指定した秒数だけマクロを停止してくれる「WAIT」コマンド

2010-01-09 19:09:04 テーマ:imacrosコマンドライン解説
指定した秒数だけストップし、その後マクロを再スタートさせることが可能です。


WAIT SECONDS=1

という一行を入れると、
コマンドを入れたところで1秒だけ停止されます。


理論上、
WAIT SECONDS=3600
と入れれば60分待ってくれることになりますね。

ループ機能と併せて使えば、
一時間ごとに1回、同じマクロを実行させることも可能です。


極端な話、
WAIT SECONDS=72000
を入れれば20時間待ってくれるわけです。

一日一回、デイリー業務を勝手にやってくれるマクロというのもアリかもしれません。

(パソコンが常時オンになっていることが条件ですが…^^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

iMacrosコンサルタントさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。