2013年01月25日(金)

Tue 130101 名目上の謹賀新年 ベルギーから本日帰国 (ベルギー冬物語/番外編1)

テーマ:ブログ
 まず、あくまで名目上の日付のことであるが、今日でめでたく2013年の新年を迎えることになった。諸君、謹賀新年。迎春&賀正。新年明けましておめでとうございまする。今年もよろしくお願いいたします。1ヶ月近く遅れて、まるで小正月か中国の春節みたいであるが、何はともあれ、おめでたい。
 思えば、実際の日付と名目上の日付が1ヶ月近くズレてしまってから、もう3年以上経過する。遅れが定着したのは、2009年12月のブダペスト旅行のとき。圧倒的にネット環境が悪くて、写真1枚アップするのに5分も6分もかかってしまうことに、サトイモ君は完全に業を煮やした。
 「ええい、外国旅行中のブログ更新は休んじゃうことにしちゃえ」と決意して、そのまま2週間更新をサボり、気がつくと実際の日付と1ヶ月の大差がついた。あれ以来、何度かCatch Upのチャンスがあったが、何度追いつきかけてもまた引き離され、4年近く経過しても事態はちっとも改善していない。
にゃご1
(帰国して、久しぶりにニャゴロワに会う)

 諸君、若い諸君はこれを他山の石としていただきたいのである。たとえ短期間でも無闇にサボれば、追いつくのには予想をはるかに超える努力と労力が必要。しかもそのことで悩んでいると、周囲からマコトによろしくないアドバイスが入る。
「たかがブログだろ。気にすることないじゃん」
『毎日更新』『10年で3652回(うるう年2回分も計算に入れている)』なんて、無理なことヤメとけよ」
「ブログ更新なんて、書くヒマがあった時だけでいいんじゃん。どうせチャンと読んでるヤツなんか、ほとんどいないだろ」
などなど、友人たちのアドバイスにはマコトによろしくないものが多い。
にゃご2
(久しぶりのニャゴは眠そうだ 1)

 今井君は、いやしくも予備校講師であって、どうしても生徒諸君に悪い見本を見せるわけにはいかない。「生徒諸君」と気軽に言うが、駆け出しのころの今井の授業に出ていた生徒諸君は、年齢もすでに40歳に近づいている。
 これまで今井の授業を受講した生徒の総数を数えたら(ついこの間もやってみせたばかりだが)確か計算上は、「数十万人にのぼる可能性もある」という恐るべき結果になった。国籍はともかく、年齢/環境/職業も多種多彩。性別は「多種多彩」というわけにはいかないが、これだけ多種多彩で数多くのヒトビトに、悪い見本やイケナイ見本を見せちゃいけない。
 だから、一度宣言したことは、チョイと苦しくても貫き通す。「10年で3652回の更新」「しかも、一定の分量とクオリティを確保する」「ダラしない記事でゴマかさない」と、5年前にキッパリ宣言したのに、ほんの少し状況がキツくなったからといって、カンタンに撤退を始めるわけにはいかないのだ。
 しかも、2012年6月からは「1日たりともサボらない」を継続中。これからも継続しますよ。ヨーロッパ旅行中でも継続、マゼランと反対向きに地球を一周する旅の途中でも継続したのだ。これからだって、多少アクロバティックでも、努力すれば出来ないことはないはずだ。
にゃご3
(久しぶりのニャゴは眠そうだ 2)

 諸君、こうして25日遅れではあるが、「名目上の謹賀新年」の挨拶は済ませた。何しろ「今年もよろしく」なのであるから、読者の皆様に置かれましても、相当メンドーに入り組んだこのブログを、今後もお引き立てのほど、何とぞよろしくお願いする。
 予備校講師のブログとはとても思えない内容が頻出しても、「カンケーなぐね?」「メンドイんじゃね?」「ウゼぐね?」と、無闇に投げ出すような短気なマネは、決してしないでくんなまし。
「ホントに英語担当なの? 世界史とか地理とか現代文のセンセじゃないの? それとも旅行家? 徘徊中年? ただの酔っぱらいグマ? 酔いどれの焦げサトイモ?」
毎回毎回、そういう読者の呆れ顔が目に浮かぶが、「だからこそ面白い」「今日の話題が何なのか、それを予想するだけで楽しい」と言ってほしいのである。
なでしこ1
(あとからナデシコも出てきた)

 さて、1月25日、諸君にもう1つの報告がある。「ベルギーから、本日無事に帰国しました」という報告である。パリ「ヒポポタマス」のカバ肉のせいで激しい口内炎に襲われ、暗い気分で出発したのが1月11日。ちょうど2週間ベルギーの滞在を満喫した後は、明々後日・1月28日からもう早春の講演会ラッシュが始まる。
 ベルギー到着後は延々とムール貝を食べつづけ、おそらくそのせいで途中からお腹の調子がおかしくなるなど、まあ紆余曲折もあった。驚くなかれ、ベルギーの今井君は「13日連続してムール貝」をやってのけた。
 横綱・日馬富士の13連勝もスバラシイが、サトイモ男爵の対ムール13連勝もまた、大いに讃えられてしかるべきである。しかも連日、鍋1つまるまる1人で平らげた。鍋1つに60個として、何と総計780個。今やムール一族の存亡にとって、サトイモはまさに天敵に該当する。
なでしこ2
(ナデシコも眠そうだ 1)

 それにあわせてベルギービールもガブ飲みしたのだから、少々お腹の調子がおかしくなったって当たり前。しかし、その「当たり前」を「自業自得」などと否定的に捉えるつもりは微塵もない。ちょっとポンポンには負担と苦労をかけたが、飛行機の中で何度もトイレに駆け込みながら、ほうほうのていで帰国したからこそ、ベルギーの思い出はカンペキなものに変わるのだ。
 ガハガハ笑いながら、ガハガハむさぼり食って、「ほらごらん、ポンポン君が反乱を起こしたぞ」とまた笑う。屈託なく笑ってさえいれば、Kuso-Majimeなシカメッツラのヒトより、人生はおそらく100倍ほど楽しくなる。
 100倍という数字には何の根拠もないが、ここで根拠なんか求めて難しい顔をしていると、そういう難しい人生は、きっと楽しさ百分の一に縮んじゃう。ムール貝を口から2~3個吹き飛ばすぐらい笑う。ビールの泡が笑いのせいで、カニさんのブクブクアブクみたいに吹き上がるぐらい、激しく笑う。笑いに笑って、大いに人生を謳歌してほしい。
なでしこ3
(ナデシコも眠そうだ 2)

 こうして無事に帰国したが、今井君はホントに偉い努力♨であるから、「どれ、ブログなんか明日でいいや。今夜は早速バタンキュー。酒でも飲んで、昼近くまで寝ちゃお!!」などという怠惰なことは決してしない。おお、偉い。何しろ「チャンと毎日更新」と強く決意したのである。もう半年以上も、1日もサボっていないのである。
なでしこ4
(ナデシコも眠そうだ 3)

 1月24日朝、ブリュッセルのホテルをチェックアウトする前に、「現代文の先生たちを心から尊敬する話」を1本アップした。ついでに「小林秀雄」の名前を出してみたら、マコトに偶然なことに今年のセンター現代文には小林秀雄が出題されていたとのこと。おやおや、来年からサトイモは現代文の予想屋でもやりますかね。それにしても、今の時代にどうして牧野信一が復活したんですかね?
 まあいいや。で、ブリュッセルのホテルからタクシーで空港へ→ルフトハンザ機でミュンヘンへ。ミュンヘンで乗り継ぎまで3時間ほどあったので、ラウンジで赤ワインを飲みながら、25日分の記事を半分ほど書きあげた。
にゃごとなでしこ
(今夜は一気に気温が下がる。暖かい場所の陣取り合戦が始まる)

 ミュンヘンから成田まで12時間のフライト。成田から代々木上原まで、バス利用で2時間。長旅でこれだけ疲れ果てていても、寝る前にチャンと25日のブログをアップできそうだ。うわ、偉い。偉い&偉すぎる。こうして、マコトにアクロバティックではあるが「毎日どんなことがあっても怠けずに更新」は、今日もまた続いたのである。

1E(Cd) Menuhin:BRAHMS/SEXTET FOR STRINGS No.1 & No.2
2E(Cd) Baumann:MOZART/THE 4 HORN CONCERTOS
3E(Cd) Barenboim & Berlin:LISZT/DANTE SYMPHONY・DANTE SONATA
4E(Cd) Barenboim & Berlin:LISZT/DANTE SYMPHONY・DANTE SONATA
5E(Cd) Gradys Knight:JUST FOR YOU
total m5 y5 d10200
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース