2009年09月06日(日)

Wed 090826 ニューヨーク滞在記9 クリスマス市とクリスマス・デコレーション

テーマ:アーカイブ
 ニューヨークと東京は14時間の時差があるから、到着したらすぐに時計を14時間戻さなければならない。12月18日正午に成田発の飛行機に乗って、12時間かけてニューヨークに到着すると、東京時間は19日午前0時。そこで時計の針を14時間戻すと、12月18日午前10時である。12時間前に飛行機に乗ったときが12月18日正午だったのに、今ニューヨークに到着して12月18日午前10時だなんて、嬉しいというか、複雑怪奇というか、得をしたというか、もしこれが苦難に満ちた人生だったらまるまる1日分の苦難が増えたというか、頭の悪いクマさんには容易に理解しかねる事態である。この世に「ワープ」ということが本当にあるなら、このケース以外にありえない。

(歌うクリスマスツリー。フルトンストリートからイーストリバー方面へ徒歩5分程度。リタイアしたオジサマたちが嬉しそうに歌う)

 さて、12月18日のニューヨークの街に出れば、まさにクリスマス一色である。ニューヨーク市立図書館の横の公園にも、セントラルパークの入り口にも、大きなクリスマス市ができていて、そこいら中でアップルサイダーを売っている。アップルサイダーとは、要するに「温かい生のリンゴジュース」という恐るべきシロモノである。白人のお父さんが息子に手伝わせて売っていたアップルサイダーを恐る恐る買ってみると、お父さんが「さいなまんはどうします?」と尋ねてくる。「は、さいなまん? なんだなんだ、さいなまんって」と一瞬どぎまぎするが、さすがそこは英語講師。はっは。さいなまん=シナモンである。温かいリンゴジュースにシナモン。恐ろしさを倍加させるような神をも畏れぬ企てには参加せず、さいなまんなしのアップルサイダーで温まりながらクリスマス市を見て歩く。

      (ロックフェラーセンター付近のデコレーション)

 ニューヨークのクリスマスは、日本と同じ種類の軽薄なクリスマスを、より華やかにした感じのものである。まず、クリスマスツリーの大きさが違い、派手さが違う。街の混雑も東京の比ではなくて、「世界最大のデパート」と豪語するメイシーズなんか、あまりの人で全く身動きがとれない。冗談でも何でもなく、朝の山手線以上の混雑である。20年ほど前、新松戸から日比谷までの地下鉄千代田線で、あまりの混雑に生命の危険を感じたことがあるが(実際に呼吸が困難だったのだ)、本当に冗談ではなくてメイシーズの混雑はあの時に負けないほどであった。

              (MACY'S)

 デパートが混雑すれば、その周囲の道の混雑も普通ではない。5番街やペンステーション周辺は、歩くことがすでに困難。行列はほとんど前に進まない。青森のねぶたとか、秋田の竿燈まつりとか、三社祭の浅草とかで、この種の人ごみに飲まれたことはあるが、ここでも同じように生命の危険を感じる。タイムズスクエアのトイザらスに入ってみたが、ここはまさに殺人的ラッシュ。大人の背の高さと、コドモの背の高さと、人ごみの2重構造があって、地表から130~40cmのところでは子供たちの戦い、170~90cmのところでは大人たちの戦いが、それぞれ別個に激しく展開されていたのだった。

          (トイザらス店内の観覧車)

 ただし、音の暴力だけはニューヨークのクリスマスとは無縁である。街じゅうのスピーカーからクリスマスソングが溢れているという音の暴力は、日本独特のもの。どんなド派手な飾り付けの街を歩いていても、聞こえてくるのはクルマと人の雑踏の音ばかりである。日本のように「ほら、聞こえて、くるでしょ?」「あなたから、私へ」「私から、あなたへ」「サンタクロース・イズ・カーミング、は!! トゥ・タウン」と押しつけられたりはしない。東京のクリスマスなど、もう押しつけるなどというものではなくて、意地でも耳をこじ開け、サンタクロースの意地悪爺さんが大声で怒鳴っている、人の耳の中をジングルベルだらけにしようと企てている、そういう類いの音の洪水である。

         (MADISON SQUARE GARDENで)

 ニューヨークは、音ではなく光の洪水になる。音楽が押しつけられることはない。夕方にもなれば気温が確実に零下に下がり、頬はこわばり、唇もブルブル震えるのであるが、見上げれば軽薄きわまりない光がそこいら中で洪水になっている。で、ニューヨーカーたちはそれを震えながら見上げ、あれれ、何だか楽しげなクリスマスソングが「聞こえてくるでしょ?」と思い、心の中でその歌を繰り返し繰り返し歌いながら、バスにも電車にも入りきらないほどデカいプレゼントの袋をかかえて家路を急ぐのである。

        (5番街付近のクリスマスグッズショップ)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み