2011年12月18日(日)

Sun 111120 再びシンタグマへ 朝食はシャンペン付 (ギリシャ紀行30)

テーマ:ブログ
 9日前の「イアからアテネへ」以降、しばらくギリシャ紀行が途切れたままになっていた。岐阜→松山→土浦→浜松→川崎→西新井と講演が連続して、その記録に忙殺されていたからである。皆既月食に感激したり、電車の中でクシをなくしたオバサマとのツバぜり合いもあって、なかなかギリシャ紀行に集中できなかった。
 仕事納めが近くなった最終盤は川崎と西新井。今井君は「大師シリーズ」と呼んだ。きっと川崎大師と西新井大師が競い合って今井君を呼んでくれたのだ。「それなら、次はきっと佐野厄よけ大師」であって、初詣も顔負けのお目出度さである。
 ついでに一昨日は「ブログ記事が長くなりすぎた」「写真も多すぎるんじゃないか」という深い反省があって、その直接のモトになったギリシャ紀行をちょっと切り詰めなければならないような気分にもなった。
 しかし、せっかく中盤まで詳細に書き続けてきたギリシャ旅行記を、中途半端に終わらせてしまうわけにはいかない。要するに、1回分を短くすればいいだけの話で、そのぶん回数をどんどん増やせばいい。1回1ページ半程度のペースで、更新回数だけ2倍3倍にすればいい話である。
シンタグマ
(再びシンタグマ広場で自分撮りにいそしむ)

 「ギリシャ紀行29」のクマ蔵は、サントリーニの美しい夕陽の記憶にまだ浮かれ放題浮かれた「浮かれグマ」のままアテネに戻ってきたのだった。
 チェックインしたのは、ギリシャ危機真っ盛りのシンタグマ広場前「King George Ⅱ」。お隣の最高級ホテルGrand Bretagneは大規模デモのとき襲撃された傷跡が生々しいから、King George Ⅱも決して油断は出来ない。フロントクラークも、ドアマンその他の従業員も、外で頻繁に発生する小規模デモの様子に「気が気でない」という様子である。
 小規模デモは、あの頃のシンタグマ広場ではまさに「頻発」という状況。ちょっとしたキッカケで人々が集まってはシュプレヒコールが始まった。プロの煽動屋も数多く混じっていて、今井君がデモの真ん中にコッソリ入り込んで観察したところでは、群集の後ろに煽動の専門家がついて、実にリズムのいいシュプレヒコールを指導していた。
 パパンドレウ前首相が退陣してギリシャ危機がいったん収まったのは、あの3~4週間後のことである。もちろん危機は「いったん収まった」に過ぎないので、いつまた状況が悪化するか分からない。しかし今井君があの現場を駆け抜けていたころ、灼熱の太陽のモトで、危機は爆発寸前のざわめきの中、不気味に膨張を続けていたのである。
シンタグマ広場1
(シンタグマで小規模デモが始まる。ホテルの部屋から 1)

 9月2日朝、クマ蔵は朝食をとろうとホテル最上階のレストランに入った。前にも書いた通り、今井君は朝食をとらない。朝食をとると、旅行中でも授業や講演がある時でも、胃腸に変調をきたすのがコワいのである。しかし、最高級ホテルの朝食が「無料」ということになれば、意地汚いクマどんは当然のごとくガッツリ腹を満たしにいく。
 旅行中の「胃腸の変調」は、イタリアのフェラーラとパルマで今井君を襲った。このブログにも書いたことがあるはずだから、興味のある人はブログ内検索で「パルマ」または「フェラーラ」を検索のこと。
 授業中の「胃腸の変調」については、イメージダウンになるから詳しくは書かないが、代ゼミ時代の福島での講演会で1回と、これもまた代ゼミ時代6~7年目の月曜日1時間目「LW1クラス・英文法A」の授業時間中である。
 危機を察知した今井君は、何だったか適当な理由を付けて教室をいったん退室、しかるべき「安心の小部屋」に走り込んで、しかるべき行動をとってから何食わぬ顔で教室に戻った。あんまり堂々と行動したから、今井君の退室の真の原因に気づいた人は皆無だったようである。
シンタグマ広場2
(シンタグマで小規模デモが始まる。ホテルの部屋から 2)

 King George Ⅱの朝食には、シャンペンがついた。ビュッフェスタイルだから、自分で注ぎにいかなければならないが、「シャンペンがつく」ということになれば、それを遠慮するようなクマどんではない。2008年5月のコモ湖「ヴィラ・デステ」では、朝食ビュッフェのシャンペンをまるまる1本一人でカラッポにして、世界に冠たる超高級ホテルのボーイさんたちの度肝を抜いた。
 最上階のレストランテラスから、アクロポリスの丘がよく見える。パルテノン神殿が朝日に白く輝いている。今日もまた雲一つない快晴であって、紺色の空の下、丘の上のギリシャ国旗も素晴らしい勢いではためいている。
シンタグマ広場3
(シンタグマで小規模デモが始まる。ホテルの部屋から 3)

 考えてみればフシギな光景である。ホテルの最上階テラスでは、シャンペン付の豪華朝食を楽しむヒトビト。太陽の真下に、パルテノン神殿の白い姿。しかしその足許にはシンタグマ広場が広がって、今日もすでに小規模ながらデモの人々が集まりはじめている。
 しかし、デモの人々より遥かに多くの「ごく普通の市民」が、デモには目もくれず今朝もマジメに職場に急ぐ。ホテルのそばのKIOSKでも、陽気なアテネのオジサンが早朝からキチンと店を開け、店の周囲にミネラルウォーターを並べて、ニコヤカに客を待っている。ニュースでは伝えられない普通の日常の総量を考えると、朝シャンペンよりも、むしろ日常の重たさに、今井君は目がくらみそうになるのであった。

1E(Cd) Billy Wooten:THE WOODEN GLASS Recorded live
2E(Cd) Sonny Clark:COOL STRUTTIN’
3E(Cd) Norah Jones:COME AWAY WITH ME
4E(Cd) Solti&London:MOZART:LE NOZZE DI FIGARO②
5E(Cd) Solti&London:MOZART:LE NOZZE DI FIGARO③
total m100 y1586 d7543
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース