■お仕事のご依頼は
こちらからお願いします■

Powered by NINJA TOOLS





■facebookはこちら■

るぅのおいしいうちごはん

Facebookページも宣伝












2016-01-23 09:04:16

わんこと行く正月旅行その⑦。~聖地パンダーランドはやっぱり聖地だった~

テーマ: 旅日記

ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



お正月に行った旅行の思い出をUPしております。

今回、わんこ連れの旅だったので、

ペットと泊まれる宿や、ペットも遊べる施設等々もできるだけ詳しくUPしていこうと思います。

また、ペット連れ旅行をされる方の参考になればいいなーと思うので、

ここもいいよ!とかここがおすすめ!とか、そんなご意見がありましたら、コメント欄へお願いします。

(ただ、今月は月末まで予定MAXなので、お返事ができなかったらすみません。DOGEZA)




その①はこちら→北陸道を抜け、名神へ。そして大阪での洗礼。

その②はこちら→和歌山入国&一泊目のお宿。

その③はこちら→和歌山観光はコスプレで。

その④はこちら→和歌山デート。

その⑤はこちら→聖地、パンダーランドと子パンダ様。

その⑥はこちら→氷上のアイドル&笹山のアイドル。











気付けば、

今日でパンダーランド編も3回目になるワケですが、

なにせ、世界トップクラスなもんで、

感じたことも書きたいことも盛り盛りすぎて。もう。




許されるなら1ケ月間ずっとこのネタで書きたい。

できることなら、パンダーランドで働きたい。




最近、ワリと真剣に考えてます。















そんな、3回目となる今日は、

衝撃的画像が含まれますので、お食事中の方はご遠慮ください。

おやつ中の方もダメです。

コーヒーブレイクの方もダメです。

本当に、マジで、衝撃的画像です。

いつもみたいなやんわりした感じじゃないから。

マジでマジで衝撃画像です。

加工もモザイクもしておりませんので。

(っつか、なんならブツがもう・・・もう・・・もう)










さてさて。

充実の海コーナーと子パンダ巡礼を済ませたら、

お次はふれあいコーナーへ・・・!






と、見せかけて。

パンダです。





ひな「え。」





いや、もう、

なにせパンダの飼育数世界トップ。(中国を除く)



日本に、たった10頭しかいないパンダ様が、

7頭もここに集結しているワケですから、

行く先々にパンダ様のおうちがありまして。





ひな「・・・ひなはふれあいコーナーが・・・」





しょうがないよ。

世界的に有名なブリーディング施設だもの。





ひな「・・・ひなはふれあいコー・・・」





見ねばなるまい。

巡礼せねばなるまい。





あたし「触れってる場合じゃないから。」





ひな「・・・・・ハイ・・・・・」




まずは、パンダ家系図です。


さぶろー山「へー。こんだけのパンダを育ててきたんか・・・すごいな、和歌山。」





あたし「まーね。世界トップクラスだからね。」






育てたパンダもハンパなければ、





あたし「成都大熊猫繁育研究基地日本支部。」





持ってる名前もハンパない。





あたし「そのうえ、

永明(パンダーランド在住)・良浜(パンダーランド在住)・梅梅(10匹もの子孫を残した英雄、2008年お空へ)

の、3頭に至っては。






和歌山県勲功爵の称号も持っている。」







さぶろー山「お前・・・ホントに来たかったんだな。」





本当に来たかったです。







だからね。

飾ってあるう〇こだって。


あたし「くんくん・・くんくん・・・くんくん・・・くんくんくんくんくんくん・・・」





もう、呑みこむ勢いでくんくんしちゃうワケです。





さぶろー山「お前・・・大丈夫か・・・?」





あたし「ねえ、大変。







臭くない。





そうです、そうです。

う〇こだって臭くもないワケです。





さぶろー山「うん、お前の気持ちはよく分かったよ。愛だな。愛。」





あたし「いやいやいやいや、愛は愛だけども、そうじゃなくて。」







本当に。 臭くないんです。






さぶろー山「うんうん、愛だよな。愛。」





あたし「いやいや、笹の匂いだよ!もろ、笹!まるで、笹!めっちゃ、笹!!!」





笹の芳香剤とかあったら、きっとこんな感じだろうな。ってくらい、笹の匂い。





さぶろー山「いいよ、分かったよ。お前の気持ちも愛も十分分かったから。」





ひな「すごいねー、愛って。」





誰もが信じてくれず、

誰もが嗅いでくれませんでしたが、

まるでここに笹があるような。

清涼感溢れる匂いでした。

(ホント、全然嫌な臭いじゃないんだって!)





あたし「すごいなー、お前達。あんな清涼感溢れるう〇こするのかー。」

これはブリーディングセンターの屋内にいたパンダ様。





あんな、清涼感溢れるう〇こをするのに、

すんごいかわいい顔してて。


あたし「ねえねえ、この子、すんごいかわいい顔してる!」






ここ、ブリーディングセンターに住んでいるのは、

永​明(​和歌山県勲功爵)、​

良​浜(和歌山県勲功爵)、​

陽​浜(パンダーランド産、海浜と双子)

の3頭なので、

そのどれかだとは思うんですが、​

横から見ても。

あたし「キャッワイー♡」





左斜め45度の角度も。


あたし「萌ええええええええー♡」





あー、もう、萌えて萌えて、

犯罪者になりたい。

お持ち帰りしたい。






ひな「ハイハイ。じゃ、あっちも行ってみよう。」





そして、ここ、ブリーディングセンターは、

屋外の上からもパンダ様が見れるようになってるんですが、

まぁ、見てくださいよ。

驚いてくださいよ。

観客ゼロ。






世界的動物園の!

世界的パンダが!

あたし達家族の!








あたし「貸切!!!!!」








どうしますよ、どうしますよ。

これは、すごいことですよ。

世界的動物園ですよ。

世界的サービスですよ。





あたし「ねえ、どうする?どうする?」





さぶろー山「は?」





あたし「10,000円でいい?10,000円で足りる?」





さぶろー山「何の話?」









あたし「おひねり!」









さぶろー山「は?何言ってんの、お前。ネジどこ?」





あたし「あ、ちょちょちょ・・・ちょっと待って、ちょっと待って。」





さぶろー山「は?」





あたし「パンダ様が登っていらっしゃる。」

/よじよじ・・・\





屋外にあった遊具(滑り台)をよじよじっと登って。

/ふー・・・\






世界的動物園の!

世界的パンダが!

あたし達家族のタメに!









あたし「登ってきた!!!」










あたし「ねえ、どうする?どうする?」





さぶろー山「は?」





あたし「50,000円でいい?50,000円で足りる?」





さぶろー山「いらねーよ!ケツも拭けねーわ!」





ひな「ねえねえ、あっちからもパンダ見れるみたいだよー。」





あたし「よしよし、降りてみよ!あっちのパンダも見よ!」


と、やって来たブリーディングセンターの屋外では、

パンダ様が日向ぼっこ中。






あたし「ねえねえ、全然動かないけど、寝てるのかな。」

さぶろー山「うーん・・・目の周りのブチ模様が邪魔して・・・分からんな。」





ひな「じゃあ、あっちのほう回ってみようよ!」





あたし「そうだね、近くから見てみよう!」

と、パンダ様の背面にまわってみると。





\ごろりん/

と、寝返りをうったかと思いきや。





まさかの。


さぶろー山「寝グ・・・・・・・!」

※衝撃的言葉のタメ、自粛させてただきました。






世界的動物園の!

世界的パンダが!

あたし達家族のタメに!








寝う〇こ!!!!!

あたし「ねえ、どうする?どうする?」





さぶろー山「は?」





あたし「100,000円でいい?100,000円で足りる?」





さぶろー山「いいんじゃねーの?ケツ拭いてやれよ。」










あたし「いや、ローンで!」










思わずローンを組みたくなるほどのサービス精神。





さぶろー山「・・・・いいよ、もう。ローンでもケツでも好きにしろよ。」





世界トップクラスの動物園は、

パンダのサービス精神も世界トップクラス。

あー、ホント来てよかったー。








ひな「じゃあ、次はひなのふれあいコーナーねっ!」





あたし「ハーイ!」


と、お邪魔したふれあいコーナーでは、

ワラビーがいたり。





ワラビーに触れたり。

ワラビーと戯れたり。




アヒルがいたり。

アヒルに話しかけたり。




アヒルに餌をあげたり。

いつの間にか集会場みたいになったり。





あんまり人気はありませんでしたが、

豚さんもいました。

これでミニ豚だそう。





あと、時間帯によるのですが、

サルが触れたり、写真が撮れたりするコーナーもありました。


しかし、おサルさんは爆睡中。





そして、ワンちゃんもいます。


ものすごい人懐こいわんちゃんで、


女の子の上で爆睡してました。






あとは、鳥とか。

フラミンゴとアヒルかな。





あたしさ、

動物は大好きなんだけど、

唯一、あんまり好きじゃないのが鳥。(ペンギンは除く)


よって、コメントも特にございません。

鳥、ごめん。







ひな「あ、カバもいるー!」


さすがにカバとは触れあえませんが、

ふれあいコーナーの近くにカバさんもいます。






あたし「・・・・・・・・・・カバってさ・・・さぶろー山に似てるよね。」





さぶろー山「あー、ハイハイ。どーせ、太いとこが似てるって言うんだろ?」






うん。


尻が。



君にそっくりだよ。









そして、カバさんのご近所にいたカワウソ。


あたし「・・・・カワウソってさ・・・タマに似てるよね・・・」





無駄に長い体とか、

巻けるくらいにょろっとした体とか。





さぶろー山「あー、似てる似てる!!!」





綺麗な逆三角形の顔の形とか、

顔のワリに小さい耳(タマの場合は立派な耳を持っているのに、いつもペターンとしてるので全然見えない)とか。








あたし&さぶろー山「そっくり!!!!!」








あたし「あー・・・タマに会いたいなー・・・」





カワウソを見たら、タマが恋しくなったので。





さぶろー山「そろそろ、帰ろうか。」





一同、エントランスに向かって歩きます。





あたし「タマ・・・きっと、寂しがってるね。」





ひな「早く迎えに行ってあげないとだね!」





まだまだ見てない場所はいっぱいあったけれど、

かわいいかわいい二番娘が待っていると思えば、

エントランスに向かう足取りも軽い。





さぶろー山「よしよし、早く行こう。」





誰もが急ぎ足で歩きだし、











あたし「ちょっと待って・・・!」












別方向へ走るあたし。





さぶろー山「ちょ・・・おかめ!どこ行くの?!ちょっと!!!!!」





あたし「ごめん、巡礼!」


そう、忘れてはいけない、子パンダ巡礼。





ブログでは、はしょってる部分もあるので、アレなんですが、

6時間で通算5回の子パンダ巡礼。





元気に元気に笹を食べ、

どんな時でも笹を食べ、

5回中4回は笹を食べ、

よもや、

食べる以外の機能がついてないんかと思った子パンダ様は。

あたし「う・・・動いてるーーーーー!!!!!」





奇跡的にも、仲良くじゃれあっており、

動くという機能がついていたことを大変嬉しく思いました。





あたし「うわっ・・・かわいいかわいいかわいいかわいい!!!!!」





笹を食べる姿もかわいかったけど、

二人でじゃれあう姿も愛しく。





さぶろー山「ぬいぐるみみたいだなー。」





そう。

まるで動く毛ダルマ。





ひな「・・・次に来るときには、もう大人になっちゃってるんだろうなぁ。」





あたし「そうだね・・・立派な大人パンダになるんだよ。」




と、いうあたしの願いが通じたのか。

/でんぐり・・・\




\ごろんっ・・・/

あたし「でんぐり返ったー!!!!」





最後の最後に、

ビックウェーブが巻き起こるほど、

華麗なでんぐり返しを見せていただきました。






ただ。

なんでしょうね。









沸いているのは、あたしだけでした。


我が家、初の聖地は、6時間ほどの滞在だったのですが、

それでも全然見たりなくて、

実は半分くらいしか回れてないので、

パンダーランドに行かれる方は、

入園時間から閉園時間までみっちり楽しむか、

もしくは2デーがおすすめ。

(うちは回れなかったけど、サファリコーナーもあるし、遊園地もあります!)




まぁ、最悪1時間しか滞在できなくとも、

パンダさえ見れれば、

それだけでも入園料分の価値があります。



もちろん、上野にもパンダはいますし、

上野でもパンダは見れるのですが、

和歌山パンダは、同じパンダとは思えないくらい、すっごいアクティブ!




食べて、遊んで、寝て、う〇こして・・・と、

本来のパンダ生体がとことん楽しめるうえ、

すっごくパンダが近い。

そして、顧客サービス度もハンパない。

(なにせ、世界トップクラスだから)












和歌山パンダーランド。

10万円の価値あり。


(ホント、おすすめ。めっちゃ、おすすめ。マジでおすすめ。

行くときは2デーパスがいいよ、和歌山県民は年パス買うべきだよ、絶対!)











和歌山パンダーランド(正式名称:アドベンチャーワールド)

〒649-2201 和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399番地 
TEL0570-06-4481(代表)

※東京から白浜まで飛行機もでてます。

※羽田から白浜まで1時間ちょいで行けます。

※一日3便でてます。

※ものすごいパンダーランドオシですが、特にコネは御座いません。












ご清聴ありがとうございます。

和歌山パンダーランド、絶対行こう!と思った方は、こちらをポチポチポチっと♡

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





お次は二泊目のお宿編。









バレンタインまであと22日!

バレンタインのお菓子レシピ、続々更新中♡









 AD

AD
いいね!(504)  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

9 ■臭くないですよ♪

昔嗅いだことあります♪
お茶のような緑の匂いですよね…ひなちゃんたちも嗅いでほしかったわ♪次回は是非是非

8 ■はじめまして

パンダーランドのあるところ在住の者です。
こんなにもパンダーランド押ししていただきましてありがとうございます。
昔から白浜のパンダは2年毎に赤ちゃんパンダが生まれておりまして、もしかしたら今年また生まれるかもしれません。
名前の公募等ありますので、生まれたらぜひ参加してみてください!

パンダーランドで働いているわけではないんですけども(>_<)

7 ■はじめまして

パンダーランドのあるところ在住の者です。
こんなにもパンダーランド押ししていただきましてありがとうございます。
昔から白浜のパンダは2年毎に赤ちゃんパンダが生まれておりまして、もしかしたら今年また生まれるかもしれません。
名前の公募等ありますので、生まれたらぜひ参加してみてください!

パンダーランドで働いているわけではないんですけども(>_<)

6 ■貴重な(笑)

すごい~~!
笹がえさだと知ってはいても
まさか・・・・緑だとは(驚)

るぅさんのほかに
香りを楽しんでいた方はいたのかがとっても気になります。

5 ■無題

注意書きがあるにもかかわらず、おはぎ食べながら読んじゃったww

4 ■無題

またまたコメントしてしまいました。

確かにパンダのウン◯臭くないですよね。
はい。あたしも嗅いだ1人です(・ω・)b
しかし、寝ウン◯は…

会社の駐車場の車ん中でBlog読んでいたんですが、1人でニヤついて笑いこらえて…
そうとう変人に思われたと思います。

るぅさん、さすが!
超面白いです♡
カワウソちゃん、手出してくれるやつ無かったですか?
あたし、あれで…指にカワウソちゃんがタッチしてくれた時に、人生で初めて
も…萌えー!
って言いましたww
また続きを楽しみにしてますね(・∀・)

3 ■笑激!

。。。パンだって寝ながら出来るんですね(笑)凄いわー!野生のパンだって結構凶暴なところがあると聞いてます。動物園のパンダは肉食なのに何故に笹ばかり食わされてる?と思ってるんじゃないかしら?野生のパンダにとっちゃ笹食べるのは人が肉料理食べながらサラダ食べる感覚と同じなのかも。。。

2 ■無題

いやー、濃い内容でした。
パンダ様の寝・・・(笑)
あの様な可愛い方も寝・・・(笑)

沢山のパンダ様ありがとうございました(*´ω`*)

1 ■無題

オールウェイトゥギャザー♪←パンダーランドテーマソング

ふれあいコーナーのサルめ。あいつに私、帽子を取られて投げつけられたよ。くっそう。
パンダのう〇こも臭くないけどゾウさんのう〇こも臭くないんだよー!(いらぬ情報)

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。