2016年05月13日(金)

Tue 160419 シャンペンをシュポン オマモリ用にニワトリ君とお馬(ボルドー春紀行4)

テーマ:ブログ
 多少は大袈裟であるにしても、「リビングスぺースから部屋のドアまで徒歩30秒もかかる」という感覚の広大なお部屋で、とりあえず一晩目は無事に過ぎた。

「無事」とは要するに「幽霊も亡霊も出なかった」ということである。幽霊と亡霊の違いはメンドーだからひとまず放置するとして、さすがに「18世紀の貴族の館です」というスイートルームには参ってしまった。

「出るぞ」「出てもおかしくない」「出るかも」「出るに決まってる」。そう思っていると、中庭をはさんだ向こう側のお部屋に、どういうわけだかマネキンが3体並んで立っている。

 諸君、「真夜中のマネキン」なんてのは、想像するだにゾッとするシロモノであって、それが薄暗い窓際に3体、あたかも遠い18世紀を懐かしく語り合うかのように並んでいれば、余りにゾッとして髪の毛も激しく逆立つのである。

「お、モンテスキューか?」
「おやおや、モンテーニュ?」
「出たな、ジロンド党の亡霊たち!!」
であって、中庭の暗闇に血まみれのギロチンでも立っていないか、やっぱり確認せずにはいられない。
にわとり1
(ボルドー、QUINCONCES広場の勇ましいニワトリ君)

 ま、「チョイと飲み過ぎましたかな?」である。プレステージ・スイートにアップグレードしてくれたのと同時に、「シャンパンも冷やしておきました」と言われれば、どんなに旅に疲れていても、当然「シュポンッ!!」の音を響かせなきゃいけない。

 で、もちろんシャンパンは1時間もかからずにカラッポになる。というか、シャンパンとはそういうものであって、1時間以上ノンキに構えていれば、アブクがみーんなサッサと抜けていく。アブクが消えたシャンパンほど間抜けなものはこの世の中に存在しない。

 泡が抜ければ、気も抜ける。諸君、この名言を是非ともココロに刻んでおきたまえ。サッサと済ませるべき物事は、すべからくサッサと済ますべし。サッサとカラッポにすべきシャンパンを、ノンベンダラリと放置すれば、シャンパン変じて酸っぱいだけのマヌケな飲み物になる。
にわとり2
(ニワトリ君その2。ムンズと大地をつかんだ姿、オマモリにどうぞ)

 同じことは受験勉強にも大学生活にも言える。受験勉強の栓を「シュポン!!」と開けたら、直ちに英単語と英文法を完成させちゃわなきゃ。大丈夫かね、諸君?

 4月に「さぁ♡やるぞ!!」とコブシを握りしめたのに、5月もそろそろ折返点、いまだに英単語にも英文法にも手を付けていないなんてのは、うーん、今すぐ心を入れかえなきゃ。

 大学生活についても全く同じであって、入学式から1ヶ月、「そろそろ中休み」とかホザイているのは、つまり4月の決心はウソだった証拠なのである。

 ホレホレ、やりたまえ&やりたまえ。シャンパンのアワはどんどん消えていく。ピリッと引き締まった受験生活も大学生活も、どんどん生温くなっていく。今日あたりが最後のチャンスかもよ。
おうま
(迷わず雄々しく前進するお馬。戦う者には笑顔が似合う)

 重要なのは、そういう気合いである。一瞬でも怠ければ、あるいは一瞬でも気を抜けば、ヒトと言うものはその怠惰の心地よさに酔いしれ、ユルい怠惰の甘さに惹かれて、あっという間に集中と緊張の快感を忘れる。人生は、シャンパンに学びたまえ。

 20歳以下の諸君はもちろんシャンパン厳禁であるから、ファンタかコーラかシャンメリーに学ぶこと。クリスマスとは真逆の季節、シャンメリーをお店で発見する事は困難をきわめるだろうが、ペプシかアップルタイザーならコンビニにナンボでも売っている。

 ホレホレ、やりなはれ&やりなはれ。日本史も世界史も、数学も物理も化学も、すべて歳月はヒトを待ってはくれないよ。どんどんアブクは消えちゃうよ。あっという間に生温くなっちゃうよ。急げや&急げ、今すぐ基礎を固めちゃわないと、6週間後には夏期講習が始まっちゃうよ。
タワー
(ボルドーQUINCONCES広場、「ジロンドの記念碑」。ニワトリ君もお馬もこの記念碑の一部分である)

 ま、そういうことである。そこでボルドーの今井君は、「亡霊どんは出ないかな♡」「幽霊君はまだですか?」とツブヤキつつ、あっという間にシャンパンはカラッポになった。おっと、ところが、氷がタップリ残っている。

 旅の疲れもあらばこそ、深夜の今井君はこの氷でビールを冷やすことを思いついてしまった。ついさっきスーパー「Monoprix」で購入してきたビールであるが、こんなにタップリの氷で冷やしたら、きっと30分で飲み頃に冷えてくれるだろう。

 向かいの部屋の闇のマネキンに肝を冷やしたのは、こういう経緯だったのである。17時間に及ぶ旅の疲れに、ギュコギュコ飲み干したシャンパン、さらにギュコギュコ飲み干したビール3本。夜中に亡霊のマネキンを目撃するに至るには、以上のような愚かな行動があったのだ。
わちゃわちゃ
(ジロンドの記念碑。全体としてはワチャワチャしすぎていて、何をやってんだかよく分からない)

 それでも4月3日、今井君は朝早くから起きてボルドーの街の探険に出かけた。ホテル近くのQUINCONCES広場がボルドーの中心。3路線あるトラムは、この広場で交差する。これから9日間のボルドー滞在中、連日ここからトラムに乗ることになった。

 その広場に立つのが、「ジロンドの記念碑」。ジロンドの亡霊が部屋にやってくることはなかったが、諸君、今日の写真のニワトリ君2羽が素晴しいじゃないか。

 地面をムンズと捕らえたアンヨの雄々しさ。夜明けを告げつつ、激しく羽ばたく2枚の翼。是非ともこの2羽をオマモリにして、諸君も勇ましく歩み続けていただきたい。

 ついでに、3枚目の写真のお馬もオマモリにピッタリだ。勇ましく前進し、あくことなく戦いに挑み続ける者は、誰でもいつの間にかこんな笑顔になるものだ。ニワトリ君たちともども、諸君のオマモリとしてスマホのどこかに保存してくれたまえ。

1E(Cd) Bruns & Ishay:FAURÉ/COMPLETE WORKS FOR CELLO AND PIANO
2E(Cd) Carmina Quartet:HAYDN/THE SEVEN LAST WORDS OF OUR SAVIOUR ON THE CROSS
3E(Cd) George Duke:COOL
4E(Cd) Bruns & Ishay:FAURÉ/COMPLETE WORKS FOR CELLO AND PIANO
5E(Cd) Carmina Quartet:HAYDN/THE SEVEN LAST WORDS OF OUR SAVIOUR ON THE
total m104 y713 d18418
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース