imacrosには、繰り返し(ループ)再生の機能が付いています。

これに関連付けられた、!LOOP という変数も存在します。

これを利用すれば、
1回目の再生の時には {{!LOOP}} という変数は数字の「1」として扱われます。
2回目の再生の時には {{!LOOP}} という変数は数字の「2」として扱われます。

以下、ループ回数が増えるにつれ、数字が1つずつ上がっていきます。


これを使えば
「上から順番に1つずつ実行させる」
というのような処理も可能になります。

使い方次第で便利な変数です。
AD

コメント(2)