2009-01-27 22:11:33

仕事に生かせる技術者の勉強法

テーマ:買って読みました ビジネス
仕事に生かせる技術者の勉強法/中村 義作

¥1,260
Amazon.co.jp


派手な本が まったく使えないことがある反面

地味な本が 最高に役に立つことがあります。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-01-14 22:49:31

スピード段取り術

テーマ:買って読みました ビジネス
アウトプットが10倍増える! スピード段取り術/吉山勇樹

¥1,575
Amazon.co.jp


内容はそれほど むずかしくないのですが、

図解がとてもわかりやすい(すごく見やすく、イメージしやすいキャラクター)

ことと、表現がとても潔くて、

若くして 仕事のできる人、他に抜きんでる人というのは、ちがうなあ、

っと、新鮮な風を感じられるビジネス書でした。


特にあたらしい知識やノウハウを得られたという感触はないですが、

なにしろ図解、表、挿絵、語りかけるような文体と、

これくらい分かりやすければ、「段取り」の指南も素直に読めるなあ、

という、表現の勉強になった一冊。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-11 21:25:27

この テクニックはすごい

テーマ:雑記
おもしろいウェブの技術をみつけた。

マーケティングに使えるに違いない。

これからネット広告はまちがいなく動画の時代に入ると思うけれど、

それはなにも動画画面の貼り付けに限らない。


こういうテクニックもあるのだなーと感心。


技術的なことはだめなんだけど、これどうやってるんだろう?

HTMLで書けるの?わかりません。

どなたか教えて下さい。


海外ではあたりまえかもしれないけど、僕にとっては驚きの広告手法。

Live Face On Web

http://www.livefaceonweb.com/samples.aspx
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-01-10 17:05:21

儲かる手書きチラシ作成術

テーマ:買って読みました ビジネス
儲かる手書きチラシ作成術/出村 邦彦

¥1,575
Amazon.co.jp

これはおもしろい。

とてもためになりました。

読むだけでなく、実際につくってみようと思い、
本のとおりにやってみることにしました。

で、今日は事務所のチラシをつくりました。
チラシをつくっても配布先がないのだけれど、
それはこれから考えます。

ポスティングか、ファクスするのがいいと思います。

きっかけは、妹からの相談でした。

妹の嫁ぎ先の実家がご商売をされているのだけど、
そのお店でPOPやら商品説明やらを書くのに、
なにか参考になる情報を探しているようだ、というのです。


そういうことなら本の虫であるこの兄に訪ねてみよう
ということになって、僕が、それだったらと、
この、手書きチラシづくりの本をすすめたのです。

まず、買ってきて妹といっしょにざっと読んでみました。


本書はいわゆる豪華なチラシの作成方法ではなく、
むしろ手書きで表現するほうが人間味があって伝わる、
といった趣旨の本です。

わかりやすく、実例も満載で、読んでいてとても面白いです。

読みすすめるうちに、
たとえば僕の事務所のチラシだったら
どんなふうになるか、と実験的に描いてみたのです。


最初は例にならって、全部手書きにしてみました。


できあがったチラシを読んでみると、
とてもいいけれど、さすがに全部手書きだと、
人によっては汚い、いいかげん、という印象を持つかもしれないね、
という話になりました。

飲食や物販なら、オール手書きでも味わい深くていいと思います。
僕の事務所のでも、全部手書きでも問題ないとも思いました。


でも試しに、同じ文章を全部パソコンでつくってみました。
そうすると、なんだか読むのが面倒なチラシができあがりました。

うーん、これは読むのがいやになっちゃうね。

やっぱりパソコンだけできれいにつくると、読まれないね。


そんなわけで、さらに試行錯誤した後、

ではパソコンでつくって、
それに手書きで描き足したらどうかということになりました。

やってみたらこれが結構いい。


ようするに、手書きの文字にはなぜか視線があつまるので、
思わず読んでしまうのです。



本書を読んで、さらに実際にやってみてわかったことは、
チラシ作りは結構楽しい、ということ。


そして、伝えるべき言葉を選んでいくうちに、
いろいろと勉強になるし、お客さんの気持ちを想像しながら
書くので、サービスの勉強にもなるということです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-07 23:06:29

うちの社長は、なぜ「ああ」なのか

テーマ:買って読みました ビジネス
うちの社長は、なぜ「ああ」なのか/石原 明

¥1,470
Amazon.co.jp


タイトルに惹かれたのはもちろん、 あの石原明さん(超有名経営コンサルタント)
の新刊ということで、即買い。

小説を読むようなおもしろさ!
人間心理(大学のとき学んだ社会心理学の授業を思いだした)の勉強にもなる。

結局会社って、人のあつまり、つまり組織だから、
そのリーダーの心理的特徴が、ダイレクトに影響する。

それは、小規模の企業ほどその傾向が強いと思う。

でもここまできれいにタイプ分けして、しかもおもしろく、
しかも解決策までわかりやすく提示している本は、ないと思います。

タイトルの、なぜ「ああ」なのか、というフレーズは、批判的にきこえるかもしれませんが、

読み終われば決してそんなことはなく、むしろ組織を率いるリーダーへの愛情と、
処方箋がみえているからこそ、打ち出せるセリフなんだと、理解できます。



ビジネス書の新境地。
経営者はもちろん、どんな組織で働く人にも、読んで損はない一冊です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-06 21:25:04

謎の会社、世界を変える。 編集者の方から 年賀状をいただきました。

テーマ:買って読みました ビジネス
謎の会社、世界を変える。―エニグモの挑戦/須田 将啓

¥1,680
Amazon.co.jp

本書の、編集者の方から直々に年賀状をいただいてしまいました。

ありがとうございます!

ブログをやってみてよかった。

本を読むことが大好きでよかった。


素直にそう思いました。

今年も、いい本をたくさん読むことにします。



ようするに、僕は本が大好きです。

文学も、論説も、ビジネス書も、法律書も好きです。

(法律書にも、ほんとうに良書はあるんですよ。読んでいて胸のつかえがとれるような、知的感動というか、没頭する喜びを与えてくれるようなのが、まれにですがあります。そういうのも紹介していきたいですな。)


それで、ブログで感想を書いてみた、そしたら、

出版する側の方に見出していただけた。

単純にうれしいです。感動です。

これからもいい本をたくさん出版してくださいね。



本が大好きな僕は、実際に体験する、
現場を見る、実際に会ってみる、
っていうのも大好きです。

やっぱり、なんでも自分でやってみないとわかりませんからね。


苦手なのは、テレビです。

特にニュース番組みたいなのが、だめです。
だから僕は生活の場からテレビを排除しているのですけれど。


テレビをなくすと、本を読む時間が増えるし、
少しは自分で考えるようになると思います。


たとえば、テレビ番組って、
派遣社員さんがくびになって大変なことになっています、
とかっていう。いまだったらそういうのがあります。

そしたらそれは政治がこのように悪くて、・・とか、
討論しているような番組って多いですよね。


で、あれは本当に政治をよくしようとかじゃなくって、
ぶっちゃけた話、一種のエンタテイメントなんだっていう、
それがわかっているからいいのだけれども、


こわいのは、ですよ。
テレビであれだけガンガンいわれると、
なかには信じちゃう人もいるんじゃないかっていうこと。


ああいうのが「政治」なんだなと、
勘違いしてしまう人がいるんだと思うのです。


マスコミの都合で流れてきたものを、大まじめに、
ある種の純粋さでうけとめてしまう。
真に受けちゃうと、ちょっとこわいですよね。

でも本をちゃんと読んで、
自分で考えて、
現場もみて、

っていう生活をしておけば、たぶん大丈夫なんじゃないかと。






















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-06 00:02:55

フロスト気質

テーマ:買って読みました 小説
フロスト気質 下 (創元推理文庫 M ウ)/R.D. ウィングフィールド

¥1,155
Amazon.co.jp

やっぱりおもしろいなあ。

フロストシリーズ。

これは最新刊。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-01-04 22:30:44

ウォーリー を見よう

テーマ:買って読みました ビジネス
今、読みに行きます-w

正月休みを利用して

いってきました。いやー、 おもしろかったです。

みなさんもみたほうがいいですよ、ウォーリー。


久しぶりに、純粋に感動しました。

思えば、まだ小学生の時、映画っていうのをそんなにみたことがないときに、
感動を与えてくれたのは ETとか、ゴーストバスターズとかね、
やっぱりアメリカの映画だったんですよ。
見たあとも、翌日も、そのあと何日も、何週間も、
友達とその話で盛り上がっていたっけ。はしゃいでいたっけ。


もちろん、子どもだったからっていうのもある。それはありますけれど、
あのころはそんなに、映像でわくわくさせてくれる媒体が、少なかったんですね。
だからよけいに、純粋に映画がおもしろかった。

大人になったいまでは、
どんなに魅力的な映画も、
翌日には忘れているようなところがあります。

みた次の日に学校に行って、授業の始まる前に友達と盛り上がる、
っていう時間がなくなったから、なのかもしれないけれど、
でも、きっとそれだけではありません。

そう。大人になったから、
鈍感になったのです。
鈍くなったのです・・。


でも、ウォーリーはどうでしょう。
生身の人間は登場しない。
ロボットが主役の映画。

未来の地球にひとりぼっちになった、清掃ロボット。
でも自分のお気に入りを集めたりしていて、
ちゃんと心を持ったロボットです。

大人になったいまだからこそ、
見るべき映画のようなきがします。

ロボットが主役で、セリフもほとんどなくて、そういう、あえて表現に制約がある、
無機質な素材を使って、それが愛情や、さびしさや、創造のよろこびといった
いきいきとしたものを表現しているさまは、見事としかいいようがないし、

映像の技術がすごくて、
一瞬たりとも 興ざめすることがなかった。

こんな映像がつくれるのってすごいなあ。
そして、この世界観、かわいさ、純粋さ。

ウォーリーをみましょう、みなさん。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。