1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-03-31 09:22:06

RSSマーケティングガイド

テーマ:雑記
 rss

う、

き、気になる!

誰か読まれた方がいらっしゃったら、
ぜひご感想を。
(ずるいw)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-31 09:15:06

ダメな自分を救う本

テーマ:立ち読みしました ビジネス
dame

僕もダメな人間。

できれば救われたい。。

で、

どうやって救うんだろ?

と思ったので立ち読み。

テクニック、事例ともに具体的でしたが、
やっぱり人は人の助けがないと
いかんですね。

ひとりでは変われないだろうなと思い、

買うのは断念。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-27 07:54:50

1億稼ぐ検索キーワードの見つけ方

テーマ:買って読みました ビジネス
タイトルに惑わされずに
いい本はいい、と言っていきたい。

1

前回のせた、

ロングテールの法則を読んだ方は、

こちらもおもしろく読めると思います。

検索キーワードから需要を予測する方法だけでなく

それをビジネスに応用した際の

実際のコンバージョン率などが予測できるという筆者の主張は

前提条件を絞りこんだ上での

実測にもとづいており、

大変信憑性があります。


そういう実質的な部分もおもしろいのですが
僕がいちばん感動したのは

筆者がいう

「誇りをもってビジネスする」

ということ。

ビジネスの定義です。


一気に読んで、

最後の言葉には本当に、胸が熱くなりました。

最近偶然に嫌なことが続き、

へこたれていた自分に素晴らしい言葉をプレゼントしてくださった

筆者にこころからお礼がいいたいです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-27 07:51:00

まずは小さな世界で1番になる

テーマ:買って読みました ビジネス
mazu

いま、いちばん好きな本。

ビジネスパーソンは
絶対に読むべき!

特に僕のような

凡人コンプレックスには

効きます。

立て続けに2回読み、その後もそばに置いて拾い読みしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-23 08:55:50

ENGLISH

テーマ:雑記
英語の勉強をはじめました。

なにごとも

まずは自分の立ち位置を知るところから。

ということで・・・


  5月のTOEIC受験を目指します!


僕の英語に対する優先順位は、

話せる

よりも、


  読める!


これに限ります。

話せなくて全然構いません。
逆に、バックボーンがないのに妙に西海岸風なしゃべりかたをするのは

カッコ悪い

とさえ思ってしまう。



契約書の仕事をしていても思うのですが、

最終的には


  文字にした言葉


が一番強いような気がします。

読めれば、

世に出回っている大量の本や

ネット上から

大量の情報を得ることができます。

そこから相互理解が
生まれることだってあるかもしれない。

だからがんばります!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-18 20:55:39

理解という名の愛がほしい

テーマ:買って読みました コラム
理解

おとなの小論文教室。Ⅱ
「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気コラム。

15Pの、「生きる実感」という章を立ち読みしたとき、
買うことを決めました。

いつもは

「いいかなー」と思っても

買うかどうか、

結構長いこと立ち読みしたり、

まよったり、

「また今度」にしたりして、
じっくり選ぶ僕だけれど

「生きる実感」の章は
まさに

今の僕が読むべき文章だった。
文章に呼ばれた気がしました。



それは僕が著者と同じく
フリーランスの仕事をしているからかもしれないし

今の僕は
生きることが苦しくてたまらないということを

それでもなんとかして生きていかなければいけないということを

今の僕は
人とうまくやっていけないことを

それでも人を避けては生きられないということを

そういうことを
ウジウジと悩み続けている人間だからだろう

と思います。


そしてそんな弱い自分を発見するたび

それをまた自分でも情けなく思っている、

どうしてもっとさらりと生きられないのかと
自分に対して腹を立てている、

それにこの、人一倍傷つきやすい性格が
もう自分でもうんざりしている、


いつもいつも、
「もうかんべんしてくれ」、
「少しは楽に生きられるようにしてくれ」って

神にすがるような思いで

(もちろんそんな考えは
なるべく人に悟られないよう気をつけながら)

毎日をなんとかやりすごしている

そんな今の僕だからこそ
ひきつけられた文章だったのだと思います。

そんな自分の

人にはいえない

暗い暗い部分に

ちゃんと向き合う力をくれた本。


著者の山田ズーニーさんに感謝しています。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-15 11:17:22

Cの福音

テーマ:雑記
c

ひえーーー

怖い小説を読んだ・・・。



C(シー)の福音。

ハードボイルド小説っていうのでしょうか。

なにが怖いかっていうと、
麻薬。
この場合コカインの描写。

いやーやったこともやる予定もないですし、
すごく高いらしいから無理だけど、

とにかく描写がリアルでこわいのです。

いまや
本当に、身近な恐怖って
事故とかより麻薬ですよね。

この小説、
シリーズでかなり人気出た作品みたいなのですが、

特徴としては、
善人が出てこないw。

主要登場人物が、みんな犯罪組織です。
(いいのかな)

たまにいい人っぽいのが出てくると、
すぐ薬づけになって死んだりします。

とにかくリアルで怖い!

あと、薬は絶対やばい!
って思いました。

でも、日本でも増えるんだろうなあ、
麻薬犯罪。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-14 19:49:59

壁を破る言葉

テーマ:やる気が欲しいとき読む本
岡本太郎

評価されなくてもいい・・・

センスに頼るな・・・

乱暴な中にも
人生に対する愛情を感じる言葉の数々。

劣等感にうちのめされて
あーーーって
なっているときは
こういうのを読むといいですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-10 11:08:41

地球が天国になる話

テーマ:買って読みました ビジネス
点後く
私はよく人間関係で悩むのですが

あまりにも悩むと、悩みの原因を遮断しようとして、
人間関係を自分から断ってしまいます。

こういう行動はとても子供っぽい。
それが自分でも分かっているので、いやなのです。

つまり僕は、
人間関係において

我慢するとか、
摩擦しあって成長する、
という経験が乏しく

ようするに非常に子供、
ガキなのです。

それは自覚しているのですが、
どうもだめですね。

こういうのはやはり、
幼児期の早い段階で

人に慣れさせ、集団にもませ、
規律や、対立や、その後の和解や、
そういうヒューマンスキルといったものを
身につけさせないと、

僕みたいにずっと子供の精神状態を
続けて、

それを悩んで落ち込んだり、しながらも
社会にうまくとけこめないという
へんてこな人間になってしまうようです。
・・・

そんなことを考えていましたら、
かの大金持ちw、
斉藤一人(さいとうひとり)さんが


「そのような感情は、みんな、劣等感からくるのだ」

(自分にコンプレックスがあると、他人が自分を非難しているように思え、
 また、自分が不当に扱われているかのように錯覚し、生きるのが苦しく、
 人が楽しむことを悔しく思ったりしてしまう、という理論)

と主張されている本を見つけました。

以前僕もよく読んでいた、加藤諦三さんの本と、
内容は同じことなのですが、
話し言葉なので読みやすいです。

加藤諦三さんの本を熟読していながら、

やはり僕はまだ自分のコンプレックスから
抜け出していなかったのかという
絶望にも似た気持ちと、

その理論を久しぶりに思い出して、
自分の現状にあてはめてみるというたのしさ、を
同時に体験しました。



人間関係に悩んだり、
人をうらやましく思ったり、
悔しくなったり、
自己嫌悪に陥って悲しくなったり
したときは、

やはり、このことを思い出すべきなのではないでしょうか?



それらの寂しい感情は、
自分のコンプレックスが原因で起こっているのではないか?
と。

コンプレックスを持ち続ければ、
解釈は必ず自分を傷つけるようなものになるし、
現実は確実に寂しいものになるということなのです。

ならばなぜ、

そんなにコンプレックスをかかえて生きていかなければならないのか、
と疑問に思うのですけれど

斉藤さんの考えでは、

それは人間が、劣等感をもつのなんて、やめる、という、
その選択をできることが、修行であり、何度も生まれてくる理由なんだ、
とおっしゃってるんですね。

人は何度もうまれてくる、とか、
修行、とかいうと、
それは想像するしかないのですが、
ひとつの考え方としてありますよね。

それが本当かどうかはわからないけれども、
とにかく劣等感、コンプレックス
(=自分を受け容れられない、自分の欠点をなげき続けるような感情、と僕は思ってますが)
を持っていると、

それはさまざまな感情となって
人生をつまらないものに変えていってしまう。

いわば病気みたいなものなんですね。

ではコンプレックスを一切もたずに生きていけるのかというと、
それはまた疑問です。

思うに、一度はコンプレックスをもって、
それで自分が傷つくのだという経験をし、

次にコンプレックスをすてることで
よりよく生きるという決意や選択が、

人生をより意義深いものにしてくれるのかもしれません。









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-09 23:43:25

シュガーマンのマーケティング30の法則

テーマ:買って読みました ビジネス
シュガー
なかなかどうして、
いいマーケティング本でした。

いい、とはつまり、・・・

インスピレーションに満ち溢れています。

もちろん、マーケティング本を多く読まれる方には
目新しい事例が少ない、
画期的な手法がない、
などの批判があろうかと思います。

しかしながら、実に面白く読める本でした。

なぜか?

それは、事例の豊富さとユニークさにあると思います。

やはり、どんな陳腐な法則も、

筆者の本物の体験、
実際に試してみた結果、
というのは、
読ませますね。


 こういう商品を売ったことがある、

 はじめはこうしていたら売れなかった、

 そこでこうやってみたら、こんなに売れた。

 それはつまりこういうしくみなのでである・・・。


と、具体的な話が満載で、
ぐいぐい引き込まれます。


これを読むと、

いかに自分が考えていた販売、営業というものが、

ひとりよがりで、

お客のことがわかっていないものであったか
が身につまされます。

ビジネスっておもしろいな、



久しぶりに思えました。

良書だと思います。

内容も濃く

ビジネスパーソンにオススメ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。