■お仕事のご依頼は
こちらからお願いします■

Powered by NINJA TOOLS





■facebookはこちら■

るぅのおいしいうちごはん

Facebookページも宣伝












2016-01-19 13:08:37

わんこと行く正月旅行その④。~晩ご飯デートでは和歌山を食べ尽くし、次の日の朝も和歌山を~

テーマ: 旅日記

ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました。
楽天ブックス Amazon、書店さんなどでお買い求めいただけます。


cottaさんではモニターブロガーとして生息しております。

↑あたしの心の拠り所。



ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



お正月に行った旅行の思い出をUPしております。

今回、わんこ連れの旅だったので、

ペットと泊まれる宿や、ペットも遊べる施設等々もできるだけ詳しくUPしていこうと思います。

また、ペット連れ旅行をされる方の参考になればいいなーと思うので、

ここもいいよ!とかここがおすすめ!とか、そんなご意見がありましたら、コメント欄へお願いします。

(ただ、今月は月末まで予定MAXなので、お返事ができなかったらすみません。DOGEZA)




その①はこちら→北陸道を抜け、名神へ。そして大阪での洗礼。

その②はこちら→和歌山入国&一泊目のお宿。

その③はこちら→和歌山観光はコスプレで。








さてと。

日本のヨーロッパとコスプレをめいいっぱい楽しみ、

これで一日目終了かと
























もうひとつ楽しい行事が待っていたんだな♡

あゆちゃんとデートっ♡ 

※画像はあゆちゃんからいただいた和歌山&大阪土産。








お土産が、まさかの段ボールひとつ分↓

量にご注目ください。



量に。

ソースだけで4本w







えーとですね。

少々ご説明しますと、

今回の旅、お宿は無事にとれたものの、なにせ、素泊まり。

慣れない場所にタマを置いて、あたし達だけ外に出るワケにもいかなかったのでね、

晩ご飯は2班に分けて食べようってコトになりまして。



まずは、さぶろー山&ひな班が晩ご飯摂取。

二人のご飯が終わったら、今度はあたしが晩ご飯・・・。

と、そんな二班編成に決定したのが12月の末日。

(ちなみに、さぶろー山&ひな班は、ポルトヨーロッパの帰り道で腹パン済み)




サカキさん同様、和歌山に行ったら「絶対会おう!」と言っていたあゆちゃんは、

ブロ友さんでもあるけれど、

あたしの数少ないライン友でもあり、

(あたしのライン友:あゆちゃん、らむちゃん、はるか様、うずら、以上終了)

あたしにラインたるものを教えてくれた恩人でもあり、

「あゆちゃん」「ママン」と呼び合う仲でもあります。





なので、和歌山行きが決まった時、

開通したばかりのラインで「和歌山で会おうっ!」てお約束をしてたんだけど、

どうせだったら、ゆっくり会いたいよなぁ。と思って。

「よかったら一緒にご飯でもどうかしら?」

ってお誘いしたら、

「OK♡」

のお返事をいただいたので♡





初対面&デート&お食事っ♡

連れてきていただいたお店は、和歌山市内にある銀平さん。




一緒にお食事することが決まった時、

あゆちゃんに、「何が食べたいですかー?」

と聞かれ、

「和歌山っぽいもの♡もしくは、和歌山で流行ってるもの♡」

と、無茶苦茶なリクエストをしたにも関わらず、

無茶苦茶素敵なお店に連れてきていただきました。








銀平さんで、あたしとあゆちゃん、あゆちゃん彼の3人でご飯です!


あたし「うわーい♡超美味しそうー♡」





しょっぱなから、お寿司にすり身揚げ、そしてナマコと、海の幸満載!





あたし「和歌山って海鮮が有名なんだねー。」





あゆちゃん「うん、和歌山ってみかんと魚と梅しかなくて!」





あたし「大丈夫よ、新潟も酒と米と魚しかないから。」





あゆちゃん「でも、ママンのブログとか見てると、すっごい美味しそう!新潟、超美味しそう!」





そうだなぁ。





あたし「確かに食べ物は美味しいけど・・・






パンダはいないよ?









あゆちゃん彼「・・・・・それ、そんなに重要ですか?」





それ、とっても重要です。


で、お刺身。



赤いのがまぐろで、隣の隣がサワラで、

あと他は、聞いたことのないお魚。

(ようは、忘れた。と)





あたし「うわっ。サワラうまっ・・・!」





味噌漬けにして食べるもんだとばかり思っていたサワラ。

プリップリの身に上品な甘味ですっごい美味しい!





あたし「サワラって・・・お刺身も美味しいんだねー!サワラのお刺身、初めて食べたー。」





あゆちゃん「あゆも初めて♡」





そうかそうか。

あゆちゃんも初めてだったかー。





あゆちゃん「あっ、ママン、すじこんがきたっ!すじこんも食べてー。」


あたし「キャー♡すじこん大好きー♡」





あゆちゃん「和歌山って海鮮ばっかりだけど、万が一、ママンが海鮮が食べれなかったらどうしよう・・・!

と、思って。でもね、ブログ読みまくったらすじこん大好きってブログに書いてあるのを見つけて。

すじこんだけは・・・!これだけは外せん・・・!と思って、別に注文しておいたんだー♡」





あたし「あゆちゃんっ・・・・・!感涙」





ただでさえ無茶苦茶なリクエストしたのに、

すってきーなお店に連れてきてもらって、

そんなことまでお気遣いいただいて。



ママン・・・

あゆちゃんの気持ちを考えたら、

すじこんなんて、








鉢まで食えそう。









※実際、鉢まで食えそうでしたが、人体の不思議展に出るにはまだ早い気がしたのでやめておきました。

すじこんはいつもの5万倍くらいウマかったー。






そして、ぐらっぐらと煮えたぎるあんかけ。


あたし「うっわ!すごいの出てきたね!なんだろうこれ♡」





あゆちゃん「じゃ、ママンの分よそいますねー♡」





と、ぐらっぐらと煮えたぎる鍋を、

あゆちゃんがよそってくれたのだけれど。

はみ出たネギはあゆちゃんの愛情。





あゆちゃん彼「あ、なんかこれ、モチモチしたの入ってるー。」





あゆちゃん「ホントだー。もちもちしてるー。」





あゆちゃん彼「このモチモチのヤツ、すごいウマイ。なんだろうなー。」





あゆちゃん「んー・・・モチモチ・・・餅かなぁ。」





あたし「え?どれどれ?あたしも食べるー♡」


↑緑色の物体が、モチモチしたもの。黒く焦げているのは、オコゲだから。(←このコゲがまたうんめーんだ♡)





あたし「ホントだ!モチモチ、うまいっ!」





あゆちゃん彼「美味しいですよねー。このモチモチ。なんだろうなー、モチモチ。」





あゆちゃん「モチモチ・・・餅じゃない・・・?」





あたし「いや・・・これは生麩じゃない?」





あゆちゃん&あゆちゃん彼「生麩・・・?」






あたし「あれ・・・?お二人とも関西よね・・・??」





あゆちゃん、和歌山。

彼、大阪。





あたし「生麩って・・・関西の食べ物じゃないん??」





あゆちゃん「?????」





あゆちゃん彼「?????」





よって、モチモチの正体は未だ分からず。

モチモチの出身地も未だ分からず。(京都限定ですかね???)








だけれども。

そんなことは関係なく、

料理は次なる高みへとススム▼


若干食い荒らされた感のあるこちらのお皿は。








あたし「牡蠣♡」








あたしがこよなく愛する牡蠣。(の、天ぷら)





あゆちゃん「ママン、牡蠣好きなんですか??」





あたし「んもう、好きも好き好き好きすぎて、

当代きっての牡蠣好きと言っても過言ではないほど牡蠣が好き♡」





なのだけれど。











3回に1回は当たる。




っつーね。

素晴らしい因縁も持ち合わせてる。





あゆちゃん「えっ・・・?!じゃ、牡蠣とか止めたほうがいいんじゃ・・・」





あたし「でも、好きなの♡」




報われない愛こそ、

余計に燃えてしまうお年頃。



牡蠣の天ぷら、死ぬほどウマかったー。








で。

どどーんと登場したサワラの煮付け。


これ、写真じゃ分からないと思うんだけど、

予想以上にデカくて。


30cmはゆうに超えるサイズ。





あたし「えっと・・・これは3人でシェアして食べる感じかな。」





と、思いきや。





3皿。運ばれてきて。





あゆちゃん「一人一匹ですね♡」





ええ。

1人1匹の気前の良さには、

相当びっくりしましたが、

身がふっくらしてて、

臭みも全然ないこの美味しさにもびっくりで。



サワラ、一気に好きになりました。






あたし「サワラ、すごい美味しかったねー♡」





サワラだけではなく、

お寿司もすり身もお刺身も。

すじこんも牡蠣もモチモチも。

どれもこれもがすっごく美味しくて、

すっごくボリューミーで、

すっごく大満足!





あたし「お腹いっぱいー♡」





と、酔いしれる間もなく。





板前さん「ご飯お持ちしましたー。」





まさかのご飯。

まさかの鯛めし。

まさかのおひつ。


もう、ここは天国か。






※さすがのあたしも「限界」の二文字が頭をよぎりましたが、そんなのはほんの一瞬のことで、

一口食べたらもんのすごい美味しくて、余裕で食べれました。

そして、この鯛めし、あたしが今まで食べた鯛めしの中で一番美味しく、

残った鯛めしはちゃっかり包んでいただきました。ちゃっかり。





あたし「ああもう、どうしてこんなに美味しいんだろう・・・!」





と、

大変幸せな悩みを抱えるあたしに、

あゆちゃんが問いかける。





あゆちゃん「ママンって、なんでそんなにパンダが好きなんですか?」


そして、あたしは答える。





あたし「パンダってさ・・・すごいと思わない?」





あゆちゃん「?????」





あたし「動物の毛ってね、基本的に身を守るタメにあると思うの。」





モフモフに見えても意外に硬いレッサーパンダの毛、然り。

薄そうに見えても実はさぶろー山より多い豚の毛、然り。

派手に見えても南極の景色とは馴染む白熊の毛、然り。




あたし「寒い時に身を守り、時として、外敵からも身を守る。」





そう。





あたし「それは、保護色・・・!」





あゆちゃん「・・・・・・・・?????」








あたし「なのに、パンダってさ・・・白と黒じゃない?」








よく考えて。

パンダって、笹を食べる生物。

そして、一日中食って寝る生物。



笹の中で暮らし、笹にまみれ、笹と共に生きる生きるのに、

緑一色な笹の中で、

あんな白黒の物体(それも結構なデカさ)があったら。









あたし全然保護されてない!








むしろ、目立ってどうする。





あたし「まるで、最初っから絶滅危惧保護対象を狙ったかのようなあの位置付け。」





ある意味、動物ヒエラルキーの頂点。





あたし「もうね、ワケが分からなすぎて、知れば知るほど好きになる。」





若干、ヒキ気味のお二人を前に、

パンダへの思いを語りつつ、つまんだお漬物。


このお漬物、どれもこれも絶妙な味付けと漬け具合でびっくりするほど美味しいんだけど、

特に昆布のヤツ。

昆布とかつおぶしの佃煮がすんごい美味い。

べらぼー美味い。








そして、最後にはスイーツも♡

ショコラムースにフルーツゼリー寄せみたいな感じかな。

板前さんの作るスイーツ化と思いきや、超本格派スイーツ。

パティシエのお味。





先付から最後のお茶までも、どれもこれもがすんごい美味しくて、








あたし「大満足っ♡」










どれもこれも超絶美味しい銀平さん↓
銀平 駅前店

ジャンル:獲れたて魚専門店
アクセス:JR和歌山駅 中央口 徒歩2分
住所:〒640-8342 和歌山県和歌山市友田町4-88 畑中ビル1F(地図
姉妹店:魚匠 銀平 本店 魚匠 銀平 北新地店
周辺のお店のプラン予約:
鶏家 六角鶏 和歌山店のプラン一覧
串・創作鉄板焼き 堅 中橋店のプラン一覧
いずみ のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 和歌山市×シーフード料理
情報掲載日:2016年1月16日




あゆちゃーん、本当にありがとー♡

次は新潟でねっ♡新潟だよっ♡











そして、

銀平さんを出た後は、

お二方に宿まで送っていただき、

別れを惜しみながら、手を振り、鯛めしを握りしめ。





あたし「さぶろー山ー!お土産に鯛めしもらってきたよー!」





と、帰れば。





さぶろー山「ぐはー・・・すぴー・・・」






高いびき。であった。







あたし「・・・・まぁ・・・いいんですけど。いいんですけどね・・・」









とは言え、

寝ずに和歌山まで走り抜け、(いや、座ってただけだけど)

ポルトヨーロッパを歩き回り、

美味しいものをたっぷりと摂取したあたしは、

ゴロっとした瞬間、





爆睡。






しっかりと二日分の睡眠をとり、

6時起床。


あたし「ささ。最高級の朝食を貰ってきましたよー♡」





さぶろー山「お前・・・





でかしたぞー!!!!!」





さぶろー山と付き合ってカレコレ16年ほどになりますが、

こんなに褒められたの、初。





さぶろー山「鯛めし、うまっ。すっげーうまっ。」





ひな「ひなもご飯食べるー。」





あたし「え、ひなこれ、鯛だよ?」





ひな「え?美味しいよ?」





うちの子が。







魚を食べた・・・!




しかも、美味しいのおまけ付き!!!!!










銀平さんの鯛めしを食べながら、

再びあゆちゃんのきゃわいさを思いだし、

味噌汁は自宅から持参したマルコメで。

カップはお宿に備え付けの紙コップ。

お湯はお宿のポットで沸かしました。





あたし「あ、ひな、これね、ママのお友達から。ひなちゃんへ。って。」





と、あゆちゃんから「ひなちゃんへ」と書かれた封筒を渡せば。


ひな「やったー!お年玉だーーーー!!!!!」





まさかのお年玉。










あゆちゃんっ。

結婚式には親族代表で行くからねーーーーーーー!!!!!

(注:呼ばれてもいません)













ご清聴ありがとうございます。

楽しすぎるオフ会、来てみたくなったらこちらをポチポチポチっと♡

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたしはもう違うんですけど、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。





明日はついにあの場所へ・・・!














 AD

AD
いいね!(560)  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

7 ■無題

和歌山に行ったんだ。
和歌山と聞いてイメージできたのは
ラーメンだけだった。

6 ■私も牡蠣好きだけど…

るぅさん、こんばんはー。
黒いモチモチが何だったのか気になります…
私も牡蠣大好き!!ですが、数回に1回はあたるんです。上から下から大変だけど、、あたってもいいから食べたい!!
ですが、最近は仕事休めなくて生牡蠣ガマンです(T ^ T)

5 ■こんばんは

アイラブ和歌山♡大好きです!
みかんの時期にうん千円使って、車で行き道端にみかんが転がっているのに驚き、
無人のみかん販売所で一袋100円のみかんを買いあさり、何を食っても旨い和歌山県(≧∇≦)b
我が家地方から高速道路で3時間?4時間?ぐらい(よく覚えてない)

ちなみに、アドベンチャーワールドに行く機会がありましたら、二月は避けましょう!
30年近く前に2月に行って、毛皮を見てきた経験があります。
寒くて動物たちみんな丸まって、毛皮しか見えなんだ、、、顔わからん、、、

4 ■無題

前回コメは下心丸出しの読プレコメだったので、今回がほぼ初コメです(笑)

生麩大好き♡

生まれも育ちも山口で、山口で見た事はないけど知ってるし大好きです♡♡
どこで知ったのかな…
麩饅頭も大好きです( ´ 艸 `)

3 ■保護色!!!

るぅさんこんにちは!

パンダの保護色めっっちゃわかります!!!
というか、私もその説を推して周りにドン引きされた経験がありますww
まさか同じように考えてる人がいるとは思わないんだ…。
絶滅危惧種になる為に生まれてきたかのよう…そこに何よりも惹かれるんですよね?!こーの、目立ちがりさんめっ♡ってなりますよね?!(押し付けか)

2 ■無題

月1~2で市駅に行ってたけど、こんなお店知らない…( ̄□||||
魚好きは行かなきゃ!!なお店情報ありがとうございます_(._.)_
たぶんですけど、生麩は京都でしか売ってないんじゃないかな~…
生粋の大阪ッ子だけど、スーパー(レジ)勤務だったけど、1度も見た事ないです。
しかも食べた事もないです。

1 ■無題

楽しい一時だったんですねぇ(o^^o)♪
生麩ちょっと調べたら1000年前に中国から日本に伝わり京都の禅のお坊さんによって広まったらしいですよ(°д°)

次ゎいよいよあの方々の登場ですね。
楽しみ(・∀・)ゞ

コメント投稿

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。