1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Mon, November 17, 2014 23:36:55

クリエーターズマーケット

テーマ:普通にブログ
11/15-16はポートメッセ名古屋にて行われたクリエーターズマーケットに参戦してきましてた、キョウグです、どうも( ‘ᾥ’ )
過去2回ライブペイントブースで参加してますが3回目となる今回は、よく展示でも一緒になる迷友えりっくえいりあんとのコラボユニット【ヘドラドラ】として参戦しました。

以下レポート

{05671FD1-8637-4708-B1C7-73B7A92BF2A2:01}
準備するえりっく。今回の物販は全部えりっくが用意してくれました、ほんとありがたや

{CEDFAE8F-8EEE-4C87-B562-3FBF88534566:01}
まずピンクでバーってやってから真ん中をコラボで、左右は二人で別々に描くことに。コラボなら色もいいなと思いますまる

{CE023A29-5185-4E59-B381-9285090EE859:01}
初日はこんな感じで終了。二人とも筆が早いのでちょっと遠慮気味で進めました。

{0947E78C-6938-499C-A490-C53CE8D13959:01}
二日目はとことん埋めてく。さすがワシ、写真にセンス有(え

{3AF98A07-A903-4E5B-B524-CE58065560C5:01}
そして完成したのがこちら。
二日目は自分が描いてる時間多くてあまり撮ってないですw
完全アドリブならではの混沌とした進行。
それでも描きあげるのがヘドラドラ。

{CE979DF7-3975-49A9-84A3-481B21255962:01}
えりっくサイド。
独特のセンスが盛りだくさん

{327C6627-2494-484A-BFD9-FFDF9356D160:01}
ワシサイド。
結局新しいことどんどん試したくなるカオス。


以上。

二日間はめっちゃ楽しかった!んですがもとより持久力に定評のない俺氏は二日目すごく宇宙が近かったです。
けど仕上がったものはとても満足。

描くのに必死で足を止めてくれた方にお話を全然しませんでしたが、楽しめていただけてたら光栄です。

次回は参加は未定、ですがヘドラドラは常に何か思いついては企んで忘れて飯食って思い出してってしてるので、、、またいずれやらかす時が来るでしょう!

今週は来週からの展示会に備えてスパート。また告知します!
では!!

{D6822DF2-7880-4D86-9C7B-9C19AC104BCC:01}
イベント中のワシ、ただのアホです
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
Thu, November 13, 2014 10:17:26

作品集をだします

テーマ:販売物
毎度おなじみ、ふっと湧いたような更新キョウグです!
突然にして何時ものごとくですが、
いろんなことを考えてる中で
最近いい感じに書けてる絵を
ただしまっとくのは勿体無いなと思い、
作品集を出すことにしました
{F3BE15F0-B1AD-488E-A8CC-19CC47F71BA4:01}

キョウグdrawing art book
title : INI-アイエナイ-
P20~24を想定
価格未定
発売日未定(2014年度内)

ちょっと今、今後の自分の作家人生をまじまじ考えてます( ˘ω˘ )


絵描きをやめる


なんてことは絶対あり得ず、
むしろどこを見て進んで行くかを
考えてます。

作風、タッチはもちろんですが、
やはり一介のアングラ絵描きで終わる気は無いと( ˘ω˘ )

そのため、やることはいっぱいあって、
来年からは今年以上に表に出ることを控えようかと考えてます。

その前に、しっかり一つ今を残したい。

だから作ります( ˘ω˘ )

続報を待て
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, October 02, 2014 12:15:39

お詫びとスタンスの話

テーマ:ガチっぽい記事
久々のブログで、ちょっとまじめなこと書きます。
まずはじめにお詫び。

各種SNSでずーっとやれTシャツ作るだ、
コンセプトアートブック作るだ、言うてますが、
「納得のいく作品」ができるまでは一切出しません。

当初いついつまでには、という言い方をして自分の
ケツをたたくようなマネもしましたが、
できないので出しません。

楽しみにしてくださっている方々、本当に申し訳有りません。

「できないから出さない」

それってプロじゃないんじゃない?
というお言葉もあると思います。




ここで一つ、なぜ「できないから出さない」と
堂々と、恐れもなく言うか、
自分のスタンスの話をさせてください
(自分の心の整理もかねますが・・・)

キョウグという人間には主に2つの顔があります。

1つは筆・ペンを持ち、黒一色で絵描くキョウグ
もう1つはパソコンを使い、写真を使い、デザインをするキョウグ

同じクリエイティブという括りではありますが、
僕の中では性質が全く異なります。

絵描きは終着点にたまたま人がい・・・ることがあります。
デザインは出発点にも終着点にも必ず人がいます。

絵を描く事は例えるなら空を飛ぶことだと思ってます。
上にも下にも右にも左にもどこにでもいける、自力で。
早く飛んでもいいし、高く飛んでもいいし、低くても遅くても、止まることも、
落ちることもあります。

逆にデザインは道を歩くことだと思ってます。
目的地があり、共に歩く人(お客様)がいる。
時には先導し、時には共に道に迷い、
極端なときには山を刈り、道を作り「共に歩く人」を目的地に誘います。

僕の中でこの二つの顔は常に共存していて、基本的に優劣はありません。
ケースバイケースです。

Tシャツやコンセプトアートブックに関して、
完全に「絵描き」としてのキョウグです。

ただ絵をドロップする先をTシャツにしようと思ってるだけで、
完全に1枚の「絵」を仕上げることだけが目的です。

比喩に比喩を重ねますが、
デザイナーとしての僕はツールだとすら思っていますが、
絵描きとしての僕は作風や技量はどうあれまさしく「芸術家」なんだと思います。


よく、僕と関わってくださっている方々、
SNSなどを見てくださってる方はこんな光景を
よく見ると思います。
絵を「良い」と言われて「良くない」と答えてる僕。

それに関して、おしかりのお言葉をいただくこともあります。
けど、「自分が良くないものは良くない」「できないものは出来ない」

これが自分の中でも許せるのは
「絵描きとしてのキョウグ」だけなのです。
(他人様に実施的な「迷惑・不利益」をかけない限りは)

Tシャツ、コンセプトアートブック、また展示会物販、通販(現在停止中)など、
楽しみにしてくださっている方がいることは僕も存じてます、
とても感謝をしています。

そしてそれに報いるためにも、キョウグが認める「キョウグの作品」だけを
物として形にしたい、とも思っています。

何卒、ご了承ください、っていうのは変だと思うので、
あえてこう締めさせてください。

「今後ともお楽しみにしていただけると幸いです」

※絵の依頼頼みづらいwと思った方、ご安心ください、
ご依頼という時点でデザイナースイッチが入ります。ややこしくてすいませんw

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Mon, February 03, 2014 14:37:21

簡単な解説(作品名:抑圧された意識の体現)

テーマ:普通にブログ
七つの大罪展

お礼を上げたら
反省以上に尽きないので割愛。

今回は私の出展作の一つ
色欲をテーマとして展示していた
「抑圧された意識の体現」という作品の
解説をやってみよーと思います。

あ、でもメッセージうんぬんのところは割愛。
そのへんの解釈はおまかせします。
探ってください。

↓まずその作品がこれです↓
{ADCF10B4-AE07-4957-99C5-F016F6E1E525:01}

※写真はまた撮り直します

まずモチーフですが
ずばり人です。
貞操帯をつけている人。
真ん中、縦長にあるものがそれになります。
物自体は「男女両方」いうなれば「ふたなり」っていうやつです。

そして構図ですが、
「M字開脚」している状態を元にしています。

↓こんな感じ↓
{64B1AC66-3CBB-4B95-BBD4-CE338BD7B4AC:01}


この赤枠部分が絵になっている部分。

ずばり
一番上の目は「おへそ」
でっかい丸は「亀頭」
菱形は「女性器」
その下の丸が「肛門」に
黒べたの部分は実は太もも裏を「描いて」います。

もともと僕は絵に「黒ベタ」が多いのが特徴ですが、
ただ画面を締めるためや、モチーフを際立たせるためだけに
それをするのは「表現」ではなく「逃げ」なのではと
錯誤してこのような作品を制作しました。


私は元々ストレートを投げないし投げる気もあまりないので、
ぱっと見、テーマに沿ってないように見えたり、
何が何やらってのも多いと思います。

ただ、そこでわかりやすくするために、とか、
伝わりやすくするためになんやってのは考えてません。

絵に関してはある意味「自己表現」に徹してますゆえ。

ですが、私の絵を好きといってくださる方々のために「も」
このようなアプローチが時には必要なのではと、
今回このような記事を制作してみました。

また、
なぜ貞操帯がモチーフで
このような絵柄なのか、
なぜデンタータなのか、
なぜ渦を巻いているのか、
っていうのは、
探って、解釈していただけると光栄です。

それではそれではー


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
Mon, February 03, 2014 00:51:54

七つの大罪展を終えて

テーマ:企画
どうも、キョウグです!
2/2の22時を持ちまして、
東京は千駄木、
カフェギャラリー幻様で開催していました
私の初主催展示企画
【七つの大罪展】が
終了いたしました。

{3BC4020C-8477-42C2-AC57-8393F29E1250:01}

{E75F05DC-D9B7-4431-865B-18705A08ADCF:01}




実質5日間という非常に短い期間ではありましたが、たくさんの方に足を運んでいただき本当に感謝感激です。

初めての主催ということで、
至らぬ部分も沢山ありましたが、
反省は出すとキリがないので割愛させていただきますw

{AD3E9525-CEE8-42C1-B3E8-547D809B5CC4:01}



ご来場いただいた皆様、カフェギャラリー幻様、幻妖商会流音さん、えりっくえいりあん、ヤマヂ、GENkさん、黒田麓さん、鶸子さん、asaiさん、告知援護してくださった皆様などなど、、、
本当にありがとうございました。

作家としてはもちろんですが、
人として、本当にいろんな方に支えていただきながら生きてんだなぁって実感しました。

また、これに懲りずに企画やったりなんややったりして行きたいとは思います(`・ω・´)

今後ともよろしくお願いいたします!

あと、落ち着いたら
作品解説とかちょっとまとめますー

とりあえずノシ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。