imagical days 〜Disney Parks Travel Logs〜

世界のディズニーリゾートを旅した記録を残しています!2016年は上海&DCL&DLP&HKDLへ旅をしました♪


テーマ:

2016年も残すところ2週間ほどになった

ウォルト・ディズニー没後50年の12月15日。

昨年に引き続き、参加させていただくd_adventの企画。

 

大好きな、かざぽんこと風間俊介さんが

この企画に参加する人の記事が好きそうな感じの

温度感の近いディズニー好きであることを紹介する話

(例:好きなアトラクションランキングでミッキーマウスレビューが不動の1位)とか、

バルセロナから出航して地中海を巡るディズニークルーズで

各地の世界遺産や本物のトスカーナ地方の建物を見てきた話とか、

色々と考えたのですが、今回はこんなテーマで参加します。

 

題して「ディズニーのユニバーサルな取り組み」

ちょっと誤解が生まれそうなタイトルですが、

今回の記事で使う「ユニバーサルな」という言葉は

"ユニバーサルデザイン"のような"全ての人のための"

…といった意味で捉えていただければと思います。

 

今回は「エンターテイメント」という観点から、

世界各地のディズニーパークで実際に目にして気がついた、

様々な取り組みについて、情報を共有できたら…と思います。

 

なお、参加表明時に書こうとしていた

「ジャニーズとディズニー」についてのお話については

今回以上に長くなるのでクリスマス〜年末にかけての

ジャニヲタがそわそわする頃に連載記事で書いてみるつもりですw

 

キラキラ誰もが楽しめるエンターテイメントをキラキラ

こういった内容を書こうと思ったきっかけの1つは

海外のパークで見かけた手話パフォーマーの存在です。

 

右奥に見える青いシャツを着た方々の存在が今回のテーマを書くきっかけです

 

海外でその存在を初めて認知したのは

ディズニー・カリフォルニアアドベンチャーの
Red Car Trolley News Boysを見た時でした。

 

 

TDRでもレジェンド・オブ・ミシカにおいて

手話パフォーマーがいる日があることは知っていましたが、

このような場所で行われるアトモスフィアにも近いショーにまで

パフォーマーが!?というのがレッドカー初鑑賞時の私の思い出です。

 

その1年後、今度はディズニーランドで行われているレギュラーショー

Mickey and the Magical Mapでも同じようなキャストを見かけました。

 

 

アトラクションにおける字幕表記については、

ソアリンやスターツアーズのプレショーなどでも目にしていましたが

ディズニーランドリゾート(DLR)のウェブサイトを確認してみると

ショーでの手話通訳が行われるスケジュールのページがあったり、

より多くの人がエンターテイメントプログラムを楽しめるような

態勢が整っていることに、非常に感銘を覚えました。

 

キラキラDLR以外での手話通訳についてキラキラ

この記事を書くにあたり、他のディズニーリゾートでも

エンターテイメントプログラムで同じような対応が行われているのかを

公式ウェブサイトから確認できるかどうか検証してみました。

 

  • ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)の場合

DLRと同様に手話通訳が行われるスケジュールページがあり、

シーズナルのイベントでも予め公演日が用意されていることが分かります。

 

  • 東京ディズニーリゾート(TDR)の場合

TDRのサイト内を「手話」というキーワードで検索したところ、

レジェンド・オブ・ミシカについて書かれた公式ブログの記事と

"聴覚に障がいのある方へ"というページの中でお知らせされていた

「園内には手話を勉強中のキャストがいます」という案内、

そして手話ができるキャストがつけているピンを紹介する記事のみでした。

 

  • ディズニーランド・パリ(DLP)の場合

英語サイトでは手話通訳に関するページを見つけることができませんでしたが、

パーク内のアトラクションの特性や対応可能な内容について

所在地や内容と共に確認することのできる園内マップ

ウェブサイト上で公開していることが分かりました。

 

  • 香港ディズニーランド(HKDL)の場合

HKDLでは一部のショーやアトラクションの内容理解のため

手話通訳を必要とする方に向けてのページが用意されていました。

 

フェスティバル・オブ・ライオンキングは7日前までに、

それ以外のショーやスペシャルイベントについても

14日前までのリクエストで対応が可能である、と記載があります。

 

  • 上海ディズニーランド(SHDL)の場合

今年の6月にオープンしたばかりということもあり、

こちらも英語サイト・中国語サイトともに手話通訳に関して

特に記載されているページは現時点では見つかりませんでした。

 

  • ディズニークルーズライン(DCL)の場合

DCLのサイトでは「アメリカ手話での手話通訳」について

アメリカから出航する航路に関しては60日前までに、

ヨーロッパの国から出航する航路に関しては120日前までに

リクエストをしてくださいという案内が書かれたページがありました。

 

キラキラこれらの情報から見えたことキラキラ

もちろん、ショーを楽しむためのサポートを必要としているのは

聴覚に障がいがある方たちだけではないので、

こちらで紹介した取り組みはほんの一部にすぎません。

 

また、ウェブサイトには書かれていないサービスが

現地では行われているという可能性もあるかもしれません。

しかし、こうして各地で行われている取り組みを知ると

最も身近な存在である場所での対応に疑問を感じる部分があります。

 

もちろんパークにはショー以外にも数多くのアトラクションや

趣向を凝らした世界観にひたれる環境など、様々な楽しみがあります。

 

けれども、その沢山の楽しみがあるディズニーパークにおいて

受け入れる側の差によって、楽しみきれない方もいるということを

1人でも多くの人に知ってほしい、そう思いました。

 

過去にはショーでの手話パフォーマンスの復活を希望する

ウェブでの署名活動も行われていましたが、

残念ながら目標の賛同者数には達せずに終了してしまいました。

 

キラキラ誰もが楽しめるテーマパークであるためにキラキラ

今回の記事で取り上げた内容の他に、

日本国外からの来訪者が見込まれる2020年前後に向けて

「食のユニバーサル化」についても考えてみたいのですが、

それについては、また別の機会でお話させていただきたいと思います。

 

この記事は「役に立つ情報」でもなければ、

「何かの行動につながる情報」でもないかもしれません。

 

しかし、同じ場所に足を運んでいるからといって

誰もが全く同じ体験ができているわけではないということを

1人でも多くの人に知ってもらえるきっかけになれば、

という気持ちを込めて、書かせていただきました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

ミッキー海外ディズニーの最新情報はこちらから!船


星クリックで応援お願いします♡ 現在の順位は…星


キラキラtdrnaviにて様々なクチコミを投稿中キラキラ

東京ディズニーリゾートから海外ディズニーまで
世界中のディズニーリゾートの魅力と攻略法をお届け
キラキラ
blogramランキング参加中キラキラ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

にあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。