む。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-07-24 08:27:38

超勉強法

テーマ:立ち読みしました ビジネス
最短で結果が出る超勉強法/荘司 雅彦
¥1,470
Amazon.co.jp

このたぐいは立ち読みで済ませることにしている。

モチベーションをあげるために、ざーーっと飛ばし読みする。


勉強は続けたほうが良い、
できれば資格などの目標をもってやったほうがいい、
と僕もおもっている。


よく本を読むのだというと、
友人は「小説」のことだと思うみたいだけど、
実はビジネス書とか、興味の湧いたことについて調べるような目的の読書が多い。

そういうのを読書家とはいわないのかもしれないな。
つまり僕の読書は、読書と言うより、勉強のたぐいなわけだ。


英語と、法律の勉強を毎日していて、
短時間でもこれは続けようと思っている。

僕の場合、資格試験をめざしているわけではないのであって、
これは試合にでないスポーツ選手のようで、
あまりよくないことだとは思っているのだけど、
これはこれで、なかなか居心地がよいので、つい脱却できずにいる。


しかし、なんの(資格だとか点数だとかの)目標も無いのに、
興味のおもむくままにこうして勉強がつづけられるというのもまた
すごいことなんじゃないかと自分をなだめてみたりもする。



勉強がおもしろいのは、アンテナの数が、増えるからだ。


携帯のアンテナ表示も、しっかり全部立っていると、
わけもなくちょっとうれしかったりするでしょ。


たとえば英語などは、
単語を一個覚えるごとに、ちいさいけれど確実に、
自分のなかのセンサーが一個増える。

だから、それまできづかなかったことに気づく。
何気なく聞いていた洋楽のBGMが、
リアルにきこえてきたりもする。


また、テキストにピンクのマーカーを入れたり、
ボールペンで要点を書き込んだりしていくうち、
いままでそっけなかったページが汚されて、
自分だけのものになっていくのも楽しい。

今使っている英語のテキストなども、
ページのはじっこが擦り切れて、
ともに戦った戦友のような風格さえかもしており、
このうえない愛着を感じる。


とにかく、勉強はたのしい。
学校の成績はわるかったけれど、
ひとそれぞれタイミングというものがあるのだなと思う。

いまはネットと本で何でも勉強できる。
便利な時代になったものです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-07 12:14:23

客は集めるな!

テーマ:立ち読みしました ビジネス
fds

買わなかったけど売れそうではある本。

それにしても、現在ビジネス書の棚には、
マーケ、とくに集客に特化した本は多い。

ビジネス書って結局マーケ本とアカウンティング系、
そして経済予測に大別できるんじゃないかな。

結局は経営って、集客に悩むこと、なんだな。

そして、集客を求めれば、集客に失敗する。

それは人が人間関係の悩みから結局は解放されないし、
それが人生なのかもしれないことにも似ている。

人を求めれば、人は逃げていく。

そう、結局人は、人で悩む。
いくつになっても、どんなに偉くなっても、どんなにかしこくなってもね。

たくさんたくさんマーケ本を読んでいくと、
ある種の「型」がみえてくる。

それにあてはめていけば、もっともらしいことは、誰でもいえるようになる。

だから、どうしてこの本のタイトルが、「・・・集めるな!」なのかとかも
すぐに分かるようになる。

でもね、そろそろ分かるための本からは卒業して、
あえて分からない世界に足を踏み入れてみたい、
そんな気もするのです。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-04-22 23:03:57

90日で鬼のように儲けるブログ術

テーマ:立ち読みしました ビジネス
 90
「ブログが、単なる日記になっていませんか?」

これは、
ブログをやっているものにとって
耳の痛いはなしですね。

たしかに、有名人でもないかぎり、
単なる日記を読んでもらえるわけがない。

これは事実ですよね。
そして、ビジネスの本質をついていると思います。

読みやすくて、
いい本だと思います。

タイトルは派手だけど、意外と地味な現実、
商売の基本に立ち返らせてくれる
名著ではないでしょうか??

そして改めて
ブログマーケティングの重要性に
気づかされましたね。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-31 09:15:06

ダメな自分を救う本

テーマ:立ち読みしました ビジネス
dame

僕もダメな人間。

できれば救われたい。。

で、

どうやって救うんだろ?

と思ったので立ち読み。

テクニック、事例ともに具体的でしたが、
やっぱり人は人の助けがないと
いかんですね。

ひとりでは変われないだろうなと思い、

買うのは断念。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-24 03:16:37

日本をロハスに変える30の方法

テーマ:立ち読みしました ビジネス
ろはす

(ロハスクラブ、なんていう団体があるのですね。)

最近ではあれもロハス、これもロハス・・・。

そのうちまた

手のひらを返したように

「新しい」生き方がでてくるのでしょうが

だからなんだといって

僕はことさらに
反論を試みるでもなく。。

思うに

お酒を飲める人と飲めない人がいて、
それは結局のところ体質だとかによるみたいに

つまり好き嫌いとかそういった、本人の意志の問題ではなくって
単純に、そうであるからそう、といったふうに

思想にも、酔える人と、酔えない人がいるのではないでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-18 18:47:31

必ず売れる!ゲリラ・マーケティング

テーマ:立ち読みしました ビジネス
da
久しぶりに見た
マーケティング先行型・内容希薄本。

本当にマーケティングを学びたい方や
起業を目指す方は、買ってはいけません。


単に、スモールビジネスマーケティングの要点を
箇条書きにしただけであって、

・具体的に学べる事例、
・参考にできるセールスレターの文案、
・アイデアや考え方のステップ、
・情報源、
・数値的な測定方法、

といったものがありませんので。

フォレスト出版さんの本は、
スモールビジネスを志すものにとって、
おもしろく、ためになり、やる気や勇気のでてくるものばかりでした。

このような、ただ煽るだけの本で、
期待を裏切らないでいただきたいものです。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-12 18:31:32

タクシードライバー

テーマ:立ち読みしました ビジネス
タクシー

昨日、荷物が重かったので、青山から品川まで、タクシーに乗ることにしました。

都心は交通の便がよくて、
電車でいけば、片道500円もかかりません。

だから普段は電車だけれど、昨日はとにかく荷物がすごかった。

品川までなら頑張っていくか、それとも、・・・と少し迷ったけれど、
やはり乗ってしまおうと。


その場でタクシーをつかまえ、乗り込むと、運転手さんに行き先を告げる。
しかし、その運転手さんのひとことが、悪夢のはじまりだった。



私  「えーと、品川のですね、天王洲アイルまでお願いします」

運転手  「はい。品川ですね。





   道、わかります?





私「・・・。」




つけ加えておきますが、
青山から品川というのは、そんなに道が複雑なわけでも、
遠いわけでもありません。

百歩譲って品川を知らないタクシー運転手がいたとしても、


最初っから道が分かるかどうかを客にたずねるのはどうだろう。




さらに悪夢は続く。



運転手「てんのうず、ファイル?ですか。



    てんのうず、ファイル
でよろしんですね?」




※(正しくは、天王洲アイル)

私「あ、いや、一応、天王洲アイルっていうんですけど。

 そこの〇〇ホテルへ行きたいんです。


・・カーナビで検索してみてください」


そう、
このタクシーはカーナビがついていたので、
まあ大丈夫だろうと思った。


別に機械に頼るのが悪いわけじゃない。
地理に弱いなら、カーナビをつける。

それだって立派なプロ意識かもしれないじゃないか・・。



しかし、次のひとことで、私の期待は地に落とされる。



運転手「ああ、ありました。








  天王洲ナイルっていうんですね。






  ナイルかあ。
  へえー、なるほどお」




カーナビに表示された地名を自分で読み間違え、
さらにそのへんてこな響きに、関心しているのだ。



30分後、




目的のホテルちかくのレストラン前にたどりついたタクシー。



私はすっかり気落ちしながら、

本当はホテルのフロント前につけてほしかったけど


・・・まあ近いから歩いていけばいいや、


とあきらめる。




運転手 「(得意げに)こちらで、よろしいですか」






私「あ、はい。。」



皆さまにアドバイス。

チェックのラインが入ったタクシー には要注意!


もし、
こういうタクシーにあたってしまったらどうするか?


友人が言うには、

  降りちゃう。

降りちゃえばいいんだそうです。


降りていいんですね。

でも気まずい・・・。

品川までと言っておいて、六本木ですでに降りたくなっちゃったら。

携帯で電話する振りして、
急に用事が入ったみたいにするとか?




 


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-12-26 18:15:57

ゲリラアドバタイジング

テーマ:立ち読みしました ビジネス
げりら
金森さんシリーズに
新たな本が加わりました。

広告の効果的な出し方や
その考え方。

カテゴリーとしては、
大好きなのですが、パラパラとめくった結果、
これはちょっと難しい本みたいな気がしますね。

読むべき本かもしれないけれど、
読みこなせるかどういかが不安な本でもある。

ということで、ちょっと気が引けてw、
立ち読みです。

ただ、

「広告とは家賃である」とは、

まさに名言ですね。

ハイレベルだけれど、
読みたい一冊でもあります。

蛇足ですが
もし、金森さん監修シリーズで

「ハイパワーマーケティング」

や、

「常識の壁をこえて」

などを読まれていない方は、
先にそちらがいいと思います。

どちらも起業家や、起業を志す方にとって、
いつまでも心に残るほどの良書です。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-28 21:34:38

ツイてる!

テーマ:立ち読みしました ビジネス
ついてる

斉藤一人さんの本は
つい立ち読みしてしまいますね。

内容は簡単なので、買うほどではないけれど、
日本一のお金持ちと呼ばれる人が、
どんなことを考えているのか
興味がわきます。

しかも、その一人さんが徹底して言われていることが、
とにかく、
言葉を変えましょう 
ということなんですね。

つまりこの本のタイトルのように
「ツイてる」
と言うようにすれば、

実際にツイてることがおきて、
成功して、
お金持ちになって、
苦労しなくなるんだそうです。

たぶんそんなことを言われると、
普通の人は
間違いなく混乱すると思うんです。
僕は混乱します。

そういう考え方は、実体験にそぐわないし、
信じてみたい気もするけれど、いまいち腑に落ちないからですね。

だけど、実際に億万長者の方が、
もうずいぶんと前から、一貫して言い続けていることが、
言葉を変えよという教えであり、このツイてるという言葉なんですよね。


今日も立ち読みして、
いい話だなあ、と思いながら、
だけどやっぱり混乱して
帰ってきちゃいましたw。

けれども確かに、
いつもいつも本心から、
幸せだなあ、
楽しいな、
ツイてるな、
ありがたいな、
・・・

なんて、本気で思ったり
口にしたくなったりするような人生だったら
いいよな、と思いました。

実際には、結構辛いことや、
願うけれどなかなか思うようにいかないことも
僕にはあります。

悩みもあります。
苦労というほどではないけど、
苦しいことも経験しています。

それなのに、ツイてるって言えばいい、だなんて、
ああ、ハイそうですか ってわけにもいかないもんです。w

いい話だけど、
複雑な心境。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。