2013年04月03日(水)

Sun 130310 久しぶりにベルギーのクマ蔵を探しにいく またムール(ベルギー冬物語30)

テーマ:ブログ
 諸君、1月・2月と書き続けていた「ベルギー冬物語」は、いったいどこへ消えたのだろう? ブリュッセル滞在12日目の昼まで書いておいて、どうしていきなりまるまる1ヶ月も消息を絶ってしまったんだ?
 冷や汗をぬぐいながら言い訳すれば、3月はまるまる1ヶ月、講演会で全国を飛び回っていて、その詳細な記録を書くのが精一杯だった。講演会を1回やれば、「どうたどり着いたか」に1日分、講演会そのものの記録に1日分、講演会後の祝勝会の記録に1日分、どうしても費やしたくなるじゃないか。
 ホンネを言えば、1つの旅行記を2つの年度にまたがって書くのはイヤなのだ。年度が変われば、読者層も1年ぶん若返る。ついさっきまでブリュッセル滞在記を熱心に読んでいた読者も、4月になって大学の入学式を迎えれば、さすがに「もう予備校講師の旅行記どころじゃない」という気持ちになって当然だ。
自分撮り1
(ブリュッセルのクマは、今夜もムールを前に自分撮りに夢中だ)

 予備校講師のブログの宿命で、どうしても読者は受験生というか予備校生というか、受験を目の前に控えた18歳のヒトビトが主流。読者数をグラフにすれば、18歳を頂点にして左右対称のなだらかな山を描くことになる。
 2つめの山は、彼ら彼女らの日々の指導にあたっている全国の塾講師や塾のスタッフの皆さんの世代。どうしても受験の重圧をヒシヒシ感じているヒトが多くなる。ホントは40歳代50歳代のヒトビトに一番熱心に読んでほしいし、オジーチャン&オバーチャンや小学生&中学生の読者もどんどん増えてほしいのだが、それは贅沢な要求というものなのかもしれない。
グランプラス
(ブリュッセル、グランプラスのギルドハウス群。今夜も冷え込んできた)

 そういう状況だから、せっかくの旅行記も年度をまたいでしまうと、前の学年の生徒たちにとっては尻切れトンボで終わってしまうし、4月から新しくブログの読者になってくれるヒトからは「いきなり『ブリュッセル滞在12日目』とか言われても、何のことか分からない」と怪訝そうな反応が返ってくる。
 ま、そういうヒトたちのために「アーカイブ」があり「ウワバミ文庫」がある。初めて今井ブログをクリックして、「は?」「ブリュッセル?」「受験情報満載のブログを期待していたのに☂」とガッカリしかけた諸君は、「アーカイブ」や「ブログテーマ一覧」や「ウワバミ文庫」を最大限活用して、早く今井ブログに慣れてくれたまえ。
自分撮り2
(ホントは「ムンクの叫び」をやりたいが、右手はカメラを握っている。左手だけの「叫び」で許してくれたまえ)

 さて1月22日、ブリュッセル滞在12日目の夜を、サトイモ男爵は「対ムール11連勝」を目指し、グラン・プラスでもうすっかりお馴染みになった名店Aux Armes de Bruxellesに入った。これがもう3回目の訪問なのだから、「いったん気に入ったらガンコに通いつづける」というクマ蔵の行動の特異性を、ここでも発揮しつつあったわけである。
 今日のムールはいつもの白ワイン蒸しではなくて、真っ赤な香辛料がタップリ入った「この世で一番辛いムール」。ワインを主体にしたスープの上に赤い唐辛子の油がたくさん浮かんで、いかにも凶悪な色をしたムール貝であった。
唐辛子
(ムールを殲滅後は、凶悪なスープも飲み干さなければならない)

 もちろんこの夜も、ムールをむさぼりつつ、ベルギービールを次から次へとグビグビやり、ビールに飽きればロゼワインのデキャンタを注文して、1時間もしないうちに早くもクマ蔵は、心もカラダも絶好調に達した。
 ムールを浸した凶悪な赤いスープのおかげで、ワインの酔いの回りが普段より早かったかもしれない。何しろ、たいへんな量の汗をかく。41℃の湯船に30分も浸かっていたかのように、ヒタイからも後頭部からも耳の後ろのあたりからも、ポタポタ&ボタボタ大きな汗の粒が滴って、バスタオルが必要なぐらいである。
 外は今日も氷点下5℃を下回り、広場の石畳の上に積もった雪がガチガチに凍りはじめている。こういうときの真っ赤な凶悪スープはありがたい。タップリ汗をかいて、ほとんど温泉気分。ゆだったサトイモは熱くもうもうと湯気をあげ、ここらでもう1回ベルギービールで喉を潤したくなる。
自分撮り3
(サトイモ君は今夜もますますご機嫌だ)

 サトイモ君が自分撮りに励みはじめるのは、この段階である。こんなにポカポカ楽しい夜を過ごせば、その楽しさを日本のブログ読者諸君に少しでも分かってもらいたい。ビール、ワイン、ムール貝、凶悪スープ、またビール。しかも「対ムール11連勝」の輝かしい連勝記録も更新した。
 もちろん、パーフェクトゲーム達成にあと1球まで迫った4月3日のダルビッシュに比較すれば、対ムール11連勝なんか、あんまり大袈裟に書くのもバカげているかもしれない。しかし諸君、Mac君だって「ダルビッシュ」を「ダルビッ酒」と変換して春の到来に浮かれているんだ。今井君が浮かれたって、厳しく叱責されるイワレは何もない。
怪訝そうなオジサマ
(オジサマ・ウェイターも怪訝な表情だ)

 第一、コムズカシイ顔で「大したことないじゃないか」とツブヤくコムズカシイ諸君に尋ねたい。
「じゃ、ホントに『大したことことない』って言い切れるの?」
「日本人でも欧米人でも、いや、本場ベルギー人でもかまわない、ムールのワイン蒸しを11日間連続して平らげた人間が存在するんですか」
「わざわざブリュッセルに2週間も滞在して『ムール&ムールひたすらムール』をやり遂げたヒトが、そこいら中にゴロゴロ転がっているとでも言うんですか?」
 どうだい諸君、反論できるヒトはほとんどいないだろう。悔しまぎれにニヤニヤ苦笑いして「そりゃ確かにそうだとは思いますけどね☃」とか、ブツブツ言うだけじゃないか。かっか。悔しかったらキミも実際にチャレンジしてみたまえ。5日目ぐらいには、きっと音をあげるに違いない。
 こういうことを考えて内心で快哉を叫びながら、何枚でも自分撮りを続けていると、ベテランのオジサマ・ウェイターもさすがに怪訝そうな表情。「オマエ、ナニヤッテンダ?」と日本のクマを睨みつけるが、もちろん、「こんなに楽しい店のことを、どうしても日本の若い人たちに伝えたいんです」なのである。

1E(Cd) Solti & Chicago:BRAHMS/EIN DEUTSCHES REQUIEM②
2E(Cd) Solti & Chicago:BRAHMS/EIN DEUTSCHES REQUIEM①
3E(Cd) Solti & Chicago:BRAHMS/EIN DEUTSCHES REQUIEM②
4E(Cd) Solti & Chicago:BRAHMS/EIN DEUTSCHES REQUIEM①
5E(Cd) Solti & Chicago:BRAHMS/EIN DEUTSCHES REQUIEM②
total m50 y499 d10694
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み