■お仕事のご依頼は
こちらからお願いします■

Powered by NINJA TOOLS





■facebookはこちら■

るぅのおいしいうちごはん

Facebookページも宣伝













×××××× お立ち寄りいただきありがとうございます ××××××


コック長るぅでございます。(最近はおかめと呼ばれております→おかめの由来

はじめましての方はこちらを一読していただけると幸いです。



料理のモットーは「楽しく・美味しく・安上がり」

鼻歌歌いながら安上がりなご飯を作り、

みんなに美味しく食べてもらおうってな精神のもとで作ってます。

(そして、浮いたお金で皿を買おう。的な。)



ゆる~いブログです。

下駄をぬいで。茶の間に座って。粗茶など飲む感覚で。

ゆっくりしていってください。是非。





ぽちっと応援クリックしていただけると大変嬉しゅうございます。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ

Thankyou!  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-19 10:21:02

お江戸旅行2014⑦。~二日目夜の部① 俺のフレンチ~

テーマ: 旅日記

ご訪問いただきありがとうございます。

2014年3月12日、初のレシピ本を出版していただきました!




ご新規様、はじめまして。

常連様、愛してます。

今日もお手柔らかに突っ込んでください。かしこ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




念願のつっかけをGETし、

東急東横線にも無事に乗車でき、

新橋の改札口では、ramちゃんが待っててくれました。

ramちゃん「るぅちゃん!ここ!ここ!!!」





あたし「ramちゃーーーん♡」





ramちゃん「やったじゃん。ちゃんと改札口まで来れたじゃん。」





あたし「うん、あたしも大人になったからね。」





前日、新宿駅、

午前中、横浜駅、午後、自由が丘と、

慣れない駅をいくつも体験したあたしは、





待ち合わせで改札口を指定された場合、

ホームで確認してから歩けばよい。






ということを学んだのだよ。

(あのね、ホームには必ず「○○口こっち→とか、○○口あっち↑とか書いてあるからね、それのとーりに進めばいいん)





さぶろー山「あれ?ダーリンはー?」





ramちゃん「店に置いてきたから。もうね、入れたから!」





あたし「うっそ。ホントに並んでてくれたん?」





ramちゃん「並んだ、並んだ。一番乗りで並んだわ。」





さぶろー山「まじで?」





ramちゃん「そうだよー。ちゃんと並んでたよー!」





さぶろー山「うわー。超ごめん。マジでごめん。ホントごめん。心の底からごめん。」





と、

ここに刀があったら、間違いなく切腹してただろうね。

ってぐらいの勢いで謝るさぶろー山だけれど、

あのね。

この場合、何がすごいって。

ramちゃんとダーリンが並んでくれた。

ってことがすごい。

この二人を並ばせた。

ってことがすごい。









何より。

あの二人が。

ってことがすごい。


















思い起こせば、

あれは2年前のGWこと。




ramちゃん夫妻とかぎちゃん一家が新潟に遊びに来てくれた時。

ランチに新潟名物のカツ丼を食べよう!

という話になりまして。(→この時です)






このお二人、いきなり電話。


カツ丼屋に電話。
(車中から)











予約の電話。(待つのが嫌だから。という理由で)










まぁ、確かに、あたしも待つのは嫌いだし、

並ぶのも嫌だけど・・・



でも。




とんかつ屋だよ。

とんかつ屋。







大衆とんかつ食堂。












あたしね、35年生きてますけど、

後にも先にも、初めてでした。








大衆食堂を予約する人。














ってくらい。

並ぶのも待つのも大ッ嫌いなお二方。




そんな二人を。







1時間以上並ばせて。








あたし「すいません、すいません。本当にすいません。」





ええ。

DOGEZAのSEPPUKUものです。





ramちゃん「うん、はよ行くよ!」





あたし「はいっ!すいません。すいません。本当にすいません。」





ramちゃん「お料理もね、スペシャリテは確保しといてもらったからー。」





さぶろー山「すいません。すいません。本当にすいません。」







かの。

お二人が。




1時間以上もの時間並んでくれて。

ダーリンを人質にまでしてくれて。

ramちゃんは駅まであたし達を迎えに来てくれて。

料理云々のお世話までしてくれて。






さぶろー山「ありがとう。ありがとう。本当にありがとう。」





ramちゃん「お礼とかどうでもいいから、走りなっ!」





さぶろー山「は・・・はいっ・・・!!!」





ramちゃん「6時で入れ替えだから。6時までしか飲めないからっ!」





ええ。

全力疾走しました。

俺のフレンチ Table Taku~♡





あたし「ワーイ♡夢の俺フレ~♡」





ホントはさ、

ここに来ることだけは前々(つっても2週間くらい前)から決まってて。

ramちゃん達に予約のお電話をしてもらったんだけど、

んまー、予約いっぱいで。

一席たりとも空きがなくて。





どんだけ人気なん。

と、思ったら。

なおさら行きたくて、行きたくて。






ホンっっっっっト、ありがとうramちゃん&ダーリン。

何のお返しもできないけど、

いつかさぶろー山踏ませてあげるね。














で。

夢の俺フレ。

お店に入ると、本当にダーリンが人質になってて。

ダーリン「ごめんごめーん。先に一杯やらせてもらってたー。」





と、人質になっても大変にこやかなダーリン。





あたし「いいのいいの。一杯と言わず、ボトルでやっちゃって。」





待たせてごめんね。

いつか踏んでいいからね。

さぶろー山を。





ramちゃん「ま、とりあえず。」

かんぷぁーーーーーい♡ IN俺フレ~♡









さぶろー山「ぷっはー。うめー。」





ramちゃん「あ。ほらほら。スペシャリテもあるよー。」

の、フォアグラ。







まあ、我が家では、

あたしが嘘をこく時に「フォアグラ」なるメニューが書かれてるんですが、

実際あたしは、



フォアグラが嫌いで。






どこで食っても美味いと思ったことがなく、

というか、

まずい。










ごめんなさい、食えません。

デブガチョウ。

的な位置にいる代物。

出来れば一生食わなくてもいい代物でもあるんだけど。










あたし「うまっ!!!!!」






ええ。





あたし「なにこれ、なにこれ。」





すっげーうめーの。





あたし「びっくり美味い!」





これ、絶対食べたほうがいい。





あたし「ちょーうまっ。」





マジで食べたほうがいい。





あたし「マジでうまっ。」





嫌いでも食べたほうがいい。








あたし「死んじゃいそうなんですけど。」








そのくらい、美味い。







フォアグラ特有の臭みが全ッ然なくて。

これは本当にフォアグラか?

って疑いたくなるような味で、

もしこれが本当のフォアグラだとしたら、

今まであたしが食べてきたフォアグラは、

生ゴミか何かかね。

って迷うくらい美味い。





俺フレのフォアグラ。

看板メニューのひとつですが、

美味しいです。

すっごい美味しいです。

お世辞ではなく本当の本当に美味しい。










俺フレへお越しの際は、

食べるべきものNo.1です。







(いや、むしろ。これを食いに行け。くらいの勢いで)











そして、伊勢海老だかオマール海老だかのなんちゃらかんちゃら。

海老やらカニやらの豪華絢爛高級食材が、

1mmの狂いもなくパスタで巻かれ、

そこにアメリケーヌソースという、

これまた高級なおソースがかかってるんだけど、








さぶろー山「うーまーーいーーー!」








これもうめーです。

相当な美味さです。

これも食べるべきです。









ルクで焼かれたパリパリのパイは、

ダーリン「じゃ、まずは皆さん、こちらのパリパリ感をお楽しみください。」




と。

パリパリがウリのものは、

まずはパリパリの歯ごたえを楽しませてくれて。





ダーリン「じゃ、お次はソースをかけて、パイとの一体感をお楽しみください。」





ソースとの一体感も楽しませてくれるダーリン。










あたし「最高♡」











パリパリも、一体感も、ダーリンも。

すべてが最高。

こんな、どうやって食ったらいいん?

的なお料理も。




すべて、プロの手さばきで切り分けてくれて。

ダーリン「何等分?4等分?」





ramちゃん「もうちょい小さくしてつまめるようにしたら?」





ダーリン「そうだね。そうしよう。」





4等分にもできれば、

小さめカットも自由自在。





ダーリン「さささ。どうぞどうぞ~。」





見事な手さばきで切り分けたら、

一人一人のお皿にまで取り分けてくれて。





さぶろー山「ワーイ♡おいっしーーーー♡」





ダーリン「そうかそうか~♡」





一時間以上をも並ばせた元凶へも、

笑顔を向けてくれて。





ダーリン「よしよし。さぶろー丸、もっと食べる?何食べたい?ほらほら。食べたいもの言ってごらん。」





さぶろー山の面倒もみてくれて。





さぶろー山「えっとね・・・・えっとね・・・」





合間をぬって、

写真撮影も忘れない。










デキる子。










ホント気の利く男です。

楽天で売ってないだろうか。













という、俺フレ。

まだ宴会は序盤で、

この後もじゃんじゃんバリバリと続くんですが、

それはまた明日にさせてもろて。

ワタクシよろっと準備にかかりたいと思うのです。







宴会の。











ええ。ええ。

実は本日、宴会の予定でして。









ramちゃんと。






宴会(IN新潟!)なんです♡











ご清聴ありがとうございます。

中途半端ーーー!なご意見はこちらをポチポチポチっと。

人気ブログランキングへ        ブログランキング・にほんブログ村へ 

スマホ、PC、タブレットなど、文明の利器からご覧の方はこちらから↑


あたし同様、化石のような携帯電話をお使いの方はこちらから↓


人気ブログランキング に参加しています


レシピブログランキング に参加しています


にほんブログ村 に参加しています


ありがとうございます。ぺこりぺこり。ごめんね♡





宴会♡宴会♡


















AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>