本の読み方、読む目的は、さまざまである。

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)/吉越 浩一郎


¥777
Amazon.co.jp

調べ物をする、

暇な時間にすこしでも有意義なかんがえをめぐらす、など。

僕の読み方で多いのは、自分に気合をいれる、というもの。

この、デッドライン仕事術などは、まさしくこれだ。


経営者の視点、考え方というのは、厳しい。

ビジネスはたたかいだから、それはあたりまえだ。

ビジネスは坂道を登り続けるもの、いや、下りのエスカレーターに飛び乗って、
それを駆け上がるみたいなものだ。

仕事にかならず締め切りを設定する、そして、かならずそれを守る。

しかも、残業はしないと決めてしまう。必然的に、仕事の効率を高めざるを得ない、という。


誰しも、所持金が少ないときなら、いかに空腹を充たすか、考える。

僕も、なまじサイフに現金を入れておくと、つまらないものでも買い、
必要もないのに食べ、結果無駄遣いしてしまう方だ。

お金が余ったら貯金しよう、という意識でいれば、結局たまらない。

貯金して、その残りで生活しなければいけない。


全部あたりまえのことなんだけど、あたりまえのことを、本当にやろうとすると、

そこには、ある種の、厳しさが必要である。

その厳しさに、耐えられるのか。



なにかを実現したい、夢がある、あれがしたい、これがほしい。

そう思うことは多いけれど、そこにともなう厳しさを、本当に僕は受け入れているのだろうか。


そんな自己反省とともに、読む。

つまらない言い訳は、許さない、という文章に出会い、何度も読み返した。

そう、こうやって自分にはっぱをかける、自分を追い込む、

本のちからを借りて、少しでも励ましてもらおうという、魂胆である。




AD
至福のすし―「すきやばし次郎」の職人芸術 (新潮新書)/山本 益博
¥714
Amazon.co.jp

すしは、好きであるので、こういう本にも自然と手が伸びる。

生きる伝説となった すきやばし次郎 のご主人、小野次郎氏。

世界最高との呼び声も高い、 すしの名店。

とある 料理人は 飛行機に乗って食事に来るという。

しかし 本書のなかで ひときわ僕の心をとらえた 数行は

そんな はなやかな エピソードではなかった。

それは 店主をして 「あの人は人間国宝です」 といわしめた ある人物の存在。

掃除にこだわる その店では、 ひたすら ふきんで 店内を拭いている 仕事人がいるという。

その ふきんが いつも 真っ白だ、と。

つまり、常に清潔を保ち、 磨き続けるという仕事によって

その場が保たれている、 そればかりか、 一種神妙な気持ちにさせる空間になっているという。

保健所の職員が 思わず  履物を脱いで あがろうとするという その 調理場。

仕事は、 なにをするかじゃない、 どうやってするかなのだ、

と、 文字にするとなんだか はずかしいけれど、

本気でそう思えた  一冊でありました。
AD