菅原望のブログ~いつも心に余裕を~

日本〜ハンガリーを拠点に活動しているピアニストです。
演奏はもちろんのこと、指導にも全力を込めているのでよろしくお願いします!!


テーマ:
ハンガリーではもう朝方です。といっても真っ暗ですが。

なぜこんな時間に更新かというと今の今までmedici.tvでトリフォノフのカーネギーのライブストリーミングを見ていたからです。

{4EFA8127-8EC7-495C-A3C3-5C0C6778FBC9}

プログラムは
シューマンの子供の情景、トッカータ、クライスレリアーナ。
後半にショスタコーヴィッチのプレリュードとフーガを数曲、あとはストラヴィンスキーのペトルーシュカ。

どれもトリフォノフの演奏で聴くのは初めてで、もうこのライブストリーミングの数日前からそわそわしてました(笑)


子供の情景では静寂に包まれた(若干客席がもそもそしていたけれど)中でトリフォノフのもつ美音がここぞとばかりに光り、トリフォノフ節がそれほど出るわけでもなく本当に整った作りで、音で勝負と言わんばかりの素晴らしい演奏、
トッカータで若干のトリフォノフ節が発生し始め(笑)、凄まじいテクニックと様々なタッチで楽しませてくれ、クライスレリアーナでは一曲一曲の雰囲気がものすごく濃く演出された「ザ・トリフォノフ」的演奏のように感じました。

ただやはりシューマンとあって、後半のロシアものに比べて抑えていたのかな、と全てのプログラムを聴いた後に感じました(笑)


正直ショスタコーヴィッチの曲はよく知りませんが、有名な24番より、2番のイ長調のものがすごく楽しんで聴けました。


そして問題のペトルーシュカ(笑)

ツッコミどころが多すぎて書ききれないくらい。(笑)


何回立って弾いた!?とツッコミたくなり、
ある部分で聴衆から笑い(だったよな…)が起こり、曲中に後ろに下がってしまった椅子を前に引っ張るという…

もう釘付けでした。

聴いて楽し、見て楽しというペトルーシュカでした。(笑)


凄まじきはこれを一夜で演奏してしまうところ。前半だけで1時間近くあるでしょう。

そして年中ソロやコンチェルトで世界回っている中、どうやってレパートリー増やしているのか…

最早怖い怖い…


それから燕尾服を着てるの初めて(かな?)見ました!

アンコールのあとには最後鍵盤の蓋を閉めて帰るあたりオシャレですなーーー!!!


現代最高と思うピアニスト、本当に楽しんだリサイタルでした。

次はパソコンの前でなく生で聴きたい!!!


ではではでは、おやすみなさい。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。