横浜市青葉区の声楽教室 楽しいだけじゃもの足りない!そんなあなたの声楽レッスン

国道246沿いで都筑区極近、中学生以上の方のクラシック声楽専門の教室。
音楽大学声楽科の受験を目指す方
合唱部や合唱団でレギュラーメンバーになりたい方
コンクールに挑戦したい方
のために、個人レッスンをしています。

【6月30日(金)までの期間限定レッスン】


Nコン課題曲ワンポイントレッスン  


合唱部で頑張っている中学生、高校生が、Nコン課題曲を音楽的に、素敵に歌えるようになります!


NEW !
テーマ:

● 「声楽を始めて、風邪をひかなくなったなぁ。自然と対策ができるようになりました」


こんにちは。今村美保子です。


先日、生徒さんからレッスンのお休みの連絡をいただきました。


咳が続いているらしく、歌えない状態が続いているとのこと。


その生徒さんのメールには、「風邪をひいて咳が出ている」 と書かれていました。


私は、「そんなに咳が続いているのなら、単なる風邪ではない!」 と思いました。


その生徒さんが風邪だと思っていたら、内科を受診するかもしれない。


そしたら、ヘタをしたら 「咳止めを出しておきますね」 で終わってしまいます。


(私は、このパターンが何度かあります)


だから返信メールで、耳鼻咽喉科か呼吸器科に行くように勧めました。


耳鼻咽喉科は意外な気がしますよね?


声を出すところである 「声帯」 の奥が 「気管」 です。


ここが炎症を起こすことによって、咳が出ることがあります。


私は何度か、耳鼻科で気管の炎症を見つけていただきました。


で、その生徒さんは呼吸器科に行かれたそうです。


そして 「典型的な気管支炎」 だったそうで、吸入薬などを出してもらったそうです。


咳止めだけじゃ、大変なことになってました!


あなたも、咳が出る時は、耳鼻咽喉科か呼吸器科を受診してみてくださいね。


「気管」 も、声楽には大切なところなので、きちんと診ていただきましょう。


声楽は身体そのものを使って演奏するので、体調管理には、より気をつかいましょうね。


そういえば先日、ある生徒さんが 「声楽を始めて、風邪をひかなくなったなぁ」 とおっしゃってました。


自然と、風邪予防などの対策ができるようになったとか。


素晴らしい~!


レッスンでは、体調管理についてもお話しすることがありますよ。


たとえば、呼吸の仕方で風邪予防もできちゃいます。


ご興味ある方は、まずは体験レッスンからどうぞ。


体験レッスンのご案内とお申し込みはこちらです。  




自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com

 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 歌う時に、デコルテが美しく見えるようになりました 


こんにちは。今村美保子です。


昨日のレッスンで、生徒さんに、下の図を使って、ちょっとしたことを説明しました。





この図は、先日と同じく、またこの本からお借りしました。


お世話になってます!



ちょっとしたことを説明したら、もちろん声も良くなりましたよ。


(ちなみに、昨日は発声練習で、高いドまで出ました)


でも、なんといっても、デコルテの見え方がとてもきれいになったのです!


その生徒さんが、私の説明を聞いて、ご自分で応用した結果です。


たぶん 「デコルテをきれいに見せてやろう」 とは、狙っていなかったと思いますよ。(笑)


「姿勢を気をつけよう」 とされたのだと思います。


その結果、デコルテが美しく見えたのです。


思わず 「デビ夫人がつけてるようなゴージャスなネックレスが似合いそうですね」 と、お声かけしました。(笑)


「え~、そうですか~?」 と照れ笑いされてました。


でも、「少し胸を反りぎみにしたほうが、声が出しやすいです」 と、ちゃんと分析もされてましたよ。


美しくなるために歌うのではありませんが、きちんと歌おうとした結果、美しくなるのって、なんだか得した気分!


歌は、正面から見られながら歌うので、姿勢や表情に気をつけたいですね。


3日後、31日(水)の夜8時30分にお届けするメルマガでは、歌う時の姿勢や表情についてお話ししますね。


ご興味ある方は、今のうちにご登録を!


メルマガのご案内とご登録はこちらです。  




自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

● 「ほとんどレッスンに来るのを決めてました」 体験レッスンにて


こんにちは。今村美保子です。


先日、体験レッスンの方が来られて、とーっても楽しいレッスンだったのです!


声楽経験者ということもあり、とてもいい声で、きちんとした歌い方でした。


ただ、ちょっとしたクセがあったので、それをアドバイスしながらレッスンを進めていきましたよ。


私が、ちょこちょこ、そのクセを指摘すると、


「あ~、そうでした!」

「今のは、自分でもわかりました~」


と、言われて、すぐに直されるのです。


もちろん、その度に、もっといい声や、きちんとした歌い方になります。


私も、とっても楽しかったので、イタリア歌曲の中から、「この曲、歌えますか? もう少し時間があるから、歌ってみてください♪」 って、ムチャ振りしたくらい!


私も楽しかったけど、その方も楽しんでくださったようでした。


体験レッスンが終わって、「これからもレッスン受けたいです」 と言っていただきました。


この方は、メルマガを読んでいただいてるとのこと。


だから、「今日は、ほとんどレッスンに来るのを決めて来ました」 と、次のレッスンの日を決めて帰られました。


「とっても楽しかったです」 と言って、すごく喜んでいただけたので、私のほうが嬉しかったですよ~。


この方が、「ほとんどレッスンに来るのを決めた」 メルマガを、あなたもいかがでしょうか?


週に1回のペースで、メールでお届けします。


メルマガ 「もっと上手に歌いたい女声のための、練習に役立つヒント」 は、合唱の方や個人の声楽レッスンを受けている方や、受けようかな? と思っている方のお役に立てます。


バックナンバーはご覧いただけませんので、お早目の登録をおすすめします。


メルマガのご案内とご登録はこちらからです。  




自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 片足立ちにもコツがあります。うまく使えるといい声に!


こんにちは。今村美保子です。


先日のレッスンで、生徒さんが出しにくい音がありました。


身体の重心が少し上がってしまっていたので、必殺(笑)、「片足立ち」 で歌っていただきました。


いつもなら、たいてい 「片足立ち歌い」 は上手くいくのですが、その時は、いい声が出ませんでした。


あれ?おかしいな・・・


でも、その生徒さんを見て、原因がわかりましたよ。


その生徒さんは、「足だけ」 で立っていたのです。


だから身体の軸がピンとしていなくて、少し緩んだ感じでした。


「足だけで立たないで、腰も使ってくださいね」 とアドバイスしました。


そしたら、密度の高い、いい声が出ました!


シャンと立てないくらいの脱力しすぎって、やっぱり、よくないですね~。


脱力することが悪いのではなくて、脱力してはいけないところまで脱力しちゃうのが悪いのです。


今日は、片足立ちにもコツがある、というお話しでした。


コツを試してみたい方は、体験レッスンからどうぞ。


体験レッスンのご案内とお申込みはこちらです。  




自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● Nコン課題曲 私が昔の私にレッスンしたら、とても時間が足りません


こんにちは。今村美保子です。


5月も、もうすぐ終わりますね~。


合唱部の中高生の皆さんは、Nコンの練習を頑張っている時期ですね。


課題曲は、もう暗譜できていますか?


暗譜ができると 「もう、歌詞を間違えることもないし、大丈夫!」 と思ってしまいませんか。


私は、そう思ってました。(笑)


「もう全部覚えたし、あとは毎日、何回も通して歌ってればいいよね」 って。


今、思い出すと、「モノを知らなかったんだなぁ。若かったね~」 って、ほほえましいです。


暗譜して、通して何回も歌っただけで、コンクールでいい成績を取ろうなんて、甘かったですね。


もし、その頃の私に個人レッスンするとしたら、私は私に、こんなことを言うでしょう。


「前奏を、ぼ~っと聞いてないで、音楽を感じて」

「歌い出しのためのブレスは、準備できてるの?」

「出だしの 「K」 を、そんなに激しく言わないで」

「その次の 「ん」 は、難しいけど、空間を保ってみて」

「同じ音が続いてるのに、2つ目の音が低いよ」


これは、前奏から歌い出しの1小節目までですよ。


こういうことを、曲を通してやってると、時間が足りなくなります。(笑)


合唱は、みんなの声やブレスをそろえて歌うことが大切ですよね。


そのためには、まず、一人ひとりがきちんと歌えていないと、そろわないです。


一人でも、テンポや音や言葉がズレていたらダメですよね。


あなたは大丈夫?


Nコン課題曲ワンポイントレッスンでは、個人レッスンですから、あなたの歌い方のクセがわかります。


だから、合唱の練習の時にも、きちんと歌えますよ。


Nコン課題曲ワンポイントレッスンは、6月30日までの期間限定レッスンです。


ご案内とお申込みはこちらから!  





自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 歌の清潔感って、どういうこと?


こんにちは。今村美保子です。


月21日の記事で、音大声楽科受験生は 「清潔感を持って歌う」 ことが大切、と書きました。


歌の清潔感って何? どういうこと? と思いますよね。(笑)


何か、わかりやすい例え話がないかな、 と考えて、思いつきました!


今夜8時30分にお届けするメルマガで、お話ししますね。


お楽しみに。


でも、 「清潔感」 を持って歌わないほうがいい歌もあるのですよ~。


たとえば、オペラの役で言うと、贅沢が大好きなマノンとか、男を誘うカルメンとか。


こういう役は、清潔感はいらないですよ。(笑)


でもまずは、清潔感を持って歌えるようにしましょうね。


それを応用していけば、表現の幅が広がって、清純派の娘から、色っぽい女性を歌い分けられますよ。


歌い分けができると、どんどん歌が楽しくなります!


メルマガのご案内とご登録はこちらです。  





自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● のどの予備知識 「声帯」 はどこにある?


こんにちは。今村美保子です。


先日、のどに違和感があったので、耳鼻咽喉科に行きました。


花粉のアレルギーだろうな、と思っていましたが、「声帯」 が傷んでいては大変!


声楽する人にとって、超大切な 「声帯」 を診ていただいたら、異常なしとのことだったので、ほっとしました。


そして、やはり  「イネ科のアレルギーだろう」  ということでした。


昨年も同じ症状だったので、その時に効いた薬をいただきました。


ところで、「声帯」 って、どこにあるか知っていますか?


下の図をご覧ください。


食道のとなりにV字になっているものがありますよね?


それが 「声帯」 です。


ここで声が作られています。




この図は、「医師と声楽家が解き明かす 発声のメカニズム」という本からお借りしました。


私のレッスンでも時々、生徒さんにお見せしています。


生徒さんからも「こういう図を見るとよく理解できますね」と言われますよ。




のどのこと、歌う時の身体のことが、写真や、図などで、とてもわかりやすく書かれています。


声楽や合唱をされている方は、ご覧になったほうがいいと思いますよ。


私のレッスンでも、お見せできますので、ご希望の方はおっしゃってくださいね。


レッスンは、まずは体験レッスンからどうぞ。


体験レッスンのご案内とお申込みはこちらです。  





自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 高校生の時にダメ出しされた歌い方を、今でも気をつけています


こんにちは。今村美保子です。


昨日ポルタメントのことを書きましたね。


ポルタメントというのは、一つの音から次の音に行くときに、無段階で上がっていく (下がっていく) 歌い方です。


私が高校3年生の時、先生からプッチーニ作曲の 「ジャンニ・スキッキ」 というオペラの中のアリアを歌うように言われました。


「私のお父さん」 というアリアです。


ややこしいタイトルのオペラですが、このアリアは、どこかで耳にしたことがあるのでは?


ルチア・ポップというソプラノの歌でお聴きください。



当時、この曲をいただいたのがすごく嬉しかったです。


レコード(笑)を何枚も買って、何回も聴いて、それをマネして練習しました。


ポルタメントをかけまくってね・・・。


レッスンに持って行くと、先生から 「そんなにポルタメントかけないで!」 と注意を受けました。


「大御所が歌ってるんじゃないんだから、もっと、あっさり歌って」 と。


当時は、意味が分かりませんでした。


大ソプラノが歌っているのが、いい演奏だと思っていましたから。


「何が悪いの?」 と、少し反発した気持ちもありました。


今ならわかります! あんなにポルタメントをかけてはいけない理由が。


だから今でも、必要以上にポルタメントをかけないように気をつけていますよ。


ポルタメントは、うまく使えれば、とてもいいのですが、おすすめできない方々がいます。


あさって24日(水)にお届けするメルマガでは、どんな人に、おすすめできないかをお話ししますね。


ご興味がある方は、今のうちにご登録をしておいてくださいね。


水曜日にメールで、お届けします。


メルマガのご案内とご登録はこちらです。  




自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 高校生のポルタメント


こんにちは。今村美保子です。


もうすでに全日本学生音楽コンクール(毎コン)の課題曲が発表になってますね。


声楽部門は高校生と大学生が対象です。


声楽は高校1年生から始める人が多いと思います。


そうだとしたら、声楽の勉強を始めて、まだ1年か2年くらいでコンクールを受けることになりますね。


高校生の、とくに課題曲で気をつけてもらいたいことがあります。


それは、「清潔感を持って歌う」 ということです。


具体的に言うと、ポルタメントをかけすぎないことです。


声楽には、ポルタメントの要素は絶対に必要なのですよ!


でも、歌の中でたくさん使いすぎると、しつこい印象になってしまいます。


コンクールでは、本当に気をつけたほうがいいです。


コンクール向きの演奏があるか?な いか? と訊かれたら、「ある」 と思います。


それを嫌う人も大勢いらっしゃることも知っています。


「審査員のために演奏するな!」 という言葉も、すごくよく解かります。


だけど、あえて言わせていただきますね。


コンクールで入賞するなどの、いわゆる一般的に見て 「いい結果」 になることで得られる自信や達成感も必ずあります。


それを得て、糧にして、次の目標に進むというのも、いいことだと、私は思います。


だから、コンクールで清潔感を持って、印象よく歌うためには、高校生はポルタメントは控えめにして歌っていただきたいです。


ポルタメントは、意図して使うと、いろいろな表現ができて楽しいのですけどね~。


自由曲のオペラアリアで、少し使ってみるのがいいと思いますよ。


24日(水)にお届けするメルマガでも、ポルタメントのお話しをします。


興味がある高校生は、今のうちにメルマガへ登録を!


メルマガのご案内とご登録はこちらです。  





自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 合唱で活かせるボイトレ


こんにちは。今村美保子です。


合唱っていいですよね。


私も中学の時に夢中になりました。


はじめは、ただ楽しいだけだったのですが、合唱コンクールに出るとなると、本気で真剣に練習をしました。


その時に、しみじみと感じたことがあります。


「合唱は、一人ひとりが、きちんと歌えてなくてはいけない」 ということです。


当たり前でしょ、と思いましたか?(笑)


でも、一人ずつ歌ってみると、音程やリズムが、あやふやだったりしますよ~。


どこかで、「みんなと歌ってるから、そんなに緻密に歌わなくてもいいかな」 なんて気持ちが出てきますね。


も中学生の時は、そう思ってしまうこともありました。


合唱部の一人ひとりが、音程やリズム、声の出し方などをきちんとできているかは、全体練習ではわからないです。


だから、合唱をしてる人は、個人的にボイストレーニングに行ってることも多いですよね。


野球やサッカーなども、個人のレベルが上がらないとチームとしては強くならないのと同じです。


合唱の曲を、自分一人で歌った時に、音程もリズムも高い声も自信を持って歌えますか?


私のレッスンでは、合唱をされてる方もいらしてます。


合唱団で、「あなた、この頃、よく声が出るようになったわね」 と言われた生徒さんもいらっしゃいますよ。


レッスンでは、合唱の曲を使って、リズムや音程をなおしたり、歌詞を見ながら歌い方を工夫できるヒントをお伝えしています。


もちろん、発声練習から、みっちりとやりますよ!


合唱部や合唱団で活かせるボイストレーニングを受けてみたいと思う方は、体験レッスンにいらしてくださいね。


体験レッスンのご案内とお申し込みはこちらです。  

 





自主練習や合唱の練習で役立つメルマガ


あなたの歌うクセに気づける体験レッスン  


今村声楽教室ホームページ  


今村声楽教室
住 所 横浜市青葉区荏田町341-1-506

電 話 045-911-7304
メール 
info@ima-seigaku.com

 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)