2015年08月29日(土)

Wed 150805 攻撃性 暫定・秋冬スケジュール 雨のプローチダ島を激走(ナポリ滞在記40)

テーマ:ブログ
「先生、ザブを忘れてますよ」という指摘があって、「おお、そうか。ザブを忘れていた」とポンとヒザを打った。昨日書いた洗剤の話である。

 もちろん「ザブザブ洗うから『ザブ』で行こう」という、いささか投げ槍な命名ではあるが、このころから洗剤の命名に攻撃性が目立つようになった。

「ザブ」ももちろんそうだが、昨日紹介した「スパーク」なんてのも、1970年代のCMを見ると、その攻撃性が際立っている。シーンは、夏の野球のクライマックス ☞ 本塁突入の瞬間である。

 突入の結果がアウトになったかセーフになったかは分からないが、泥だらけのユニフォームを力強くはたく動作をスローモーションでみせながら、ナレーションはヒトコト「大汚れに、スパーク!!」と叫ぶ。
プローチダ1
(ナポリ湾、プローチダ島の絶景)

「大汚れ」というコトバは今や滅多に聞かないが、とにかく武器の名は「ザブ」に「スパーク」であり、戦う相手は強烈な「大汚れ」であって、洗剤に求められるのはひたすらアグレッシブさという時代が始まった。

 その象徴が「アタック」であって、まさに「攻撃」。昭和の時代にアタックと言えば、「アタックNo.1」であり、または今はなき児玉清氏の「アタック25」であったが、それまで「ザブ」を主力商品としてきた花王が、「スプーン1杯で驚きの白さ」を旗印に反撃を開始したのである。

 販売開始が1987年だから、アサヒスーパードライと同じ年である。今井君はすでに30年近くにわたって、スーパードライとアタックのお世話になってまいりました。いやはや、時の経過はマコトにはやいものでござるね。
ミニバス1
(プローチダの港で待っているミニバス。タクシーの姿は皆無。どうやら交通機関はこれしかない)

 こうしてみると、台所用の食器洗い洗剤とは一線を画している印象がある。台所の方は、ママレモン・ファミリーフレッシュ・チャーミーグリーンと並ぶと、アグレッシブであることは、こちらのほうには余り要求されなかったようだ。

 21世紀は「ジョイ」に「ピュア」に「キュキュット」。子グマのデザインの「ファーファ」なんてのあって、どこまでも可愛さと優しさを追求する。攻撃の姿勢より、よく分からんがとにかくキュートな感じを優先するわけである。

 そういう台所用の洗剤を使って、突如目の前に現れたニックキ黒い虫を攻撃、たちまち攻撃を完遂して攻撃対象を死に至らしめた武勇伝は、「今井のC組」第5講だったか第6講だったか、確かそのへんであって、数ある今井君の超人気エピソードの中でも、最も人気の高い1つである。
チケット
(プローチダのミニバス1回券)

 さて、いつまでもそんなことばかり言っていてもラチがあかないので、とりあえずほぼ決定したらしい今井君の秋冬スケジュールを、ここに公開しておくことにする。

  9月20日 熊本
  9月21日 金沢
  9月27日 岩手県 盛岡
  10月12日 埼玉県 川越
  10月15日 沖縄県 浦添
  10月18日 北海道 小樽
  10月23日 徳島
  10月24日 静岡
  10月29日 練馬
  10月30日 神奈川県 藤沢
  11月2日 千葉
  11月3日 神奈川県 藤沢
  11月4日 神奈川県 平塚
  11月5日 大阪府 光明池
  11月6日 大阪府 堺東
  11月7日 広島
  11月8日 北千住
  11月9日 静岡
  11月10日 神奈川県 青葉台
  11月11日 府中
  11月12日 巣鴨
  11月13日 京都
  11月15日 町田
  11月16日 横浜センター南
  11月17日 立川
  11月18日 大阪府 泉大津
  11月20日 神奈川県 新百合ヶ丘 
  11月22日 鹿児島
  11月23日 広島県 福山
  11月29日 札幌 ①
  11月29日 札幌 ②
  12月5日 三重県 津
  12月11日 埼玉県 草加
  12月12日 調布
  12月14日 金町
  12月15日 人形町
  12月16日 武蔵小金井
  12月17日 北千住
  12月18日 神奈川県 武蔵小杉
  12月19日 埼玉県 大宮

 これはあくまで「暫定」であって、若干の変更や追加があるかもしれないが、「とりあえず、ま、こんなところ」である。いやはや秋から冬のクマ助も、冬眠のヒマが全く感じられないほど、北海道から沖縄まで連日全国を激走するらしい。
ミニバス2
(狭い路地を激走するミニバスの車内。乗っているのは、地元のオジサマたちだけである)

「激走」と言うことなら、4月4日、プローチダ島のクマ助どんも全く同じことであった。プローチダ訪問を決めたのは、島の高台からの絶景を眺めたいだけであって、他には何の目的もなかった。

 島に到着して、雨模様の中を見渡せば、まさに「山もモミジもなかりけり」であって、ちょっと時間をつぶせる店もないし、ヨーロッパならどんな小さな港でも必ず見つかる可愛い教会の姿もない。カモメさんたちが雨の中にたたずんでいるだけである。

 高台まで連れていってくれるのは、10人乗りのミニバスである。マコトに不機嫌なオジサマ運転手が、地元の人々との雑談に興じている。島を一周する路線しかなくて、クルマの幅ギリギリの狭い路地を、「大丈夫か?」というスピードで激走する。
プローチダ2
(激しい風雨の中、何とかプローチダの絶景を写真に収める)

 道を尋ねても、「オレはイスキアの人間。プローチダのことはよくわからない」と冷たく突き放される。イースターのお祭りが近づいた土曜日のこと、地元の運転手さんがお休みをとり、隣りのイスキアからピンチヒッターで呼ばれてきたらしい。

 それにしてはオジサマたちの雑談にはボンボン花が咲き、狭い路地を慣れたサバキで激走しているのが解せないが、ま、そんな難しいことは言いっこなしだ。高台に到着する頃には、「雨模様」は「嵐」に代わり、高台というより「嵐が丘」の様相を呈していて、もう傘なんかほとんど役立たない。

 それでも強烈な風雨の中、傘をたたんで何とか数枚の写真撮影に成功した。今になって眺めてみれば、「晴れた夏の日に出かけて、ボーッと1日中眺めているのも悪くないぐらいの絶景だったな」であって、どうだい諸君、来年の夏休みの計画に、プローチダ島訪問を考えてみては。

1E(Cd) Rachel Podger:TELEMANN/12 FANTASIES FOR SOLO VIOLON
2E(Cd) Sirinu:STUART AGE MUSIC
3E(Cd) Rampal:VIVALDI/THE FLUTE CONCERTOS 1/2
4E(Cd) Rampal:VIVALDI/THE FLUTE CONCERTOS 2/2
5E(Cd) Anne-Sophie Mutter:VIVALDI/DIE VIER JAHRESZEITEN
total m25 y1301 d16622
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース