作品展おしらせ

テーマ:

いや、もう泣きたい。

さっきから何度も書いているのに書き終わると消えてしまう...。

なんで~。


今度こそ。


さて前から少しづつ書いていましたが、


11月5日(木) 11時から17時

   6日(金)  10時から17時

   7日(土)  10時から17時


恵比寿スタジオケーブにて作品展をやります。





スタジオケーブ 渋谷区恵比寿南2-6-12

恵比寿駅から徒歩7分ほど。

防衛省研究所そば。




センスアップワークショップ受講者25名による作品展です。レイアウト現時点で260~270点、小物140点ほど展示予定です。


一つのテーマをみんなが作っているので、人によって捕らえ方、見方、作り方、全部違うのがとっても面白いです。


展示内容も、材料を決められて作ったものや、文字を生かして作ったもの、普通の一日で作ったもの、またスタイルでなく内容重視で作ったもの、とかいろいろなテーマで作っています。


スクラップブッキングの作品を実際に見るのって、そんなに機会がなかったり。

ホビーショーやコンテストだとすごくゴージャスで立派な作品だったり。

でも今回は、リアルな作品です。


本当に日常から生まれた作品ばかり。


そして、センスアップと名乗っているようにセンスのいい作品がたくさん...。


私の考えでは、すごく凝った作品ってずっと作り続けられないじゃないですか。

飽きてしまうこともあるし、写真と合わないこともあるし。


でも、普通に見えてセンスのいい作品って、きちんと見せ場を押さえているし、皆には見えない努力や底力があって、凝った作品のような派手さはないけれど、ずっと続けていける。


私がこの業界にもう長くいるせいもあるかもしれないですが、一発屋でなく、長く素敵な作品をずっと作っていってもらいたいから、という思いで始めたクラスです。


最近有名スタイリストが出しているコーディネイトブックや、世界一おしゃれカップルと言われるオリビアパレルモ夫妻とかって、意外と普通のデニムにトレンチコートだったり。でも、おしゃれに見える。


それって、ほかの人にはわからないたゆまない研究や自分を客観視できたり、水面下で継続的に努力しているからこそ、できるんです。この、「抜け感」を作るって、覚えないとできないんです。


スクラップブッキングも一緒だと思う。そういうテクを身につけたら、ずっと続けていける。でもそれって、ずっと努力し続けること、そして基本をしっかり抑えていること、などが大切になってきます。

一朝一夕ではできないこと。


受講しているみんなは、忙しい日常の中、時間を作って、がんばり続けてくれた。

それを一人でも多くの方に見てもらいたい。

一年、ずっと全員私の辛口に耐えてがんばってきたから、ほめてもらいたい。


本当に作品にはそういう思いが感じられるはず。


メークアンドテークやキット販売も、すでに見せてもらっているキットはどれも素敵です。

センスのある作品をぜひ、お持ち帰りいただきたい!!

画像をもらったら、アップしていきますね。

それもぜひ、お楽しみに。


私のは?と聞かれますが、受講者の発表の場なので、総数が足りなければ作るかもしれませんが、という感じです。

材料を少し販売しようかなと。


ぜひぜひ、見に来てくださいね!!


日程、手帳、スマホに書き込んでね~!!

私は3日間とも在廊しています。






AD

コメント(3)