岡山市は16日、同市中区の児童養護施設で、指導員だった20代の男が、3~9歳の男児十数人に対し下腹部を触るなどの性的虐待を行っていたと発表した。元指導員は3月末に懲戒解雇されている。

 市によると、元指導員は昨年春から今年3月にかけ、入所していた子供と添い寝をする際、ズボンの中に手を入れて下腹部を触るなどの性的虐待を繰り返していたという。

 保護者の訴えで入所児童1人に対する性的虐待が判明し、市が追加調査していた。市の調査に対し、元指導員は「かわいくてやった。行き過ぎたところがあったかもしれない」と話しているという。

【関連記事】
なぜわが子を傷つけるのか? 止まらぬ虐待、愛されなかった過去…
バチカン「つまらないゴシップ」と法王の“もみ消し疑惑”を否定
岡山の児童養護施設で性的虐待か 男性職員を解雇
ウィーン少年合唱団が過去の虐待疑惑で謝罪
教え子10人被害、強姦の元教諭に二審も懲役30年

<平等院鳳凰堂>柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か(毎日新聞)
<伝統薬>都内にショップ 薬事法改正で老舗結束(毎日新聞)
<富岡市長選>新人の岡野氏が初当選 群馬(毎日新聞)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象-参院法務委(時事通信)
盗難バイクの情報提供へ…転売防止で大阪府警(読売新聞)
AD