印象力アップで自信を手に!国際イメージコンサルタント 長島佳美のブログ 

30秒で決まる第一印象。初対面で好印象を与えるためのエッセンスを「外見づくり」「しぐさ」「マナー」「コミニュケーション」という視点からお話しいたします。


クラッカーホームページをリニューアルいたしましたクラッカー


  新しいサイトはこちらから ご覧ください。

   








 











      


























テーマ:

皆さん、こんばんは!

先日、研修でお世話になっている企業の

10周年記念パーティーに受付スタッフとして

お手伝いに行ってまいりました。

 

本日はパーティーなど、おめでたい席での

受付マナーについて

少しお話しをさせていただきますね。

 

当日の心構えとして

受付は「パーティーの印象を左右する

重要な役割を担っている」ということを

覚えておいて頂きたいと思います。

 

参列者との最初の接点が受付です。

まずは「歓迎」の気持ちが自分の

表情、所作、言葉から伝わっているか

確認してみましょう。

 

確認ポイントをまとめましたので

よろしければご覧ください。

 

1.事前に参列者名簿に目を通し

  企業名や名前をインプットしておく

 

珍しい名前や企業名の場合

スムーズにご案内ができます。

 

2.アイコンタクトは2回

 

どのタイミングで参列者と目を

合わせたらよいのか?という質問を

受けることがあります。

 

「アイコンタクトは2回」の意味は、

最初の1回は相手が受付に向かっている時の

遠くからの1回。

 

遠くからのアイコンタクトは

相手の存在を確認する程度ですので

視線を合わせ続ける必要はありません。

(見続けてしまうと、相手が緊張しますので)

 

そして2回目のアイコンタクトは

受付の前まで参列者がお見えになった時。

ご足労くださったことへの感謝の気持ちを

温かい笑顔で思いっきり表現しましょう。

 

3.「お待ちしておりました」の一言を

 

参列者の列ができてしまい、

忙しくなってくると挨拶の言葉を

なおざりにしてしまいがちですが

「お待ちしておりました」の一言は

相手の顔を見て、しっかり伝えてください。

 

可能であれば、その前に

「○○様 お待ちしておりました」

と名前をお呼びすれば、更に好感度が

アップします。

 

ご祝儀を頂く際には、

「ありがとうございます」のお礼の言葉に

加えて

 

「恐れ入ります。ありがとうございます」

と言ってみてはいかがでしょう。

謙虚さが伝わります。

 

受付はパーティーの主催者を代表して

参列者へ歓迎の意を表するだけではなく

 

これから始まるセレモニーへの

期待感(ワクワク感)も発信する役割が

あると思っています。

 

こちらはパーティー当日

受付での写真(中央が私です)

 

年末年始はパーティーの多い

シーズンでもありますので

参考にして頂けると嬉しいですニコニコ

 

寒さが厳しくなってきましたが

どうぞ暖かくして、

楽しい週末をお過ごしください。

本日もブログをお読みいただき

ありがとうございました。 

インプレッジ オフィシャルホームページは

こちらから

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは!

国際イメージコンサルタント・
マナー講師の長島佳美です。
 
セミナーや研修では
私は『伝える』側ですが、
実際に『聞く・受ける』側になってみると
「はっ😱」とする瞬間があります。
 
新しいことを教える方法一つとっても
 
理論は伝えず、まずはお手本を見せ
ある程度イメージが掴めたところで
相手にトライしてもらう…
 
一方、ひと通り言葉で理論を説明し
頭で理解してもらった上で、
一緒にやってみる・・・
 
それぞれ一長一短ありますので
どちらが正しいとは言えませんが
 
大切なのは、
相手のタイプやその日の状況に応じて
最適な方法を瞬時に判断し、
分かりやすく伝えることだと思っています。
 
ただ伝えるだけはでなく、
いかに相手のモチベーションを
継続させられるかも重要ですよね。
 
普段の自分とは真逆の方向から
物事を眺めてみると
「伝えること」に関しての自分の癖や
新たな課題が明確になってきます。
 
そして、
新しいこと(不慣れなこと)を始めた時の
喜びや不安、ストレスなどを
体感することで
 
「初心に帰る」とでもいいましょうか
謙虚な気持ちにもなれます。
 
忙しいと、つい前だけを見て
突き進んでしまいがちですが
 
時に立ち止まって
「逆の立場から」自己を振り返ってみる・・・
 
仕事だけでなく、プライベートにおいても
必要なことだと、常々感じています。
 
ここまでお読みくださってありがとうございます。
どうぞ素敵な週末をお過ごしくださいキラキラ
 
インプレッジ オフィシャルサイトは
{8BFB36D5-945A-4AF7-A609-4F7DCA42622B}

 
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

国際イメージコンサルタント/

マナー講師の長島佳美です。

 

10月に入り、風も爽やかで

過ごしやすくなってきました。

 

秋は季節の行事が多い時期でも

ありますが、

 

今夜は「十五夜」

 

「中秋の名月」とも呼ばれ

1年で最も美しく月が見える日と

言われています。

 

この日に月見をする風習は

平安時代に始まり、月を鑑賞するとともに

秋の収穫を祝う行事でもありました。

 

十五夜飾りとして

お団子やすすき、里芋、果物などを

縁側や庭先にお供えしますが

なぜ、すすきなのかご存知ですか?

十五夜飾り  に対する画像結果

すすきには「神様の依り代」の役割が

あると言われています。

 

本来であれば豊作を願い

稲穂を飾りたいところですが、

 

昔は米が大変貴重でしたので

見た目が似ているすすきが代用され、

現在もその風習が引き継がれてるようです。

 

月といえば・・・

 

「夜空にきれいな月を見つけ

 思わず、宮様にお電話を

    してしまいました・・・」

 

これは、眞子様の婚約内定記者会見で

婚約者の小室さんがおっしゃった言葉です。

 

「まあ、ロマンチックドキドキ」と

 記憶に残っている方も

 いらっしゃるのでは・・・おねがい

 

 

美しい月を見て、その想いを共有できる人は

相手に感謝しつつ、月をめでる

 

そうでない人も、

心静かに夜空を眺め、

月を鑑賞しながら秋の夜を楽しむ・・・

 

スマホはひと休みして

「季節を感じる」

 

そんな心の余裕が

人の感性をより研ぎ澄ませるのでは

ないかと思っています。

 

雲が晴れて、

美しい十五夜のお月様が

見えますように月見

 

ここまでお読みいただき

ありがとうございました。

 

インプレッジ オフィシャルホームページ

http://impredge.com

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。