2010年09月10日(金)

Wed 100811 マニア氏の機先を制するスバしこいクマどん 気動車のツブヤキについて

テーマ:ブログ
 8月30日13時、小出駅4番線(だったと思う)に停車中の只見線会津若松行きに乗りこんだ。他に乗客は一人もいない。乗り鉄さんやマニア氏は13時10分ごろ小出駅着の上越線でどっとやってくるので、そのへんの事情を察したクマどんはマニア諸氏の機先を制したわけである。わずか10分とは言え、あのマニア氏&乗り鉄さん御一行の機先を制する今井君とは、いったい何者であろうか。
 要するに、そういう方々に「超」の字をつけたシロモノなのかもしれないが、残念ながらマニアを名乗るのには必須の深い学識が決定的に欠けているから、幸いにも「超」の字は免れることが出来そうだ。「変にスバしこいクマ」というだけのことである。もっとも、クマというのは実際に驚くほどスバしこいので、10日ほど前に解説した某国立大学の入試問題によれば、クマの走る速度は短距離なら30miles/hour。目の前を45km/hで駆け抜けるクマを想像してみたまえ。スバしこくないはずはないのである。
小出駅
(小出駅4番線ホームと、停車中の只見線)

 さて、他には誰もいない気動車の中は、完全に蒸し風呂である。それもそのはず、もう2時間も3時間も前から炎暑のホームに停車したまま。冷房に該当するものは一切なしで、小さく窓を開けた程度だったのだから、乗り込んだときの蒸し風呂ぶりはすでに殺人的と言っても過言ではない。
 今井君といっしょの上越線で小出までやってきていた1人のオジサンが、マニア氏たちの機先を制する今井君のスバしこさに一驚、大慌てで後から走ってついてきた。オジサンもまたこの殺人的蒸し風呂に驚天動地の有り様。協力しあってひたすら窓を全開にして回り、いくらか風が入って車内が過ごしやすくなったところで、マニア氏たちを満載した上越線の電車が到着した。越後湯沢方面からの下り電車と、長岡方面からの上り電車がほぼ同時に小出に着くのである。
車内風景"
(誰より先に乗り込んだ只見線の車内)

 彼らの乗り継ぎ時間は10分しかないから、35℃近い猛暑の小出駅ホームをマニア氏たちの集団が疾走してくる。階段を上り下りして殺到してくるその集団は、一様に黒っぽいTシャツ、メガネ、500mlのペットボトルに水かお茶。黒っぽいデカいリュックを背負い、ヒザから下はスネ毛をなびかせ、靴下にスニーカー。大事そうに抱えたカメラは例外なく高級品、今井どんみたいにケータイのカメラでゴマかしているようなのは、唾棄すべき存在なのである。
 マニアどんたちが流れる汗をふきふき蒸し風呂の車内に席を占めた様子は、「むさ苦しさ」を絵に描いたらこうなります」の図。たいへんワガママな人が多くて、4人掛けのボックス席を1人ずつで占領する。そのボックスに他人が入り込むと露骨にイヤな顔をする。もちろんその気持ちはわかるので、何しろこれから延々4時間の旅である。
 みんなカメラを前に抱えて、すでにニコニコ満足げである。向こうのおじさんは「満足げ」から遥かに向こう側にはみだして「満面の笑み」を浮かべていらっしゃる。今井君はもう600年も生きてきた樹齢600年の老クマであるが、あれほど屈託のない笑顔を目撃したことは一度もない。女性の姿も散見される。時代は変わったのである。
車窓
(動き出した只見線からの車窓風景)

 発車時間がきて、2両編成のディーゼルカーが動き出す。ディーゼルカーというものは、停車している間も、巨大な鋼鉄の生き物がウガイをしているような響きでずっとガラガラガラガラ唸りつづけているのであるが、いざ動き出すとなれば、そのやかましいウガイの音にさらに2つの音が加わる。ジャラジャラ音とグワグワ音である。
 ジャラジャラ音は、ウガイしつづけている男がちょっとぜんそく気味で、ウガイするガラガラ音が気管支に反響している感覚。気管支の中に赤く錆びた鉄のタマが無数に入っていて、それがぶつかりあうような音である。ゼロゼロ音と形容してもいい。気動車クンたちは、昭和の時代に大活躍しているうちから実は慢性ぜんそく気味(今井君もかつてその1人であった)のような存在で、秋口の労働は身体にこたえるのである。
 グワグワ音のほうは、要するに「こんな暑さの中、動き回ったり走り回ったりするのはウンザリでごぜえますだ」という、機械の不平の表明であると思えば理解できる。暑くても、寒くても、例え機械であっても、そもそも不承不承の労働は金輪際イヤでげすよ。だから、走っている限りいつまででもグワグワグワグワ呟きつづける。翻訳すれば、
「自分で好き好んでこんな境遇に落ちたのではありましねえだ」
「それでも走れちゅうなら、走りますだ(いくらなんでも「走り増田」はないだろう、パソコン君)。ようがす。走りますだよ」
である。ツイッターの草分け的な存在といっていい。

1E(Cd) Kubelik & Berliner:DVOŘÁK/THE 9 SYMPHONIES 2/6
2E(Cd) Kubelik & Berliner:DVOŘÁK/THE 9 SYMPHONIES 3/6
3E(Cd) Kubelik & Berliner:DVOŘÁK/THE 9 SYMPHONIES 4/6
4E(Cd) Kubelik & Berliner:DVOŘÁK/THE 9 SYMPHONIES 5/6
5E(Cd) Kubelik & Berliner:DVOŘÁK/THE 9 SYMPHONIES 6/6
total m45 y1263 d5362
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み