10日午前10時15分ごろ、大阪府貝塚市久保のJR阪和線東貝塚-東岸和田駅間の線路下のガード(高さ約2.5メートル)で、衝撃を感知するセンサーが作動した。JR西日本では上下線で運転を見合わせて調べたが、運行上の問題はなく、約1時間10分後に運転を再開した。

 JR西によると、ガードには、何かがセンサーに接触した痕跡があった。ガード下を通行した車の上部が接触した可能性が高いといい、貝塚署は当て逃げ事件として捜査をはじめた。

 このトラブルで阪和線は上下43本が運休、24本が最大1時間15分遅れ、約1万8千人に影響した。

【関連記事】
気象庁係長をすりで逮捕 出勤途中の地下鉄内で
元日に近鉄社員が勤務中飲酒 車庫内で電車運転
「人が線路に転落!」実は靴…影響2万人超 JR大阪環状線
電車内で男性に痴漢の疑い 29歳女性を逮捕
首都圏で痴漢集中摘発へ 4都県警と鉄道16社
「中国内陸部の資源事情とは…?」

将棋 羽生先勝 名人戦第1局(毎日新聞)
「厳しい状況、お互い頑張って」小沢氏に首相(読売新聞)
【高速道路新料金割引】上限料金、NEXCO系は軽1000円から大特1万円(レスポンス)
<あっち向いてホイ>視床の関与を解明…北大医学部(毎日新聞)
将棋名人戦 羽生が先勝(産経新聞)
AD