1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-10-31 23:34:18

マジで儲かる5秒前

テーマ:買って読みました ビジネス
まあ、

「広告」を出せってことですよね。

タウンページに。

でも実際、


ビジネスって、広告だなあと。

思います。

まじで


それにしても、

勇気のあるタイトルだなあ・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-25 14:11:25

小さな会社が低予算ですぐできる広告宣伝心理術

テーマ:買って読みました ビジネス
koukoku

マーケティングやコピーライティングの本が好きで

よく読むほうなので、新しいのが出ても、

あ、これはあの本のあれに似ているな、

とか思ってしまう。



編集や語り口や強調するポイントなどは

各本で違うわけだから、それはそれで面白いわけだけれど。


余談だけど、既読感を強く感じるのは、


①人は少ないもの、手に入りにくいものはほしくなる系

 期間限定!、のこりわずか、いつまでにお買い上げなら・・、限定100個のみ入荷、

②人は権威や、1番に弱い系

 東大法学部の・・、ハーバード大学の・・、過去最高の・・、日本最大の・・、日本初の・・、東京で一番売れている・・

③人は無料サービスに弱い系
 
 おためし無料、ドリンク一杯無料、 サンプル、試供品、 ・・

④人は、セットに弱い系

 エビフライとポテトを単品で売るより、「シュリンプスペシャル」が売れる、

⑤人は選択肢によって選択しやすくなる系

 ワインの価格を、1万円、1500円と用意しておき、3000円くらいのが一番売れるようにする。
 (3000円の価格帯ばかりに設定するより、たくさん売れる。)
 ファーストフード店があえて、Sサイズ、Lサイズのドリンクを用意するのも、同じ。

⑥人は売り込まないほうが売れる系

 売り込まれると、断わりたくなる。
 「御社が、助成金が受けられるかどうかを、無料で診断するサービスがあるのですが、ご興味はありますか?
  それとも、必要ないですか?」とつけくわえられると、断わられる率が下がる。


ぱっと思いつくだけでもこれだけある・・。


マーケティングは深いし、その理論はとても楽しいので、つい中毒のようになってしまう。

だからあいかわらずマーケ本がだされるのかも。


でもひとつだけはっきりしていることは、

マーケティングがどうとかいうまえに、

結局のところ、

売りにいかないと絶対にものは売れないということだ。

だから究極のマーケティング本、

いや、究極の自己啓発本は、

一行で表せるのかもしれない。





「Just ask ! 」

と。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-24 22:12:45

続ける技術

テーマ:買って読みました ビジネス
続ける技術


三日坊主とか、なかなか続かないことって、よくある。

ダイエットとか、英会話とかね。


でも自分にとって、「続かない」ことって、そもそもあまり必要のないことなんじゃないかな。

これを読んで何かが続けられたりするわけじゃないだろうけど、

考えるきっかけにはなる。


というか、続けるにはどうしたらいいかを、本一冊かけるくらい、

考え続けられるということがすごい。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-22 19:18:38

アドワーズ&アナリティクス活用テクニック

テーマ:買って読みました ビジネス
gooogle

商売をやっている人で

リスティング広告とかPPCとかを知らない人はいないと思うけれど、

活用している、使いたおしている人は、まだ多くないのではないでしょうか。


このあいだ高校の頃の同級生に会ったとき、

ホームページってつくれるの?
メルマガってなに?
ブログってなに?
SEOってどういうの?
Youtubeってなに?
・・・

と、そんな調子で、

正直閉口した。


そういう人にとってはPPCなどまったくもって理解できないんだろうな。

キーワードの重要性、

コピーライティングのパワー、

などなど

ウェブ上で強いということがいかに有利か、

Google がどれだけ既存のビジネスの構造を変えてしまっているか、

またこれから変えてしまおうとしているか。

そういうのが素晴らしいと思えるので、僕は追及していきたい。

そんな僕にとって、いい参考書となるのが、このアナリティクス活用関係本。

いくつかいいのがあるけど、たまに示唆に富む助言がはさまっているのがいい。


アナリティクスを知らない人は、

すぐにGoogleへ行ってみるといい。

こんなすごい機能を、「さあどうぞ」っていってのけるGoogleは、やはりただものじゃないw。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-20 09:40:27

成功を加速するそうじ力

テーマ:買って読みました ビジネス
souzi

ききめあり。


そうじをしたら、

本当に気分がよくなりました。

そうじ=たんなる作業

から、

そうじ=自分のため、運のため、成功のための実践的な行動!

と、価値観がかわります。


なにごともコンセプトが大事だっていうことですな。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-20 09:33:42

会社にお金が残らない本当の理由

テーマ:買って読みました ビジネス
kaisya

ほんまかいな。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-17 10:35:32

輸入ビジネスの始め方・儲け方

テーマ:買って読みました ビジネス

もともと輸入ビジネスには興味があったので買ってみました。

ソニプラなどをみていても、海外のデザインはなんだか生活を楽しくするからです。

輸入

本書は、ちゃんとJETROのアドバイザーの方が書いているし、

しかも実践的な内容でおもしろく読めます。


見本市ブースへの集客方法やら、交渉のコツ、それに有利な価格設定の具体的な方法など、

他のどんなビジネスにも応用できる内容でした。

輸入ビジネスに興味がなくても、ビジネス、起業に興味がある方なら、
きっと楽しいし、何度も読み返せる本だと思います。


おすすめ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-16 17:06:56

日本一ベンツを売る男

テーマ:買って読みました ビジネス
benz

こういう伝説みたいな営業マンってほんとうにいるんだなあと感心。

でもだいたいこういう本が目にとまるときって、

どうやって売ってるんだろう?とか

どんなすごい秘密があるんだろう?


って、

下心満載wで手に取るのですが、


結局、

本気でやっている人、

あたりまえのことを全力でやっている人、

というかそれができちゃう人には、かなわないな、


というシンプルな現実に、

気づかされてしまいます。


ようは、

そこまでやるかーって思って、素直に感動。

例えばお客さんの電話番号を、全部暗記!してるとか。

サービス精神から、トランクを花で一杯にして納車するとか。



一瞬きばつに思えるこれらの行動も、

思いつくのは結構、誰でもできそうですよね。


でもそれを実行しちゃう、継続しちゃう、やりとげちゃう。

そこがこの人の、一番のすごいところなんじゃないかなあ。


いま自分の仕事が嫌いで、

そういう気持ちになれないとか、

休みの日に職場やお客さんから電話がかかってくると、

嫌な気持ちになるって人は、

一読すると考えがすこしかわるかもしれません。


僕はかわりましたw。

これを読んで、がんばって働こうと思います。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-15 21:40:11

芸術起業論

テーマ:買って読みました ビジネス
takashi

自分の人生観を変えてしまうほどの
衝撃を与えてくれた一冊。

文章だけのクオリティでいえば、読みづらくてやってられないのだけれど、
小説じゃあるまいし、そんなことは関係ない。
今年であった中で最高のビジネス書だと思う。
本を探していてよかったと思える瞬間。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-10-14 07:03:54

英文法

テーマ:買って読みました ビジネス
文法の本を読んでいる。
英語の勉強をしているのである。

例文があって、たとえば

「あなたは彼が誰とバーから出てくるのを見たのですか?」

というのだけど、これを英語で言うとどうなるのか?


ちなみに僕はまったく浮かばなかったのだけど、

英語になおすと、

Who did you see him leave the bar with?

となるらしい。

(「~するのを見た」、という場合は、See、目的語、原型不定詞・・・となるからだとか。)

さすがに単語は僕でもわかる。


ただ、こんなに簡単な単語でも、
こういう順番になるっていうのが、いまいちよくわからない!


たぶん、「誰」、というのと、「彼」、という、
ふたつの人間がひとつの文にはいってるから混乱するんじゃないだろうか?


「あなたは誰を見たのか?」

でまちがいではないけれども、その直後にその「誰か」は、

「彼がそのバーから一緒にでてきた、その人物」

という意味なのだ。

こういうのがピンと来ない僕はバカなのだろうか。




多分そうだろうw。

そこで、理由は考えず、ただ暗記することにしている。

ひとりごとのように、この文を繰り返すのだ。

気づいたのだが、そうなった場合
文法の本である必要が無い。

思うに、僕のような人間が英語を習得するには、

英語の文が朗読され、その直後に日本語文が朗読される、そしてまた英語の文が・・・
というCDがあれば一番よい。

名付けて、 「はさみ訳」方式 である。

実に単純だ。大手の出版社なら簡単につくれそうだ。


そこで本屋に行って探してみた。

無い。

いや、たぶんどっかにあるんだろうけど、その書店にはなかった。
5メートルくらいの幅の棚が全部英語関連で埋まっているというのに、だ。

単語だの、文法だの、TOEIC対策だの、なんとか式だの、どうたらメソッドだの、
と、一見充実していそうなんだけど、

英語に和訳をはさみながら朗読してくれるCDというのはなかった。

それを毎日聞いてればたぶんすぐ覚えるのに。

なぜ、こんな単純な教材をつくってくれないのだろう?


それとも僕がバカなのか?


いや、実はこういうのをつくると、あまりにも簡単に英語が習得できてしまって、

他の教材が売れなくなってしまうため、業界団体が圧力をかけているのだろうw




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。