2013年05月30日(木)

Mon 130506 スカッとしたい MITとアリストテレス(アメリカ東海岸お花見旅37)

テーマ:ブログ
 東京も梅雨に入って、一昨日の夜あたりから今井君のお部屋は何だか蒸し暑い。蒸し暑いのは大キライだから、さっそく扇風機を回して、部屋の湿気を外に追い出すのに躍起である。
 ついでに、3年前に買った「除湿器」というのもフル回転させて、空気をカラカラに乾かすことに人生を賭ける。人生を賭けるほどのことはないかもしれないが、除湿器の「湿度60%」という表示が、1時間後に48%まで下がっていれば、まず快哉を叫び、同時に右のコブシで強く宙を打って、勝利を宣言する。
MIT1
(MITも桜が満開だった)

 世の中にはマコトにコウルサイ人物が多いもので、
①「その勝利とは、誰に対する勝利か」
②「そんな勝利に何の意義があるのか」
③「もっと大事な、先にやるべきことがあるんじゃないか」
と、余裕の微笑を浮かべながら尋ねてきたりする。けれども何のことはない、
❶ この勝利は、湿気とカビさんに対する勝利であり、
❷ スキあらば壁を黒く染めようと虎視眈々と狙っているカビの機先を制する意義があって、
❸「もっと先にやるべきこと」なんか考えているヒマがあったら、どんどん空気を乾かしてスカッとする方がいいに決まっている
と答えれば、それで終わりである。
MIT2
(MIT付近、チャールズ河岸の桜)

 うぉ、今日もまた除湿器でスカッとし放題にスカッとして、やがて夕暮れがやってきたら、未成年の諸君には禁じられているアブクの立つ飲み物をスカッとゴクゴクやって、もっともっとスカッとしようと思う。
 受験生諸君もスカッとしたかったら、苦手科目の基本問題を10時間解いて解いて解きまくり、最後に熱い風呂にドブンと飛び込んでみたまえ。明日も明後日もそうやってスカッとしまくっていれば、今年の梅雨は日本史上マレに見るスカッとした梅雨になり、渋谷も梅田も天神も、難波も栄も横浜も、日本国中スカッと人間が溢れるようになるに違いない。
MIT3
(MITの象徴、ロジャース・ビルディング)

 海老蔵どんもまたスカッと人間であって、「ブログに疲れた」「ブログに飽きちゃった」と、マコトにスカッと告白しちゃうところが、また歌舞伎役者らしくスカッと決まっている。その辺を伝える記事にあった「開始当初は、2日で600万アクセス」という数字には、今井君はまたまたスカッとひっくり返ってしまった。
 いやはや、「ホンマの芸能人とは、ホンマにホンマにスゴいもんやなぁ」でござるヨ。もっとも、2日で600万アクセスの海老蔵どんは確かにドエラく&物凄いけれども、「1日平均5000アクセスで5年継続」という里芋サト蔵の記録だって、なかなかスゴ味があるじゃないか。
  5000アクセス×365日×5年=約900万アクセス!!
ホンマモンの芸能人の中にまぎれこんだシロートのクマが、まもなく合計1000万アクセスに迫ろうとしているのだ。諸君、継続とは恐ろしいものである。
ヨット
(チャールズ川。大学ヨット部の諸君が盛んに練習していた)

 無名のクマどん、恐るべし。しかしホントに恐るべき存在なのは、諸君、これを毎日チャンと読んでいる諸君自身なのである。だって、「アメリカ東海岸の旅」、今日でもう37回目だ。その前は延々とベルギー冬物語だったじゃないか。
 来る日も来る日も、ボストンにブリュッセル、ワシントンにブリュージュ。縁もゆかりもない外国の話ばっかりで、AKBもサッカーも、全く話題に出てこない。1冊1分の速読術も、驚異の記憶術もダイエット法も、カプシエイトの効き目も「トモチカこんなに痩せました」も、その類いのお得情報なんか一切関係ナシなのだ。
 なのに、諸君は読んでいる。1日で文庫本5ページ分。1年読めば文庫本1800ページ分。5年読みつづけてきたオカタは10000ページ読破したことになる。会話体もなし、改行だって少ない。こんなに地味な世界漫遊記を文庫本で50冊分、ホンマによく読まれましたなぁ。まさに間違いなくスカッとする数字である。
MIT4
(MIT、ハイデン・メモリアル・ライブラリー)

 さて、だからこそ安心して今日もまた、4月24日のボストンの話を書き続ける。「やり遂げても、ちっとも褒めてもらえないこと」をやり遂げ、フリーダム・トレイルの終着地であるオベリスクにたどり着いたサトイモ君は、その達成感にスカッとすると同時に、「よおし、まだまだ行くぞ!!」と、またしても右のコブシでスカッと宙を打った。
 徹夜して1冊の本を読み上げた時、マトモな人なら「では明日に備えて2時間でもいいから眠っておくか」と冷たい爽快なベッドに潜り込むものである。しかしサトイモ君の性格は、どこまでも次の快楽を追い求める。1冊読み上げて午前5時なら、
「せっかくだ、次の1冊に行っちゃうか」
「中途半端に眠るより、完全徹夜の方がスカッとするしな」
と、次の1冊を机に広げちゃうのである。
鳥さん
(MITの小鳥さん)

 この日のボストンでも同じことで、「何だ、まだ午後4時じゃないか。MITにも行っとくか」と心を決める。昼から歩き通しでそろそろ「足がパンパン」な感じはしたけれども、せっかくボストンまできてMITを見残しにするのは忍びなかったのである。
 海にかかる鉄の橋を歩いてわたり、ノース・ステーションから地下鉄オレンジラインに乗ってパーク・ストリートまで。ここでレッドラインに乗り換えれば、ケンダル/MIT駅まで2駅。こりゃ近い。ハーバードのお隣のお隣だ。ボストンとは、ホントに賢い人ばかりの街なんであるね。
 MITの構内はやっぱり昨日のハーバードと同じことで、喧噪やカオスのカケラも見当たらない。ハーバードでボクはそれを「端正な静謐」と呼んだが、さすが世界中の偏差値100の超秀才を一堂に集めただけのことはある。MITの場合は「硬質な静謐」「金属的な静寂」みたいな空気がキャンパスを支配している。
MIT5
(MIT、硬質の静謐)

 それでも、桜はやっぱり満開だ。今日の記事冒頭の桜の写真は、ハイデン・メモリアル・ライブラリーの前で撮影したもの。理系を目指す受験生諸君、これをケータイの待ち受けにすれば、サイコーのオマモリだ。リケジョ諸君も、遠慮せずどんどんダウンロードしてオマモリに使ってくれたまえ。
 ライブラリーのお隣には、MITを象徴するロジャース・ビルディングが静かに佇んでいる。あんまり静かだから「工事中?」「改装中?」と勘違いしたり、「そう言えば、先週の爆破テロのあと、ここで警官が撃たれて殉職したんだったな」「あの事件のせいで、まだ封鎖されてるのかな?」と考えたりするほどである。
ニュートン
(ニュートン)

 大学の建物に偉人の名を刻みつけて、学生たちが常に努力を忘れないようにするのは、アメリカではごく普通のことらしい。NYのコロンビア大学のことは1ヶ月以上前に書いた。繰り返しになるが、刻み込まれた偉人の名は「ホメロス ヘロドトス ソポクレス プラトン アリストテレス デモステネス キケロ ウェルギリウス」である。
 もし東大京大や早稲田慶応の文学部の建物に「紫式部 清少納言 吉田兼好 世阿弥 本居宣長 近松門左衛門 井原西鶴 森鴎外」とデッカく刻み込んであったら、さすがに恥ずかしくて出入りしたくなくなるかもしれないが、アメリカ人の感覚はそのあたりもボクらとは違うらしい。
コペルニクス
(コペルニクス)

 MITではどうか。諸君、今井君はやっぱり大きく彫り込まれた4人の偉人の名を発見。さすがに理系であって、何はともあれまず「ニュートン」。続いて「コペルニクス」「ダーウィン」。おお、ダーウィンできましたか。「保守社会が黙っていないんじゃないか」と心配になるが、ま、何しろ「種の起源」ですわな。ケータイ待ち受け、オマモリ、このあたりの偉人の名前でもオッケーですぞ。
ダーウィン
(ダーウィン)

 で、4人のうちの最後の一人は誰だんべ、Dare danbe、だれダンベ? 諸君、答えはアリストテレスでござる。意外? 当然? 当たり前? サトイモ感覚としては、文系にも理系にもチャンと登場するアリストテレス君の健闘ぶりを称えたい。
 ところで諸君、「アリストテレスって、読んだことあります?」 そう尋ねられて困る人は、今すぐニコ倫でも買いに行きますか。「ニコマコス倫理学」、別に今すぐ読まなくていいんです。30年ぐらい本棚に放置しても、別に腐ったりしませんから。
アリストテレス
(アリストテレス)

 その辺はチャンと今井君が実験済。この30年間で引っ越しすること10回あまり、そのたびに本棚に並べ替えられながら、今も目の前で待っててくれます。「いつ読んでくれますか?」「そうだねえ、あと10年ぐらい経ったらね」と、さっきも岩波文庫ちゃんと会話したばかりでやんす。

1E(Cd) Solti & Vienna:WAGNER/DIE WALKÜRE 4/4
2E(Cd) Mascagni & Teatro alla Scala di Milano:MASCAGNI/CAVALLERIA RUSTICANA
3E(Cd) Molajoli & Teatro alla Scala di Milano:LEONCAVALLO/I PAGLIACCI
4E(Cd) Solti & Chicago:HÄNDEL/MESSIAH 1/2
5E(Cd) Solti & Chicago:HÄNDEL/MESSIAH 2/2
total m38 y953 d11148
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース