「お水取り」で知られる東大寺二月堂(奈良市)の修二会(しゅにえ)の本行を前に23日、堂内の仏前に供えるツバキの造花を作る「花ごしらえ」が同寺戒壇院別火坊で行われ、練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる僧侶らが作業に励んだ。

 ツバキの造花は本行中、二月堂内陣の須弥壇(しゅみだん)に飾られる。タラの木片に黄色い和紙を巻き付け、赤と白の和紙を花びらに見立てたもので、練行衆らが丁寧に仕上げていくと広間は春のように華やいだ雰囲気に満ちた。

 練行衆は現在、「別火(べっか)」と呼ばれる前行を勤めており、3月1日から2週間、本行に入る。今年も間もなく二月堂にお松明(たいまつ)が上がり、堂内に高らかな声明(しょうみょう)が響き渡る。

【関連記事】
文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練
唐招提寺と鑑真 目はやはり見えなかった?
奈良の大安寺遷寺1300年 国際交流の歴史アピールへ
“幻の寺院”裏付ける瓦 大阪・和泉寺跡、僧や貴族の名刻む
東本願寺で「報恩講」が始まる

<マータイさん>MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)
インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る-感染研(時事通信)
<織田信長>公居館跡地に「手水」の穴 岐阜市教委(毎日新聞)
<盗難>新田義貞の銅像が 群馬・太田の神社境内から(毎日新聞)
江戸川の小1死亡 虐待、2年以上前から 背中に複数の焼き印(産経新聞)
AD