2013年08月11日(日)

Thu 130718 JFK空港への悪戦苦闘 ついに完結(アメリカ東海岸お花見旅:ついに最終回)

テーマ:ブログ
 こうして諸君、ついに最終回がやってきた。もちろんブログの最終回ではない。今井ブログの最終回はまだまだ5年先まで待っていただかなければならない。
 ではいったい今日が何の最終回なのかであるが、言うまでもない、4月中旬から書き続けてきた「アメリカ東海岸お花見旅」が、とうとう締めくくりにたどり着いたのである。
 いやはや、長かったでござるね。本編だけで合計54回。番外編3回を含めれば57回。その1回1回が平泉・高舘に立てこもる源義経の家来みたいに一騎当千の強者ばかりで、弁慶に鷲尾三郎、亀井六郎に駿河次郎、喜三太に片岡八郎、どの回を読んでもそのぐらいの迫力はある。
 読者諸君も分かってくれていると思うが、この長々とした旅行記を、今井君はワザと長引かせているのである。ボクチンは、世の中の軽薄短小への流れが大キライ。重苦しくて、長たらしくて、不必要なほど詳細な描写が好きなのだ。
リス君1
(思ひ出:リス君 1)

 もちろん、そんなのは最初から負けの分かった戦いである。アナログプレイヤー・イン・ザ・デジタルワールドみたいなもの。連日の8000アクセスに驚きながらも、自分があえて不利な戦いを選んでいるのはチャンと自覚している。
 21世紀に生き残った昭和の世界文学全集が、神田神保町の古本市で見向きもされずに真夏の太陽に焼かれ、やがてゲリラ豪雨の餌食になるのを見ると、何をこんなに意地を張っているんだか、サトイモはサトイモなりに連日ミジメな気分を味わい続けているのだ。
リス君2
(思ひ出:リス君 2)

 しかしそれでもあの春の旅の最後の長い午後を、ここにキチンと記録しておかなければ気が済まない。ヒコーキの出発時間が18時、今井君がウォルフガングでステーキの最後の一切れをゴクリと飲み込んだのが14時半。うーん、これって大丈夫なの?
 ちょっと焦りを感じながら、33丁目からグランドセントラルステーションまで早足で歩いた。しかしこの道のりは結構長い。どんな早足で歩いても、どうしても15分近くはかかる。
 お花見旅にふさわしく、キレイなお花がたくさん咲いているけれども、焦りの赤ちゃんがだんだんゴツい焦りに成長してきて、お花を愛でる余裕もなくなってきた。
セントラルP
(思ひ出:セントラルパークのマグノリア)

 目の前にグランドセントラルが迫ってくるあたりには、2007年12月のニューヨーク滞在でお世話になったキタノホテルがある。余裕があったら、ここの2階のカフェで軽くビールでも飲んで、6年前を懐かしく思い出す予定でいた。
 6年前の冬、リンカーンセンターでヘンデルのハレルヤコーラスを聞いた後、キタノホテルのカフェでサンドイッチをつまみながら酒を飲んだ。それが今もなおたいへん懐かしい思い出である。
 冬のニューヨークは、いつでも地面から白い湯気が噴き出している。「映画と同じだな」と思いつつ、熱い湯気を踏みながらホテルに帰った。うーん、2013年12月の予定はまだ決まっていないが、やっぱりニューヨークがいいかね。それとも去年と同じパリにするか。久しぶりにロンドンの冬にするか。大いに悩むところでござるよ。
リス君3
(思ひ出:リス君 3)

 あの4月の段階ではまだ、そのあたりの選択に悩むところまで来ていなかった。アタマの中はひたすら「帰りのヒコーキに間に合うかねえ」という緊張感でいっぱい。ようやくたどり着いたグランドセントラルから地下鉄に乗って、とにかく早くインターコンチネンタルホテルまで戻らなきゃいけない。
 もちろん荷物がないんだったら、グランドセントラルからJFK直行のバスが30分おきに出ている。しかし諸君、朝の出がけにホテルにスーツケースを預けてきた。それを放って空港バスに乗るわけにもいかないじゃないか。
コロンビア大学
(思ひ出:コロンビア大学)

 ホテルに到着、15時チョイ過ぎ。すでに「インターネットチェックイン」を済ませているから、「出発の2時間前までに空港に到着」という原則にこだわらなくてもいいのだが、考えてみたら「1時間半前までに手荷物検査場を通過」の原則が残っている。18時のヒコーキだから、16時半がタイムリミットだ。
 こうなると、「地道に地下鉄? それともタクシー?」という選択肢にアタマを悩ませることになる。これがもしプチホテルなら、悩む余地もなく明らかに地下鉄。夕方のマンハッタンでタクシーがカンタンにつかまらないことぐらい、映画でもドラマでもいくらでも描かれている。
 昨年夏のニューヨークでも、ブエノスアイレス行きのヒコーキが出るニューアーク空港に行くのに、どうしてもタクシーがつかまらなかった。あの時は1時間も炎天下で頑張って、それでもダメ。それも、ホテルのボーイさんといっしょに頑張って、それでもダメだったのだ。
ステーキ
(思ひ出:巨大ステーキ)

 ところが、おお、さすがにインターコンチは違う。仲間たちとダラダラ雑談していたボーイさんに「タクシー、お願いできますかね?」と告げると、あっという間にOKが出た。ドライバーは上品なオバサマ、スペイン語圏のヒトであるが、応対もマコトに丁寧である。
 うぉ、よかった、助かった。サトイモは安堵の胸をなでおろした。「もうこれで大丈夫。14時間後には、無事にトーキョーに帰還している」でござる。JFKまで60ドルだったか70ドルだったか、とにかく羽田と同じ定額料金制で、ヒコーキまで気持ちよく連れて行ってもらえる。
桜
(思ひ出:ルーズベルト島の桜)

 ところが諸君、そうは問屋が卸さない。ニューヨークの問屋は、日本の問屋みたいに甘くはないのである。日曜の夕方、高速道はどこもかしこも強烈な渋滞だ。ちょっと走っては渋滞、ちょっと走ってはまた渋滞。クルマは全然進まない。
 定額料金だから、運転手のオバサマはかなり自腹を切ったのだと思うが、「こりゃタイヘンだ」という渋滞にハマるたびに、高速を降りて一般道を走った。ところがその一般道もまた渋滞に次ぐ渋滞。時計は刻一刻と16時半に迫っていく。
MIT
(思ひ出:ボストン、MITの桜)

 「ありゃりゃ、こりゃまた空港で係員とスッタモンダをやらなきゃいけないな」とクマ蔵も覚悟を決めた。だって、どう考えたって16時半までの到着はムリ。アメリカの空港職員は、ワシントンでもボストンでも経験した通り「臨機応変」などということは考えられない四角四面のカタブツぞろいだ。
「16時半と言ったら16時半、高速道の渋滞なんか、私の知ったことじゃありません。それを計算に入れなかったアナタが悪いので、それで予定のフライトに乗れなかったら、それもアナタが悪いんです」
その類いの木で鼻をくくった態度に出られるのは、ここでもう覚悟しておかなければならない。
マンハッタン
(思ひ出:イーストリバーと八重桜)

 しかし諸君、運転手のオバサマの苦闘はキチンと実って、JFK空港に到着16時15分。今井君はANAのダイアモンドメンバーであり、スターアライアンスのゴールドメンバーでもある。そういう威光を余すところなく使って、アメリカの日本人としては滅多に考えられない、スムーズな「スッタモンダなしの搭乗」を現実のものとした。
 16時半、スターアライアンスのラウンジに入場。18時、搭乗。マコトに残念なことに、ビジネスクラスへのアップグレードは実現しなかったが、いつものプレミアム・エコノミニーには何とか乗せてもらえて、やがて日付変更線をまたいで翌日16時、無事に成田空港に到着したのである。
ハドソン
(ハドソン河の夕景)

 読者諸君に、ちょっとお願いがある。ぜひ真ん中の欄の「ウワバミ文庫」をクリックして、たったいま完結したばかりの「アメリカ東海岸お花見旅」全57回を通読してみてくれたまえ。
 お盆休みにどんなに退屈していても、文庫本2冊分はあるこの旅行記を通読すれば、あっという間にお盆休みは明けている。スマホは、ゲームに興じるためばかりにあるのではない。
 現代文の苦手な受験生諸君、これ以外のサトイモ旅行記も、ウワバミ文庫を使ってどんどん読み進めてくれたまえ。現代文が得意科目になることは疑いなし。ついでに、早く世界中を旅して回りたくなって、受験勉強にますます拍車がかかるにちがいない。

1E(Cd) Böhm & Berliner:MOZART 46 SYMPHONIEN 6/10
2E(Cd) Böhm & Berliner:MOZART 46 SYMPHONIEN 7/10
3E(Cd) Böhm & Berliner:MOZART 46 SYMPHONIEN 8/10
4E(Cd) Böhm & Berliner:MOZART 46 SYMPHONIEN 9/10
5E(Cd) Böhm & Berliner:MOZART 46 SYMPHONIEN 10/10
total m90 y1282 d11477
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース