ヴィトン展

テーマ:

久しぶりにお教室のお知らせ以外のこと....

 

私は展覧会に行くことを趣味にしています。やはり、実物はすばらしいから。

 

おとといはテレビでも混雑ぶりが報道されていた若冲展に。最終日の夕方で、40分ほど待って入れました。

さすがに目玉の作品の前は押すな押すなと言う感じでしたが、墨絵はすいていてゆっくり見られました。若冲は好きな作家ではないのですが、本当にすばらしく、やっぱり行ってよかったと思いました。

 

昨日は、紀尾井町でやっているルイヴィトン展へ。

ミーハーなもんで、こういうメゾン系の展覧会は大好き。

その中でも、今回のヴィトン展はとてもすばらしかったです。

無料だし、6月19日までやっているので、行かれる方はぜひぜひお勧めします。

ちょっと、おしゃれして、と言うか、近所のスーパーに行くようなスタイルでは行かないほうがいいかも。

 

展示していあるトランクやバッグなどもいいけれど、それよりも展示の仕方がすばらしいの。各部屋ごとにコンセプトがあって、もう引き出しの色から、壁のビロードのヴィトンマークやら、畳のへりまでマークがついていたり、これが、欧米のコンセプト作りの実力だ!と歴史とセンスの良さを思い知らされました。

 

各部屋にコンセプトがあって、これは列車で旅行の部屋。もうそのコンセプトの作りこみがすばらしいの。カーテン、じゅうたんの柄まで、木の色、すべてしっかり考えられている。

ピクニック行く?

まあ、今ではメゾンも免税店で清水の舞台から飛び降りるような気持ちで買う私たち下々の購買層に支えられているけれど、アメリカの外交官が70個注文したトランクのひとつ、みたいな展示の説明文を読んで、本来はメゾンとはそういうあり方だわ、と。

まあ、セレブのあり方が昔とは違うしね。

奥に飾ってあるドレスのドレープに合わせて天井を作ったと。

各部屋に解説してくれる方がいて、その方を捕まえられるとそういう説明をしてくれるの。

板垣退助のトランク。100年以上も前にそれも高知出身でお固そうなイメージだったのに、意外。100年経っても素敵ってすごい。ちなみにたたみのへりもヴィトン。ここには海老さまの化粧台も。

 

ともかく展示してあるトランク類もいいんだけれど、展示の仕方。本気で興奮しました。

うまい、かっこいい。もう1回行きたい。

しっかりしたパンフレットもポスターもいただけます。

 

この日本の部屋に、コラボのバッグが飾ってあって、もちろん川久保玲とか有名人ばかりだけれど、私もコラボのバッグ作りたい~!勝手にモノグラムでお花作って、ビスをこう打って、とか一人で想像してしまいました。

 

出口で職人さんがデモンストレーション。その方の時計が超かわいかった...。誰か行ったらどこで買ったか聞いてきて~。

 

ぜひ!!

 

 

 

AD

お申し込みありがとうございました。


おかげさまで満席でしたが、岐阜クラス開催が決まったので、1席キャンセルがでました。

よかったら、お申し込みください。


http://scrapbooking.ocnk.net

から


岐阜クラスはクローズドのお申し込みですでにお席の2倍の方が集まっていただいたので、オープンのお申し込みはありません。キャンセル待ちもできません。

すみません~!



大阪の方は、キャンセル待ちお受けします。


info@scrapbooking.co.jp

まで、メールください。



AD

全部描き終えたら消した~!

ショック...。


気を取り直して、もう1回。


さて以前にお知らせした底力アップクラス 大阪のお知らせです。


6月3日 (金曜日) 10時~12時半 配置① 13時半~16時 配色②

7月1日 (金曜日) 10時~12時半 配置② 13時半~16時 配色②


大変申し訳ないですが、今回は各講習個々の受講をお受けできなく、2日間4講習のみになります。


これから長くスクラップブッキングをやっていきたい方、講師活動がしたい方、いつも何となく作ってしまっている方、ぜひ、お申し込みください。


ちょっとお値段は高い(35,000円)ですが、他のSB講習では絶対できない内容になっています。受講する、と、しないではその後のスクラップブッキング生活に大きな差が出ると思います。

正直、講師の方はご自身の生徒さんに先に受講されてしまうとまずいかな~と思う内容です。


なんとなく並べていた写真も、ちゃんと理由があり、作品にぐっと安定度を増すことができます。色に自信がない方、もちろんきれいなモノを沢山見るという努力は必要ですが、今までとは違うアプローチで組み合わせのコツを学ぶことができます。

私のスタンスとしては流行は自分で噛み砕きながら取り入れるべき、だと思っています。流行だけに振り回されるのは作品としては薄っぺらいし、ワンパターンしかできなかったら表現できる世界は狭くなります。スクラップブッキングは人生に寄り添うものだから、狭い世界では表現しきれないし。

流行+基本力で10年たっても人に堂々見せられる作品作りができると思っています。なんとなく作る作品は、アピールするものも弱いです。だから、ともかく周りにあるもの全部詰め込んでしまうような作品作りになりがちです。自分に確たるものができれば、そんなものにふりまわされることなく、芯のある作品になっていくと思います。


今回のこのコースは今の流行の配置も学びつつ、芯のあるずっと使い続けられる基礎のコツをお教えしています。


今までの他のコース、センスアップやベーシックを受講した方にも是非、受講していただきたいクラスです。

いままでは、努力するものは報われる、でしたが、今回は、要領よく近道、です。


本当に日程さえ合えば、ぜひ受講していただきたい講座です。


お申し込みは

http://scrapbooking.ocnk.net

から


また、会場はメモラ大阪教室ですが、メモラの講師だけでなく、フリーの方でもISAの方でもどなたでも受講できます。


新しい顔、懐かしい顔にお会いできるのを楽しみにしています。

お値段が高い、ということはそれに見合う内容になるようにこちらも2日間全力投球させていただきます。皆さんに無駄だった、と思われないように、しっかり全員もれなく理解できるように。


ぎゅうぎゅうに詰めた講習なので、へっとへとになると思いますが、それと同時にそうだったのか!という喜びも得られると思います。


持ち物はまた、お申し込みいただいてから詳細メールしますが、1回目は、12インチレイアウトが作れるような写真セット1~3組とベースになるペーパー、レイアウトに使いたい写真L判1枚を2セット、それと基本道具です。

それ以外の材料はこちらで準備しています。


フィスカースのトリマーをお使いの方は刃だけお持ちください。メモラで貸し出ししてくれるそうです。


質問などはinfo@scrapbooking.co.jpまで。




AD

5月から始まる 底力アップのクラス(渋谷)はおかげさまで満席になりました。

ありがとうございます。


持ち物、場所などの詳細は追ってご連絡しますね。もう少々お待ちください。




さてさて


その底力アップですが、さらに内容充実して



じゃじゃ~ん!


大阪


でやります。



6月3日と7月1日の金曜日。


交通費などの関係があるので、4回の講習を2日でやってしまうので、朝10時から夕方16時までになります。募集は8名。


参加ご希望の方は、お仕事お休み、なり、お子さんをあずける手はずをしておいてくださいね~!


ちょっと通常のキットを作ったりするクラスより価格お高めですが、受講したら必ず今後のSB制作に役に立つ内容なのと、なかなか大阪ではできないので、ぜひご参加ください。


久しぶりなので、私もとても楽しみにしています。


会場は大阪メモラですが、会場を借りるだけなので、お申し込み、質問などはすべて、ここで受け付けますので、よろしくお願いします。


もちろん、メモラでない方、今までどこでも習ったことない方、など大歓迎です。


ただ、ご自分で作品(12インチレイアウト)を作ったことがある方のもです。


では、申し込み開始まで、もうちょっとお待ちくださいね~!!







なんだか毎日、寒いんだか、暖かいんだか....


三寒四温と言うより、毎日変わりますよね。


さてさて 底力アップクラスの復習クラス追加で売り出しました。


5月21日(土曜日) 10時から


場所は渋谷東急ハンズ前


土曜日なので、3700円になります。


http://scrapbooking.ocnk.net



また、5月13日(金曜日)もキャンセルが1席出ているので、そちらもどうぞ。



そして、逗子でも 5月26日(木曜日)に復習クラスをします。こちらも残り1席あります。

(こちらはメールしてください。 info@scrapbooking.co.jp )


これで受講した方、万が一全員参加でも大丈夫だと思います。




5月から始まる底力はお申し込みが.....。


前回もなかなかお申し込みのスタートが遅く、締め切りました、と言ってから数名申し込まれたので今回も遅いのかな?


ちょっと値段が高いので躊躇するのと、日程がつまっているせいかな?4月からでないと日程がわからない、と思いますが、だいたいこういう講習は今まで、1ヶ月に1回ペースで宿題付きだったのですが、今回は一気に短期間で詰め込む方式を取っています。


一応、宿題はない、と言う前提なので、短期間にして忘れる前に復習がてら、次へ進むことにしています。今回は覚えてもらうポイントがいくつかあって、それだけ覚えてもらえれば、というスタンスです。


スクラップブッキングの講習にしては高いですが、自分で言うのもなんですが、受けて損はない講習のはず。そして、この業界では、こういう講習は他ではできないはず。



1期目の底力アップのクラスは昨日の逗子で全部終わりました。後片付けをしながら、受講していただいた皆さんの話を思い出しながら、ふと.....


私自身、誰かに作品をこうしたらいいということを言われたことが1回もないということに気がつきました。


テクニック的なこと、たとえばミクストメディアのやり方とかは習ったことがありますが、構図や配色などに関して、スクラップブッキングを始めてから1回もない...。


昔、メモラでキットや本に載せる私の作品を当時のI先生が、じっと見ているから「そこのペーパー半インチ短いのは気がついているよ。キットにする都合で」みたいな発言をしたことはありますが、誰かから、言われたこと、習ったことはないんです。


私がメモラで資格を取ったときは、テキストを音読(現代国語の授業か?)してから、先生は事務室に戻られるので、作品は勝手に作っていたというシステムだったし。


美大を出ているわけでもない。


ちょっと愕然としました。


メモラに入る前は、本当に感覚だけでやっていて、メモラに入ってから、理論とすり合わせられるようになりました。

見るからにO型人間で、ちゃらんぽらんなんだけど、それなりに独学で勉強したわけで....。


今回の講習ではテーマごとに私の作品を見てもらって、テーマを理解してもらうようにしていたのですが、自分にとっても自分の作品を改めて振り返る機会であり、改めていろいろな気付きをもらった講習でした。




新しい出会い、久しぶりの再会もあり、楽しかったな~。


とりあえず、皆さん、階段を1段あがれたかな?